名張毒ぶどう酒事件で最高裁が審理を名古屋高裁に差し戻したことを受け、最高検の鈴木和宏刑事部長は6日、「最高裁判所の決定内容を踏まえ、差し戻される名古屋高等裁判所において、適切な立証に努めたい」とのコメントを発表した。

【関連記事】
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
「次は私も再審を」名張事件で奥西元被告
「冤罪を根絶」菅家さんら名張事件への支援訴える
【News解説】取り調べ「可視化」の流れ加速
再審請求の「冬の時代」が変わる可能性も
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

外国人参政権、慎重検討論相次ぐ=意見集約は見送り-知事会(時事通信)
月内にも新党結成の意向=5人確保に自信-平沼氏(時事通信)
決まった高校「行きたくない」、幾度も母親の腹刺す 15歳逮捕(産経新聞)
宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
<水俣病>出水の会、国の救済策受け入れ(毎日新聞)
AD