• 17 Feb
    • ビットコインの買い方

      ビットコインの買い方(円との両替の仕方)簡単です。     スマホで、ビットコイン売買用のアプリをダウンロードします。     CoinCheckや、bitFlyerなです。            携帯のアプリストアーで、ビットコインと打てば出てくるはずです。       アプリをダウンロードしたら、 説明に従って、指定の銀行にお金を入金します。     そして、アプリの中で、入金したお金でビットコインを購入することができます。       これらのアプリは、ウォレットと呼ばれる機能があり、 ビットコインを送金したり、お店でQRコードを使って支払いができるようになります。 今は、ビットコインで買い物することもできますが、 これからどんどん世の中に広がっていくビットコインは、価値が上がっています。     これから、さらに価値が上がると言うのが、 経済に明る人たちが口を揃えて言っていることです。     便利なビットコイン、広がるしかなく、 ビットコインの普及を止めるのは、世界のインターネットを止めるしかないと言われています。 貯金として、お金を持っているのであれば、ビットコインに両替して持っておくのはどうでしょうか。 いつでも、円やドルに交換し直すことももちろんできます。 Youtubeでも仮想通貨について様々な動画があります。  

      23
      テーマ:
    • ビットコインを持てばお金が増える!?

        ズバリ結論から言うと、 ビットコインを単純に持っているだけでお金が増える、と言われています。     ビットコインを持っているだけでお金が増える、 と言っているのは、世界中のビジネスマンや経済・金融を知る人です。     2009年にビットコインがピザと交換されてから、 ビットコインの価値は急激に高まりました。   上の図のオレンジのグラフがビットコインの価値なのですが、 ピザと交換された時は、数セントだった価値が、今では1ビットコイン/10万円を超えています。     世界中の経済・金融に明るい人たが、ビットコインが今後も世の中に広まっていくと確信して、ビットコインを投資として持つようになったのです。       日本政府も、最初は対応に難儀していたものの、 今年4月から、仮想通貨を貨幣として認定することになりました。             そこで、大変な課題に直面しているのは、銀行やクレジット会社です。   ビットコインなど送金や支払いが完結してしまえば、 彼らの存在意義が無くなっていくからです。       そこで大手銀行は、ビットコインを追って、 自分たちでも仮想通貨を作り対応することにしたのです。     三菱UFJ銀行が仮想通貨を発行 MUFGコイン  この三菱UFJの仮想通貨の他にも、ビットコインの後発のコインが700以上あると言われています。     ビットコインの性能を改良したものであったり、 ビットコインのように支配を持たないコインではなく、管理団体が存在するコインなどもあります。     世界中で色々な憶測が言われています。 今のところ、ビットコインはダントツで市場に受け入れられており、 後発のコインの価値は、まだまだビットコインには及んでいないようです。   仮想通貨の時価ランキング       仮想通貨、そしてその代表であるビットコインは、 もはや世界に通貨として浸透し始めていて、   この流れは確実であるというのが、多くの専門家の見解です。     事実上、インターネットがなくならない限り、 ビットコインは存在し使われて行くようです。     TV番組でビットコインが説明されています。 池上彰さんの説明が非常にわかりやすいのです。   上の動画のTV番組では、ビットコインの時価が42000円となっていますが、 今日は、12万円弱になっています。  

      テーマ:
    • ビットコイン

        ビットコインの革新的なところは、 究極的には、政府の造幣期間や、銀行や、クレジットカード会社が必要なくなってしまうことです。     ビットコインを使う人は、銀行講座を持っていなくても良いのです。     日本では、ほぼ全ての人が銀行口座を持っていますが、 世界では25億人が銀行講座を持っていません。     ですが、ビットコインは、スマホを持っていて専用のウォレットと呼ばれるアプリをダウンロードすれば、誰でも使うことができます。     例えば、フィリピンでは、たくさんの人が銀行口座を持っていません。 しかしスマホの普及率は109%で、浸透しています。 フィリピンは、英語を話すので、 多くの人が海外に出稼ぎに行きます。     今までは、そのような人が海外送金で国内にお金を送るのにも何千円もとられてしまっていました。ダンボールに現金をいれて送る人たちも多くいます。     日本では、銀行間の送金は手数料が数百円とあまりかからないので、実感がないですが、   世界中には、そのような境遇の人たちが沢山います。     ビットコインは、受け取ったら受け取ったらその国の通貨とも交換することができるので、非常に便利です。     日本での円との換金はもちろん、レストランや店舗などでも、ビットコインでの支払いを受け付ける店が現れだしました。 世界中でビットコインを受け付けている店舗の地図 日本でも、電気料金もビットコインの支払いを受け付けも現れました。 朝日新聞:ビットコインで公共料金の支払い 国内初、新電力で       このように、ビットコインは、世界中で使われだしてきています。       では、いよいよ気になる、「ビットコインを持てばお金が増えるのか?」と言われている事に関して説明します。          

      テーマ:
    • 仮想通貨とかビットコインとか訳わからんわ!!

