2017.3.26 品川プリンスホテル Club eX。

ここにまた、1人のソロアイドル、寺嶋由芙さんが、1つの標を立てました。



最初に和服で登場した由芙さん。川嶋志乃舞さんの三味線によるセッションはとても美しかった。

特に初恋のシルエット。キラキラな楽曲に和の麗しさの絶妙なマッチ。何度だって聴きたくなってしまうほどの名コラボでした。


三味線とアイドルポップス。由芙さんだからこそ実現できる新しい可能性をも感じますね。お二人の再びのコラボに期待したいです。




そして、ピンクのゆるキャラの皆さん。由芙さんのために全国各地から集ったその光景は、ゆるキャラの皆さんの由芙さんへの想い、そして由芙さんの全国各地での頑張りがあったからこそ実現したものなのだなって思います。

ガタちゃんが来たのも感慨深かった。塩対応されつつも(?)、全力で由芙さんのために頑張るガタちゃん、そんなガタちゃんにMCを委ねる由芙さん。この信頼関係はやっぱり揺るがないんだよねきっと。




そして、わたしになる から始まった由芙さんの単独ステージ。時には盛り上げ、時には聴かせる、安定のステージ運び。


最後に披露した今回のシングル、天使のテレパシーは、力強く、優しく、綺麗に歌いあげていて、リリイベの時とはまた違った、心に強く響くものがありました。愛のこもった天使のテレパシーが360度に飛び交う素敵な空間でしたね。




アンコールの #ゆーふらいと 、ぜんぜん、そして、僕らの日曜日と続きます。


会場の一体感を確実に仕上げて、最高のふぃナーレを迎えたのです。


特に #ゆーふらいと 。

この曲はいつだって、次の可能性を感じさせてくれるんだ。





寺嶋由芙さんは確かにソロアイドルではあります。最終的には、ソロで頑張っていくことが求められる立ち位置であることは確かです。でも、これまでの頑張りは確実に、着実に、たくさんの仲間を増やしてきていると感じます。ゆるキャラさん、スタッフの皆さん、ゆふぃすとの皆さん。




ソロアイドルだけど、決して1人じゃない。


仲間の数は、あなたの努力の数。


仲間の想いは、あなたの想いの強さ。





ここにまた、1つの大きな標が立ちました。

次は、どんな場所に標が立つ事でしょう。



どこであっても、あなたが標を立て続ける限り、わたしはどこまでもついて行きます。


あなたの努力を、想いを、証明できる1人として。



AD