日に日にこのブログの存在意義がなくなりつつあるが、年の瀬の節目ということで今年見た映画の総括をしよう。まず新作から。

・魂萌え!(阪本順治)
・聴かれた女(山本政志)

・叫(黒沢清)
・14歳(廣末哲万)
・ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(ラリー・チャールズ)
・童貞。をプロデュース(松江哲明)
・いのちの食べかた(ニコラウス・ゲイハルター)

ドキュメントやそれに準ずるものが多めになった。映画の本数も減ってしまっては7本が限界だ。続いて旧作を、キリが良いところで3本。

・自由学校(渋谷実)
・からゆきさん(今村昌平)
・幕末太陽傳(川島雄三)

記憶が正しければテレビで放送するために作られた作品も交じる。ただこの3つは、見て心から感動した。選択をしていてやはり僕には映画だと実感した。来年は巻き返す。

AD

一見さん

忘年会と称された、と、ある、イベントに行った。ライブはそれぞれ良かったのだが、パフォーマンスの間に挟むスライドの何かが、全部いらない。アーティストだという女性が海外に行って、その時の模様を説明しながら写真を見させられても、知らない上に興味もないこちらとしては困るだけだった。会場となったそこの歴史、のような説明をされても、逆に見事といえるほど頭に入らない。
AD
友人宅に泊まる。水炊きをして酒を飲んだ。「M-1」の録画を見てから「すべらない話」をリアルタイムで。お笑いづくし。しかし両方とも通常の破壊力に欠ける。過度の期待は禁物である。テレビのしがらみも再確認した。限界が近い。
AD
三軒茶屋から帰ろうとすると大雨だった。コンビニでビニール傘を買った。店員が剥き身で渡す。店を出て、その傘を開こうとした時、僕の上着に引っかかって骨が1本折れた。デビュー前に故障するなんて、500円の代物が高くついた。それでも雨をしのぐには問題はない。それを刺して、家に着いて、不燃ごみに一緒くた。

社交界

今年は、こじゃれたカフェにおもむく機会が増えた1年だった。今まで縁遠い存在だったが、随分と行ったように思う。そういうところで感じる劣等感が、払拭されたかといえばそうでもない。今日は下北沢で。ともかく、人と会う日が多くなった。ジャンベを始めたこともそう。性格も変わっただろうか。社交的になったかも知らん。一人の時間が減ったことで考える時間も減り、良し悪しはまた別問題だ。
中日の契約更改が荒れている。四天王の一角である福留はメジャーに移籍し、残る岩瀬、井端、川上の越年が決まった。バランスは難しいものではあるが、編成部に敏腕ネゴシエーターがいるとスムーズになりそうだがいかに。

福留に関しては、もう、興味もない。5ツール・プレイヤーとして価値が高いことを認め、しかし言動に寒々しさを感じ、アンテナに引っかからなくなった。岩瀬は心情的に天井を作らないでも構わないのではないかと思う。失って、戦力的に最も痛いのは井端だろう。ただ妥当な数字ではないだろうか。ベースが高いということを考慮に入れてほしいと毎年常々、川上に思うのは彼の発言がクレバーではないから。決着は楽しみでもある。

というか違法は良くない

テーマ:
撤去されにくいとしてた、僕の下北沢での駐輪ポイントが危うい。そこの寂れた百貨店は閉店するそうである。僕が下北沢で路上駐車するところは3つ。まずここは最も駅から近いが、撤去の可能性がなくはない。最も遠い、区営施設の駐輪場の拝借は安全ではあるが、いかんせん駅から歩く。その中間にあるスーパーの駐輪場は閉店時間が早い。できてから1年か2年か、割と新しいそのスーパーの存在が閉店に追いやられた原因ではないかとにらんでいる。遠因であることには違いない。今後のことはまた年が明けて目の当たりにしてから考えようと思う。
クリスマスイブは一人で映画がここ3年の儀式になっていたが、今年はソウウツシニアたっての願いで食事に出かけた。家族サービスは大切である。以前来た時は給仕や客を見て飽きなかったが、今日もまた楽しませてくれた。しかし警備員と揉め、その際の対応を客観的に見てブンレツさんとシニアと僕の性格が如実にあらわれ、それはそれで面白かったが、後味が悪い。

めらめらと

多摩川で焼き芋をした。芋以外にも餅やら肉やら様々なものをアルミホイルに巻いて、舌鼓を打つ。さほど寒くなく、夜までの余興程度のつもりだったが有意義な昼だった。

場所を荻窪に移してライブハウスのルースターへ行き、一期JAMダンサー陣が参加しているダンスのワークショップの発表会を兼ねたイベントを見る。ジャンベも披露して、それを体感した僕たちはそれに負けまいと火がついた。背中はそう遠くない。

動画サイトを漁っているうちにたどり着いたのが鳥居みゆきだった。女性のピン芸人で、狂気じみた芸風がまず度肝を抜く。というのもルックスが抜群に良いことからのギャップがすさまじいから。ネタは面白くないが、同じ事務所の芸人と絡んでのトークは神がかっている。ネットでは有名らしいが、紙一重である喋りは反道徳的な側面が垣間見え、テレビ向きではない。どこまでが素なのかも分からない。正気と狂気、フィクションとノンフィクションの境を壊して際にいる。完封した次の登板に初回ノックアウトを食らうような、捕手が流動的なチームだと全く機能しないような、そんな投手に例えられる。好きな芸能人、これからはいの一番に彼女を挙げよう。