TRAVEL-lab

ー Living , Working , Traveling ー


テーマ:
陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --畑野さん


シリア、レバノン、イスラエルを約3週間もの間、

一緒に旅させて頂いた84歳で今も現役バックパッカー、畑野さん。



シリアの内戦による影響で、シリア国内への入国をためらう旅人も多い中、

畑野さんは一人で国境を越えてきたという。





シリアのダマスカスの宿のドミトリーで初めて会話を交わし、

畑野さんの旅をしてきた経験や各国の印象を聞いた。

50歳頃から一人旅を始め、高級なホテルやツアーでの旅(一般的な旅行)は避け、

重いザックを背負い、安宿に泊まり、大衆食堂で飯を食べ歩き、

自分よりも若いバックパッカーとの触れ合いを大切にして旅をされている。





日本では、

東京に拠点を置き、アパート経営や野菜農園を趣味とし、

毎日ジムに通い約2KMもの距離を泳ぎ、身体を鍛え維持している。

春、夏、冬はアパート経営や野菜の収穫時期で日本に住み、

秋になると約2-3ヶ月は海外へ旅へ出るというライフスタイルを楽しんでいる。



この歳になって、健康保険を解約し、今も大きな病気にはかかっていないという。



ただ一点、耳が聴こえなくなってきていると話されていた。

片耳は以前から聴こえず、

今回の旅で両耳が聴こえずらくなってきている...と。




それでも、旅に対する気持ちは貪欲で

そういったハンデを感じさせないくらいの姿勢で旅をされている。





一緒に旅をしていても、

僕らと一緒の目線で会話をしてもらったり、

一緒に飯を喰ったり、一緒の安宿のベッドで夜を過ごしたり、お酒を呑んだり。




旅中は、ほとんど弱音や愚痴も言われず、

僕らよりも前を先に歩くくらい元気な方で、その背中に見とれてしまう。

重いザックを背中を背負い、メキシコで買ったという革のブーツを履き、

姿勢もシャキッと真っすぐな状態で歩いていく...。




「自分が84歳になった時に、畑野さんと同じような事が出来るのか?」

そう何度も自分に問いただす事をせざるをえないくらい、素敵な人だった。






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --ケンsクッキング


陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --シェア飯


一緒に旅をしていたケンと畑野さんへの手料理を振る舞う。



1回目....60点 インスタント麺を使ったオイスターソース焼きそば

2回目....70点 パスタ

3回目....95点 白飯 & 唐揚げ & サラダ






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --天使と老人


 畑野さんは言っていた。




「高いホテルに泊まっても、良い飯を食べても、出逢いは訪れにくい。

 こんなバックパッカー旅だからこそ見えるものがある。

 だから、この歳になってもバックパッカーはやめられない...」 と。




 ケンと見つめ合い、

 「名言だな。」




 そんな言葉を交わした。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「Lebanon」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
レバノンの首都、ベイルートから北東へ。

ベカー高原のほぼ中央に、バールベックは存在している。




この遺跡には、フェニキアの豊穣の神バールに由来し、

天地を創造する最高神ジュピター、酒神バッカス、愛と美の女神ビーナスに捧げられた

3つの神殿から成り立っているらしい。





陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --バールベック





陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World -






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --宮殿







陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --宮殿内








陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --細かいディテール






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --柱の下から






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --宮殿








陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --木と遺跡






この旅の中で、自分が最もと言っていいほど圧倒された場所だった。

言葉では、言い表せないくらいの存在感がそこにはあった。





陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --宿へ。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『 Freedom Of Expression 』-ベイルート

Lebanon(レバノン)の首都、ベイルートへ辿り着く。

フランスの統治下にあった事から、『中東のパリ』とも呼ばれている。





『 Freedom Of Expression 』-ベイルート

レバノンの首都は、

他の中東国に比べ洗練されていて、ヨーロッパの雰囲気が漂う街並。

歩いてすれ違う人々も洗練された人々が多く、お洒落な人達も多い。

ボロい格好をした自分が恥ずかしくなる.....。





陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --地中海




陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --釣り


地中海沿いをゆっくり歩いてみる。

天気が良い。







陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --夜モスク。


レバノンにもモスクが存在する。

すっかり、イスラム圏だという事を忘れていた。

そんな事を忘れさせてくれる素敵な街だった。




『 Freedom Of Expression 』-祝い酒


もちろん、今宵もこいつで乾杯。

プハービール





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。