1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年12月30日 00時35分04秒

2006 力 櫻 10大ニュース

テーマ:fcb

昨日コンタクトしっぱなしで寝たら、目がぐったりんこです。ぐったりんじんです。

あのひとはぁ

ああくまぁ

伊藤蘭さん事flavanchaです




10位 プスカシュ、ファッケッティ、テレ サンターナ


巨星が天に召されました。

レジェンド達が、空に帰って行きました。

安らかに、眠ってください。ご冥福を祈ります。合掌。



 9位 アンリ、トッティがプンタ
アンリもトッティも得点力バリバリなのは、誰でもわかっていた。

でも、こんなにプンタさんになってしまうなんて5年前はちっとも思いませんでした。

チーム事情があるとは言え、すっかり1トップです。


なんで、この事が9位かと言うと、日本代表のことを今考えていたからです。

ただの一ファンですけど、考えていました。

ただの一ファンだから考えていました。



        小野(ホントはスシ)


ゴジラ松井gogoカレー  セルチック    三都主


          遠藤ヤット


中田コ   今野ちゃん         浦和の相馬     

    トゥーリオ 稲本にCBヤレ!強制


            楢崎



↑こんなことを考えていたんです。

FW誰もが決め手に欠くなら、これで良いじゃんって。

オシーム監督ならやってくれると思います。




 8位 シェフチェンコとバラック
セリエAとブンデスリーガの大看板が移籍したのに、ドログバが顔役つとめてます。


 7位 日本代表2006
敗因を2行でまとめようと思います。久保不足、調整不足、経験不足、個人の能力不足、闘志不足、リサーチ不足、選手を想う気持ちの不足、金儲けばっかりで、大事な事を考える力不足。ちからぶそく。2行で十分でした。


 6位 バルサ世界一逃す
残念ながら、今回も戴冠はなりませんでした。またブラジル勢に負けました。

このタイトルにかける思いの点で、まだまだ負けていた様です。

日程、体調含めた調整、対戦相手の研究、試合の進め方についての備え(局面局面での約束事だけでなく、90分、120分通して時間帯ごとに備えるプランの準備と共通理解不足。)が足りなかったようです。


来季戻ってこれたらいいなあ。

またインテルか、ラマーリョ率いるサンパウロか、ボカかリーベルか、どこが来るのか分かりませんが、06-07チャンピオンズで勝てまた横浜に力強く戻ってきて欲しいです。

その時はメッシー、エトオ、R、グジョンセン、ジュリー、サンティ、ジョバニ、ボージャンで行きます。


 5位 人種差別

何をしてもなくならないので、そういうファンを抱えるクラブには、厳罰を与えて欲しいです。

罰金100万ユーロとか。

そんで、プリメーラから居なくなって欲しいです。

衛星使って、クソ朝っぱらから、差別のチャントとか見たくねーから。


 4位 ジダン、ベルカンプ、シアラー、ペップ、日本人としてはやっぱり中田英寿の引退。
ロマーリオ、マルディーニ、コスタクルタは特別として。

完全に一つの時代が終わりました。


不思議な気分です。

もう2007年なんですね。

東ローマ帝国が滅びてから、約600年過ぎました。

ローマ帝国は、約2100年ほどでその役目を終えたそうです。


関係ありそうに書いているのに、本当は全く関係付ける気がなくてすいません。

みんなお疲れ様でした。


中田英寿

故障に苦しんだ、ヴィオラ、ボルトン在籍時代を指して、中田をとやかく言う人がいますが、彼は、この10年の日本サッカーの全て。

スクデットを獲り。ワールドカップに3度出場し。セリエAで、10番の位置、中盤の底、サイドを高い次元で担った男。

お祭りとは言え、20歳の時、世界選抜で、ロナウドとバティの2トップにパスを供給した男。(おまけのおまけでキャプテンマークまで巻いた男)

ペルージャの方々と日本人に夢を見せてくれた男。

ローマにスクデットをもたらした男の一人。

ユーベから6得点した男。

トッティが意識した男(その後は差がついちゃいまいたが。)

ブッキからモンテッラ、バティストゥータ、アドリアーノ、ムトゥ、ディバイオ、ミロシェビッチ、エムボマ、ハカン シュキルと仕事したのに、一番やりやすいのは柳沢敦な男。

野菜が嫌いな男。

素は、頭の良い、寂しがり屋な田舎者。


なんでやめちゃったんだ。中田。

中田が引退した実感がまだ湧きません。

ファンデルサール相手に、躍動しまくってる、中村が夢の続きを紡いでくれますが、なんかやっぱり、中田が感じさせてくれた可能性とか衝撃とは、ちょっと違っていて。


あの頃、ロナウド、オウェン、デルピエロと写真を並べて、やり過ぎ:行けるかも=2:8くらいの割合で思ってた気持ちを、中村にはまだ抱けません。小野にも抱けません。感じるのは浅田まおちゃんとかイチローとかです。



 3位 カルチョスキャンダル。とイタリアW杯優勝とカンナバーロ


1 悪い顔過ぎ

ユーベB落ち。ミラン、ヴィオラ、レッジーナは勝ち点マイナスからスタート。なんか裁判何回もやってる内に、随分刑が軽くなりましたね。すっきりしなかったです。


イタリアのW杯制覇。意外でした。

しかし、トッティとピルロのポジションチェンジ、ポジショニング、試合を決めるプレーの数々に魅了されてました。ブッフォンの流れの中から失点0というありえない記録。ネスタ離脱以降のカンナバーロの佇まい。グロッソのスパイクはアシックス。トニのプレーの全て。イアキンタの献身。アレックスのドイツ戦のあれ。マテラーのあれ。

イタリアの試合、今思い返せば、かなりの熱量を持って見てました。

イングランドの試合見る時の8倍くらいの力を入れて見てました。スペインの試合見る時の1/2くらいの力で見てました。

日本代表を見る時の1/5くらいの力で見てました。




 2位 バルサ プリメーラ2連覇!!!

シーズン開幕当初こそ、ビジャのけつにボールをぶつけて、オウンゴールまがいにしたり、ペトロフにぶち抜かれたり、トーレスに竜巻旋風脚をくらったりしてましたが、秋の終わりごろから、急加速、クラシコでとんでもない弾みをつけて、公式戦18連勝!チャビの半年離脱という穴もボンメル、怪物イニエスタ、ガブリ、モッタのローテーションで乗りきりました。


サラゴサにけちを付けられたり、チェルシーの通訳の人に変な言いがかりを付けられたり、デルオルノがスパイクのポイントをMessiに突き刺したりしてましたが、なんとかかんとかシーズンを乗り切り、ニステルローイ、クライファート、マッカーイ、ハッセルバインクを同時に使っても、アイルランドに勝てなかった人が監督の時以来の2連覇。

バライードスのハーフタイムに決まらなきゃもっと盛り上がったんじゃないかと思いました。久々の偉業達成!!!そして、

 1位 パリ






第一位は、

チャンピオンズ制覇!!!


これ以外にあるでしょうか、いやありません。あるけがない。


涙が出るFC Barcelona Champions Of Europe!

http://www.youtube.com/watch?v=KhYrKMuqFic


ラーション大先生のポストプレーとはたき

レジェンドベレッチ(ミランに行かないで!)のあれ

ジュリーとアンリのシャツ交換

マルケスのこっそり蹴り

バルデスとライカーの頭ゆさゆさ。

そしてサンドニに鳴り響いたイムノ!

泣き咽ぶバルセロニスタ

舞うブラウグラーナの紙吹雪


ウディネ、ベーダー、パナシナイコスを一蹴し、

チェルシーに完勝し、ベンフィカにびびりながらもイニエスタの覚醒でクーマンを閉口させ、グランデなジュリーがミランをしずめて、ファイナル進出。「Si, Si, Si,---nos vamos a Paris!」とか何回もうたって。


アンリに何度も切り裂かれ、置き去りにされたけど、バルデス、マルケス、プジョルが守りきった。アーセナルに競り勝った。

決勝じゃロナウジーニョ完封されたけど、またラーション大先生とエトオ神と怪物が打開した!!

オレゲルもジオも耐えた。


勝った。




全てが最高の思い出となりました。





こんな経験をさせてもらってありがとう、

ありがとうバルサ。


今年はファンになってから最高の一年だった。


次にこんないい思い出来るのはいつでしょう。


いつかわからないけど、根気良く待つ事にします。





勝って泣き

負けて泣き

これの繰り返し



人生と一緒だ!!!!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年12月30日 00時11分15秒

天皇杯 浦和-鹿島

テーマ:J.LEAGUE

今日は、ちょっとだけお仕事っぽい事をして、
その後天皇杯を見に行って来ました。


私は鹿島のファンなので、アウェー側に座ってました。
寒かったです。


鹿島の、ピッチを広く使おうという意図は分かりました。


鹿島のサイドからの攻撃を有効に活用しようという意図は分かりました。


でもパスを散らせませんでした。

広く展開できませんでした。


その為、有効な攻撃を継続できませんでした。


1対1の勝負に行く場面が少なかったです。

浦和の早いチェックに味方の選手が晒されても、フォローに行ける選手は少なく、
パスコースを作るでもなく、「スタコラサッサ」とぼんやりジョグしてました。


中田浩二、小笠原の抜けた穴はいつになったら埋まるかなとぼんやり思いました。


あの黄金世代小野と並ぶサッカー小僧中のサッカー小僧、本山は今何を思って、鹿島でプレーしてるのかなと思いました。
東福岡で、タイトルを総なめにし、準優勝したワールドユースでは、ナイジェリア人を味方につけてしまうほどのドリブルを披露し、鹿島でもタイトルを取った。
でも、日本代表には定着できず。W杯の出場も叶わず。


なんか、もったいないっす。
鹿島は野沢とか深井とか田代とか増田、内田にまかせて、今からでも遅くないから、海外挑戦して欲しいです。

我をむき出しにして、悪い本山になって、日本に帰ってきて欲しいです。
相手ぶっとばして、つばペッとかピッチに吐いて。


ボールを持った時の小野は、一人だけ次元が違ってました。
ボールを持ってないときは、相変らずでした。
寂しかったです。


Jリーグのチームが、ACLで勝つにはどうしたら良いのかなーって考えてるんですが、あんまり思いつきません。


1、汚すぎるファールを受けたら、試合ボイコットも辞さない位、騒ぐ。そんでボイコットしちゃう。これでもかってくらい、汚いファールを受けた事をアピールする。


2、Jの中でスーパーチームを幾つか作る。


3、相手にわざと攻めさせて、どカウンターを連発する。攻守共に、極端な姿勢で戦う


4、マンマークに強いCBと中盤の底の選手を養成する。


5、道場破りの様な気持ちで、東アジア、中東遠征をし練習試合を繰り返す。そして全部勝つ。


6、キリン、アディダスから日本サッカー協会に入るお金を項番5に使う。


7、ベッカム、ロナウド、ジダン、グアルディオラ、ルイス エンリケ、コク、フィーゴ、リバウド、ベルカンプ、ロマーリオをJリーグに連れてくる。



8、応援を一旦止める。良いプレーをするまで、完全に止める。良いプレーには大喝采を送る。


9、練習にうまい人のビデオを見るというメニューを入れる。


10、練習に世界一のチームのビデオを見るというメニューを入れる。


11、禁欲生活を強いる。



だいたいこんなんで、いいかなと思いました。
なんとなく強くなりそうな気がしてきました。


G大阪と浦和ですね。


青と赤

青と臙脂

ぶらうぐらーな



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月24日 22時36分39秒

fcb 1-1 Club Atletico de Madrid

テーマ:fcb

世界中の人に

ほんの少しでも

良いことがありますように


MerryMerryChristmas!!







疲れ切った体にムチ打って

最大限やりました

バルサがんばってます



1-0

みんなと協力して決めました


1-1

アグエロの一刺し





おれにも良いことありますよ─に

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。