      「仮想通貨とかビットコインとか訳わからんわ!」 とお叱りを受けてしまいました^^;   僕も、聞く前は何のこっちゃ意味がわからなかったので、 その通りだと思います。   しかも、 「持っていれば、お金が増える!?」 なんていうことも色々な人から聞きました。   僕も、は〜そんなことあるかいっ(#-`Д- )、 と思いました。   しかし、調べれば、「お金の革命が起こる」というのも、 「持っているお金が増えるらしい」というのも、かなり確信をついていることが分かってきました。     僕が仮想通貨やビットコインについて知るきっかけとなったのは、 横浜市立大学、青山学院大学、日本大学、などの講師をし、漫画『ドラゴン桜」』のモデルともなった泉忠司さんが、メルマガで、持っているだけで価値の上がる資産というものを聞いた時でした。   僕は、それを聞いて、すぐにビットコインを買いに行きました笑             確かな情報もわかってきたので、 知識をシェアします。           そもそも、「仮想通貨」や「ビットコイン」は「電子マネー」と何が違うんだ、 ということを聞きます。     SuicaやPasmoやコンビニのカードなど、 電子マネーは世に浸透しています。     「仮想通貨」も電子マネーと言えるのですが、 決定的に違う要素があります。     結論から言うと、「仮想通貨」には国境がなく、 送金もほぼ手数料がかからずに瞬間的にできるのです。     へーすごいね〜便利だね、ちゃんちゃん。 と言うことになりそうですが、これがとんでも無い社会の変化に繋がるようです。     そして、その変化を知っていれば、 確実に今もっているお金が増えると、経済・金融に明るい人たちは口を揃えて言い、 実際に「ビットコイン」を持っているのです。         「ビットコイン」と言うのは、 仮想通貨の代表的なものです。     代表的なものと言うのも、実は仮想通貨はビットコイン以外にも色々あり、 その数700以上と言われています。 (ですが、今は他の仮想通貨は置いておきます)       ビットコインといっても、現物のコインがあるわけではなく、 先に話したように、インターネット上にある電子通貨です。       国境をまたいで使える、と言いましたが、 ビットコインはどこの国にも属していなく、造幣所のような組織があるわけでもありません。       元々は、ナカモト・サトシと名乗る謎の人物が、 「国や期間に属していない通貨を作ることができる。」とうたいビットコインのプログラミングをインターネットのコミュニティーに発表したのが始まりです。     それを受けて、様々な匿名のプログラマーたちがアイデアを出し合って、ビットコインは完成しました。     ブロックチェーン( bockchain)という画期的なプログラミングシステムを使い、 ビットコインは利用される世界中のPCやスマホのデータを共有して、すべての取引の記録を記録します。     しかも、その全てのやり取りの記録は、公開されます。 (暗号化して、プライバシーを守りながら)     そのようにして、政府や銀行が介在しない、 ビットコインという通貨が現れたのです。     最初は、開発したプログラマーがたちが、遊び半分で、やり取りしていました。 (ゲームのモノポリーで使うお金のようなものですね)     しかし、そのようにインターネット内でのみ使われていたビットコインが、 2008年の5月に、実際にピザを買うという取引に使われたのです。     それを皮切りに、世界中のいたるところで、実際にbitcoinで支払っても良いという、人が現れだしました。     かくして、ビットコインは、実際のお金のように使われだしたのです。         これが、ビットコイン長者と言われる、お金持ちを誕生させ、 政府や銀行が対応を余儀なくされる、革命とも呼ばれる動きになったきっかけでした。     次のブログに続く。 持っていると資産価値が増えるという仕組みについて、僕の理解を書きます。      

      2
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 豊かになる王道は?

      堀江貴文さんが説明する、お金の仕組みが非常にわかりやすいので、絶対に見たら良い。 と、ビジネスメンターから聞き、 早速見ました。 お金というものが、 「物々交換」 → 「貨幣」 → 「証書・紙幣」  とシフトする仕組みがよくわかります。 そして、お金は、そもそも「信用」である。   なので、この資本主義で最も生きやすくなることは、 「自分の信用を築くこと」である。 という説明が、非常に分かりやすいです。       そして、さらに自分の価値を高めて、 世の中で成功する方法が非常に説得力がありました。       それは、、、       「沢山の情報を仕入れる」ことでした。         情報を仕入れる、ということはつまり、 未来をよく見る、判断できるようになる、ということです。     当たり前ですが、 様々な分野の専門家が、それぞれの分野について、未来はこうなるだろう、 という情報を日々発信しています。     それらをキャッチしていれば、おのずからより良い選択をできるわけです。     僕も、堀江さんの説明を聞いて、本当にその通りだと思いました。     未来は、つまり思考から来ますね。   情報をたくさん、取り入れることで、 自分の中では、よりたくさんの可能性が見えてくるわけです。       僕のメンターは、 ある業界や物事がこれからの未来に大きく関わってくると判断すると、 その分野の「大量インプット」をしろ、と言われました。     ネット記事、動画、書籍、そして人から直接聞くこと。   これらが、非常に価値を生みます。    動画は、スピードを上げて見るのがオススメです。 YouTubeは、簡単に最大4倍速にできますね。  

      1
      テーマ:
  • 08 Feb
    • お金を稼ぐこととスピリチュアル

      お金を稼ぐのはよくないことだ! と思っている人はいませんか?   そこまではいかなくとも、 投資や規模の大きなビジネスで莫大な利益を得るのは、 自分らしくないと思ったことありませんか?   コツコツ働く人がいる中で、桁違いの利益を生むことはどうでしょう?   では、ギャンブルはどうでしょう?     僕は、いろいろお金に関する、モヤモヤしたポジティブではないエネルギーがありました。       今年に入って特に、お金としっかり向き合おうと決めたのですが、 それから色々な意味のある偶然や出会いが続きました。  そして、今日ものすごい気づきがありました! 自分にとってお金を稼ぐことのモヤモヤしていた意識が、透き通ったのです。     たまたま友人の紹介で、 金融業を営むやり手の社長さんと出会ったのです。   40代の若い社長なのですが、 彼はネットビジネスを通してものすごい資産を築きました。   お話を詳しく伺うことができたのですが、 彼は、独立前に、船井総研と言うコンサルティング会社にいたのです。   船井幸雄さんと言う、日本を代表する経営コンサルタントの創業社長でありながらとてもスピリチュアルな社長が築いた会社です。   たくさんの本を出していて、 僕が、「宇宙」や「波動」や「エネルギー」や「引き寄せ」というキーワードを意識するきっかけになった人でもありました。   今日お会いした社長さんは、船井総研でコンサルタントをしたのち、 金融業・ネットビジネスで独立し、莫大な利益を得ています。   しかし、彼も悩んでい時期があったそうです。   それは、金融で利益をあげるということは、 同時に金融業で負けている人も市場にいるということでした。   このようなビジネスは、どのようにして社会に貢献しているんだろうか、 自分のやっている事は社会貢献であるのだろうか、と考えていたのです。   金融業というのは通常のビジネスとは、桁違いのお金が動きます。 実際彼は億単位の利益を得ています。   そしてある時、彼は気づいたそうです。     【金融業というのは世の中にあるお金を流動的に動かす】ことである、   だから、金融業として得たお金は再度また市場に対して使うことによって、新たなお金の流れを産むことができるのだ!   つまり、パイプ役となる存在が世界にいることで、お金は流れ、世界は回るのだ!     それが、腑に落ちたとき、彼は稼いだお金で、 どのように社会貢献できるかさらに真剣に意識するようになったそうです。     「お金の流動」 ー 「消費と貢献」 ー 「自分の喜び」 ー 「お金を稼ぐこと」 が意識の中で完全に繋がったそうです。     そして、その時から、格段に豊かさが巡るようになったそうです。     片方の手には、 お金を稼ぎ、自分が幸せになるというエネルギーを持つとしたら、   もう片手には、 どのように社会に貢献できる自分になれるか、何ができるか、という意識がある。     というのがバランスのある状態です!     僕もその話を聞いて、ガチガチのビジネスマンだった船井幸雄さんが、バリバリのスピリチュアルになった意味がわかりました。   素晴らしい気づきを、ありがとうございます!     P.S. なんと、社長がこれから仕掛けて行くビジネスに、英語の通訳として関われる事になりました!   追って、詳細を伝えます。 ここでは書ききれない、お得な情報もメルマガで配信していきます。   メルマガ『スピリチュアル探検隊』            

      3
      テーマ:
  • 30 Jan
    • VastStillness、地球人のためのスピリチュアルレッスン、オープンクラスに参加

      VastStillnessの平山ユキコさんの「地球人のためのスピリチュアルレッスン・オープンクラス」に参加して来ました。   平山さんは、YouTube動画を中心に、「引き寄せ」や「非二元」「今ここ」などワンネスの真理やスピリチュアルメッセージを配信しています。   エスターヒックスや、エックトールハルト、など英語でたくさん動画があるのですが、まだまだ日本語にはなっていないものが多く、   僕にとっても、平山さんが翻訳をつけて編集した画像は、とても貴重なものになっていました。         オープンクラスでは、 20数名の方たちが参加していて、ワンネスで生きるというのはどのような生き方なのか、お話ししました。     クラスでは、ホワイトボードを使って、ワンネスやその”反対の分離した自分=エゴ”ってなんなのか、という言葉では表しにくいスピリチュアルをわかりやすく表現してくださいました。     さて、「分離した自己」が消えていって、ワンネスに近づくと、どうるのでしょうか?     今ここ、この瞬間にしか全ては存在しない、 過去に起こったあらゆることにとらわれない、未来に起こるであろうあらゆることを杞憂しない。   全ては許されて、一つになっている。   やはり、言葉で表すには限界がありますね^^;       平山さんは、そのようなワンネスの氣ずきを得た人の特徴で典型的なものが、親密な人との関係、すなわち家族や親友などとの「人間関係」であるといい、 話を聞いて僕も、そうだそうだと賛成しました。   ワンネスに氣づくと、自分がいなくなり、他者との関係などは全くしなくなってしまうのでしょうか?   社会的に、生きていかなくてもよくなるのでしょうか?   全くそんなことは、ないです。   でも、ワンネスに気づき、自分がいなくなる、他者との分離を感じなくなる、という意識に入っていけばいくほど、ただただ「愛情」や「幸福」を分かち合う関係になっていく、のです^^       これって、本当に幸せで。   幸せっていうより、よくスピリチュアル業界では「至福」と言われています。   だって、山あり谷ありの人生で、一見側からは大変な状況に見えても御構い無しに、本人たちはいたって心安らぐ状態にいるので。   状態によって、幸せだ〜不幸せだ〜っというものを超えているので、一喜一憂しない状態。       僕自身は、正直いうと、時々ブレます^^;   ワンネス、愛、ピュアな自分にビシッといてある意味「何もない」という状態と、 思考が湧いて来て、分離を感じている状況、どちらも感じます。     【さらに突っ込んだ内面の話はメルマガに書いていこうと思います】 メルマガ: スピリチュアル探検隊      

      5
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 合氣道で、意識の一体化を体験

      氣だ、集合意識だ、ワンネスだ、シンパシーだ、といってもなかなか実感できなくて、 「何のこといっているんだろ?」って思ったことありませんか?   僕はよくありました。   特に、 自分はいない。 何もおこっていない。 全てはただソレである。 といった”非二元(ノンデュアリティ)と呼ばれる思想がチンプンカンプンでした。     というのも僕はそういった類の読書が超好きで、 精神世界系の本を読んでは、そういった単語や事柄に触れていたからです。   そして、理屈や頭で理解しようとすればするほど、わかったつもりで変なことを語る変な人になっていました笑   これって、水泳をやるのに、水にも入らずに”泳ぎ方の本”を読んで、泳ぎもせずに次の本を読んでいるようなもんですね。     結局は、自分が直接体験して、 ”あーこのことか〜”とならなければ、何も分かんないと思うんです。           さて、昨日、合気道の練習に参加してきました。 妹が鍼の治療をうけていて、その先生が合氣道も教えているということで、参加してみないか、というお誘いがあったんですが、   振り返ってみれば、ここはほとんど宣伝も出さずに少人数でやっているところで、まさに巡り会わなければ参加できない、合氣道の会でした。   僕は、格闘技が好きなのでもともと合氣道に非常に興味がありました。   中央区のスポーツセンターの武道場を利用して練習するのですが、 集まっていた人たちは、物腰の柔らかい男性たちや女性たちといった、今まで経験した”戦うオーラ”を出している格闘技とは全く雰囲気が違いました。     先生は60代くらいのやはり物腰の柔らかい人で、 教えるというよりは、”皆で氣を交流するのだから、先生も生徒もいない”と言うような感じでした。     そうはいっても、格闘技として興味のある自分は、 格闘技としての合氣道をしりたかったので、色々先生と交流しましたが、 先生は全く争うという”氣”をもってなくて、ただただ空気が一体となって、和やかな雰囲気でした。     そして、 先生の両手を両手でとり、投げてもらう、という練習のときにハッキリ感じました。     ここでの合氣道は、体の動きや、力の加減、といったものの前に、完全に違うものを使っていました。   それは、”意識”でした!     相手と手と手をとりあって、先生がしたのは、”意識”を変えることでした。   相手と対峙して相手に集中している”意識”を完全に違う方向に”切り替えてしまう”のです。   目線を外して、相手と違うものをさっとみて完全に相手に向けていた意識を移動してしまう。   そこで、相手はその意識のスイッチを感じて、その意識が相手にも伝わる。   その切り替えにあわせて、体が反応したところで、フォローとして体を動かして相手をなげる。     やはり、言葉で書いても限界がありますね^^;     僕は、合氣がかかり投げてもらった瞬間に、感じました。   自分と相手の気持ちというか”意識”が一つになるのです。   その瞬間は、ただただ相手と一体です。       今ここにしか現実はない。 全てはソレである。 自分はいない。   難しく感じていた非二元(ノンデュアリティ)が書かれていた本がありますが、 あーこれか!確かにこれは、言葉で表現するとそうなってしまう!   と感じました。       悟り、非二元、ノンデュアリティを知りたいという人は、 合氣道が是非おすすめです。   言葉ではなく、体で体感できるからです。       今回、動画や写真では伝えられなかったのが残念ですが、 紹介すると今回参加したのは十和の会 という合氣道です^^         P.S. 格闘技が好きなので、やはり他の格闘技と比べ合氣道は強いのか、などと先生と話しましたが、 当然の答えにたどり着きました。   仲良くなることを追求している人と、他人を制することを追求している人が、 二人いた場合。   ”戦いは成立しない” ですね^^                                  

      3
      テーマ:
  • 09 Jan
    • スピで180度変わってしまった。

      たまに、スピリチュアルって、語れば語るほど怪しくなるって言われます笑 僕もそう思います。  なんか分けわかんないこと言ったりとか、それって なんかの宗教?とか、 とにかくスピなんて語んないほうがいいものなのかもしれない^^;  でもそれって、きっと自分が体験したことのないことを語るから、中身のなくって訳の分かんないことだって、他人には聞こえるんじゃないかな。  だから、僕も自分が体験したことだけを語ろう(書こう)と思う。   あ、そして最初に言っておきたいのは、スピなこと語ってるからって、全然自分は世間で言う真面目でも崇高でもない。 逆に、俗っぽい人間です。女性好きだし、お金も好き〜基本ふざけるのも好き〜 あはは〜 (ここらへんしっかり言っとこう)    よし。笑    さて、そんなんですが、世に言うスピリチュアル系の人や本を読んで、僕の内面は全く以て変わっていきました。  何が変わったかっていうと、「信じている」ことが変わりました。  そして、その信じていることの内容は、世間ではかなりマイノリティーなのは間違いない。  声を大にして言ったら、狂っているの?って思われても可笑しくない笑  しかも、〇〇教みたいに、そこの宗派の教会や組織に行けば、そこではその信念が皆おなじで、そこに行って言ってれば、みんな賛成してくれて安全って訳でもない。  自分だけのアイデアで、他の人たちが違っていても全く大丈夫。 でも、自分の信念も伝えたい。なぜなら、自分はそれによって格段に生きやすくなったから。  他のスピの人や、宗教の人たちと全く同じにはなる訳がないんだけど、根本的なものはシェアできる。 違うんだけど、根本が同じ。  愛とかなんやらとか、まだ自分で言うのも憚れる。  でも、根本で同じものに触れてる。     自分だけの体験っていうところに戻って、何が変わったかっていうと。 まず、他人を攻撃することを、完全にしないという、以前の自分とは180度、違う信念をもちました。 それも、がんばって攻撃しないんじゃなくて、攻撃したくないからしない。  攻撃ってなんだっていうことですけど、暴力はもちろん(これは当たり前だよね)、悪口や蔑みや陰口や嫌みや足を引っ張ったりとか告げ口とか、そんなのもひっくるめて丸っきり他人を攻撃したくなくなってしまいました。  さらに、自分を守るために防衛する姿勢さえも、やめてしまうという、無防備な人間になりたいんです。  何があってもとにかく、他人を傷つけたくない。  前は、そんなことしたら、自分の身が危ないよっていう信念がいっぱいでした。(あ、今もたまにそういう思いは出てきます。)  でも大概は、その方(攻撃と防衛をしない)が安全だと、思ちゃうからしたくないんです。   そんなこと思ってるんで、時々ふと周りを見渡すと攻撃してたりされてたりすることが、目に入ってきて、うわーやだなーって思うことがあって、 さらに自分が攻撃や防衛にちょっと引っ張られそうになったときが一番嫌。  そして、いやなんだけど逆にすごいチャンスでもあって、そんなときに一番自分が試されていて、奇跡を味わえるって思う。  人になにか嫌なことをされたとき、やり返さずに防衛せずに、まったくもって許すという対応をしたい。  そしたら、やられたことが全く自分にとってダメージがなくて、その相手もまったく傷つくことがなくて、 嫌なことが、解決するんじゃなくて、そんなことが存在しなかったように、世界が変わってしまう、ということを体験して、 あれれって思ううちに、そんな体験がどんどん増えていって、自分の中で、もはやこれは事実こうなってるんだな、世の摂理というやつなんだなってなって、  自分で思ってやってみて、体感して、またやってみて体感して、信念が強くなっていくっていう過程だから、内面で起きてることだし、証明とかもできない。  でも、自分の内面の意識が、外の世界を変えたんだっていう信念が、日に日にでかくなっていく。  だから、こんなことあったんだよーって伝えたいんだけど、あなたもこっちにきたほうがいいよーとは、言いたくない。 だって、その人が同じ体験をした訳じゃないし、それでその人にそうしろっていうのは傲慢だし。  気持ちを伝えることが喜びだからただやるだけ。                                                                      

      4
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 痛みは食らおう。

        違う自分になりたい、と思って前に進むからこそ、「痛み」がある。 不安、人間関係のトラブル、落ち込み、恥、混乱、ストレス、 それらは、新しい自分になろうとしてるから、くるんだ。全く新しい自分になろうとしなかったら、そんなものはない。前をむいていなかったら、そんなものはない。現状をまもろうとしていたら、変化はない。痛みも少ない。 だからといって、自分だってそれらに向かうのは「痛い」し、「痛み」大歓迎だっていつも思う訳じゃない。そもそも、全く新しいことに挑戦するから、「痛み」は今までにあじわったことのないものが多い。未知のモノは怖い。 だから未知のものに光を当てて、自分のモノにする。その過程では、まったく新しいことや、全く新しい自分に向き合う。怖いと思ったらやってみる。     

      3
      テーマ:
  • 01 Oct
    • 中谷彰宏×櫻井秀勲「アイデアを無限にストックする方法」

      中谷彰宏さんと櫻井秀勲さんの「アイデアを無限にストックする方法」講演会に出席してきました。 お二人とも、約1000冊、200冊と本を出版しているバケモノのような人です。 中谷さんの印象は、とにかく不思議な人でした。対談者である櫻井さんを常に立てて、会場を機転とユーモアで盛り上げて、常に相手によいモノ(情報)をあたえるというスマートさを感じました。 1000冊という本を出版していることは、想像がつかないくらいの速さの仕事量です。 彼のお話しでは、アイデアは頼まれた時に考えているのではなく、何かあった時点で頭から降りてきて瞬時にその相手を喜ばすためにはどうすればよいかを、出ているようです。 つまり、思考しているのではなく、ストックと閃きで仕事をしています。中谷さんは作家として超人でありながらも、ビジネスマンとしての風格も携えていて、カリスマ的な魅力を放っていました。 櫻井さんもユーモアの塊で、凄い実績があるのに我を全く出さない。中谷さんがいかに凄いか、または櫻井さんの人生で育ててくれた著名な作家さんたち(松本清張氏や檀一雄氏)のお話しをされていて、洗練されているというイメージでした。 二人とも、女性に対する達人であるということでも有名であり(笑)、ユーモアで女性好きを語りながら、会場を沸かし、女性を引き立てているという全くもって羨ましいキャラクターを発揮していました(笑)自由でありながら、日本のビジネスマンとしてもスマートに渡り歩くことができる、真面目にビジネスを語ったかと思えば、面白おかしく女性話で盛り上げる、すばらしい対談を聞くことができました。           

      5
      テーマ:
  • 23 Sep
    • 坂井洋一先生、古代史ワクワクセミナー

      もはや、自分がならって信じていた歴史ほどあてにならいものはない・・・  古代秘史ハンターである、坂井洋一先生のセミナーを受けて、驚きの連続でした。 坂井洋一先生は古代史、比較言語学、古代文字、などを研究されて、日本人のルーツや、言霊にひめられた謎を研究し、広めています。 今回のワクワクセミナーに参加して、ホツマ文字という、古代の日本語がエジプトのシュメール文字と、類似点が非常におおく、関連していないというのはもはや無理というレベルで、歴史を明かしてゆきました。さらに、「ピラミッド、5000年の嘘」という映画をみて、いかに今までの歴史が適当で、明らかに地球外の力が働かない限りは、ピラミッドは存在しえないかを見て行きました。 まさに、衝撃の事実の連続で、もはや、ピラミッドはあの時代に普通に人工的につくられたというのは、無理がありすぎて、 そして、ピラミッドから、見えてくる古代のメッセージが、広大で、世界の遺跡の場所や、地球の磁場や星の位置などにつながり、 人類にメッセージを残していることが、見えてきます。(しかもそれは、人類を救おうとする愛のメッセージです) ワクワクというか、ブルブルというレベルでしたw  つぎつぎと繋がってゆく、ピラミッドと世界の遺跡。そして日本の遺跡も。。   作曲家・音楽家としても活動している坂井先生の、ホツマ文字での演奏もあり。古代日本人は、言霊の力を全開で使っていたという説得力がビリビリ伝わってきました。  ありがとうございました!!!         

      2
      2
      テーマ:
  • 17 Sep
    • そして、また願いが叶った。

       引き寄せの法則の大御所、エスター・ヒックス、宇宙存在のエイブラハムと対話し、世に「引き寄せの法則」を発信し始めた元祖とも言える存在の女性だ。 彼女は、スピリチュアルな答えを求めるオーディエンスを相手に、質疑応答で対話をしてゆく、セミナーを年中開催していて、いつか行きたいと思いながらも、自分は日本に帰国してしまった。 そんな、霊的なチャネリングをする人と対話し、答えが欲しいという夢は、あるとき突然かなってしまった。 それも、一対一で、チャネリング・透視・ヒーリングを専門とする一流のチャネラーである。 彼女の名前はサヤーダ、アメリカ人の白人女性だが、ネイティブインディアンの血を引き、生涯をかけて霊的な能力をみがき、晩年になりその活動はどんどん身を結び、アメリカのエンターテイメント界、財政界での超大物とカウンセリングをしている、サイキックでスピリチュアルなカウンセラーである。 エスター・ヒックス女史のように、大きく顔や名前が売れているわけではないが、彼女の活動は、35年以上スピリチュアルなヒーリングを追求し、抱えているクライアントも名前こそあげられないものの超大物達。自分にこのような人と友人になれるなんて、本当についている。 今年の夏から、スピリチュアルな書籍の販売・イベントの開催をする会社で活動を始められたことも、何もわからずアメリカから帰国した自分にとっては、奇跡の始まりだった。 サヤーダさんは、本当に優しい。愛に溢れている。 「背の高い弟に会ったとき、自分の過去のコンプレックスを思い出してしまって・・・」と、僕の相談が始まったとき、 「そもそも、あなたの弟が背が高いことって、なんでもないことよね。でも、あなたはそれを何年も気にしてしまっていた。その原因はそもそも身長の問題ではなく・・・」 と、スピリチュアルカンセリングを始めたとき、この人は本当に優しいんだな、と感動した。 スピリチュアルカンセリングの答えは、どれもハッとする気づきを与えてくれて、的確だった。 エスター・ヒックスの質疑応答の動画同様、スピリチュアルでかつ実践的で地に足の付いた回答に、唸らされた。  イベントの広報の仕事で、本来は彼女の活動のインタビューであるはずだったが、いつの間にか、快く適切な回答をズバズバ与えてくれるサヤーダさんに、個人的な相談をぶつけまくってしまった。  世に出すには、あまりにも刺激的で、個人的な質問もいくつもあったので、それらは出すことができないが笑、スピリチュアルで愛のあるサヤーダさんの回答が、他の人の気づきにもなってくれればと思います。   

      2
      テーマ:
  • 11 Sep
  • 10 Jul
    • エニアグラムで囚われから解放される。

      自分の性格でよい部分だと思っていたことが、逆に「囚われ」として、生きる足かせになってしまっていた、という気づきがあってびっくりした。それを、速読した本の一冊の、「エニアグラム入門」を読んだときに気づいた。エニアグラム入門―性格の9つのタイプ/春秋社¥1,944Amazon.co.jpエニアグラムとは性格診断なのですが、とにかく最初は読んでいて、グサグサと心に突き刺さってきたwという感じだった。というのも、9つある性格のうち、どれが自分に当てはまっていて、どのようにそれが自分の弱点になっているか、という側面から話が始まるのだが、それが本当に的を得ていて、悔しいくらい心に刺ささる。例えば、優しくて、自分を差し置いてでも他人に尽くすこと(タイプ2)、だったり、夢や目標を描いて、ぐんぐん前に進んでいくことだったり(タイプ3)、芸術的完成を磨いて、ユニークに物事を表現することだったり(タイプ4)、そのような、よい性質でさえ、「囚われ」てしまうと、生き方をしばって苦しくなり、的外れな生き方になってしまうという。エニアグラムでは、自分自身が9つのうちのどれに該当するか、まず自分で判断する。(以下、ウィキペディアより引用)タイプ1 改革する人。良識的で理想主義のタイプ。高潔。きっぱりした。自己抑制的で、完全主義者。タイプ2 助ける人。思いやりがあり、人間関係を重視するタイプ。寛容。気持ちを表現する。八方美人。所有欲が強い。タイプ3 達成する人。成功志向で実際的なタイプ。適応力がある。卓越している。強迫観念に駆られた。外面を気にする。タイプ4 個性的な人。繊細で引っ込みがちなタイプ。表現力がある。ドラマティック。自己陶酔的。気まぐれ。タイプ5 調べる人。真剣で知的なタイプ。洞察が鋭い。革新的。秘密主義的で、孤立する。タイプ6 忠実な人。真剣に関わる、安全志向なタイプ。愛嬌のある。責任感が強い。心配性で、疑り深い。タイプ7 熱中する人。活動的で、面白いこと好きなタイプ。自発的。多芸多才。欲張りで、注意散漫。タイプ8 挑戦する人。パワフルで、仕切るタイプ。自信に満ち、判断力に富む。強情で、対決的。タイプ9 平和をもたらす人。のんびりしていて、控えめなタイプ。受容的。安心させる。周りに合わせる。自己満足的。いかがでしょう? 僕はどれもそれなりにもっているのだが、明らかに、タイプ3とタイプ7が強いと感じた。ぐんぐん達成を目指して進もうとするのはいいのだが、囚われてしまうと、手段を選ばなくなったり、家族や社会という大切な枠組を軽視してしまうことがある。また、明るく楽しく、物事に取り組むのはいいことなのだが、囚われると、現実を無視した夢想家になったり、きっちりと責任を果たしてゆくことを見ないようにしたり。実に、耳が痛い笑この「エニアグラム入門」で面白かったのは、イエス・キリストを例題として、イエスもそれぞれの個性をもっており、さらにイエスは、そのそれぞれの「囚われ」に陥ることなく、くまなく全てのキャラクターの要素を使いこなしていたこと、だった。さらに、自分はこの本で、許せないほど怒りを覚えてしまった人に対して、少しずつ理解をして、その人の中にも「神聖」を見つけてゆくことができた。その人は、明らかにタイプ8が強いところがあり、彼は、「悪意」からではなく「囚われ」からだったのだと知ったとき、彼を許してゆくプロセスが加速していった。その後、このエニアグラムの理論は、自分にとって大きなものとなった。他人と衝突するときや、理解できないときに、相手と自分が違うタイプであることが分かっているので、どのように考えれば解決・和解に向かうかが簡単になったからだ。それぞれの、タイプの「囚われ」を理解したうえで、どのような態度でそれを乗り越えてゆくことができるかが書かれていて、また他人のタイプに合わせてどのように対応するのがよいのかも書かれている。読むうちに、あの人はあのタイプだな〜、というのが次々と出てきて面白い。自分のタイプの「囚われ」を言い当てられるのは、グサッとくるけど、受け止められたあとは、心がぐんぐん軽くなる良書だった。

      2
      テーマ:
  • 26 Jun
    • スピリチュアルな人の最強の特徴♪

      スピリチュアリティーに目覚めると、本当によいことがたくさんあるんですが、そのなかでも一番いいことは、 「この世界のよいことは無限にある。」ということを知ることができることだと思う。これがわかると、生き方がガラッと変わってしまう。  豊さ、幸せ、気持ち良さ、とかは無限の宇宙から来てることがハッキリ知ることができたら、他人にも優しく、与える人になる。 だって、与えても与えても、無限にある資源から自分にまた返ってくるから。 だから、人を勇気付けることが当たり前だし、明るくて楽しくしている状態が自然だってわかる。  逆に、スピリチュアリティーを感じないで生きるってことは、この世界はまるで有限であって、限られた資源を取り合っている世界になってしまう。 だから、他人を蹴落とそうとしてしまうし、成功者を羨ましがるし、他人の幸せが妬ましくなってしまう。  本当に、180度違う世界に生きることになってしまう。   マテリアルな世界なんて、幻想だって早く気づいて、スピリチュアルな世界にはいりましょー^^      

