1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年03月29日 14時12分00秒

#2010 MESSI !!!!    とチャビ、ピケ、エトオ、ケイタ、アンリ、カセレス

テーマ:代表

| 力   櫻 |


ARGENTINA 4 - VENEZUELA 0


メッシ今日も爆発

メッシ
メッシ→テベス
メッシ→マクシ
メッシ→アグエロ


| 力   櫻 |
21歳
バルサとセレステ イ ブランコの10番


ESPAÑA, 1 - TURQUÍA, 0

トルコが強いので、あきれるほどのパス回しは無し。
イニエスタが居ないので、トップギアに入れてのプレーを継続できず。
シルバは、やっぱり超いい選手。

解説はブトラゲーニョ
イニエスタ、プジョールを欠く、スペイン代表。

ラモス→右に開いたトーレスへロングフィード、受けたトーレス甲で掬い上げ二人を置き去り、
更に、反転し二人の間を突破しつぶされFK得る。
チャビFK→抜け出しフリーのラモス押し込み失敗→その先にピケ!!!
ベルナベウでピケが得点!!!!

| 力   櫻 |
新しいシャツで勝ったった

シルバとマタが出てきた頃には、いつものスペイン。
いつものようにラテラルラモスと化し、クロス上げまくり、シュート打ちまくり、バイシクルで爆発的な運動能力を誇示。
一番のチャンスは、前半28分、ビジャからバックラインの裏に飛び出したチャビがチップキックで決めた場面。
トーレスと共にオフサイドだったけど。。


昨日、マウスパッドを買いました。
368円だったのですが、とても気に入りました。


| 力   櫻 |


トーレスとビジャの2topに左からチャビ、アロンソ、セナ、サンティと並んだスペイン代表。
カプデビラ、アルビオル、ピケ、ラモスが最終ラインで、カシージャスは不動。

トルコ代表は、選手個々の技術が優れているので、スペイン代表がプレーを限定させて、パスコースを切ったつもりでも、個人技で突破される場面が何回かありました。
ブラジルは、トルコより1枚プレーの水準が高いので、夏のコンフェデで当たったとき、どうなるか楽しみだなと思いました。
アルゼンチンとの試合は、2010年までのお楽しみ。


| 力   櫻 |
チャビvsエムレ

チャビが、いつもと同じようにボールを持ち、チーム全体の動きを促す。
アロンソが縦にボールを送る。
サンティは、受けるとまず突破を試みる。
トーレスだけ、いつもと同じようにテンポが合わない。
宝の持ち腐れ。

ちびっ子中盤+セナ路線でしばらく行くんなら、トーレスとの合わせ方になんかこれというパターンがあったらいいのにkrevaいいのにと思いました。


ピケの存在感は異常。
たった数試合で、バルサでも、代表でもそこに居るのが当たり前かの様に、デフェンサセントラルとして、存在感を示しているピケ。
下の世代で代表に選ばれていたから、知った仲とはいえ、すげーなあと思いました。

遂にプジョルの位置も世代交代か。
さびしいなあ。

獅子奮迅の活躍を見せるチャビの後釜は、チャビ以上の才能を持つセスクが居るし。
ピボッテとラテラルイスキエルドに新しい選手が出てきたら、世代交代完成だと思いました。

そこにおさまるのが、ブスケとV・サンチェスだったりして。。


| 力   櫻 |
3度目の世界制覇へ驀進
代表タイトルを渇望する10


| 力   櫻 |

| 力   櫻 |

アンリノーゴール
エトオゴールできず負け
カセレス勝つ
ttp://www.football365.co.za/news/worldcup2010/0,22187,14294,00.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年03月29日 12時53分22秒

# 2010W杯最終予選 日本 (1-0) バーレーン 日本最高

テーマ:代表
内容は、ここ最近じゃ最高のものだったと思いました。
もちろんもっと良く出来ると思いますけど、選手と日本代表スタッフの意気込みと周到に準備されたものが伝わってきました。

着いてこないのは、ファンと報道陣だけ。何と比較してるんでしょうか??何と戦ってるんでしょうか。
日本は、ブラジルじゃないし、日本にロナウドやジダンは居ないし、メッシやテベス、パトやボージャンも居ないのに。

日本は素晴らしかった。
何が素晴らしかったって、運動量と頭使って戦ったところが素晴らしかったと思いました。
そりゃ、超一流国の選手達が集まる国の代表と比較したら、全ての技術もプレーの精度も戦術も未熟に映るかもしれないですけど選手達は、クラブでやっている時以上の力を出していたと思います。
気温は低め、Jリーグ開幕後であること、埼玉の整備されたピッチ、野球の代表の素晴らしい戦い、バーレーン相手に2勝2敗というまさかの成績、本大会の代表の座も確固たるものにしたいという選手の気持ち。
色々な要素が絡まって、普段以上の力が出ていたのではないかと思いました。

