1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年02月27日 23時39分04秒

■Mallorca (0-3) FCB  MVP 56/76GOL、イニ 2132min

テーマ:fcb

| 力   櫻 |


| 力   櫻 |-i


     ウェボ

カストロ グスマン ヌスエ

   ビクトル マルティ
アヨセ ルベン     センドロス

    アワット


V M P
K I
max B  a
abidal  pique

pinto


--マジョルカ
コンパクトな布陣
ボール保持者を狙い、奪ってラテラル裏を速攻で突くオーソドックスなバルサ攻略方法を敷く
ヌスエの突破とデグスマンのフィジカルを中心に攻め入る

マルティは、レナトやマレスカらと競い合った実力を全て発揮するには到らず

ブスケ->ビジャと不意を衝かれたシーンは仕方ない
ペドロのゴラッソも仕方ない
ケイタがバックラインの裏に落とした場面は、ケイタの力を侮ったか

--バルサ

イニエスタ
チャビより速いテンポでボールを動かす
チャビと比べるとリスクを犯す割合が若干高い。セスクよりは低い
アドリアーノとの連携を築けなかった。アドリアーノの上がりを促せなかった。ダニ不在時の
マックス、ケイタ、ブスケ、イニのユニットの守備時のシンクロした動きは美しかった
メッシへワンツーで折り返した時のリターンは最上級だった。アスレチックとの試合でも際立った楔を披露していた。バケーロの動きもマスターしてる。現代のラウドルプ。

デビューの頃のメディアプンタ、ジュリ不在時のエストレーモ、6年前のピボッテ、スクランブルの左ラテラル、現在は左のインテリオール、そして今日の右のインテリオール。
キャリアの中で見につけた業を出し切るには到りませんでした。ピボッテをやってた時の感覚を思い出せたら良かったかもしれません。しかしあの頃は左にRという怪物と世界最高の選手だったデコがボールをどっしりと収め奪われることがなかったから思い切れたけど、今は当時より相手が篭りきりだし、前線もキープする感じじゃなくて早く回す感じだから同じようには行かないか。じゃあどうすりゃいいのか。
こうすれば良かったのでは、、、

ex)xavi欠場時

afellay  villa pedro
     messi
iniesta
busque

ケイタ
ボールを受けるときのポジショニングの悪さは相変わらず。maxを見習ってくれれば良いのに
守備は安定。移籍当初、アメリカ遠征ではピボッテの位置に入ってましたが、ブスケともっと頻繁に入れ替わっても良いのに。それかあのデルビの左ラテラルの位置をもう一度見てみたい。チャンピオンズの決勝の時みたいにまた拒否するだろうけど。
バックラインの裏に出したボールがメッシのゴールに繋がって良かった

メッシ
中盤底まで降りてる時間があり、中盤の不出来を象徴するプレー範囲となってしまってました
先制ゴールのシーンは、さすがのボールコントロールとしか言いようがない
クリスティアーノ ロナウドもデビュー当初から異常なヘディングの強さを披露してたけど、メッシも頭のコントロールうまい

アドリアーノ
上がれなかった。もっとすげー選手なのに。ペドロ、イニとの連携が築けなかった。
次への課題になったんですかね。
36分 中へ折り返しにまで到ったあの切れ込みは素晴らしかった。


ビジャ
今日も何十回と駆け引きを繰り返す。そして献身的な守備。ジュリの体力あるバージョン
得点はブスケからの感謝の印と神様からの贈り物

ペドロ
あのゴールを久しぶりに見ました。今のバルサにおいてケイタ、メッシと並ぶ強シュートの持ち主。正確なコントロールと強烈な落ち方は日ごろの鍛錬の賜物
動きが実を結ばなくても、得点で貢献。バルサ以外のチームに行っても輝く男。カイトよりうまくて若いよ。
ウェストハムとリバプールの試合を見ながらそんなことを思いました。
ジェラードめだたんね。作れない。もてない。
スアレスは、キャロルが治るまで我慢かね。キャロルはすげー。移籍金に見合う選手になるはず。

1 ビジャが猛チェック
 ウェボがBOX外から左足で狙う
4 ケイタがグズマンからボールを掠め取る。素晴らしいクリーンな守備
5 ヌスエがバックラインの裏を単独突破
7 ヌスエ対マックス
8 ヌスエのバックパスをメッシがカットしそのままカウンターに入るがルベンに阻まれる
18 アドリアーノの上がりが少なくフォローが無い為、ペドロの突破も少ない、イニが展開する際の選択肢も減る

26-74

LA FICHA DEL PARTIDO

0 - Mallorca: Aouate; Cendros, Ruben, Nunes, Ayoze; Nsue, Marti, De Guzman (Tejera, min. 71), Joao Victor (Pereira, min. 60), Castro (Aki, min. 68); Webo.

3 - FC Barcelona: Pinto; Adriano (Montoya, min. 85), Pique, Abidal, Maxwell; Keita, Busquets, Iniesta; Messi, Villa (Bojan, min. 70), Pedro (Afellay, min. 70)

Goles:
0-1. min. 38: Messi cabecea el balon por encima de Aouate tras un magnifico pase de Keita;
0-2. min. 56: Villa, rozando el fuera de juego, rompe la defensa en linea del Mallorca, regatea al portero y marca a puerta vacia;
0-3. min. 65: Pedro clava el balon en el angulo opuesto al que se encontraba Aouate.


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年02月21日 14時21分07秒

■fcb (2-1) Athletic 怒りのメッシ、燃え上がるイニエスタ

テーマ:fcb
 ジェノア-ローマ、キエーボ-ミラン、バルサ-アスレチックを見てました。そうですか。


| 力   櫻 |-v


/* ローマ */
ローマ、ジェノア

ラニエリ辞任
バレンシア時代からしか知りませんが、ラニエリはいつもラニエリ。
デルビでトッティとデロッシを交代するラニエリ。
フィオーレとコッラーディを連れて来るのがラニエリ。
ローマ、チェルスキ、バレンシアのファンがラニエリを好きかどうかは知りません。

リーセ、ブルディッソがメクセス、ファンの足を引っ張る
2点目を呼び込んだの強烈なFK、ボリエッロから受けて決めた3点目、再三再四下がり、右に開きボール受け展開を続けフィニッシュにも絡み続けたトッティが追いつかれた後
メネーズからの折り返しを決め切れなかったのを責めるのは酷だ。
素晴らしかったトッティ。

ミランを出てからぜんぜん見てなかったパロスキ。
あのポジショニング、胸トラップからのボールコントロール素晴らしかった。
パラシオがあれくらいぶちかますのはみんな知ってる。左からの崩しと突破強烈だった。4点目はパラシオの点だ。

ジェノアも大して良くなかったのに。ジェノアが奇跡の大逆転勝利。

中盤が作れなかったローマ。
デロッシが居たら何かが変わったでしょうか。
ミランからピルロを呼び寄せたらどうでしょうか。
がんばれ大阪から遠藤を連れてきたらどうでしょうか。


/* ミラン */
バルサ+マドリトリデンテを見ていました。
ロビーニョのボールコントロールは別次元。
イブラは王様気取り。
カッサーノはボールロストが多すぎる。
でも彼らのプレーは面白い。ちょういちりゅうってのは彼らの事を指す言葉。


/* バルサとアーセナル */
あれが良い試合?
いくつかあの試合をレベルの高い良い試合とする記事を見ました。
まったくそう思いませんでした。
選手全員が最高のパフォーマンスを披露してるならそう思うけど。

チャンピオンズのメッシはごみのような動きだった。
体か心が万全でなかったのか1対1を何度も外し、守備放棄、緩慢なポジショニング、最低のプレー

ペドロがコシエルニにbox内で倒された
ジュルがbox内でハンドした

2月のバルサはこんなもの
試合直後に「カンプノウでの試合後、良い結果とするのは可能」だってイニもつぶやいてたし信じるっす私信じるっす

前は不出来の選手を後半15分くらいまでしか引っ張らなかったのに、最近は良い選手を下げて、挽回のチャンスを与えるために最後まで引っ張ります。
ペップ様、そのやり方、大事な試合では避けたほうが良いのではないでしょうか。

