フレッツ光を利用する時、戸建てと集合住宅によって、工事費などの料金プランが変わってきます。



しかし、フレッツ光の申し込みから利用の流れは、基本的には、戸建てと集合住宅では、さほど変わらないようです。



申込みを始める前に、エリアチェックを済ませておきましょう。



提供エリア内であっても、周囲の環境によっては、サービスを受けることができない場合もあるのです。



例えば、東日本/西日本では、受けることができるサービスに違いがあるので注意が必要です。



いよいよ、申込みをします。



これは、電話やインターネットでできると思います。



申し込む前に、漏れ落としのないように、内容をよく確認しておくことが大切です。



申し込み受付後には、NTT東日本/西日本に、プロバイダーから光開通手続きを行われます。



NTT東日本/西日本より、開通工事日程等について、案内がきます。



工事に先立って、設備の調査をしにくることもあります。



この際、申込みを早めに済ませておくと、工事日をより早く設定することができるので、引越しをする場合にはこのことを覚えておくと便利です。



工事日を決めると、いよいよ、NTTの指定工事業者の方が回線接続の工事を行い、宅内に光ファイバー回線を引き込みます。



このときは、立ち合いが必要になるので注意してください。



集合住宅では、光ファイバーを取り入れていないところもあるため、マンションの方は問い合わせておくとよいでしょう。



工事が終了すれば、機器やパソコンの設定をすませるだけで、すぐにインターネットなどが利用できると思います。



フレッツ光の申し込みから利用の流れは、以上になります。



⇒⇒ フレッツ光キャンペーン実施中!

フレッツ光

AD