訪問ありがとうございます(*^^*)
芸能News30%、自分の事50%で、書いています。
コメントは、お気軽にどうぞ。
迷惑コメントは、消去します。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Twitter▷▷▶︎可凛のTwitter


ランキング参加しています。
ポッチとご協力お願いしますm(_ _)m





ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


  • 18 Aug
    • 金曜ロードSHOW!

      『サマーウォーズ』観ています(*^^*)この作品好きだな。何回も観ても、飽きないよ(๑˃̵ᴗ˂̵)#金曜ロードSHOW! #映画 #サマーウォーズブログをまとめてみる >▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      NEW!

      テーマ:
  • 17 Aug
    • 少数民族を撮る 裸のフォトグラファー・ヨシダナギさん

      少数民族を撮る 裸のフォトグラファー・ヨシダナギさん (毎日新聞) - LINEアカウントメディア アフリカの少数民族を、衣服を脱ぎ自分も同じ格好になって撮影する「裸のフォトグラファー」、ヨシダナギさん(31)。現地に分け入って消えゆく文化を写し取り、アフリカのかっこいい面を伝えたいと精力的に飛び回るうちに、暗かった性格が開放的に変わったという。アフリカで少数民族を撮るとはどういうことか、そこから見えてくる日本人の姿とは。ヨシダさんに聞いた。【聞き手・山越峰一郎】今年はアマゾンへ お金を知りた アフリカの少数民族を、衣服を脱ぎ自分も同じ格好になって撮影する「裸のフォトグラファー」、ヨシダナギさん(31)。現地に分け入って消えゆく文化を写し取り、アフリカのかっこいい面を伝えたいと精力的に飛び回るうちに、暗かった性格が開放的に変わったという。アフリカで少数民族を撮るとはどういうことか、そこから見えてくる日本人の姿とは。ヨシダさんに聞いた。【聞き手・山越峰一郎】今年はアマゾンへ お金を知りたての部族に会う --これまでエチオピア、カメルーン、ナミビアなど、アフリカ17カ国で少数民族を撮影していますね。今年はどこへ行かれましたか。   ヨシダさん 今年は3月にアフリカ西部のニジェールのボロロ族、7月に南米アマゾンのエナウェネ・ナウェ族に会いに行きました。アマゾンに行ったのは初めてです。アフリカとは全く違う少数民族がいました。アフリカも秘境ですが、アマゾンのエナウェネ・ナウェ族は1975年に初めて外部と接触した部族でした。過去にテレビ局が2回しか来ておらず、私たちが3回目だったそうです。近代文明との接触が近年少しずつ増え、グローバル化の波にさらされ始めているようにみえました。今後、貨幣経済などの西洋文明と、彼ら自身の持つローカリズムとの摩擦が出てきそうだなと感じました。実際、彼らに話を聞いていると「お金」というものをすでに意識し始めていて、その存在にすごく興味をいだいているようでした。   --今回も同じ格好になって仲良くなったのですか? ヨシダさん アマゾンのエナウェネ・ナウェ族は知らない人への好奇心がすごく強くて、仲良くなるのは難しくなかったです。ただ、さらに一歩踏み込むために脱いで彼らと同じ格好をしてみたら、「外国人が脱いだのは初めて見た」と言われました。アフリカでは、私が日本から来た「白人」だと知っていたから、脱いだことに驚きがありました。それとは違う形ですが、とてもシャイだったエナウェネ・ナウェ族の女性に受け入れてもらう大きなきっかけになりました。1年先まで考えるのは欲張りすぎ --一歩踏み込むために脱いで撮る。積極的ですね。 ヨシダさん アフリカに行き、性格は大きく変わったと思います。