/* バルサとアスレチック */

・athletic
ビルバオは強い
6バック、3ボッテ、1プンタ

コンパクト
前線のジョレンテをはじめ、果敢なチェックが断続的に続く、スペースを消し、ファールで止める、ハビマルティネスのダイナミックな動き、縦の線は完璧に消しサイドに追いやる。

不慣れなブスケを振り回す

・fcb
マスケのポジショニングの悪さ、創造性を伴った展開力の乏しさによりボールの流れもよどむ

打開したのは
怪物イニエスタ
特攻のメッシ

イニは試合が進むにつれプレーの凄まじさを強め
メッシはふがいない自分への怒りを溜めながら、遂にナンバーワンとしての仕事をやり遂げ
。美咲ばりにナンバーワンでした。

イニエスタは時間の進みを自分の早さに変えた
誰もが、イニエスタのプレーに目を奪われた

パスとムーブで膠着を打開できないと見るや怪物級のドリブルを連発、屈強なバスク人達が築き上げた砦を崩し続けた
中央から左はイニが完全に圧倒

右ではダニが不屈の精神であがり続けた
クロスの質は低かったが、中にサリナスが居ないからしょうがない
クルイベルかニアにマルケス呼んできて


セントラルで大苦戦したブスケ、マスケ底、ポルテーロピントでスタート
バルデスは一ヶ月out

4 チャビが偉大な視野で右に展開->ダニが裏でもらいダイレクトで中へ->ビジャが飛び出し左足で蹴りこむ
バルサ先制!!!!!!

ダニのオフサイドを疑うBBVA

チャビ、メッシ、イニが頻繁に降りてきて、マスケを補完
ブスケ上がりパスコースをうかがう

チャビ、ダニ、マスケで囲みボールを奪う、しかし奪った後、チャビの出しどころが無い、マスケのポジショニングが悪い

10 ピケ、ジョレンテにかわされ中に入られる、イテゥラスペが合せるが枠の外
イニとメッシのワンツー裏に抜ける

プジョルとバルデスが並んで観戦

12 ペドロのシュートは地中海へ
14 マスケ->ペドロへ35mフィード
   ブス毛->ダニへ35mフィード
   イニが突っかける
   ペドロが飛び込み折り返す、ビジャラボーナ
   BOX内でバルサが攻略を続ける
17 アビダル素晴らしいカット、フォロー、セントラルからラテラルまで一人二役
18 メッシがボールコントロールをミス、疲れか、気負いか
ビルバオのbox内でバルサの6人がVの字に並ぶ、偶然か必然か
19 ダニのボールコントロール、ビジャの胸トラップからバイシクル、ダイレクトでチャビがヒールパス、連続した3つの大きなプレーに喝采
21 イニ>ダニ>はオフサイド
CKのこぼれだまブスケが素晴らしい動きで奪う
23 コイキリが両足でイニにタックル、イニ痛む
25 ピケーマスケ-アビダル 体が切れ、プレーも切れるsuper abidal!!!!
   
   ブスケから強烈なスルー->ビジャが美しいバセリーナ!!!!しかしクロスバーに当たる
   ビジャの調子は上がる一方
26 ダニ、素晴らしいボール奪取、しかしその後のクロスはカス
  ビルバオが中央を固めいれさせない

29 イニがドリブルで打開を図る、開始するときのパスフェイク一発かましがかっけー
 メッシボールが足に着かない
 
33 ジョレンテvsアビダル ジョレンテ強い

35 バルサのチェック早い潰し

  ガビロンド-ジョレンテの頭
  ガビロンド-ジョレンテの頭!!!!!!!!
  
  ピントのパラドン
  ピントのパラドン!!!!!!!!!!!!!!!!!
  
