1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年12月31日 20時53分25秒

■2007flavancha 10大ニュース

テーマ:fcb

第10位 放出と補強とアンリとバルサぐっだぐだ
来る事が分かっていても、アンリが来た事は、やっぱり驚きました。
アンリとREMが同じチームにいるなんて考えられません。
しかも全員トップフォームじゃないなんてもっと信じられません。


ミリト、アビダル、ヤヤが素晴らしい活躍でチームの力になっていてくれるのが救いだと思います。
ヤヤは、底の選手としては、多分少し過大評価で、アビダルは最近過小評価だと思いますが、二人ともこれからもっともっと良くなると思うと、楽しみな限りです。


ジュリー、ジオ、モッタ、ベレッチが去り、最低限あった、試合中の約束事などが、あいまいになり寂しい限りです。
モッタ以外はそれなりに所属チームで活躍していて、うれしいです。


2月頃から、まとまって来ると思います。
根拠は、特にありませんが、出足が遅いのは、毎度の事だと思っているからです。
勝負は4月だと思っているからです。


(flavancha希望07-08fcb)


    エトオ

イニエスタ    messi

      デコ
        チャヴィ   カピタン


アビダル  エジミウソン


      ガビ   マルケス


        バルデス


第9位 世界王者ホーム勝ち無し
まさかのサンシーロ勝ち無しです。正直衝撃です。
ミランでしょ。
いくらジラルディーノがブーイング喰らうからって言っても、守られるからって言っても、ミランでしょ。
信じられません。
バレージが引退した頃よりは格段に強いと思うのに。


第8位 五輪代表なんとか北京へ
寂しい内容でしたが、アジアで強いリーグを持つ国の代表としては最低限の義務を果たしたと思いました。


本田が移籍で生まれ変わればいいなあと思いました。
梅崎やでかい森嶋がそれぞれの特徴を更に伸ばしてくれたらなあと思いました。
平山がんばって下さい。


第7位 ロナウジーニョしばらく休息
南米選手権を休み、子供も生まれ、ヘアバンドも遂に外しましたが、アイデアが全く湧かないようです。
でも気持ちは充填され、イニエスタやmessiやエトオのプレーをじーっと見ているようなので、やる事と自分の得意なこと、チームに力になれる方法を思い出して冬から、春にかけて、大きい仕事を単発でやってくれると思います。


第6位 鹿島11冠かも、ZICOフェネル決勝T
明日の昼に勝てば、11冠です。
秋田選手長い事、ありがとうございました。
お疲れ様でした。
どんなに頼もしかったことか。
岩政がしっかり継いでいます。


ジーコ最高ありがとう。
チャンピオンズ頑張ってください!


第5位 カカー総獲り
セリエはぐっだぐだですが、チャンピオンズで鬼神の如き活躍でした。
ブラジル人が怒ってプレーすると天を突き破るから怖いです。
マンU戦なんて、あの時のスタンディングオベーションロナウドと並んで、ほとんど伝説です。


第4位 リケルメ
もう一人南米の王様が、違う大陸で君臨していました。
ボカに復帰。


第3位 新しいマラドーナ
アルフォンソ ペレスでの国王杯にmessiがいたら、あんなぶざまな敗戦を喫する事、なかったかもと思いました。
カンプノウで新しいマラドーナ。
クラシコでロマーリオ以来の偉業。


南米選手権。セレクシオン マジョールでも圧巻の活躍を見せ始めました。


07-08序盤、バルサの左で相手を圧倒する姿は、神々しかったです。再来週くらいには戻ってくるでしょうか。
20歳の青年が、フィーゴやストイチコフを上回るエストレーモとして、バルセロニスタに記憶され、4Rを上回る活躍を見せる可能性が十分にあると考えさせうる活躍ぶりでした。


第2位 まさかのボージャン、ジョバニが一縷の望み
17と18の二人とも戦力扱いされています。
そんな07-08のバルサです。チーム状態悪過ぎです。


第1位 日本代表監督
現在の日本サッカーにとって何をおいても必要な方です。
オシムさんの言動の殆どが、サッカーに関わる人にもファンにも必要だと思います。


集中治療室を出られたとの事で、良かったと思いました。
何よりも早い回復を祈りたいです。


(flavancha希望2008日本代表)

 

