笑ろてるパパがええやん!〜おもろいイクメンふやします〜

笑ろてるパパ→笑ろてる家族→笑ろてる社会を目指す、NPO法人ファザーリング・ジャパン関西のブログ


テーマ:
主夫の和田です。
年末年始にサイボウズのワーキングマザー応援CM2本が公開され、一部で話題になっています。

このCMが行政や公共広告機構の制作でなく、
子育てと仕事の両立や新しい働き方を時代の先端で模索していることで評価の高い会社が制作し、主要スタッフも女性。
なのに、ワーキングマザーからみて違和感がある…制作意図が図りかねる…
など、巷の評価が複雑です。

僕はこのCMを作られた意義はあると思いますし、評価できる部分もありますが、
この2本だけで完結してしまっては困るなぁと思ったのでこれを書くことにしました。

ここでは製作者の立場や意図は考えずに、動画から受けたメッセージだけを元に意見を書きます。
よかったらごらんになってから本文におすすみください。
動画は両方2分半です。
ここで語るのは下側の第2弾「パパにしかできないこと」のみです。

サイボウズCM 第1弾「大丈夫」 第2弾「パパにしかできないこと」



【ママにしかできないこと】

このCMでママ自身が「ママにしかできないこと」としてあげている8つのこと
「ねかしつけ・授乳・保育園お迎え・夜泣きをあやす・食事・病気対応・子連れでおでかけ・だっこ」

11年間家事育児を主担してきた主夫として断言します。
これらは全てパパでもできます。
(授乳も哺乳瓶からならできます)

もちろん、個人的に得意不得意があるのはわかります。
女性のほうが得意な方が多いのかもしれないという可能性も否定はしません。
しかし女性の全てが元々得意だからやっているわけでもありません。

これらを「ママにしかできないこと」と決めつけてしまうことが、
いろんな問題の根っこにあります。



【ママの独白】

「こういうことこなすのがつらいってわけじゃないんだけど」

「どんなにパパが協力的でもけっきょくママにしかできないことが山ほどあって、
それが毎日のほんの小さなことだったりするので、
パパに言うほどのことでもないわけ」


この動画の中のママの独白です。
でもこれは、本音じゃないですよね?
本音はこっちのはずです。じゃないと上の独白の必要性がありません。


「こういうことをこなすのがつらい」

「パパには言ってないだけで、
ママしかやってない毎日のちいさなことは山ほどあって、
パパの協力は足りない」


これらの感情を独白ですらひとひねりしないと出せない、
もしかしたらママ本人も本音に気づいていないかもしれない。

このママを縛るママ自身の心理と、ママを取り巻く日本社会の「空気」は根深いです。



【パパにしかできないこと】

この動画の最後のメッセージ

「奥さんのことだっこしてあげられるのはあなた(夫)だけなのよ」

これはたしかに一つの気づきです。
でも、この気づきはほんのスタートにすぎません。

これに気づいたパパがどう行動するのか、
だっこしてみたら「それは違う!」って拒否されたり、それが元で喧嘩になったり。
そんな続編があったら面白いなぁと思います。

喧嘩を推奨しているわけではありません。
でも、喧嘩するリスクを抱えてでも感情をストレートに伝える場面は必要です。

僕が考えるパパにしかできないことは、

「我が子に対してママと同じ重さの責任を背負うこと」

です。
いや、元々背負っているはずなので、それを自覚することです。
これだけはパパ以外にはできません。
祖父母にも友達にも先生にできないことです。

パパ自身が責任を認識することで、パパ自身の行動が変わります。
どう変わればいいのかは、その夫婦の状況に応じて違います。
動画にあるように「ママをだっこ」が正解の夫婦も(もしかしたら)あるかもしれません…

パパとママの我が子に対する「責任」は同じ重さであることを夫婦の大前提にすること。
その上でパパとママの「役割」を状況に応じて考える。

これからも主夫として、僕なりに伝えていきます。
社会の「空気」を少しでも入れ替えるために。


ーーー
FJKはNPO/NGOを支援するgooddo(グッドゥ)に登録しています。
「家族の共有体験を増やす」FJKを応援してください。
赤い「応援する」ボタンをクリッククリック♪
gooddo FJK応援ページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ファザーリング・ジャパン関西さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。