  ブスケジョレンテに完敗

39 アビダルのオーバーラップ
40 メッシドリブル!!!!
   しかし阻まれるカンポを叩きつける
   止められた悔しさかファールを取ってもらえない苛立ちか
   
   71-29
   
ダニドリブルとフェイクで→を制圧し中フリーのビジャへビジャダイレクトで打つがクロスバーの上

--後半
トケーロ投入

47 box内イニが3人抜きかわし折り返ししかし誰も居ない
48 ブスケボールを受ける際止めず流してしまいジョレンテに奪われかける気づきスライディングし黄色ペナルティを与える
49 イラオラペナルティで同点
   メッシは腰に手を置き微動だにしない何を思う
   メッシの中で怒りが湧き起こる
   自分自身への怒り
   ふがいない自分への怒り
   常にナンバーワンでないと許せない
   
   この時間くらいからイニが出すパススピードがクラシコ前後のレベルの速さになる

50 ピケボールをコントロールミス、トケーロに奪われ引き倒す黄色で何とか済む
   ボールを受けたアビダルをハビとスサエタが猛烈なチェック、ホアキンカパロス勝機と見たか

55 メッシ->ブスケの頭へ枠外
56 トケーロがブスケの裏を突く、オフサイド助かった。。。
57 メッシが中で受け、box外からミドル

58 メッシ、メッシ、メッシ、メッシ!!!!!!!!!
   メッシが3人をダブルタッチでかわしてスピードを更に上げる
   ハビマルティネスが掴み引き倒す、しかしペナルティは無し
   ピト渦巻くカムノウ
   怒りのペップ
   メッシのドリブルの凄まじさに奥寺さんも言葉が見つからない
61 ジョレンテがマスケを押しつぶす
63 トケーロが飛び出す、危なかった

マスケ→マックス

70 イニ->ビジャ
   イニエスタの驚嘆に値するボールキープ スサエタやスライディングしたガビロンドが空転
   
   イニ->メッシ イニの強烈なスルーパス。メッシはボールに触れず苦悩。容赦のないイニ。
   
   チャビ->大きく展開されたボールをダニが受け中へ->
   メッシ!!!!!!!!!!!!!!!!!
   中央へ侵入し右足であわせ
   遂にイライソスを破る!!!!!!!!!

   
83 ビジャ→ケイタ

84 イニ!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 怪物!!!!!!!!!!!!!


87 イニとメッシのワンツー
   イニが楔役となり、ブスケ、マックスからのボールをコントロールし返す驚くべきコントロール

90 メッシがそれたボールに追いつく、猛然と奪いに来たクルペギを子供扱いマタドー
FKチャビ+メッシが密談、返しを受けたメッシがロナウジーニョの如くboxの中へかわし突き進む
チャビ+イニ最高のコンビでボールを支配

勝った!!!!!!!!!!!!!!
終盤疲労困憊の中、強靭な精神力でアスレチックを圧倒し、カムノウに強烈な高揚感を漂わせたまま終幕

幸せな90分だった


| 力   櫻 |-い

LA FICHA DEL PARTIDO:

2 - Barcelona: Pinto; Dani Alves, Pique, Sergio Busquets, Abidal, Mascherano (Maxwell, min.65), Xavi, Iniesta, Messi, Villa (Keita, min.84) y Pedro (Afellay, min.90+2).

1 - Ahtletic Club: Iraizoz, Iraola, Ekiza, Amorebieta, Koikili, Susaeta (David Lopez, min.84), Javi Martinez, Gurpegi, Gabilondo (Munianin, min.71), Iturraspe (Toquero, min.46) y Llorente.

Goles: 1-0: Villa, min.4. 1-1: Iraola (p), min.50. 2-1: Messi, min.77.

Arbitro: Ramirez Dominguez (Colegio andaluz). Mostro tarjeta amarilla a Koikili (min.24), Iraola (min.32), Alves (min.36), Sergio Busquets (min.49), Pique (min.52) y Guerpegui (min.90+2).