         高原

   本山

              野沢
        小笠原


中田浩   闘莉王  阿部   加地


     岩政    中沢


        都築


sub)
中村俊
中村憲
稲本
大久保
水本
山瀬
遠藤
今野
川口

来月はワールドカップ予選です。

日本代表がんばってくれ。


みなさんの益々のご活躍をお祈りいたします。

本年もありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

よいおとしを──!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年12月26日 01時05分19秒

■4月

テーマ:fcb

4月のベルナベウまでに勝ち点3差になればいいと思いました。


それには、あと4ヶ月で勝ち点差を4縮めれば良いのだと気づきました。


不可能ではないと思いました。



エトオとヤヤがそろそろアフリカ選手権で離脱すると気づきました。


また子供達に本気で頼らなくてはなりません。


寂しい話です。


来週のバルセロニャは、

「バルサ17歳と18歳と20歳に頼り続ける」

「ロナウジーニョ、カンプノウのクラシコに敗れてもロビーニョと仲良く帰国」

「夜でも朝青龍」

以上の3本です。


わんわん


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月24日 21時32分26秒

■fcb Real Madorid 鈴木蘭々「なんでなんでなんで」

テーマ:fcb

鈴木蘭々「なんでなんでなんで」
今週のTOWER RECORDS RECOMMENDは鈴木らんらんさんのnew single「なんでなんでなんで」でした。


■シュステルマドリー勝ち点7個上
マドリーは、バルサから勝ち点を奪うための任務を遂行していました。
自分達が為すべきことを完璧に把握し、それを貫徹しました。
チームをコンパクトに保って、相手のやりくちにあわせて、ディアラとカンナバーロとペペのとらいアングルでエトオのスペースを完全に奪って、掠め取り、手数をかけず速攻。


ペペが、マドリーの選手たる風格を漂わせながらプレーを続けてるのを見て、「ミリトやアビダルもこれくらいの大物風格漂わせて、やってたんだけどなあ、ちょびっとかるなってきたなあ」とか思ったり。


カンナバーロがバルサどころか、リーガエスパニョーラ自体を嘲けているように見えてしょうがありませんでした。
「こんなもんか、たいしたことねーな」って。
「蛇みたいにまとわりついて、肉食動物みたいに、エトオに向かっていって、ボール強奪すりゃいいんだろ」って。
「おりゃあ、ロナウドやクレスポやビエリやシェフチェンコとがちでやってたんやで」って言ってるように思いました、妄想してました。


■鈴木蘭々「なんでなんでなんで」


・なんでデコを変えたの?
・なんでチャヴィを変えたの?
・何でロナウジーニョをフル出場させたの?
・ジョバニとボージャンがグジョンセンより序列が上なの?
・何でいまだに打てる手が、エトオサイド、ロナウジーニョ真ん中と03-04で使えなかった4-2-3-1の3の真ん中ロナウジーニョ作戦の2つだけなの?
・ニースケンスはロナウジーニョに何を話してたの?

・バルサの馬鹿正直に付き合ってくれない場合の戦い方を、いつになったら思い出すの?

・何回真ん中から行けば気が済むの?


みんなこういったことを思いながら見てたんですよね、きっと。


■バルサは、漫然と試合に入り、誰が誰を捕まえるかも決めきれず。だらしない試合運び。
ボールを回すどころか。
持てず。


デコが預かり、必死に出しどころを探すが、見つかりません。
9番は動くスペースを限定されたばかりか、身動き一つ取らせてもらえませんでした。
10番は今日もボールを失い続け、フランス人をほぼ無視し、アイディアも枯渇。


イニエスタには、何であんなに回らなかったのか、ちゃんと反省会やったか心配です。ぼけなすバルサの面々が。へこんだままかえってんじゃねーだろーな。


前線で収まらない。
出しては奪われ。
まとまった規律の取れた速攻を受け。
人数が足りない局面を何度も作られ。


ミリト、チャヴィ、マルケス、アビダル、プジョルが駆け上がっても、マドリーがコンパクトに保って、四方を囲むので、デコ、チャヴィは、いつも出すコースも、持つスペースも、限定され、最後列の勇敢な飛び出しに応えられないと思いました。


せっかく合ってきたグジョンセン入れれば、ほとんど解決したじゃん。問題。
色んな解決策を探せたよと思いました。


イニエスタは苛立ちを隠せず、自分の仕事場を放棄。チャヴィやデコを助けたつもりだろうけど、助かった部分はあっただろうけど、出しどころを失ったとも思いました。


それでもイニエスタを批判することなんか出来るはずもありません。最後ライン際で、怒りで体が勝手に動いたとしか思えない、あのボール捌き、あれで体温が0.5度下がりました。