もともと好奇心旺盛だったのですが、10歳で引っ越した先でいじめに遭い、それが中学まで続きネガティブな性格になりました。中学2年から不登校になり、21歳まで引きこもりでした。親の教えが保守的だったので、「学校に行かない社会不適合者」と刷り込まれ、「私はダメな人間なんだ」と長い間、引け目を感じていました。    でもアフリカに行ったことで、「自分を責める必要はない」と考えるようになりました。一日中寝ている人がアフリカにはたくさんいるし、それでも彼らはすごく楽しそう。つらそうな顔をしながら一生懸命働いている日本人より、何もしないでゴロゴロ寝ているアフリカ人のほうが幸せなら、そっちのほうがいい。「私はダメな人間だ」と思っていたけれども、意外にダメじゃないかも、生きていくには問題ないかもと、くよくよ悩まなくなり、楽になれたのです。 アフリカの人はよくも悪くも、一日一日を生きる人が多いように思います。きょう一日ご飯が食べられて、友達と会えておしゃべりできて、屋根のあるところで寝られたら上出来。「幸せ」とみんな言います。「なぜ来年、再来年のことを考えてお金をためてるの?」と言われたときに、それがすんなり受け入れられました。あす死ぬかもしれない。1年先まで考えるのは欲張りすぎじゃないかという話なんです。 --今後はアフリカに限らず少数民族を撮影していくのですか。 ヨシダさん 若い人が都市部へ働きに出たり、スマートフォンや洋服など商品経済が入り込んできたりしているため、少数民族の文化は年々、失われていっています。でも彼らの文化はすごく面白かったり、貴重な情報だったりします。少数民族の文化が残ってほしいと思いますが、それは私のエゴでもあります。彼らが豊かになりたいと思えば、それは止めるべきものではありません。そんな彼らが、2017年のいま実在するということだけは記録し、一人でも多く会いたいのです。ただ、アマゾンもすごく楽しかったのですが、やっぱりアフリカってすごくいいなと魅力を再確認しました。世界観が揺さぶられたアフリカ --そもそもなぜアフリカに行くようになったのですか。 ヨシダさん 2年前にテレビに出てフォトグラファーと呼ばれるまではイラストレーターでした。でも仕事を始めて1年半で新しいものを創造できなくなるスランプに陥り、世界観が揺さぶられる場所を求めて海外へ行きました。 最初はタイ。英語がしゃべれないので一緒に行ってくれる人を探したら、行けるのがアジア圏になったのです。行くにあたり初めて一眼レフを買いました。忘れっぽいので記録用ですが、「一眼レフを使ったほうがうまく見えるよ」と周りのカメラマンに言われ、店で素人用のキヤノンのイオス・キスを薦められて買いました。撮ってから知り合いに見せたら、「うまいんじゃない」と言われブログを開設したのです。 ただ、アジアでは自分の想像を上回るものがなかった。引きこもりをしていたので、想像力が人より豊かなのだと思います。インドでガンジス川を見ても、「もっと汚くてキャーキャー言えると思ったのに」と期待外れで、予想外のことが起きないのかと不満でした。 本当は最初からアフリカに行きたかったのですが、長期ツアーを調べたらツアー代が100万円を超えていました。そのため23歳まではアジア圏で我慢していたのですが、驚きがなく、どこに行ったら自分の感情が揺さぶられるのだろうと考えて、やっぱりアフリカじゃないかと思い至ったのです。「(旅費が)高い、(紛争などで)怖い」と同行者は見つからなかったのですが、アフリカに対してずっと未練タラタラなのは嫌だから、行ってダメだったら長く抱いていたアフリカへの思いを捨てられる、と思い切ったのです。 --そんなにアフリカに憧れていたのですか? ヨシダさん きっかけは、5歳のときにテレビで見たマサイ族です。単純にその姿がかっこよかった。小さいころは大人になる前に肌の色を選択できるものだと思い込んでいて、10歳のとき母に、いつ変わるのか聞いて「日本人だから黒い肌にはなれない」と怒られました。ただ黒い肌への憧れは残っていたので、19歳のころに肌をガングロにして白いリップを塗るヤマンバ・ギャルにしてみて、父に絶句されたこともあります。 アフリカに最初に行ったのは2009年、エジプト・エチオピアに1カ月。自分の姿と違えば違うほどかっこいいと思っていることに気づき、(服を着ているマサイ族より)服を着ていない少数民族のほうが私とは違うので面白いだろうと。どうして裸なのにこんなにかっこいいのだろう、と彼らの思考回路や生活が気になってきたのです。 アフリカはセクハラもアッパー(積極的で明るい)なんですよ。「きょう一発どう?」みたいな。アジア圏はもっと奥ゆかしい。私が落ち込んでいたら、タイ人なら「どうしたの、元気出して」と話しかけてきますが、アフリカだと知らない人が「ヘイ、メン、どうしたの?」といきなり肩を組んできたり、「辛気くさいね」と言われて終わったりするんです。その違いがすごく面白い。私にとっては、アフリカのほうが自然と元気になります。 --アフリカでは初回から同じ格好で撮影したのですか。 ヨシダさん エチオピアには、女性が下唇を切って皿をはめているムルシ族に会いに行ったのですが、彼女たちの第一声は「5ブル(約30円)」でした。ビジネスライクで、3枚撮っただけで眉間にしわが寄ってきました。ただ、ムスッとした顔だなとは思いましたけれども、フォトグラファーと呼ばれていたわけではありませんでしたので不満は残らなかったです。ひとつには、ガイドとドライバーが、英語がしゃべれない私にすごく優しかった。街にいる名もなきアフリカ人もみんなかっこよかった。想像を上回ることはなかったですが、エチオピアの首都に初めて降り立ったとき、「あー、この景色見たことある。なんか懐かしい」と思いました。エチオピアで使われるアムハラ語は初めて聞いたのに親しみがあって、何を言っているかだいたい分かるんですよ。あまりアウェーな感じがせず、不安な気持ちにもならなくて不思議でした。 そのころ英単語は、"Hello" "Hungry" "Sleepy"など五つしか知らず、「(服を)脱ぎたい」とガイドに伝えることもできませんでした。「脱げば仲良くなれるのに」とモヤモヤした気持ちを残したまま帰国しました。日本でも勉強はしませんでしたが、その後もマリ、ブルキナファソ、ジブチ、スーダン、ウガンダ、ガーナとアフリカを行く中、耳で英語を覚えたのです。初めて裸になって撮影することができたのは2012年、カメルーンのコマ族に会いに行ったときです。 最初はこれまでと同様に、コマ族も「さっさと撮影して、お金を払って帰って」とビジネスライクな雰囲気でした。そこで通訳に「脱ぎたい」と伝えたのです。「お前は正気か」と止められましたが、真剣に伝えると「長老に聞く」と渋々訳してくれたのです。長老は「我々の文化を尊重している」と歓迎してくれました。4人の妻が下腹部の前と後ろを葉っぱで隠すだけの格好に着替える手伝いをしてくれました。それでも、パンツを脱ごうとしたら彼女たちに手をたたいて止められ、通訳に「脱ぎたい!」と叫び、訳してもらいました。無表情だった彼女たちは笑顔になり、「マヤマヤマヤー」と歓迎の踊りを始め、私も加わるとコマ族の人たちは大喜びしてくれました。自分たちを見下しているはずの白人と同じ扱いの日本人が、同じ格好で現れたので驚いたのだと思います。長老からは「5番目の妻に迎えたい」と言われました。 小さいときに、「同じ格好をしたら仲良くなれる」と漠然と思っていて、それが確信に変わった瞬間でした。少しずつ態度が変わるのではなく、180度変わったので、「ああ、やっぱりすごい。間違いじゃなかった」と思いました。メークが会話の糸口 --男性とも脱ぐと仲良くなれるのですか? ヨシダさん 男性は下心ですね(笑い)。愛想よくして、少しだけボディータッチをするのがコツです(笑い)。あとは日本でネイルをきれいにしてもらって、付けまつげをして、化粧を完璧にします。アフリカでも、特に男性はきれいな人が好きなので。