邦画ベスト 邦画を5本くらい
ニワトリはハダシだ (森崎東)
ヴィタール (塚本晋也)
いつか読書する日 (緒方明)
メゾン・ド・ヒミコ (犬童一心)
空中庭園 (豊田利晃)
疾走 (SABU)
邦画の当たり年だった。若手からベテランまで監督陣に活気がある。来年も勢いがありそうで何よりだ。

洋画を5本くらい
サマリア (キム・ギドク)
エレニの旅 (テオ・アンゲロプロス)
世界 (ジャ・ジャンクー)
ある子供 (ジャン=リュック&ピエール・ダルデンヌ)
昨年の前半は「スパイダーマン2」「スクール・オブ・ロック」と拡大公開作品で傑作があったが、今年はそれがなかった。「春夏秋冬、そして春」は「サマリア」を入れたことで割愛。

リバイバル上映またはブラウン管で鑑賞したものを5本くらい(以前に鑑賞していたものは除く)
アララトの聖母 (アトム・エゴヤン、2002年)
ヒューマン・ネイチュア (ミシェル・ゴンドリー、2001年)
CURE (黒沢清、1997年)
魚と寝る女 (キム・ギドク、2000年)
風が吹くまま (アッバス・キアロスタミ、1999年)
ロゼッタ (ジャン=リュック&ピエール・ダルデンヌ、1999年)
キム・ギドクとダルデンヌ兄弟がダブル・エントリー。クラシックというと語弊があるが、旧作の絶対数が少なかったことを悔やむ。満遍なく見ようと思う。

青い追記
洋画ベスト 自作自演です。個人的ベストをバトンテイストでしたためました。「2005年映画バトン」とすればすっきりしたのですが、2004年9月末から始めたこのブログの、宙ぶらりんとなるその時期に見た作品も含めたく、さらにはビデオや特集上映などで見た作品も数えたく、そうするとどうも中途半端なありさまになってしまいました。それぞれ順位もつけようかと思ったのですが、なにぶん優柔不断でして、さらに気分によってそれは左右しやすいもので、ランクはつけられませんでした。回す回さないの時限ではありません。

AD

僕は東京に生まれ、埼玉で育った。東海圏には親戚もいない。しかし熱狂的な中日ファンである。静岡に4年間住んでいたことはあるが、そこは三島で関東寄り、地元民は巨人ファンが多かったように覚えている。周囲にドラキチは数えるほどしかいなかった。それでも応援するには理由がある。

まず家に、なぜそれがあったのかは分からないが、CDマークの中日帽子があった。幼少時代のきっかけはそれである。漠然と応援するようになり、新聞のスポーツ欄の順位表を見て一喜一憂していた。巨人戦以外のTV放映はなく、活字の情報がメイン。そんな中、徐々にではあるが、思いが強くなったことにも理由がある。

 中日

横書きの状態で真ん中に横棒を入れると、上下対称になる。

 中
 日

縦書きの状態で真ん中に縦棒を入れても、左右対称になる。対称的なものにフェチシズムを感じる僕は、図らずも肩入れするようになった。そして今に至る。

中日ドラゴンズに対しては憎しみすら感じるようになった。僕がこの目で見てきたここ30年の中日はAクラスが18回、優勝が4回。日本一は知らない。数字がチームカラーを物語っている。僕はレフトスタンドで応援し続ける。生活の一部だ。

AD

Nothing Compare

テーマ:

記事の数は500を越した。もはや生活の一部だ。何が僕をそうさせたか。昨年と同様に テーマ別の割合を出した。

 映画もしくはRENTALたまにはCATV 20.6%
 音楽 を聴く で踊る 13.5%
 スポーツ 中でも野球 とりわけ中日 12.6%
 READING REED 2.9%
 ツーリンポ 10.1%
 バトンは履歴書 4.2%
 ソウウツ&ブンレツFAMILY 9.3%
 日記をしてみむとてするなり 21.7%
 このブログ 4.8%

新テーマとして読書、バトン、ブログが加わった。カテゴリーを増やしたことで日記の頻度は大幅に減ったが、今後もマジョリティの座は譲らないだろう。映画は割合よりも100本鑑賞の目標を達成したい。スポーツというテーマはほぼ中日だけのものになりつつある。ブログを始めたことをきっかけにして、銭湯巡りという新たな趣味ができたことが大きな収穫の一つ。

AD

血の流れ

テーマ:

今さらながら通称の説明、人物紹介を。

ブンレツさん
同居中の母。神津島出身。体が小さく、弱い。リウマチの気配がある。介護が必要となった祖母と暮らすため、埼玉から東京に越した。自活するはずだった僕も諸事情により転がり込む。教養が高く、刺激になっている。「心底から幸せだった時期はない」という。身近で見ていて、たしかにそうだと思う。

ソウウツシニア
離婚を切り出されてなおしがみつく父。山形出身。埼玉の自宅を追い出され、一人暮らしをしていたが、母が東京に越してから戻った。不遜で傲慢だったが、今は不憫に思うことがある。僕は同じ轍を踏まないよう、反面教師とする。出世欲が高く、それなりの地位にいる。顔が酷似している。

ブンレツグランマ
半年間の同居の後、老人ホームに入った母方の祖母。祖父母では唯一の生き残り。車椅子に乗っている。愛される術を知り、色欲が強い。ボケが進行しているが、もしかしたら母よりも長生きするのではないかと、生命力自体は太いと思われる。

ブンレツアンクル
役人の叔父。母の弟。幼少時代のトラウマとして母(ブンレツグランマにあたる)に一度、姉(ブンレツさんにあたる)と二人捨てられたことがあり、彼女に対して言葉はきついが、もし彼女が死んだとすると、涙を流すのはおそらく彼だろう。

ソウウツカズン
ヤッピー気取りの、15離れた従兄弟。父の姉の息子。若い時分から髪が薄かった。今なお血気盛んなため、方々で衝突が絶えない。僕は何かと目をかけてもらっている。

ゲルマニウムの夜 雪が降りしきる寒国の教会が隔離された一つの世界として、教護院に住む青年・朧を中心にそこの人々の性と生が描かれる。

朧が教会の院長である小宮の性処理をしている。彼は神と宗教を試していた。人を殺め、犯し、傷つける。それでも神父の戸川には「神に最も近い」と言われていた。

欲が渦巻く狭いコミュニティで物事の善悪を説く。汚物とされるものや不貞とされることが、果たしてそうなのか。朧を演じた新井浩文の目は全てを見透かしているようだった。また、欲を全く持たない者として修道士の赤羽がいる。殺虫剤を樹木に撒き、やる気をなくすというその薬の副作用に侵されていた。何も見ないことも達観に近い。

荒戸源次郎が上野に一角座という映画館を作った。本人らしきいかつい老人が館内を闊歩している。観客席を一瞥して何だか萎縮した。上映後にはサプライズゲストとして監督の大森立嗣が登場した。弟の南朋にそっくりだ。本作にはその南朋と父親の麿赤兒も出演する。荒戸事務所、一角座も含めてファミリーの香りがした。

秘密のかけら ユダヤ系アメリカ人のラニーは奔放で芸に長けていた。いかにも英国紳士然としたヴィンスはウィットに富んだユーモアを飛ばす。彼らコンビは1950年代のショウビズを席巻したスターだった。しかし彼らが宿泊するホテルの部屋で若い女性の死体が発見されてから、第一線を退くことになる。1972年、野心に満ちた女性ジャーナリスト・カレンがその真相に迫る。

カレンが同業の父に教えられたことは記事の客観性だった。その当時、主観的な文章を書くジャーナリストが多い中、彼女は教えを守ろうとした。しかし、ラニーとヴィンスに関する記事は自身が投影される。所詮、創作物にはノンフィクションなどあり得ない。人が手をかける、手を加えることで客観性は失われる。その度合いの多少で判断するものだろう。カレンは二人に関与しすぎたことにより、ジャーナリズムが失われた。

司会者が紹介する間、幕の裏で出番を待つラニーとヴィンスから映画は始まる。互いを見つめ、視線を外す。事件があり、それが闇に葬られ、それを掘り起こす道程で、冒頭で見せた二人の複雑な表情一つ一つが徐々に解き明かされた。

アトム・エゴヤンは相当に頭脳が明晰なのではないだろうか。しかも理系。時代は前後して、真実と嘘が交錯して、ストーリーはスリリングに展開する。加えて50年代と70年代のゴージャスでグラマラスな映像で、サイケの新しい一面を見た。僕は読解が難しかったことを告白する。とても、1度の鑑賞ではクリアにはならなかった。再度チャレンジの予定。

対応悪

テーマ:

MyClipがドリコムRSSへ

困ったことになった。アメーバブログはドリコムRSSに対応しないらしい。新サービスのリリースといって、より便利になるものだと高をくくっていたが、それにより排除される側になってしまった。ブログペットの、ココア・アイランドとさすらいペット(daddyGG)が表示されなくなる。回避方法が見つからない。アクセス解析も消える。

アメブロ以外のブログをブックマークする際も、僕はMyClip経由でおこなっている。これも消える。アメーバ自体のブックマーク欄は最大表示で15件と異様に少なく、不満がある。どうしたものか。プロフィール欄にでも移行するか。

ノーコン

トイレ トイレで小便をこぼす。最近は特に酷い。ソウウツシニアもよくこぼしては怒られていた。それは遺伝させまいと注意を払っているのだが、午前中にブンレツさんの怒号が飛ぶことは2日に1回のペースである。いつ僕は床を水浸しにしているのだろう。謎だが、おそらく答えは決まっている。朝一番の小水は狙いが定まりにくく、四方にばら撒かれる。しかも寝ぼけてちゃんと的に入っているつもりになっているというか、気づかないだけなのだ。僕専用のトイレットペーパーが置かれるようになった。せめてこぼしている実感を持ちたい。

この日のこと を詳しく話すと、僕が彼女の地元に行き、近くにあったホテルアテネに泊まったのだった。彼女にとって初めてのラブホテルだったというのには驚いた。リーズナブルな割に部屋はかなり広く、内装が新しい。僕はここが気に入った。

彼女が友人たちと飲んだ。ホテルの話が酒の肴になったらしい。ホテルアテネに行ったというと「あそこは良いよね」と口を揃えたとのことだった。これは興味深い。皆がそこに行っている、そしてやっているということか。彼女を含めたそのグループに限らず、そこの町の人は多くが地元に残っているそうで、すると実家暮らしの割合も比例し、必然的に皆が口コミで広がったそこを利用する。同じ建物の中、決して少なくない確率で同じ部屋、同じベッドでザ・コミュニティの同世代が性行為をしている。アテネの枕が知っていること。もしくはシャワーヘッドが。はたまた便座が。

××と私バトン

テーマ:

私バトンNUMB 」のlinさんから「××」の部分は変更可能という臨機応変なバトンをいただく。既にこの時点で変更した。「○○と私」バトンだったのだが、つげ義春好きということで××。linさんが答えた「映画監督」をそのまま受け継ぐ。

■1.パソコンまたは本棚に入っている「映画監督と私」
映画監督の著書はまるで持っていない。映画のプログラム程度である。ブログを書くようになってから頻繁にプログラムを買うようになった。パソコンには映画監督のHPや特集サイトがそこそこブックマークされている。

■2.今妄想している「映画監督と私」は?
映画を撮ってみたいという願望は少なからずあるが、関係者になりたいという気持ちは毛頭ない。一映画ファン、傍観者、ニュートラルの状態で鑑賞に勤しむ。どんな映画監督も、凄まじい才能を持っていると思う。そして大概、良い人ではないと思う。良い人では映画を作りづらいと思う。

■3.最初に出会った「映画監督」は?
初めて監督で作品を見たのはスティーブン・スピルバーグ。監督作ではないが「グーニーズ」で映画が好きになった。

■4.特別な思い入れのある「映画監督」は?
時代順にスティーブン・スピルバーグ、北野武、ウォン・カーウァイ、黒澤明、コーエン兄弟、ジム・ジャームッシュ、ガイ・リッチー、小津安二郎、アッバス・キアロスタミ、黒沢清、キム・ギドク、豊田利晃、ジャ・ジャンクー、ダルデンヌ兄弟。たくさんの名前を挙げたのは、僕には語れるほどの特別な思い入れのある監督などいないから。

■5.最後にバトンを回したい5人とそれぞれのお題は?
回さないからお題もなし。

曖昧な追記
クリスマスにバトンを3本、文字通りバトン三昧です。気づけば20本を超えてました。「またバトン?マジかよ超だるい」なんて悪態をつきながら実は嬉しいのです。バレンタインで義理チョコをもらった男子と似たようなものです。「俺に?マジかよ困るぜ」なんて実はバレンタインなど中学以降、事務的なものしかもらったことがありません。バレンタインデイに例えるなら、回すことがホワイトデイ。お返しはしません。そんな傲慢な態度にもかかわらず、皆様からバトン走者として指名していただき、僕は幸せ者でございます。