福田清峰のゴルフとバードウォッチングと本と写真の日々。

ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:
ポチっとよろしくお願いします。
ポチっとよろしくお願いします。

日経平均、強いですね。

株価が買われ過ぎ感が漂う中、中国経済の停滞、原油安、ロシアルーブル急落、1998年ロシア財政危機再来と、世界経済が崩壊するかもという不安とともに、12月8日に18,000円超えをした翌日から、日経平均もガタンガタンと大きく下げました。

そして、17000円を割った12月16日をそこに大きく反発をしはじめ、前回高値の18000円を狙っています。

株を勉強するってどういうことでしょう?
そういわれてもさっぱりわからないですよね?

私もよくわかりません。
今まで株の本を何冊もつくってきました。
どれもそれなりに売れたと思います。
でも、株の値段なんで上がったり下がったりするのかなんてわかっていませんでした。
ましてや、そのタイミングで買って、いつ売るのかなんて……そういう本もつくってきたのですが、まったくわかっていなかったんだと、この本をつくって、恥ずかしくなりました。

世界一やさしい 株の教科書 1年生
株の教科書1年生

とにかく、一から何度も読んでみてください。
きっと、あなたを株で勝てる体質にしてくれます。
そんな本です。
株の気持ちをちゃんと理解できそうな本です。

たとえば、『「株」のことをちゃんと知りましょう』
ここで、しっかり株って何なの顔をわかりやすくおもしろく教えてくれます。

株の教科書1年生

そして、『なぜ8割の投資家は損をするのか?」
ここをちゃんと勉強しましょう。
投資で負けない体質を作る基本がここに書いていあります。

株の教科書1年生

そういっても、実際のところ、どこで株を買ったらいいのでしょう?
「安い時に買って高くなったら売る」
そう思っていませんか。
だとしたら、ここちゃんと読んでください。
「株は高くなってきたら買う」これができるようになると負けなくなるそうな。

株の教科書1年生

ロスカットを減らして利益を伸ばしていくことができれば、難なく資産を増やしていくことができます。
その原則とメカニズムも学びましょう。

株の教科書1年生
でも、株は心理戦です。
いつでも、買っていいタイミングにあるわけではありません。
では、どんなタイミングでも買っていくためには「戦略」が必要です。

株の教科書1年生

買っていいタイミングを理解して、戦略を理解して、株を買ったら、あとはいつ売るかを学びます。
ここで売る!
そう教えてくれるシグナルがあります。
株の教科書1年生

MACD、ボリンジャーバンドを読み解けば、最大限高値で株を手放すことができます。
株の教科書1年生

では、そんな買っていいタイミングの銘柄をどうやって探すのでしょうか?
銘柄探しの方法と、たくさん見つかった銘柄の中から、これだ!という銘柄を絞り込むコツもしっかり学べます。

株の教科書1年生

これだけしっかり、教えてくれる入門書、ほかにはないと思います。
海外の機関投資家がクリスマス休暇に入った今が株の入門には最適です。
ぜひ試してみてください。

世界一やさしい 株の教科書 1年生
ジョン・シュウギョウ
4800720168


この本、実はアマゾン総合1位になりました。
おかげさまで大好評です。
発売10日で重版となっていますが、年末年始、どうしても流通の関係で在庫がなくなってしまうかもしれません。
お急ぎください!

株の教科書1年生









AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード