魂萌え! 夫が死んだとはいえ、息子の放蕩が抜けないとはいえ、悠々自適の生活ができる中流以上の家庭があり、高校時代からの友情もあり、環境としては恵まれている。定年退職してから間もなく亡くなった旦那に10年来の愛人がいたことを知った、還暦間近の専業主婦・関口敏子の人生が再スタートした。

積年のフライパンを使い続け、敏子は自らを省みずに家族のことを第一に考えていた。家庭は狭い。しかしそこだけで一つの確立された社会と考えることができる。その中でのみ生活していた敏子にとって、世の中は広かった。そして未知の世界に足を踏み入れる。様々なことが露呈し、それから逃げ出すようにカプセルホテルを訪れた。そこで出会った風変わりな老女と眼鏡に長身の若い女性が、彼女にとって新たな視野のきっかけとなる。

女性は強い。阪本順治は男くさい映画ばかりを撮ってきた印象があったがこの傑作。例えるなら彼は本格派の投手でチームの大黒柱である。伝統的ストロングスタイルの正統な継承者である。起伏に乏しく壮年の女性が主で見出すのが難しそうな、事実ガラガラのシネ・アミューズは早々にモーニングショーへと上映回数を減らし、本作は評価されずして淘汰され行く可能性が高い。それが悔しくてならない。

タイトルのシーンで夫を送り出した後に窓際でコーヒーを飲む敏子が会釈する。クライマックス間近で愛人の昭子が敏子と一悶着あった後に自分の店の暖簾をかけながら「風が出てきましたね」という。双方とも対象が画面から外れているが、枯れてなおさわやかか表情が印象に残る。窓越しの敏子は最後にも、夜の電車で映し出された。夜のネオンに自分が反射してつぶやくセリフに全てが凝縮される。また別のシーンで「勝ち負けではない」という敏子は、家庭に従事してきたという土壌があるからこそ重みがあり、培ってきたものを肯定する姿勢を見せる。どんな世代でも女性は僕にとって畏怖の対象だ。

AD
一緒に飯でも食おうかと友人に電話をした。彼のスケジュールを把握しておらず、現在どこにいるか、時間はあるか、夕飯はまだ済んでいないか、これらの条件が揃わなくてはならない。電話に出なければすぐさま適当な店に入るつもりだったがワンコールで繋がった。「もしもし」「もしもし、あ、ちょっと待って。すみません大盛ねぎだくと卵」僕に向けられていない言葉で、僕の彼への用事は終わった。てんや、かつや辺りを探し、結局は富士そばに入った。
AD

指定型バトン「中日」

テーマ:

ドアラ 指定型バトンは以前受け取ったことがあり、題を変えてこれが2度目。「レザボアCATs 」とらねこさんから中日を指定されてやりやすい。

1.最近思う中日
昨年は僕が知る中で最も成熟した最強のチームだった。これを上回るのは至難の業だろう。現状維持すら容易ではない。落合監督は素晴らしい集団を作り上げたものだ。しかし短期決戦の弱さは想像をはるかに超えるほど根が深いことも知った。僕が生きている間、日本一を見ることはないかも知らん。険しくそびえるその壁を、監督もファンも痛感した。選手たちよ頼む。

2.この中日には感動
リーグ優勝決定試合は記憶に新しい。あれをリアルタイムで見て泣かないドラキチは、その涙腺を誇って良いほど、突出した固さを持っている。

3.直感的中日
ブサイク・タニマチ・勝負弱い。若い男前が増えてきたとはいえ、キワモノのイメージが直感で浮かぶ。キャラ立ちは望ましいのでその傾向は構わない。地元密着は悪いことではないが、外様に冷たい印象がある。目を外に向けることで勝負強くもなるのではないだろうか。内弁慶では限界がある。この時期に契約更改で揉めるのも、外の血の注入で何とかなるようなそういう問題ではないような。やたらと下手で揉めなくて済むことまでこじらせている気がする。

4.こんな中日は嫌だ
星野仙一の復帰。彼の是非はファンの間でも分かれるところではある。僕としては何も求めていない。中日のあずかり知らぬところでその舌の多さを披露していれば良い。政治が極力関与しない球界であることを願う。

AD

この鴨

テーマ:

びあんち号で10分強のそのショップへは通うといっていいほど行っている。今日は何も購入予定がなかったが、所用のついででつい覗いてしまった。

そこは2階がレディース、1階がメンズ、地階がメンズのインポート中心という配置になっている。値段が張る代物が多いので下にはいつも降りないが、今日に限って降りてしまった。

女性の店員が一人と客が一人いた。後で分かったことだが店員の名前は斉藤さんという。前髪が揃った茶の濃いストレートに鼻が少し大きく、笑うと目がなくなる。客の男は僕と入れ替わるようにすぐ上に行った。派手なパンツを手に取ったところで、斉藤さんが「もし良かったら試着してみてください」と決まり文句を放つ。店員との会話は割と好きだが、二人の距離が近くなってしまった。

彼女の香りがする。その香水には覚えがあり、懐かしく、良い印象を持っている。記憶を辿ると、以前に僕が好意を寄せていた女性が愛用していたものだった。とりあえず試着した。色違い、サイズ違いで計4本も穿いた。斉藤さんはとても似合っていると言った。その間、他の客や店員が来る度に早く帰れと僕は思っていたのだった。上はボーダーに紺のシャツジャケットその上に手編みのベスト、下は迷彩のスカートに色の濃いタイツかストッキングという出で立ちの彼女が、このパンツに合う靴も持ってきた。斉藤さんが右の、僕が左の靴紐を解き、顔の距離およそ15センチ。さらにアウターと彼女と同じベストも用意されてインナー以外は総入れ替えになる。斉藤さんは僕に対する印象を語り、それは僕を心地良くするのに充分だった。知っているはずの、持ち上げるのも商売の一貫ということは、知っているつもりに過ぎなかった。正しくない言動だと分かっていたが、香りの件を語ってしまった。パンツを取り置きにしてしまった。

