血の流れ

テーマ:

今さらながら通称の説明、人物紹介を。

ブンレツさん
同居中の母。神津島出身。体が小さく、弱い。リウマチの気配がある。介護が必要となった祖母と暮らすため、埼玉から東京に越した。自活するはずだった僕も諸事情により転がり込む。教養が高く、刺激になっている。「心底から幸せだった時期はない」という。身近で見ていて、たしかにそうだと思う。

ソウウツシニア
離婚を切り出されてなおしがみつく父。山形出身。埼玉の自宅を追い出され、一人暮らしをしていたが、母が東京に越してから戻った。不遜で傲慢だったが、今は不憫に思うことがある。僕は同じ轍を踏まないよう、反面教師とする。出世欲が高く、それなりの地位にいる。顔が酷似している。

ブンレツグランマ
半年間の同居の後、老人ホームに入った母方の祖母。祖父母では唯一の生き残り。車椅子に乗っている。愛される術を知り、色欲が強い。ボケが進行しているが、もしかしたら母よりも長生きするのではないかと、生命力自体は太いと思われる。

ブンレツアンクル
役人の叔父。母の弟。幼少時代のトラウマとして母(ブンレツグランマにあたる)に一度、姉(ブンレツさんにあたる)と二人捨てられたことがあり、彼女に対して言葉はきついが、もし彼女が死んだとすると、涙を流すのはおそらく彼だろう。

ソウウツカズン
ヤッピー気取りの、15離れた従兄弟。父の姉の息子。若い時分から髪が薄かった。今なお血気盛んなため、方々で衝突が絶えない。僕は何かと目をかけてもらっている。

AD