延長15回まで戦い抜く、まさしく死闘だった。チェンが先発で勝ちきれなかったこと、浅尾を投入して追いつかれたこと、正直この2点が中日としては痛い。確実に勝ちを計算していただろうチェンでは是が非でも星を拾いたかった。浅尾は明日以降の登板も当然予想され、その中で精神的ダメージが残っているか否か。しかしネガティブに考えても始まらない。

当然、シリーズ8戦までを見越して戦う。それでいて、目の前の1試合だけを見据える。今日の先発、吉見のできにかかっている。初戦で本来の投球ができず不甲斐ない姿を晒したが、そこはエース教育を叩き込まれ男。重圧を跳ね返すと信じられる吉見を見てきたのだ。

AD
千葉マリンでの3戦は大方の予想通り1勝2敗で終えた。負けた2試合での見切りのつけ具合はさすが。中継ぎを温存した形が、最後の名古屋で活きてくる。先発ピッチャーは打たれすぎ、スタメン野手は打てなすぎではあるが。

4戦目の勝った試合はしびれるゲームだった。浅尾と高橋がピンチをしのぐ場面には鳥肌が立った。客観的に見てもかなりの割合でベストバウトに選ばれるのではないだろうか。途中、負けてもいいやと、試合展開で既に満足している自分もいた。こんな素晴らしい野球を見させられたのだから。これで視聴率が取れなかったのであればそれは視聴者の質の問題だ。

さて王手をかけられた常態での名古屋。ロッテは成瀬、渡辺俊で来るのは明白である。迎える中日は順序通りまず吉見でそれを撃つのか、並びを変えてチェンが先鋒か。追い詰められたが、うっちゃれないことはない。自軍、敵軍とも選手個々の調子も分かった。ロッテの勢いと精神力の強さは賞賛に値する。しかしここからが頭脳戦である。
AD

日本シリーズのキーマンは荒木だと思っていた。短期決戦においてリードオフマンがいかに塁に出てかき回すか、その役割はペナントレースよりはるかに大きい。CSでも荒木は初回先頭打者で4戦中3試合で出塁した。それが勝った要因としてかなりのシェアを占めているようにとれた。

そして日本シリーズ2戦目、初戦は塁に出られなかった荒木が初回を含め3安打を放つ。打線がのれたこともそれに起因するのではないだろうか。逆にロッテの1番、西岡を黙らせることもできた。

予想外に大差がつき、投手陣も一通り登板した。しかしそれはロッテも同じ。これから戦いの場を千葉マリンスタジアムに移すが、敵地に弱い中日は苦戦を強いられるのは必至である。1勝できれば御の字。勝負を名古屋に持ち越したい。

AD