福田清峰のゴルフとバードウォッチングと本と写真の日々。

ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:
ポチっとよろしくお願いします。
ポチっとよろしくお願いします。

芳とも庵(旧店名:生粉打ち亭)・牛込・神楽坂・飯田橋
・住 所:東京都新宿区納戸町10
・電 話:03-3235-7177
・営業時間:12:00~14:30(L.O.14:00)18:00~21:00(L.O.20:30)
・定休日:月・第1、第3日曜日
・駐車場:無(徒歩1分以内にコイン・パーキングあり)
芳とも庵のホームページ

おそばが大好きです。
今回は、飯田橋・神楽坂美味しいおソバさんです。
頼むおそばは人気No.1おすすめの「津軽そば」と「江戸そば」です。

神楽坂から歩くと、右に、神楽坂の名店の代表とも言える「蕎楽亭」、左に神楽坂の隠れ家「東白庵かりべ」を見ながらくねる道を抜けて牛込までちょっといい散歩になります。
牛込の町が見えてくると、右に曲がると「たかさご」が、左に曲がると「芳とも庵」があります。

芳とも庵

明るい店内は気楽にお蕎麦を楽しめる雰囲気に満ちています。
気取らずに、フレンドリーな感じが好感を持てます。

芳とも庵

箸置きが折り紙で折られているのに、ちょっとうれしくなります。

芳とも庵

そば茶もしっかりいいお味です。

芳とも庵

いつもの「そば焼酎そば湯割り」をいただきます。
神楽の舞(宮崎)」はまろやかで、久しぶりにキンキンこないそば焼酎に出会いました。
うまい!

芳とも庵


日本酒は新潟の銘酒、純米吟醸「鶴齢(かくれい)」をセレクト。
これまた美味。

芳とも庵


お通しは「揚げ出し豆腐」に「ほたるいかの酢味噌和え」でした。

芳とも庵
芳とも庵

「揚げ出し豆腐」には揚げたお茄子とししとうがさりげなく寄せられています。
おもてなしといっていいのか、ちょっとした気遣いが感じられます。

芳とも庵

「海のルビー」といわれる「桜えび」。
年に2回春漁と秋漁のときにしか収穫することが許されず、それ以外の時期では静岡県の駿河湾だけしか収穫が許されていないそうな。
実はそれくらい貴重なものなのです。
うーん、カリッと美味い!

芳とも庵

「野菜の天ぷら」ふきのとうやタラの芽など、季節のお野菜がこれまたちょっと苦味が口の中に広がるちょっとした苦味が春を感じさせてくれます。

芳とも庵

カツヲ節、昆布、どんこを使用した蕎麦つゆは、濃い口、たっぷり甘めと申し分なし。
返しに使っているみりんは、70日以上の長期間醸造し、昔ながらの搾り機でゆっくり搾り上げた後、2年半以上の熟成期間を経て製品となるものだそうな。
さらに砂糖も「阿波和三盆糖」にグラニュー糖をまぜているとか。
このこだわりの甘みがグッと引きつけてくれます。

芳とも庵


お蕎麦は、「江戸そば」「津軽そば」「田舎そば」の3種類があります。
その中で最も白いのが、店内で皮むきした丸抜きそばを自家製粉してメッシュ30番で篩った粉を80%、20%で篩った粉を20%混ぜて打った「江戸そば」だそうな。

芳とも庵

江戸そばの粉を使って、「呉汁(ごじる:大豆をすりつぶした汁)」で打ったそばが「津軽そば」だそうな。
青森の郷土そばで、製法が複雑なため消滅してしまい、今では幻のそばといわれているそうな。
ほんのり甘みを感じる食感がクセになります。

芳もと庵

個人的には江戸そばの食感と香りが好きです。

芳とも庵

大根おろしをたっぷり入れて絡めると、これまたお見事なくらいうまい!

芳とも庵

わさびを乗せてもうまい。
でも大根おろしだけで食べるのがお勧めです。

芳とも庵

そば湯は、打ち粉で溶かれたものだと思います。
たっぷり濃いめのそば湯がお好きな人にはたまりません。

芳とも庵

白濁ではないので

芳とも庵

メニューです。
お蕎麦へのこだわりがびっしり。

芳とも庵
芳とも庵

これ見たら、「桜えびのかき揚げ」食べたくなります。

芳とも庵

日本各地のかくれた名酒を足で探して、お蕎麦に合う地酒を提供しているそうな。

芳とも庵

こちらは「おつまみ」です。

芳とも庵

こんなお得(?)なセットもあります。

芳とも庵

まずはこちらの一品から、そして甘味で締めると。

芳とも庵

「お蕎麦」のメニューです。

芳とも庵

「お飲物」のメニューです。

芳とも庵

つなぎは一切使用せず、水とそば粉だけで店内で捏ね、延し、切り、完全な手作業による手打ちの生粉打ちそばだそな。
打っているところを見たかったです。

芳とも庵

玄そばから店内で製粉されているそうな。
福井・山形・茨城・栃木のその年の良い玄そばを仕入れ、高湿冷蔵庫で保管されているそうな。
玄そばは良い状態で皮をむき、石臼挽きしているそうな。

芳とも庵



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