好きだ、 向き合ったり、同じ方向を見たり、少ないセリフは横顔が補完する。霞み、くすみがちの美しい空を随所に挿入して、雲も彼らの心情を語っているようだった。たとえ薄っぺらくても沁みる。17歳のユウとヨースケは「好きだ」と相手に伝えられなかった。そして17年の月日が流れて、二人は偶然再会する。34歳のユウが17歳の頃を語り、34歳のヨースケが現在を語る。

もどかしさ。17歳のユウにはヨースケの気持ちが汲み取れず、34歳のヨースケにはユウの深層が見えない。キスをするのも告白をするのもユウからだった。女のほうが強い。土手を歩く二人は抜きつ抜かれつ、意識し合った。

キャストが少ない。物語はユウとヨースケだけ、強いて挙げるならユウの姉と、ヨースケと夜中に出会った男が、二人の世界に入る。役者は皆が素晴らしかった。宮崎あおい、西嶋秀俊、永作博美、瑛太の主要キャスト4人がそれぞれ抑えていてなおみずみずしい。僕は宮崎あおいのような妹を欲しがっている。例えば夜中に携帯が鳴って「お兄ちゃん終電がなくなっちゃったの。迎えに来て」なんて言われて、僕は「またか。ふざけんなよ」とか言いながら車を飛ばす。「いつも夜遊びばかりしやがって。おまえの運転手じゃないんだからな」と一通り憎まれ口を叩きながらも本当は頼られることが嬉しく、遊び疲れて助手席で眠る姿が愛おしく、その髪や頬を撫でるって、そんな気持ちの悪い妄想を宮崎あおい主演で脳内ロングラン。ヨースケと一緒にいる時のユウの視線は彼へが4割、彼以外が6割、くるくる泳ぐ。そんな宮崎あおい is ユウを見て脳内も上映期間が伸びた。

AD

遺影と不能

テーマ:

遺影 3月末にMyClipがサービスを完全停止 することに伴い、さすらいペットの「daddy GG」とココア・アイランドの「ナナシ(今命名)」がこのブログから姿を消す。対処法は見つかっていない。WinShot でキャプチャー画像をとり、とりあえずの遺影にする。アメーバがスクリプトに対応する気配はない。

忍者 も、カウンタは使えるがアクセス解析ができなくなる。代替としてACR WEB を付けたが、やはりスクリプトの問題でリンク元が分からない。アメーバの不能ぶりにはいら立ちばかりが募る。

AD

卒塔婆の言葉

テーマ:
墓地を散策した。親族の墓参りなど面倒で3年以上もご無沙汰だが、関係のない様々な墓石を見比べるのはなかなか楽しい。辺り一面に骨粉が埋まっていると思うと、いや特に感慨深くはなかった。墓誌なるものを知った。埋まっている人間のことが書いてあるのだろう。墓石の横に置かれたその石版は、どうも新しいものが多い。最近の流行なのだろうか。昭和に亡くなった名前が一人だけでも、その石には光沢があった。冷たい風が吹きすさび、僕の前と後ろと右と左で卒塔婆がガタガタ鳴っている。読めない字が同士ぶつかり合っている。
AD
The impossible is possible tonight
Believe in me as I believe in you tonight

受験だったり面接だったり、勝負を挑む際は音楽で高揚させる。“Tonight, tonight”が告白 の時のテーマソングだった。そして今また聞いている。まだ 諦めていない。往生際の悪さが身上だ。無粋、不恰好など知らない。とにかくメールを綴る。

Smashing Pumpkins
Mellon Collie & The Infinite Sadness

アサギリンク

渋谷の週末はごった返す 友人からテント を借りっぱなしで、実はそのままもらってしまおうと企んでいたが、催促されて返す。彼と会ったのはそのテントを借りた時以来だった。朝霧jam で使用して、また今年の同フェスの時も借りるつもりでいる。干しもせず、あまりにも図々しいと少しだけ感じて、菓子でも包めば良かったと、別れてから思った。

夜はゆちんこ姉さん 主催の飲み会に参加した。彼女の友人が集まり、僕は友人を一人引き連れて、その二人以外は全員知らないという状況でハシゴさらにクラブ。普段知り合えない人たちと新たなコネクションを、作れたかどうか。

荒川静香金メダル獲得。3時までは起きていたものの、生中継が始まる頃は夢の中で、結局ネットのニュースで知った。愛国心の薄い僕は何なら今回メダル0でも、それはそれで記憶に残る大会になって良いのではないかと思っていたが、取ったとなると嬉しい感情が湧く。ロシアのスルツカヤはまたも金メダルを逃して、女子陸上のオッティとかぶる。テレビではこの時期になると湧いて出てくる渡部絵美が喋っていた。週刊誌で彼女の「3人娘はメダルを取れない」という見出しを五輪前に読んだが、しっかりと肯定的意見に変わっている。生き永らえるとはそういうことか。