戦前、岡田監督は負けることは絶対許されないので、勇気を出して攻めるが、蛮勇にならないようにしたいと語っていました。
中村は、攻めると語っていました。
そこについては、リスクを省みず、果敢に押しまくったように映ったので、今の代表は中村の影響力が相当大きいんだなと思いました。
ワールドカップの本大会で、あれだけ攻めたらカウンター喰らいマクって100%ボロボロにされると思いますけど。。アジアでなら問題なし。決定力ある選手がほとんどいないから。
そもそも本番で日本があそこまで相手を押し込む機会なんて、ほとんどないか。。。

--守備
恐ろしい運動量日本代表。後半30分を超えても、走り続ける。東アジアの代表が1966年から、少しづつ世界に浸透させているであろう、チームのイメージ。
圧倒的な運動量日本。
積極果敢に相手ボールホルダーをチェックする。
最前線の玉田、田中達也、大久保が中村、長谷部、遠藤、内田、長友と一気に寄せて、相手のプレーの選択肢を減らしパスコースも消して行く。
バーレーンの選手達は、どうすることも出来ず、ボールを奪われる。奪われなくてもバックパス。
単発で、寄せを掻い潜り日本陣内に入り込むが、中沢、トゥーリオというアジアトップクラスのデフェンサ2人が、体をはり、カバーに走り、高さで圧倒し突破を許さない。

日本最高のGKにして、2001年にサンドニでフランスから5失点した屈辱を胸に秘め続ける楢崎が、最後列で、堅守を続ける。バーレーンチームのサイドからのクロス、遠目からのシュート、ゴール前での動きに対するポジショニング、不利な状況を迎えそうな場面での飛び出しからのクリア、ほぼ完璧にプレーしていたと思いました。


--攻撃

ボールをバックラインの裏に落として、出して、走らせる。前半だけでも相当数繰り返してました。速さで競ったら絶対負けないという自信があったからでしょうか。何度も競ってました。チャンスも4、5回作り出していました。シュートまでいたらなかったですけど。
各人が素晴らしいポジショニングで、ボールを引き出していました。
遠藤、中村だけでなく、長谷部、大久保、玉田、トゥーリオ、さらには、長友や内田まで、縦にボールを送り出していました。狭いコースに速いパスを通す。
明らかに違った。
カットされ、反撃の機会を作り出しかねないコース。通れば、攻撃の選択肢を増やせるコース。受けるほうが受けたいコース。そこに出していたと思いました。
溜飲が下がる。
バーレーンのサイドバックの裏のスペースを突きまくる。あの位置で、内田が再三再四フリーでボールを受けてました。
これらを繰り返し、バーレーンを完全に自陣に押し込む。
押し込んでからの、攻め手はなかなか少なく、ドリブルで突っかけるとか、可能性を感じないクロスをあげてしまうとかに限られてしまいましたが、まあ当面の課題ということで。
本大会じゃ、相手を押し込む場面なんてそうないし。(楽観)
そこの心配するよりは、中村、遠藤が抑え込まれた場合を想定して、策を練るほうが現実的だと思いました。

中村俊輔
体が切れてました。右サイド、中央、左サイドとポジションを縦横無尽に変えて、遠藤と共に攻撃の全権を委任される。
中村が、ボールを落ち着かせることで、前の3人、ラテラルの2人も信じて、スペースに走ることが出来る。
しかも出てくるボールの精度が高い。
受ける選手が、次に繰り出すプレーの精度も上がる。

内田がクロスバーに当てたシュート。中村が内田に出した場面は、最高だった。

玉田
のドリブルがとにかく切れていたと思いました。
中盤高い位置まで下がって、ボールを受けると、スピードと加速で2人、3人と置き去りにする。
バーレーンの選手が、ファールしようにも、速くて追いつかない。
1トップにするのは、もったいない。あのドリブルを活かして、右からカットインして、シュート打ってくれたりすればいいのに。と今日も思いました。
柳沢がいればなあ・・・。

      柳沢

中村俊輔       玉田
 
   遠藤   長谷部
 
長友  トゥーリオ   加地

   中澤   阿部

      楢崎


1-0
中村のFKが、つるつる頭の選手の頭に当たって若干軌道が変わり、ゴール!!!!!
中村!!!!包帯巻いても、口から血出しても決めたった!!!!
ドゥンガばりのガッツポーズ!!!!!!

あと1勝で
南アフリカ!!!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月23日 21時57分09秒

# FCB (6-0) Málaga 敬礼Ⅱ チャビ、イニエスタ、ヤヤ故障

テーマ:fcb
## fcb-Malaga 敬礼Ⅱ チャビ、イニエスタ、ヤヤ故障

--マラガ
集中して試合に臨んでいるという雰囲気は伝わってきました。
メッシ、チャビ、イニエスタに厳しく当たり、中盤底のヤヤを狙い、エトオに2人張り付くという常套作戦を立てて試合に入っていました。
しかし、引きませんでした。積極果敢な寄せをみせたわけでもありませんでした。

--バルサ
ポジショニングが良く、ボールが良く回りましたが、全精力を掛けて走ったわけではありませんでした。
守勢に回ったとき厳しい密な寄せを見せたわけでもありませんでした。チームの幅をコンパクトに保ちきったわけでもありませんでした。
1にポジショニング。2に個人能力の断片的な開放。3にコンディションの良さ。からだのキレがあった。
冬の練習の賜物。
1、2、3で勝てました。

