蛾と我

テーマ:
蛾にまとわりつかれていた。はらってもはらっても僕の周りを飛んでいる。そして触れてくる。なつかれているようだった。もしかしたら知り合いの誰かが死んで、蛾に生まれ変わったのかもしらん。そして僕に何かを伝えようとしているではないだろうか。そう思うと無下にはらうことができなくなった。

蛾は特に顔の辺りを飛び回っている。口には沢山の鱗粉がついた。洗面所で「ぺっぺっ」と唾とともにそれを吐き出そうとしたら、その勢いで激しく嘔吐した。

という夢を見た。おねしょの要領で寝ゲロをしたかと思ったが大丈夫だった。それにしても蛾という漢字は虫ヘンに我と書くのか。自分にまとわりついていたのは自分なのか。最近、がんじがらめの感は確かにある。それはきっと自分で勝手に作った檻なのであろう。
AD

生音プラグド

入間ジョンソンタウン、こだまつりにてライブ。一期JAM、2週続けてのイベントとなった。PAまでついて贅沢な環境にて叩かせていただいた。マイクを通したことにより返しの音があるのでやりやすい。自分たち出来としては今回もまたいまいち。ここのところ納得のいくライブができていない。過密スケジュールによる練習不足が祟っている。言い訳にならないがしかし。

ここのところワークショップで力を入れている曲、ティンバダバの初卸でもあった。エショフマンでずれるという課題は克服できなかった。それが最も大きな反省点だろうか。ジャグベ、アボンダン、ティンバダバ、ヤンカディマクル、ジョレという構成。ジャグベやアボンダンは最近のライブで続けてやっているだけに、そろそろ納得したい。

埼玉までの遠征と長丁場によりかなり疲れた。体力不足も懸念材料だ。どんどん疲れやすくなっている。そしてその疲れが取れにくくなっている。
AD

腕立てからの

ここのところライブで天気に恵まれない。今日も夕方から野外だったのに、日中はっきりしない空模様だった。二子玉川のゲッコーにてハニィパーティー。急きょ決まったライブでぶっつけ本番だった。勢いで乗り切りたかったが、見切り発車ではそうそう上手くはいかない。

モリバヤッサ、アボンダン、ジャグベ、ヤンカディマクル、そしてアンコールでジョレ。1曲目の段階で腕が張っていた。いきなり乳酸がたまったかのよう。事前にリハーサルができなかったとしてもある程度の運動はしておいたほうが良い。これからはライブ前に腕立て伏せでもやっておこうか。
AD

Kボード

キーボードの隙間をブラシでなぞったら出てくるわ出てくるわ。それはもうホコリと縮れ毛の嵐。そういえば昔、PCのキーボードはトイレよりも汚いという記事を読んだ。疑いの余地はない。さてこの毛は陰毛なのかわき毛なのか。何本か抜いて比較検討したが見分けはつかない。陰毛なら不可、わき毛なら可ということもなく、むしろ陰毛よりもわき毛のほうが臭気は強いと思われ、この件に関して考えることをやめた。