バックパッカーみたいに小汚いTシャツを着ているよりは、ちゃんとした身なりをしていくと相手が優しくなる。きょうはイッセイ・ミヤケの黒ツーピースですが、アフリカに行くときも服装は変えず、ヨウジヤマモトの黒ワンピースだったりします。安全面でも、地方では目立つほうが守られる気がします。また女性も、美やおしゃれに関してすごく敏感なので、「なにその爪! 超かわいい!」「まつげ長くない!? それって地まつ毛(もともと生えているまつげ)!?」なんて、少しきれいにしているだけで、すごく興味を持って話しかけてくれます。「かわいいアジア人って見たことないよ」とか。ガイドにも、「万国共通だけど、きれいな人やおしゃれな人にアフリカ人は優しいから、メークはしなさい」と言われました。嫌だったのですけど毎日メークするようになったら、どこに行っても誰かに話しかけられるようになりました。 メークをばっちりしているアジア人は、アフリカの国では首都でも少ないです。水が毎日出るとは限らず、落とせなくなるかもしれないメークをするくらいだったら、貴重な水はトイレに使ったほうがいい。私も最初にアフリカへ行ったときは途中からメークをしなくなったのですけど、ガイドに「それは良くない」と言われて、おかげで差別化を図ることができました。地方に行くと首都より水がないので、余計に目立ちます。 脱ぐのは、どちらかといえば女性に対してのパフォーマンスです。同じ女なので、相手の下心を使って仲良くなるのは難しい。文化を褒めても、「誰でも言える」と返されるので、どこで差別化を図るかとなると、態度で示すのが一番大きい。彼女たちの文化に敬意を示すためにも、脱いだほうが早いかなと。貧しくても幸せな人が山ほどいる --日本の新聞のアフリカ報道をどう見ていますか。 ヨシダさん 事実だとは思うのですが、戦争だ汚職だとネガティブな部分がある半面、もうちょっとポジティブな部分も伝えられる人がいてもいいのになと思います。貧しい中でも、毎日幸せと言っている人たちがアフリカには山ほどいるんです。マリで会ったバンバラ族の女性からは「(紛争・貧困ばかり報道されているけれど)私たちはお金はないかもしれないが、家族と幸せに暮らしていると伝えてほしい」と言われました。そこが伝われば、世界中でアフリカのイメージが変わるのではないかという気がしています。 お金持ちの人がいて貧しい人がいるから、格差で恨みつらみが出てくるわけで、みんな同じ環境だと問題ないんです。農耕・牧畜が主で貨幣的にはまったく何も持っていないけれども、物々交換をしているので問題ない。 むしろ悲惨なのは、首都からちょっと離れた貧民街です。一番上の階層が見えて、すごく悲壮感が強く、治安も良くありません。 --アフリカで現地支援をしている日本人からは、自衛隊のPKO(国連平和維持活動)派遣によって「欧米と違い私たちを攻撃しない国」という平和イメージが崩れ、活動がしづらくなったという声を聞きます。 ヨシダさん 少数民族が暮らす地域はPKOやNGO(非政府組織)の活動拠点から離れていて、あまり関係がありません。軍隊や武装勢力と交わる所はあまりなく、接触しそうなときに少数民族が「迷惑だな」と言うくらいのものです。たまに戦闘民族が政府軍とやり合っていて、直前になって「入らないほうがいいよ」と言われたことはありました。アフリカがフォトグラファーにしてくれた --テレビに出て、アフリカのよさを伝えられるようになりましたか。 ヨシダさん 出ていないころより、少しずつアフリカに興味を持ってくれる人や、「アフリカ人ってこんなにかっこよかったのかと初めて知りました」と言ってくれる人が増えました。 2015年9月にTBSの「クレイジージャーニー」が放送されたときに、フォトグラファー・ヨシダナギというテロップを見て、「私はフォトグラファーなんだ」と初めて思いました。アフリカ人が私をフォトグラファーにしてくれたのだと思います。 