      2
      2
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 10年ぶりに妹にあって癒された

      はっきりいって、自分は全くよい兄ではなかった。家族の中で、長男の自分は「暴君」だった。特に妹には、あたりがきつくて、優しさのかけらもない兄貴だった。間にいる弟と妹はよく話したりしていたが、自分と妹には距離があった。アメリカにいるあいだも、連絡はあまりしなかった。そして、思い出すたびに、自分はよい兄ではなかったことを悔やんでいた。ある日、どうしようもなく落ち込んで全てがいやになったとき、なぜか妹に手紙を書いた。悪い兄でごめんね。本当にごめんね。許してほしい。きみとはよい記憶が本当にないんだ。申し訳なかった。もしゆるしてくれるなら、本当によい兄貴になりたい。といったことを、紙に書きなぐった。その、手紙は出さなかった。北海道に10年ぶりで帰って家族と過ごしていたら、なんと妹が東京から自分にあいにやってきてくれる、ということだった。ドキドキしながら、空港に迎えに行った。妹がきた。あえてよかったよ!と必死で伝えたら、妹も、「アメリカから帰ってきてくれてよかった。もう会えないかとさえ思ったよ」といってくれた。彼女の身振りそぶりをみて、感じた。この子は、自分自身と同じだ。自分自身が反応するように、妹が対応している。めちゃめちゃ不思議な気分だった。まるで鏡で自分と対話している気分になった。そして、アメリカでいろいろ考えて、自分の大きなエゴに気づいて、そしてなるべくエゴをなくそうとして、謙虚になって、やっと妹と同じような感性になれたんだなと、思った。嬉しかった。10年つかえていた、心のモヤがすっと晴れ渡って行くのを感じた。それから、意気投合して語り合った。まるで別の人生になった。本当によかった。

      1
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 日本の病院、おかしいよ!

      日本に帰ってきて、一週間。祖母の病院通院についていきました。ご年配のかたがたくさんいて、医者の面接の順番をまっていました。内科や眼科など、部署がわかれていて、気になる箇所の部署にいくというかたちでした。病院内にはたくさんの年配のかたがいて、医者の面接をまっていました。しばらくまって、祖母が医者にみてもらいましたが、血液審査をみて、数値がどうのとか、コレステロールがどうとか、簡単にいった後、毎日飲む薬を出してもらいました。でも、こんな簡単な診断で簡単に薬をだすのって、絶対おかしい!!!副作用のある、ケミカルの薬がこんなに簡単にでていいわけがない!!!アメリカでは、僕のやっているようなハーバライフのような漢方医療や、ホリスティック医療や、予防医学、盛んになってきていたのを感じていました。絶対に日本でも、もっともっとそのような自然療法になってゆくはずです。僕は、家族や身の回りのひとたちから、じわじわと本当の健康ほうを広めて行きます。楽しみです^^

      2
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 映画:X-Men 

      映画:X-Menみて、感動しました~。こんなにすごい世界をつくっていたんだな~っと!アメコミってビデオゲームとかでしかしらなくて、子供向けのヒーローモノくらいに思ってたんですが、映画を通して、その世界のリアルさや、それぞれのキャラクターの成長や、スピリチュアルな真理描写がすごくて、脱帽でした。例えば、マグネッツというキャラクターは、家族を殺されて、悲しみに浸り、その悲しみをしょって生きてゆくという「囚われ」にあって、それを、敵側の支配と暴力という最強のエゴのちからをもっているほうからさらなる「破壊の力」をうけとる、逆に、X-Men側はというと、リーダー格のザビアーという能力者のテレパシーをつかった愛と真理の導きにより、マグネッツを正義に導こうとする、がなかなか伝わらない。ザビアーという、車椅子のプロフェッサーのキャラクターは特にカッコよかった!彼は、肉体的には強くないが、精神力と哲学的な思想、スピリチュアルな愛に目覚めていて、それを世界や仲間にテレパシーによって伝えることで、リーダーとなっている。 すごい!!!マグネッツの、奪われてしまった愛ともどらない幸せは、さらなる幸せを創造する、という力に変えてこそ、昇華できるという、スピリチュアルなメッセージを送る。ニューエイジな思想がバリバリで、ザイアーたちX-Menは、愛のほうの力に目覚めている。だから、それぞれが力をあわせて、巨大なエゴ=敵側に、立ち向かう。愛は一番つよくて、巨大で繋がっていると確信があるから、つねに奇跡を信じている。もちろん、ビジュアルエフェクトや俳優たちも一流で、ほんとに、すっごい映画を観た!という感じでした。

      テーマ:
    • 冷水シャワーって、健康的〜♪

      ビジネスメンターのススメで、「冷水シャワー」はじめました~、冷水シャワーだなんて、はじめて聞いたときはやりたくないと思ったんですが、考えが改まりました。というのも、調べてみると健康てきだし、やったひとたちが、エネルギーアップをかたるのがとてもリアルに感じたし、とりあえずはじめてみました。感想は、これは善い~^^冷水シャワーはつめたくて、最初は気合がいるんですが、やってみると、気持ちよくて、シャワーし終わったらとてもスカっとするんです。そして、これは、自分には、シャワーをしても、『体をぬぐって暖かい衣服があって住居がある』っていう当然の幸せを気づかせてくれます。意思を、今自分がもっていて感謝できるものに強烈にむけて、こういったことができることが幸せだよな~、って思うことができます。本当は、なんでもない、ヒヤッとする感覚に対しても、あ~意識が変わればこんなにも気持ちいんだな~、って思えます。意思力を上げるのにもってこいの、健康法だと思いました~^^I love water shower~

      テーマ:

プロフィール

AD
メルマガ購読・解除
 

FaceBook友達いつでも募集中です^^
Daichi Hirahara

Create Your Badge





カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
21487689 位
総合月間
372519 位
ダイエット
25424 位
海外生活
10079 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。