領域

ラティールたちRhythm 2nd Anniversary @ WAREHOUSE

ジャンベ後にその足でそのワークショップが主催するイベントに。楽器があればDJと勝手にセッションができる。気づくと汗だくになりながら一心不乱にジャンベを叩いていた。こんなにも爽快とは。

ラティール・シー率いるパーカッション部隊が、すごいという表現は安易だがすごい。アフリカンは生まれる前、精子の段階でリズムのDNAを継いでいるのではないだろうか。プロのプレイは勉強になる。早く帰るつもりが始発直前になっていた。

年末にヒロシの紐が切れてそれからというもの、彼をどうしようか悩んでいた。まだ丈夫な皮まで取り替えてしまうことになると金もかかる上に毛並みの関係でヒロシではなくなる。師匠に相談すると紐だけを替えることもできるということで、やってもらうことにした。今日からしばしの別れ。それに伴いトレードマークの鈴 も取ることになるが仕方ない。

ファンカニ2回目はブレイクまで進んだ。難しくはないものの前半と後半でリズムが掴みづらい。何となくでやってしまっている。家で復習できないのは辛い。

エレクション マフィアのボスの座を二人の男が争う。裏社会といえど民主的な選挙があり、収賄は表社会と変わるものではなく、それによって中盤に差し掛かる前に一旦の決着は着く。多数決によりロクがディーを抑えたが、会長の象徴である竜頭棍を巡って事態は急を告げた。

ディーには女房がいる。ロクには息子がいる。ディーは力のみを信じる無法者だが絶対的な強さとカリスマ性があった。ロクには派手さはないが仁義に暑く信頼されていた。対照的な彼らの生き様をまず提示する。その対比軸と香港の世情を絡み合わせ、スリリングな展開が続いた。警察はマフィアの力の拮抗を望んでいる。内部抗争は好まれない。

上には重鎮、下には若い衆がいて、どちらがよりそれを巧みに操るか。ディーが自分へ投票しなかった幹部への報復を始めた時、竜頭棍を持つ現会長のチョンガイは混乱から逃れるためにそれを中国本土へ運ばせた。相手より先にそれを手に入れるべく、ロクとディーは互いに根回しをする。卓を囲む幹部の命、または討たれたボスへの義で構成員は奔走する。まとめたのはロクだった。

銃は一切使用されない。あくまで原始的な手法での暴力は伝統、保守の流れを重んじる。そしてまた時代は繰り返されるのだろう。

手垢の足跡

テーマ:
コンビニで立ち読みするコミック雑誌を数えた。週の頭からジャンプ、ヤングマガジン、ビッグコミックスピリッツ、マガジン、サンデー、チャンピオン、モーニング、ヤングジャンプ、ヤングサンデーに月刊誌のジャンプとチャンピオンの計11誌とこの量は何だ。改めて確認などするべきではなかった。電車での長距離移動でもない限り購入には至らず、1本しか見ないもの、読まない週がある雑誌も中には入っているが、漫画大国の典型的成人ともいうべきか。木曜日はコンビニ滞在時間が長い。

Kiss My Ass

テーマ:
失敗駐車 縦列駐車が難しいことは誰もが知っているが、明らかに失敗してそのままにしているのは間違っている。僕自身ここ5年はやった記憶がない。なるべく回避しているのも事実である。なぜ面白いのかは分からないが、見つけた瞬間に吹き出した。この画は卑怯に近い。割と広範囲で接しているではないか。バックで入れるロケーションなので、図太いであろう前の車の運転者を見てみたい。修羅場は別に構わない。

紀子の食卓処女の女子高生・紀子、その妹・ユカ、彼女らが出入りしたサイトを仕切るクミコ、二人の父・徹三。誰かしらの語りが常に入り、シナリオは相当に分厚かったのではないかとその量を汲んだ。詩人でもあるらしい園子温によって操作された4人の語り口は一様、聡明で早熟の高校生のような若さを感じた。演出にセンスを感じさせないがそれを補う才能。彼にとって「自殺サークル」は会心作だったのか、それを踏襲し本作でも「あなたとあなたの関係は」と問いかけ、個人と集合体を見つめる。4人の目から多角的に浮かび上がるもの。

自転車で10分という好立地にもかかわらず三軒茶屋中央劇場は初めてだった。石油ストーブの上にやかんが置かれてそれが喫煙所にある。レトロでノスタルジックな、哀愁漂うたたずまいと雰囲気が最高だ。歴史を感じさせる映画館だけあってイスの座り心地は最悪で、本作の2時間半という長丁場がきつい。寄せては返す「あら、帰りたいですねぇ」の波。

それでも途中退席せずにエンドロールを確認してから後にして心地良かったのは、劇場が気に入ったからということだけではない。余韻の段階で「世にも奇妙な物語」の8話分程度という印象は覆された。徹三によって作り出された上っ面だけの理想の家庭に反旗を翻し、ネットで知り合ったクミコを頼って紀子を家出する。その1年後にユカも同じ道を辿る。体裁ばかりを気にしていた徹三だったが、少ない手がかりを探って家族の再生を試みた。一方、紀子とユカはレンタル家族を経営するクミコの下につき、そこに価値を見出した。家庭の在り方はあくまで縁どりであり、人という字は支え合って形成されるもので、何と繋がるかもしくは何に属するか、巡らすところは多岐に渡る。