テレビ出演のもっと前ですが、私の活動がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で広がったときにアフリカの人たちから、「お前の写真、くそかっこいいよ」「アフリカのことを広めてくれてありがとう」とメッセージをもらい、すごくうれしかったです。仮にフォトグラファーとして干されたとしても、好きでアフリカの少数民族を追いかけていたら、勝手にフォトグラファーと呼ばれてメディアに拾われただけなので、私の生活は変わりません。肩書がなくなっても、また会いたいときに会いに行くだけです。 2014年にタンザニアで、シティーマサイといわれる、都市部に暮らすTシャツにジーンズのマサイ族に話しかけられました。「日本人で一人だけ知っているやつがいるんだよね」と。「どういう人?」って聞いたら、「一緒に裸になって、少数民族の撮影しているクレイジーなフォトグラファーなんだよ。お前知ってるか?」と。「それ私だよ」と返すと「これってアフリカ人へのリスペクトだろ。おれら、超かっこいいと思ったよ」って言ってくれたのです。昔だったらあり得なかったでしょうが、SNSでは容易に世界中に発信が届くのです。実際にフェイスブックなどでつながっているのはガイドたちですが、つながっていなくても直接写真を見た人からメッセージが届きます。 --今年、講談社出版文化賞写真賞を受賞しました。 ヨシダさん 棚からぼた餅ですね。どんな賞なのか分からず調べたら、副賞100万円と書いてありました。「すごい、100万円もらえる、ラッキー」と。ニジェールへ撮影に行ったときボロロ族が暮らす地域が大干ばつで、水が全然ないのです。日本に帰国して、周囲に「井戸をつくりたい」と話していました。授賞式でも、篠山紀信先生などそうそうたる選考委員の前で、「このたびはありがとうございます。100万円で井戸を掘ります」とスピーチして大爆笑されました。実際に井戸を掘るには全然金額が足りず、テロリストがいるなど条件が悪く人を派遣できないそうです。社会貢献ではなく、ボロロ族のところに行って彼らのことが友達だと思えたので助けたいだけなのです。 --イラストは仕事にしたらスランプになったそうですが、写真の仕事は順調ですか。 ヨシダさん もともと、少数民族というかっこいいモデルがいて、時間と撮影場所さえ合えば作品になるので、スランプにはなりません。カメラはプロ向けのニコンD810を使うようになりましたが、下手なのを割り切って撮影しているので、そんなに苦しいことはないです。構図は私の中でイメージがあるんです。昔から夢で思い描いていた人たちを、戦隊ヒーローっぽく撮ることが一番の基礎です。ニジェールのボロロ族も、彼らがゲームの主人公だったら、ユーザーはどのようにこのヒーローを使いたいかと考えながら、ポーズを決めました。 会ってみて見た目が一番かっこよかったのは、このボロロ族です。次は、南スーダンへディンカ族に会いに行きたいです。そう簡単には入れないので、情勢が落ち着いたら。会いたい少数民族はまだたくさんいます。よしだ・なぎ 1986年、東京都生まれ。2015年、TBS「クレイジージャーニー」に裸でアフリカの少数民族を撮影するフォトグラファーとして出演し、話題になる。これまでアフリカ54カ国で訪れたのはエチオピア、マリ、ブルキナファソ、ジブチ、スーダン、ウガンダ、ガーナ、カメルーン、チャド、ナミビア、タンザニア、ニジェールなど17カ国。紀行文「ヨシダ、裸でアフリカをゆく」(扶桑社)と写真集「SURI COLLECTION」(いろは出版)で今年4月、講談社出版文化賞写真賞を受賞した。昨日、この人が出てたテレビ見た(*^^*)via sora.sky.kokoro.net Your own website,Ameba Ownd▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      6
      テーマ:
    • 8月17日のみずがめ座は3位