イニエスタとチャビが前のHEMを使うか使わないか決める。
サイドバックの上がりが無駄に終わるような感じで、アンリ、メッシ、エトオのマークを外す動きが報われない。
イニ、チャビの視点で見れば、確かに出しづらい位置に動いてしまっている。
ボールを持っているのが、イニエスタ、チャビでなければ、HEMの誰かは、怒ってしまうかも。くれよ!って。

ヤヤが前半早い時間に、業務遂行不可状態となる。→outケイタと交代
チャビは、途中交代。ベンチで足首に氷を当ててアイシング。きつそう。
イニエスタが大腿を痛める。肉ばっかり食べてきたから、頭薄くなるし、筋肉の故障も増えてしまう。もうちょっと早く食生活が改善されていたらと思ってしまう。
エトオが気づかう。「だいじょうぶかアンドレシ」と。
中盤の要3人が故障を負いました。

代表戦週間に入るから少し助かった。
万が一戦列復帰できない場合こうかな。。
1)
ケイタ   グディ
   ブスケ
 
2)
ブスケ  ダニ
  マルケス

3)
ブスケ グディ
  ピケ
 
4)
    グディ
 ブスケ 
    V.バスケス

4)が、見たいかも。チキートさんで見る限り、バスケス凄そうだし。


13 圧倒的なボール回しから、ダニが完璧なクロス→アンリヘッドどんぴしゃしかし枠外
16 チャビ→メッシ→アンリ→ダニクロス→メッシBOX内でヘッド!クリアされck
16 チャビ突進ドリブルで右サイドを駆け上がる。スライディングで倒される。
18 チャィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!
   エトオ→box内走りこんだチャビへ丁寧なスルーパスが送られる受けたチャビが左足でシュートコースを
作り、 左足で流し込む。

   すばらしいゴオオオオオル!!!!!!
21 チャビ→エトオ→チャビ→クロスクリアされck チャビがメッシのポジションに走りこむ。
23 GOOOOOOOOOOOOLAAAAAAAAAAAAZOOOOOOOOO
   カセレス→イニエスタ魅惑のダイレクトプレー→チャビ→メッシへフィード
   メッシ圧巻のプレーがはじまる
   胸トラップでそのままかわすと一気に加速、そのままbox内侵入し、一人、二人ダブルタッチを繰り返し抜き
去るとそのまま右足で叩き込む!!!!


| 力   櫻 |
ゴール一本に集約された世界No1の証明


| 力   櫻 |
仲良しフランス語圏ペア

25 ケイタIN
27 ボールを保持するイニエスタ鳥振りで持ち上がる24番につかみ倒されFK
28 アンリが久々にFKを蹴る→正面にとびキャッチされる。ここまででシュート10本対0本。
29 チャビ→シウビーニョのクロスはキャッチされる。
31 メッシ→チャビ→アンリ アンリバックラインの裏へ現れチャビから受けるとそのまま右へ流れロロをかわし、
  流し込む。GOOOOL3-0!!!

33 マラガのパススピードが上がる、遅ればせながら反撃が開始されるのかなと思いました。
   カセレスの安定した守備。頭での競り合いにほぼ完勝。マルケスの完璧なカバーリングが続く。
   エトオがにわかにじれてくる。イニから受けるが返さず、そのまま強引にコースを空けずシュート。
   ゴールはもちろんかなわず。

39 ckのつなぎ→アンリが預かるとそのまま狙い済ましインサイドでシュート。結構なスピードのボールが向かうが
   クリアされる

43 シウビーニョ→メッシ→チャビ→右に移動した9番!!!フリーで受けることがかなう。インサイドでキーパーの
   股を抜く!!!

   4-0!!!
48 バルデスパラドン!!!右手一本で防ぐ。すばらしい反射神経。
50 メッシ→エトオへのパスは短い。メッシ爆発的なチェックで奪い返す→メッシ→マルケス→チャビ→イニ→シル→イニ→チャビがバックラインの裏へロブ気味のボールを入れる→ダニが現れ急襲ヘッドで合わせて流し、ゴールに吸い込まれる。
   ゴール!!!!!5-0!!!


| 力   櫻 |
この後ダニの踊りをアンリが眺める

   ルケがたたずむ姿が映る。何を想うルケ。

56 シウビーニョ強烈なミドル→弾かれたボールをアンリが拾いそのまま中央エトオへ折り返す→エトオは
   難なく無人のゴールに押し込む。

   6-0!!!

イニエスタ交代スタンディングオベーションイニエースターイニエースターイニエースタ
チャビ→Bojan スタンディングオベーション


| 力   櫻 |
はずしてもーた

イニエスタ、チャビ交代後、カンポにデランテーロ5人。
ひっちゃかめっちゃか。
いかにいつもチャビとイニエスタに頼り切っているか。

マラガに押されっぱなし。

まだまだ高み安定への道は遠く険しい。
ペップもご立腹の様子。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。