自民党の舛添要一前厚生労働相は21日、新党結成を目指し、近く離党する意向を固めた。同党と国会で統一会派を組む改革クラブの参院議員らとの連携を探っており、政党要件を満たす国会議員5人を確保するとみられる。

 舛添氏は川崎市で記者団に「最後の詰めをしている。いろいろな政治家と真摯(しんし)に議論している」と述べ、公職選挙法で政党名が保護される5月2日までに新党をつくる考えを示した。

【関連ニュース】
自民党:舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」
舛添前厚労相:新党に触れず 東国原知事と会談
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず
舛添氏:執行部を批判「国会対策あまりに稚拙」

防衛省関連の独立行政法人、家賃二重払い(読売新聞)
インサイトもタクシーに…埼玉知事が特区提案(読売新聞)
狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺(産経新聞)
民主党 桂きん枝氏を擁立へ…参院選比例代表(毎日新聞)
「官邸は崩壊」=自民・石破氏(時事通信)
AD