ヤヤのなんとかしてやろうという気持ちが痛いほど伝わってきました。
①しかし、バルサにとって、効果的なプレーはあまり多くありませんでした。
②でも、あのボールを失わない、奪われても、8割奪い返す、バチスタと競ることが出来る強さは必ず必要だとおもいました。


ライカーは①がもたらすリスクより、②から得るリターンのほうが大きいと踏み、ヤヤを残したんだろうと思いました。

今までは、底から一列上げることばかり論じられましたが、マルケスと入れ替わることを考えても良いかもしれないと思いました。


コクーやモッタの様な感覚を身につけてくれたら最高だと思いました。
新しいテュラムで、新しいヴィエイラことヤヤ。そんな風になったらいいなと思いました。


ボージャンの一発で、他の奴らの目覚めたかもしれないけど、遅すぎましたね。


ロナウジーニョ一人に敗戦の責任があるとは、到底思えませんが、ラモスに負けていたわけではないので、あそこでもっと攻め手を増やしていられたら、マドリの最後列とディアラの間に、ひずみを作って間隙を突く事もできたのに。


世界中の素人が、やるせない気持ちでいっぱいだと思います。


■ヘアバンド外すの一年おせえ。
ロナウジーニョはロナウジーニョなりに頑張ってはいたんでしょうが、あれが限界っぽいですね。
心中するつもりで、フル出場させたライカーの気持ちを察し、目一杯やってもあれが限界っぽいですね。
しばらく慢心し、サボったツケは大きすぎましたね。
多分、すこしカンポに私情を持ち込んでたみたいだし。


昨季のカンプノウのブレーメン戦や、退場になったヘタフェ戦の前半の様なプレーは、少しも垣間見る事が出来ませんでした。
少しも。


なので、これからは、あのくらいの選手だと思って、FKの選手だと思って応援することにします。


出てけなんて口が裂けてもいいません。
・ベンチを甘んじて受け入れ、
・イニエスタやエトオのプレーを見て研究し、彼らに合わせ
・自身のコンディションを上げ
・謙虚になって
・全身全霊でプレーする

そんなロナウジーニョになって、帰ってきてください。
最高の思い出ばかりなので、また応援させて下さい。



■阿吽
テンカテ離脱以降、蘭々采配が続いて、悲しいです。
こんなに早く黄金期が終ってしまうなんて思いもしませんでした。


チームの興隆と凋落を体験することが出来て幸せでした。


間違いなく、05-06のバルサはフットボールの醍醐味を全て詰め込んだ夢のチームだったので、それを味わう事が出来て幸せでした。


ボージャンやmessi、ジョバニとイニエスタが新しい指揮官とこれから、どんなチームを形作り、新しい時代を切り開いて行くのか、本当に楽しみです。


バルサありがとう!
バルサ万歳!
ビスカ エル バルサ!
ミケルスさんの哲学は永遠に!

まじ泣けてきました。


やることやり尽くしてまけたんなら、あきらめもつくけど、もう1年半も、煮え切らないままだから我慢できません。
クラシコで負けたから我慢しません。


ありがとうロナウジーニョ。
ありがとうライカー。
バイバイロナウジーニョ。
バイバイライカー。


0 - FC Barcelona: Valdes; Puyol (Zambrotta, m.77), Marquez, Milito, Abidal; Xavi (Bojan, m.82), Toure, Deco (Giovani, m.58); Iniesta, Ronaldinho y Eto'o


1 - Real Madrid: Casillas; Sergio Ramos (Torres, m.88), Cannavaro, Pepe, Heinze; Sneijder (Gago, m.79), Diarra, Baptista, Robinho (Robben, m.85); Raul y Van Nistelrooy.


Gol: 0-1, m.36: Baptista.


Arbitro: Mejuto Gonzalez (col. Asturiano). Mostro cartulina amarilla a Puyol (m.27), Sergio Ramos (m.45+2), Milito (m.69) y a Baptista (m.84).


Incidencias: 98.248 espectadores llenaron completamente las gradas del Camp Nou


ヘタフェに負けようが、ビジャレアルに負けようが、なんとも思いませんけど。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。