TRAVEL-lab

ー Living , Working , Traveling ー


テーマ:
陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --畑野さん


シリア、レバノン、イスラエルを約3週間もの間、

一緒に旅させて頂いた84歳で今も現役バックパッカー、畑野さん。



シリアの内戦による影響で、シリア国内への入国をためらう旅人も多い中、

畑野さんは一人で国境を越えてきたという。





シリアのダマスカスの宿のドミトリーで初めて会話を交わし、

畑野さんの旅をしてきた経験や各国の印象を聞いた。

50歳頃から一人旅を始め、高級なホテルやツアーでの旅(一般的な旅行)は避け、

重いザックを背負い、安宿に泊まり、大衆食堂で飯を食べ歩き、

自分よりも若いバックパッカーとの触れ合いを大切にして旅をされている。





日本では、

東京に拠点を置き、アパート経営や野菜農園を趣味とし、

毎日ジムに通い約2KMもの距離を泳ぎ、身体を鍛え維持している。

春、夏、冬はアパート経営や野菜の収穫時期で日本に住み、

秋になると約2-3ヶ月は海外へ旅へ出るというライフスタイルを楽しんでいる。



この歳になって、健康保険を解約し、今も大きな病気にはかかっていないという。



ただ一点、耳が聴こえなくなってきていると話されていた。

片耳は以前から聴こえず、

今回の旅で両耳が聴こえずらくなってきている...と。




それでも、旅に対する気持ちは貪欲で

そういったハンデを感じさせないくらいの姿勢で旅をされている。





一緒に旅をしていても、

僕らと一緒の目線で会話をしてもらったり、

一緒に飯を喰ったり、一緒の安宿のベッドで夜を過ごしたり、お酒を呑んだり。




旅中は、ほとんど弱音や愚痴も言われず、

僕らよりも前を先に歩くくらい元気な方で、その背中に見とれてしまう。

重いザックを背中を背負い、メキシコで買ったという革のブーツを履き、

姿勢もシャキッと真っすぐな状態で歩いていく...。




「自分が84歳になった時に、畑野さんと同じような事が出来るのか?」

そう何度も自分に問いただす事をせざるをえないくらい、素敵な人だった。






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --ケンsクッキング


陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --シェア飯


一緒に旅をしていたケンと畑野さんへの手料理を振る舞う。



1回目....60点 インスタント麺を使ったオイスターソース焼きそば

2回目....70点 パスタ

3回目....95点 白飯 & 唐揚げ & サラダ






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --天使と老人


 畑野さんは言っていた。




「高いホテルに泊まっても、良い飯を食べても、出逢いは訪れにくい。

 こんなバックパッカー旅だからこそ見えるものがある。

 だから、この歳になってもバックパッカーはやめられない...」 と。




 ケンと見つめ合い、

 「名言だな。」




 そんな言葉を交わした。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「Lebanon」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
レバノンの首都、ベイルートから北東へ。

ベカー高原のほぼ中央に、バールベックは存在している。




この遺跡には、フェニキアの豊穣の神バールに由来し、

天地を創造する最高神ジュピター、酒神バッカス、愛と美の女神ビーナスに捧げられた

3つの神殿から成り立っているらしい。





陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --バールベック





陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World -






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --宮殿







陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --宮殿内








陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --細かいディテール






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --柱の下から






陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --宮殿








陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --木と遺跡






この旅の中で、自分が最もと言っていいほど圧倒された場所だった。

言葉では、言い表せないくらいの存在感がそこにはあった。





陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --宿へ。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『 Freedom Of Expression 』-ベイルート

Lebanon(レバノン)の首都、ベイルートへ辿り着く。

フランスの統治下にあった事から、『中東のパリ』とも呼ばれている。





『 Freedom Of Expression 』-ベイルート

レバノンの首都は、

他の中東国に比べ洗練されていて、ヨーロッパの雰囲気が漂う街並。

歩いてすれ違う人々も洗練された人々が多く、お洒落な人達も多い。

ボロい格好をした自分が恥ずかしくなる.....。





陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --地中海




陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --釣り


地中海沿いをゆっくり歩いてみる。

天気が良い。







陽はまたのぼりくりかえす  -  Diary & Photos Of Traveling World --夜モスク。


レバノンにもモスクが存在する。

すっかり、イスラム圏だという事を忘れていた。

そんな事を忘れさせてくれる素敵な街だった。




『 Freedom Of Expression 』-祝い酒


もちろん、今宵もこいつで乾杯。

プハービール





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『 Freedom Of Expression 』-レバノンゲート

シリアからセルビス(乗り合いバス)に乗り込み、

10カ国目Lebanon(レバノン)へ。





シリアの出国審査の場所ではシリア人でごったがえす長蛇の列が出来ていた。

シリア出国に約1時間~1時間半近く待たされ、

レバノンゲートでもビザ取得(2週間US14$)に約1時間かかった。






中東の情勢は良くない為、

隣国でもかなり出入国の審査が流動的ではあるけれでも厳しい場合もある。

それは覚悟していた。

..が、あまりにも時間がかかり少しイライラする様な感情を覚えた。






『 Freedom Of Expression 』-地中海

「ビザ代はUS$では支払い出来ない。レバノン・リラに変えてこい」

と言われ、渋々両替所へ。



両替所に行くと、レバノン人が他の人と談笑していたり、

なかなか両替してくれないなど無駄な時間を過ごした。




ようやく、両替が完了したと思いきや、

レバノン・リラの渡し方がぶっきらぼうな感じだったので、

それにも腹が立ち両替所を立ち去る時に壁を思い切り蹴って外に出た




すると、両替所のレバノン人のオヤジがこっちにやってきて

「両替したレバノン・リラを返せ!」と怒号を立て、

舌をまくしたてて言って来た。

「やってしまった...」

....と、後悔の念と晴れ晴れしい気分でレバノン・リラをオヤジに返す。





結局、レバノン・リラに両替出来ないまま入国ゲートへ引き返してきた。

「両替出来なかったです」と申し出ると、

レバノンの審査官は、「そうか....じゃあもう行けっ!」



....!?.....!?.......!?

それって、ビザ代払わなくて良いって事? 




Lucky!





『 Freedom Of Expression 』-空。


って事で、

ビザ代 Free で無事レバノン入国。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
次の日も朝からパルミラ遺跡をあてもなく歩く。

早朝に歩くのは気持ちよく、遺跡内にも全くといっていいほど人がいない。

遺跡を眺め、好きな音楽を聴きながら、いろんな事をイメージ出来る贅沢な時間。






『 Freedom Of Expression 』


遺跡内のだだっ広い荒野に一軒のテント張りした小さな小屋の様な場所を見つける。






「誰か住んでんのかな?」と遠くから見ていると、

3人の子供達が外に出て来て、

「こっちにおいでー!」

子供達がそんな風に手招きをして呼んでくれた。






近づいていくと子供達のお父さんらしき人が「シャイ(紅茶)呑まないか?」と

英語が話せないのか、アラビア語とジェスチャーで僕に伝えてくれる。







財布を持たずに歩いて俺は、

「お金を持っていないです」という意志を伝えると、

おじさんは、首を横に振り

「お金はいらない。一緒にシャイを呑みながら、朝ご飯をたべよう」

そんな風に僕をテントの中へ誘ってくれた。





観光地だし、観光客相手にこんな所に呼ばれると決まって

お金を請求されるっていう風に思っていた自分がめっちゃ小さく思えた。









『 Freedom Of Expression 』

テントの中に入ってみると、

絨毯が部屋一面に敷かれ、家族が眠れるくらいの敷き布団が並べられていた。




きっと、家族が「川の字」を描いて、毎夜家族揃って眠っているんやろな。

そこは、そんな事をイメージさせてくれる小さいテントだけど温かくて優しい場所だった。







朝食は、ホブスと言われる丸く薄いパンと柔らかくゆでたひよこ豆をつぶして、

レモン汁やオリーブ油または溶かしたバターを混ぜて作られたフールと呼ばれるもの。

パンをちぎって、フールに付けて食べるシンプルな料理。









『 Freedom Of Expression 』

旅を通して、こういった出会いの中で食べさせてもらう料理は、

どんなレストランや食堂で食べるご飯よりも優しい味がする。



きっと人の温もりを心で感じるからなのだと素直に思う。











『 Freedom Of Expression 』






『 Freedom Of Expression 』

外に出て、子供達と一緒にi-podで音楽を聴いた。

子供達は音楽を聴きながら無邪気に笑いながら遊ぶ。










日本に居た頃の『中東』のイメージは、

内戦や紛争、民主主義を求めるデモ騒動など危険な場所だという認識だった。



けれども、実際にその国に来てみると、違う一面を垣間見える事が多くある。

自分の目で。










『 Freedom Of Expression 』


街ですれ違うシリアの人々は、何も好戦的な国民性ではなく、

むしろ友好的に『Welcome to Syria』と気さくに声をかけてくれる。






『 Freedom Of Expression 』



街を歩いて、彼らと話していると、

常に自分達がアメリカやイギリスのニュースなどの報道により

アラブ諸国を初めとした中東域の国々が

危険な場所』だという風に

間違った認識をされている事に憤りを感じ続けていることも話してくれる。










『 Freedom Of Expression 』-姉妹で

シリアの子供達は今日も楽しく穏やかな時間を過ごしている。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。