参院は26日午前の本会議で、日銀政策委員会審議委員に森本宜久・元東京電力副社長を、原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹・東大大学院教授をそれぞれ充てるなど、政府が提示した8機関32人の人事案について採決、与党などの賛成多数で衆院に続き同意した。これを受け、近く正式任命される。

 また国主導で進めた「平成の大合併」を打ち切り、自主的な合併支援へと軸足を移す改正市町村合併特例法が可決、成立した。4月1日施行。

【関連記事】
3月の日銀月報 設備投資、住宅など明るい兆しを指摘
1兆6千億円を供給 日銀、追加緩和で
「日銀はインフレ・ターゲットを進化」2月政策決定会合の議事要旨
政府・日銀一体を“演出” 効果乏しく、内実は“同床異夢”
「ミラクルはない。粘り強くやる」 日銀総裁、デフレ脱却で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

公安委員長女性スキャンダル 首相「調査を指示」(産経新聞)
<官房参与>行天氏ら退職
反対派住民が説明会阻止(産経新聞)
「私に問責決議とは生意気」ブログに阿久根市長(読売新聞)
<岐阜県多治見市>市内の全公共施設 10月から全面禁煙に(毎日新聞)
AD