負け試合を引き分けに持ち込んで一喜し、勝ち試合を落として一憂。藤川から2試合連続で点をもぎ取っただけでも大したものだ。喜ぶ矢野とは対照的に藤川は何ともいえない表情をしていた。とにかく、川上が夏場に勝てないことはこれからも前提として踏まえなければならない。福留や井端など、中日の主力で未婚者は多いが、中でも川上には早く結婚してほしい。体調管理ができていないと見た。

松坂率いる横浜高校が席巻する前年、同じ世代の藤川は実兄とバッテリーを組んで甲子園を沸かせた。当時はそれほどの速球派でなく、プロに入ってから球速が飛躍的に伸びたタイプである。松坂世代の中では遅咲きの部類だろうか。しかし枯れるのも早いような酷使ぶりは敵ながら痛々しい。

AD

希釈

喉が痛い。どうやら扇風機にあたり過ぎて乾燥し、やられたようだ。しかしタバコは減らない。ブンレツさんも風邪をこじらせた。二人してイソジンでうがいをしている。この、薄めるという行為が元来苦手でまずアバウト。それでいて極端に薄いことを極端に嫌うので、そばつゆにしろカルピスにしろどれも濃い口に仕上がる。これはブンレツさんに似た。ソウウツシニアはといえば性根からケチなため間逆だ。足して2で割れていれば良かったのに。イソジンはもうなくなる。
AD

大学からの友人が結婚する。1ヶ月ほど前、彼から頻繁にメールが来た。共通の友人のフルネームやアドレスを教えてくれと、それによりそろそろ招待状が来る頃だと察する。


そして届いた。名前が間違っている。僕の名前はごく一般的ではあるが、漢字で書くとマジョリティのものではない。姓は2番手、名は3番手くらいだろうか。初対面やそれほど近しくない人間に名前を書かれた時、もし違っていてもさほど気にはならない。しかし人のを指南させておいて僕のを誤るとはこれどうだ。根に持つタイプの僕はただちに説教メールを送った。

AD

難題バトン

テーマ:

So what ? 」の哀生龍さんから。難題なのはまずルールで、理解するまで時間がかかった。15の質問に答えながら、答えにくい質問に関しては3つ、14問目にあるお題と取り替える。

■1.今の時点で一番最後に聞いた言葉は?(独り言、テレビ、音楽可)
保安官を撃ったがしかし。

■2.好きな香りは何ですか?
→とりたててめずらしいものはないのでチェンジ。
■ちょっと変わった趣味・コレクション。
とりたててめずらしいものはない。

■3.人類が滅亡したら、次に何の生物が知能を持ち、地球を支配すると思いますか?その理由もお願いします。
カラスとゴキブリで黒い世界に。生命力の強さはかえ難い。

■4.ホクロから伸びた毛は最長でどのくらいの長さですか?
背中か腕にあるホクロに5センチ弱 の。もしくは長髪にしていた時、うなじにあるホクロから髪の長さと同等の毛が生えていないと言い切れない。

■5.やってみたい変態行為。正直に。
漏らしてみたい。垂れ流してみたい。

■6.本当はしなければいけないのに、一日延ばしにしていることは?
ブログの更新が1日ずれている。

■7.一昨日の昼、何食べたか思い出せますか?
→焼きそばなのでチェンジ。
■1つだけ・1回だけなら罪にならないとしたら、どんな犯罪行為をしてみたい?
不法侵入。廃墟でも要人宅でも。

■8.一番古い記憶は何ですか?
布団に寝かされてブンレツさんが家事をしているところを見ている。1歳だと思う。

■9.平均就寝時間・起床時間。
1時半就寝、7時半起床を心がけているが守れない。以前と比べると規則的にはなっている。実際は8時間以上寝たい。

■10.今までに一番遠くに旅した場所。
イギリス。その時ジョージ・ハリソンが死んだ。

■11.朝起きたら違う人になってました。誰がいい?
僕は日本語しか喋ることができないのだがこの場合、他言語の人になっていたらどうなるのだろう。その言葉を喋っているのだろうか。ということで外国人に。

■12.最近何かで涙を流しましたか?
映画を見て涙を流すのはよくあることである。

■13.ブログをやる上で、やってもらいたくないことは何ですか?
スパマーは殺す。

■14.変える質問を3つ。
 ・楽して生きていける方法を教えてください。
 ・YouTubeを見ていると平気で2時間が過ぎているのです。打開策をお願いします。
 ・毎晩おばけに尻を 触れていますがどうしたらいいでしょう。

■15.バトンを回す人を5人。
→回さないのでチェンジ。
■顔から火が出た恥ずかしい経験。
最近で、強いて挙げるなら転んだこと

蟻の兵隊 奥村和一氏の国に対する目はとにかく怖かった。80にしてその眼力は、自責と憤怒が入り交じっている。スクリーンを通してでも思いの強さが分かる。もしこれほどまでの眼差しを向けられたら僕は2秒で背けるだろう。中国山西省にて上官の命令で現地の農民を殺す時、処刑を待つ中国人の憎しみの目を見られなかったという。ポツダム宣言後も彼は同様に命令で中国に残った。誰が好んで戦争を続けたいというのだ。どうして中国で国民党軍の閻錫山ために戦い、断末魔で天皇陛下万歳などと。

