裁判員が量刑判断で参考にする量刑検索システムに誤りが見つかった問題で、最高裁は8日、新たに19件のデータ入力ミスがあったと発表した。このうち10件は言い渡した刑(判決主文)が間違っていた。昨年判明したミスと合わせると22件となり、データの信頼性が揺らぐ調査結果に、最高裁は「再発防止に万全を期したい」と話している。

 この問題は昨年12月、覚せい剤密輸事件を巡る東京地裁の裁判員裁判で発覚。300キロの輸入量を3000キロとするなどのミスが3件見つかった。これを受け最高裁は、入力済みで実際に検索対象となっているデータ3202件について、すべての判決文を全国の地裁・支部から取り寄せて点検作業を進め、各地裁・支部にも同様の作業を指示していた。

 点検結果によると、主文を誤入力していたのは7地裁・支部。(1)仙台地裁が殺人事件で懲役10年を12年と入力(2)横浜地裁横須賀支部が殺人未遂事件で懲役8年を10年と入力(3)大阪地裁が強盗致傷事件で懲役8年を10年と入力--などで、本来の懲役刑と6カ月~2年異なっていた。

 最高裁によると、データは判決にかかわった裁判官が入力しているが、いずれも単純な入力ミスという。今年の裁判員裁判は12日から始まるため、それまでに全データを修正する。【北村和巳】

【関連ニュース】
裁判員制度:対象事件で1212人起訴
東京地裁:民事訴訟最多4万4千件 過払い金請求が急増
最高裁:判事就任の千葉、須藤両氏が会見
裁判員制度:対象事件の起訴 全国で延べ1210人
裁判員裁判:全国初の被告が上告 東京の殺人事件

3D「元年」、対応映画館4倍に 値下げや眼鏡工夫…集客アップへ(産経新聞)
日航株、7円に下落=2日連続ストップ安(時事通信)
港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)
<初雪>東京都心で観測 平年より10日遅く(毎日新聞)
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑-名古屋国税局(時事通信)
AD