フランクリンプランナー・ウィークリー活用術

「7つの習慣」 の実践ツール でもあるフランクリンプランナー手帳。
その基本はデイリーですが、扱いやすくメリットも大きいウィークリーの方を7年間愛用してきました。人生のパートナーとして最大限に活用し、なりたい自分、理想の人生を引き寄せましょう。


テーマ:
介護保険を利用した住宅改修で、
和式便器を洋式便器に取り替える改修はよくやるのですが、

本来は認められない洋式便器から洋式便器への取替えでも、
介護保険が適用されるケースがあります。

下の写真がその事例です。

対象者の男性が180cmの長身だったので、
「現状の便座の座面が低いために、立ち座りの動作が難しい」
という点を前面に出した理由書を作成し、認められました。

本当のところ、一番の理由は、
改修前の洋式便器は老朽化している上に、
前後の長さが短いコンパクトなタイプだったので、
対象者の男性が座っておしっこをすると、
前にこぼれてしまうという理由があったのです。

新しい洋式便器は、座面が高いだけでなく、
前後方向に長いエロンゲートタイプの便座にしたので
おしっこが前にこぼれることもなくなりました。

理由書に書いた内容もウソではないので、念のため。(・ω・)/

尚、便座の高さを上げる場合は、補高便座を使うのが一般的です。
しかし、ガタつきが出るなど、座り心地は悪くなります。


$ライフワークは福祉住環境コーディネーター-便器取替え前 改修前 便座の高さ 約38cm

ダウンダウン

$ライフワークは福祉住環境コーディネーター-便器取替え後 改修後 便座の高さ 約46cm

にほんブログ村 住まいブログ 介護リフォームへ
にほんブログ村アップ
応援クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード