プロの仕事

テーマ:
私が思うプロの仕事とは、

【相手の意見も汲んだ上で、自分の何かをプラスする】のが

プロの仕事だと思っています。



相手の希望通りに作業することはある程度の知識と経験があれば

誰でも出来ることではないでしょうか。

ましてや具体的に「こんなイメージで」と写真やお手本があれば尚更のこと。



でも本当のプロの仕事というのは、

お客様のご希望やイメージを基に自分の考えを+αして、

それがお客様が持っていたもともとのイメージよりも

良いものであることだと思います。



結婚式は人生の中での大きな買い物の上位にくるものだと思います。

決して安いものではありません。

なので「この値段を出しただけの甲斐があった」と思ってもらえるものを提供できるように、

常に勉強をして自分を高めていきたいと思います。



AD

Lovely Wedding

先日、お手伝いさせて頂いたお客様の一番のこだわりだった受付装飾。

◆ピンクでラブリーに

◆ゲストが受付に来た時にインパクトのある装飾

◆お花やバルーンを使いたい

◆とにかく”わぁぁーっ!!すごーーい!!”と言わせたい

こういった新婦様のご希望をお伺いしてデザインした受付です。


ただ単にお花のウエルカムボードやバルーンを飾るのではなく、

どうせならゲストに楽しんでもらえるスペースにしようと思い、

フォトブースにしました。











地上22階にあるレストラン会場で行ったパーティー。

エレベーターで上がり扉が開いた瞬間にこの装飾が見えます。



ゲストからは新婦様ご希望通りのお声が。

そして皆さん思い思いに写真撮影を楽しんで下さっていました。



パーティーがスタートしてからは会場内に運び、

歓談中にもたくさんのお写真を撮って頂けるようにセッティング。






女性だけでなく男性のゲスト、ご親族の方々にも大好評でした。


事前に装飾イメージはお伝えしていましたが、

当日に改めて装飾を見た新郎新婦のお二人からは、

「想像していた以上で感動しました!!」というお言葉を頂いて、

イエイ!!チョキ


皆さんもゲストをお出迎えする受付を、

オリジナルで装飾してみてはいかがですか?



AD
パーティ全体に統一感を出す為に、

ゲスト全員がお揃いのアイテムを身につけるのはいかがですか?




「カジュアルだけどお洒落なパーティ」をご希望のお二人。

コーディネートにドットを取り入れます。

(イメージはこんな感じ)










そしてウエルカムアイテムとしてゲスト全員にお揃いのプレゼント

「蝶ネクタイ」を用意します。






裏はヘアクリップになっていて、男性はシャツの襟に簡単に付けられますし、

女性も髪飾りとして使えます。



新郎新婦の衣裳にもドットを用いるので、

新郎新婦・ゲスト・会場が一つにまとまり、とても素敵な空間になること間違いなし!



ちなみにこの蝶ネクタイ、

少しでもお二人の負担を少なくしようと思い、

弊社オリジナルで作ったもの。




買うと結構な値段がするんですよね。

それをゲストの人数分となると・・・。



なので作りました。

自分で作る方が色やデザインも希望のものを用意できますからね♪

AD