Incidencias: Partido de la vigesimo cuarta jornada de Liga de Primera Division disputado en el Camp Nou ante 83.533 espectadores. Las secciones del Barcelona baloncesto, futbol sala y hockey patines aprovecharon el encuentro para ofrecer a la aficion sus ultimos titulos, sendas Copas del Rey, y una Copa Continental, respectivamente.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月01日 16時26分11秒

■奪還!!!! V4 Japan crowned champions of Asia

テーマ:fcb
李のゴラッソで最高のタイトルを奪還した日本
最高でした

危ない場面も多々あったとは言え、最高の結果を残した選手、スタッフ全員が全部出し切り、日本のサッカーファンに大きな喜びを与えてくれた。
ありがとー!日本代表。

景気悪いし、政治もお粗末、モラルも崩壊したままだから、国民みんなが、あなた達を教科書にして観ていたりします。
これからも過剰なプレッシャーにさらされることがあるかもしれませんが、元気に選手生活続けてください。

代表はサッカーファンにとって夢。
宝物。





メツのこれは言いすぎとしても、日本のような意識とコンセプトを持ったチームがアジアに存在しないのも確かだと思いました。
アジアは相当遅れている。
その間に日本は個人能力で劣ろうが、ずっと先を行く。
アフリカはもう恐れない。やられるかもしらんけど恐れない。
次は南米とヨーロッパの中堅国に勝てるようにやり方を積み上げていく。
2014年はベスト8が目標。大国を一つは食うことが現実的な目標になる。

大国・・・ブラジル、アルゼンチン、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス、オランダ
その次・・・クロアチア、トルコ、イングランド、ポルトガル、ウルグアイ、パラグアイ、チリ、メキシコ
その次の次・・・東欧と北欧、アジア、アフリカ、南米の残り

http://uk.eurosport.yahoo.com/20012011/58/world-football-metsu-japan-asia-barcelona.html


何で優勝できたのか考えとこ

何で優勝できたのか
→相手より点を多くとったから・・・①
→相手を抑えたから・・・②


①ワールドカップの時よりレベルが上がっていた
攻めの選択肢が豊かになっていました
単発の攻めが減った
ボールを持つことに対して、ネガティブな発言をする解説者とか実況やファンが居ますが、自分は攻め手があろうが無かろうが無理にでもボールを持ち続けたほうが良いと思う
相手は消耗するし、こっちは体力温存し、緊張感を保てるから。


日本代表がお手本にならない点攻
・ボールを受ける側のポジショニングが悪い
・本田以外に前線の基点を見出すことが出来なかった(サイドで受けボール持てる選手の不在)
・最後の部分が個人頼みになるのは必然だが、そのサポートを仕切れなかった(コースを作るとか、ポジションを空けてやるとか)
・選手同士の距離が開きすぎている
・連携不足、選手それぞれの得意な技術を引き出す事が可能な選手が足りない

お手本になる点
・素直に相手の弱点を突く為の技術が身についた。
・戦術を実行できる人材が整ってきた。キャラクターの異なる選手の登場
・本田がサイド、中盤の上がりを可能にするボール保持をアジアレベルでは完璧にこなした。
・何度も見せ完璧に崩すに到った相手の裏のスペースに走りこんで戻し、また出す縦のワンツー
・遠藤の捌き、展開は研ぎ澄まされる一方。アジアの中では突出した存在。
・繋ぐ意識を持った選手が増えつつある



②は、今大会に限って言うと組織で抑えたとは言い難く個人の能力に負った所が大きいと思いました。
川島の奮闘
岡崎、長友、長谷部、遠藤のカバーリング
本田のキープ力

日本代表がお手本にならない点守
改善の余地があるところ
・自陣に引きすぎる癖
・ボールを奪う位置が低い
・前線からの追い込みはあるものの単発。一人がふらふらと行くだけ
・単純なことですが、パスコース、ドリブルのルートを切れない、制限できない
・選手同士の距離が開きすぎている
・吉田の読み不足、スタミナ不足(足が出ず、スライディングばかりになってしまった)


日本代表がお手本になる点
・走力(無尽蔵のスタミナ)・・・長友、本田は決勝で15kmも走っていた
・ゲームプランが明確になった、状況によって引くのか、出るのか即座に判断しプレーしていた



| 力   櫻 |-4


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。