持ち物バトン

テーマ:

WMKHAPPY SMILE! with fireflies 」sugarさんからもらう。軽い気持ちでバトンを受け取ったが、辛い気分になったのは予想外だった。

①財布はどんなものを使っていますか?
高校生の時、ブンレツさんからプレゼントしてもらったものを。黒い革の、ごく普通のものでだいぶほころびが目立つようになった。

②携帯はどんなものを使っていますか?
auのA1402Sとは、ブログよりちょっとだけ長い付き合いになる。その前に使っていた携帯を紛失して、すぐさま機種変更をしてそれ以来。もう1つvodaphoneを持っていて、これはどうなることやら。

③使ってる携帯ストラップは? 
今までは付けていなかったのだ。しかしRodyのストラップが付いているのだ。揃いだったのだ。外せないのだ。

④手帳は持っていますか?
あまり使っていない。携帯で事足りてしまうことに一抹の寂しさを感じる。

⑤バッグはどんなものを持っていますか?
古いものからMOUNTAINSMITH、LUGAGGE LABEL、patagonia、vanson、chef-d'oeuvre 。悲しくなってきた。

⑥バッグの中身は?
タオルは入っている場合が多い。フルシーズンで汗をかく。メモ帳と筆記用具はタオルの次によく入っている。映画のチラシがグチャグチャに折り曲がって底に埋もれている。しかも大体それはダブりで持っているもの。

⑦持ち歩いてないと駄目!なもの三つは?
WMK

⑧これをまわす人は?
これをまわす人は。

亜追記
所持品を改めて見ると様々なことが思い出されます。ものにすら感情移入をすることもあり、しかしそんな感受性豊かで優しい自分が大好きです。バトンを回さないのも優しさです。

立て込んでいて、充分に張った湯を止めるためだけに浴室に入ったが予定変更、蛇口はひねらずそのまま服を脱いだ。歌声 を聞いてしまっては考える余地もない。湯船に浸かって聞き耳を立てる。相変わらず上手くなかった。

メロディラインは速めだが、サビに入るとスローダウンしてボリュームも上がる。「イヤよイヤよイヤよ見つめちゃイヤー」1拍おいて「ハニー」そして「フラッシュ」ここで水しぶきがパシャッと聞こえた。ポージングも決まったらしい。癒される。

アメリカ,家族のいる風景 母親には、限りなく100に近いパーセンテージで信頼を置いている。さらに弱い人間として、依存したいもしくはされたいという願望もあり、ごく少数ではあるが、否、少数であるがゆえ、または、自ずと少数に絞られた友人、彼らを限りなく99に近いパーセンテージで愛し愛される関係を築きたいと思っている。

家族を省みずに中年になるまで奔放に生きた男・ハワード・スペンスの、岐路に立ってそこからの旅路を描く。映画の撮影途中で、人気俳優のハワードが現場から姿を消した。彼は30年以上も会ってなかった母親のもとへ行く。その映画に出資した会社のサターが彼を連れ戻そうとその足跡を辿る。酒、薬、女をむさぼったハワードの遍歴は、彼の向かう母が残したものと彼を追うサターが見たものから読み取らせた。

自分に子供がいることを知ったハワードは、それを探るべくモンタナへと亡き父の車を走らせた。希望と救いを求めて子供に会おうとする彼だったが、突きつけられた現実は優しいものではない。

モンタナ州ビュートの閑散とした街はどこか非現実的だった。余計な人物がおらず、生活臭はあっても絵空事のような色彩。荒涼の大地をヴィム・ヴェンダースとサム・シェパードが「パリ、テキサス」以来20年ぶりに共に歩む。そこを、劇中の映画スタッフは歩かないで、自動二輪に乗っていた。あれはたしか、小泉純一郎もブッシュからのお土産か何かで乗っているのを見たことがあるが、誰が乗っても間抜けに見えることが分かった。

やじ将軍?

駒大魂ここにあり。投手への恫喝が売りの谷繁にこうも言うとは肝が据わっている。昨季セ・リーグのホームランキング新井貴浩の実弟、新人の新井良太が良い。実績以上に兄と違うところはそのルックス、似ているがしかし男前で、そっち方面でも人気が出そう。

待望久しい右の長距離砲はなかなか育たない。恵まれた体躯から良太は、練習試合で今年の中日第1号のホームランをかっ飛ばした。名前先行は本人も認める。「体がでかいだけで野球は下手くそ。人よりも練習する」とそれを有言実行する。愚直に。発せられるコメントは全てコーチやメディアをくすぐって、かわいがられているようだ。そのまま育ってくれと思う一方で、卑屈な負け組としてはボロを出さないかと待ち構える。