日本軍山西省残留問題は、戦犯を免れようとする軍司令官・澄田と、共産党軍と戦うために人員がほしい閻錫山の思いが合致したことに始まる。画策して部下を売り、澄田は自らの保身を最優先した。終戦から4年が経ち、残留兵が帰国できてからも問題は解決されなかった。日本政府は志願の残留とみなして戦後補償を拒んだ。上告した奥村氏ら元残留兵の裁判は今もなお続く。

証拠文献を探すため、補聴器をつけ杖を突きながら奥村氏は中国を訪れた。中国人から見た当時の様子を聞きたいということもあった。そこでの奥村氏の発言、後の後悔、再発見、再確認は、ドキュメンタリーでしか成し得ないドラマがある。これだけドラマティックな展開は他に類を見ない。

映画も終盤に差し掛かる頃、奥村氏は、同じく残留していた元軍人の家を訪ねる。その人は奥村氏と違い、当時の記憶を抹殺しようとし、話を拒む。このシーンは「ゆきゆきて、神軍」とだぶった。同じく戦争を経験した世代を映したドキュメンタリーで、戦争を体験した人たちは各々向き合い方が違うことを知る。想像を絶する世界であることも。人格が否定される世界も。地獄も。

横浜は昨日に続いてルーキーを先発に送り出し、山口は早々にマウンドから引きずり降ろしたが、2番手の牛田が立ちはだかる。解説の木俣は彼の球種を見抜き、さらには捕手・鶴岡の癖まで見つけ、試合展開よりズバズバ言い当てる様が面白く、中盤は応援に身が入らなかった。期待していなかった立浪のタイムリーで目が覚める。

満塁男も返上とみなされがちだった谷繁の、名誉挽回の走者一掃でこの試合5打点。最終回に岩瀬をマウンドで迎える時、キャッチャーマスクの奥から覗く白い歯が彼の充足感を反映している。岩瀬も絶好調で要求と寸分違わぬコントロールでねじ伏せる。井端もリズム良く3人で締めようと、二遊間に抜けようとする打球を取って1回転、投げてまた1回転、4連敗でも移動日の前に勝って終わり良ければ全て良しだ。

サマータイムマシン・ブルース ザ・フーの“サマー・タイム・ブルース”とタイムマシンをかけてなかなかうまいタイトルだと思い、もしかしたら“タイムマシン・ブルース”という何かもあるのか知らんと考え、検索をかけたがこれといってなし。しかし検索の結果ザ・フーのはカバーで、元はエディ・コクランであることを知れた。そしてタイマーズの日本語歌詞でループ中。

コンビにもない地方の大学のSF研究会は部員5人、うだるような暑い夏の日はクーラーの利いた部室が憩いの場となっていたが、リモコンが壊れてへこんでいた。その間、つじつまの合わないことがいくつかある。そこへタイムマシンに乗って25年後の未来からやってきた田村という男が現れた。甲本らSF研の面々に、隣の暗室を根城とする写真部の伊藤と柴田を交え、彼らはリモコンを独楽回しとして未来と過去を行き来する。はじめの不可解だった事柄は一つ一つ解き明かされた。小ネタを挟みつつ、タイムマシンという大それた題材を無駄に扱い、くだらないがしかし練られた脚本だった。

スピンオフを除く「踊る大捜査線」のドラマは全て見て、スピンオフを除く「踊る大捜査線」の映画は2つ劇場で見た。その他にも本広克行の作品はいくつか鑑賞して、そのノリは好きなのかも知らん。両方のメディアで活躍する彼が劇団ヨーロッパ企画の芝居を映画化した。劇中の映画館主人は踊るシリーズでも見たことがあり、思えば舞台出身の役者は以前から出演者が多かったように思う。「ゆれる」にて重要な役を担った真木よう子には気づかなかった。

ラミレスとの相性が最悪とはいえ、川上の夏バテは懸念材料である。しかし毎度阪神はお付き合いをしてくれてマジックは着々と減る。Xデーは希望的観測も含め8月の22日から24日と読み、そのどれかを今年最後の野球観戦にしようと思う。

負け試合でも楽しめたのは中里の登板。経験値がたまってレベルアップ、連投を覚えた。スピードガン表示はそう驚くほどでもないが、バットに当たっても前に飛ばない。高めの直球にバッターは手を出して三振する。加速しているようにも見える。

マツゴ-マウス

テーマ:
ミッキーマウス 夜道にネズミが死んでいた。何ものかに目玉を食われていて最初はモグラかと思った。耳の辺りも陥没して、敗れた末なのだろう。無闇に忌み嫌ってはいけないという感情に駆られて、歩道と車道を分ける白線近くで横たわっていた死骸を近場の土に埋める。撮影はインモラルだろうか。掲載はグロテスクだろうか。今日のできこどで最も印象的だったのは事実。