      8月17日の運勢3位夢に近づくきっかけが見つかる日あなたの置かれている環境が大きく変化する予感があります。それによって、あなたが抱いている夢に向かって、大きな一歩を踏み出すことができそうです。今日のラッキーブログワード小物入れあなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      1
      テーマ:
  • 16 Aug
    • "セクハラ疑惑"のSHINeeオンユ、ドラマを降板へ - LINE NEWS

      ▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      1
      テーマ:
    • .st

      .stのインターネットショップで、8月13日に注文して、今日、届きました。商品は、LOWRYS FARMの、メタリックポーチ(ピンク)です。可愛くて、機能的で、お気に入りです(*^^*)メタリックポーチ | [公式]ローリーズファーム (LOWRYS FARM)通販ポーチコレクション LOWRYS FARMにデイリーに使えるポーチが数多く仲間入り! メタリックなデザインがお洒落なポーチ。 リップやシガー入れなどにピッタリなコンパクトサイズ☆ 贈り物にもピッタリなアイテムです☆via sora.sky.kokoro.net Your own website,Ameba Ownd▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      4
      テーマ:
    • EXILE ATSUSHI、AKIRAと"恋人つなぎ"2ショットを披露 - LINE NEWS

      EXILE ATSUSHI、AKIRAと"恋人つなぎ"2ショットを披露 - LINE NEWSEXILE ATSUSHIが16日、Instagramにて、AKIRAとの2ショットを投稿。18年までの期間限定で現在、個人活動の拠点を海外に移しているATSUSHIは「偶然AKIRAがLAに滞在していて、久しぶりに一緒に飲みました!!」「なんでか分からないけど、酔っ払って手をつないで、爆笑してました(笑)」と満面の笑みを浮かべた姿を公開しました。EXILE ATSUSHIが16日、Instagramにて、AKIRAとの2ショットを投稿。18年までの期間限定で現在、個人活動の拠点を海外に移しているATSUSHIは「偶然AKIRAがLAに滞在していて、久しぶりに一緒に飲みました!!」「なんでか分からないけど、酔っ払って手をつないで、爆笑してました(笑)」と満面の笑みを浮かべた姿を公開しました。AKIRAとの時間を「来年からのEXILEが、心から楽しみに感じた瞬間でした」と振り返ったATSUSHI。「活動をお待たせしてしまっているみなさん、ゴメンなさい…」とファンへ謝罪すると同時に「でも楽しみにもしていてください!! わたし、確実にパワーアップしてる…。そう感じる今日この頃です(笑)」と呼びかけました。メンバー仲がいいだね(*^^*)via sora.sky.kokoro.net Your own website,Ameba Ownd▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      テーマ:
    • 8月16日のみずがめ座は6位

      8月16日の運勢6位対人運が好調で新しい出会いあり運の後押しがある今日は、あなたの魅力を存分にアピールする機会に恵まれます。多くの人から、好意を持たれていることが分かり、自己評価を高めることができるはずです。今日のラッキーブログワードドレッサーあなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      1
      テーマ:
  • 15 Aug
    • SHINeeオンユ、検察への送検に事務所が言及「疑惑は誤解」 - LINE NEWS

      ▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      テーマ:
    • 8月15日のみずがめ座は8位

      8月15日の運勢8位自分勝手にならないようにしよう今日のあなたは気持ちに余裕がなく、自分勝手な行動をとってしまいがち。あなたの態度が原因で、周囲の人とトラブルになる恐れがありるでしょう。今日のラッキーブログワードヒーリンググッズあなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      5
      テーマ:
  • 14 Aug
    • SHINee・オンユのセクハラ容疑、"報道"を巡りファン混乱 - LINE NEWS

      ▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      2
      テーマ:
    • 8月14日のみずがめ座は9位

      8月14日の運勢9位周囲に振り回されてしまいそう今日のあなたは、神経過敏です。周囲の人の何気ない言葉にムッとしたり、動揺してしまったりすることが多いでしょう。まっすぐ家に帰り、ゆったりと過ごしましょう。今日のラッキーブログワード充電器あなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      3
      テーマ:
  • 13 Aug
    • 8月13日のみずがめ座は6位

      8月13日の運勢6位インスピレーションに恵まれる日夢や希望を実現するための素晴らしいアイデアを思いつきそう。いいと思ったことは人に話すとか、より具体的にしてください。大きな成功をつかむための一歩を踏み出せそう。今日のラッキーブログワード石鹸あなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。- [ ]

      2
      テーマ:
  • 12 Aug
    • 8月12日のみずがめ座は4位

      8月12日の運勢4位予想外の幸運に恵まれるでしょう今日のあなたは、会いたいと思っていた人と偶然再会したり、ひょんなことからやりたかったことに近づけたりと、思いもよらない幸運に恵まれる日です。今日のラッキーブログワードポーチあなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      4
      テーマ:
  • 11 Aug
    • 金曜プレミアム

      『ミニオンズ』観ています(*^^*)面白かった。だから、人気あるんだよね(*⁰▿⁰*)#金曜プレミアム #映画 #ミニオンズブログをまとめてみる >▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      テーマ:
    • 8月11日のみずがめ座は12位

      8月11日の運勢12位不満や不安は人に聞いてもらって今日のあなたは、周囲の人のことがうらやましくなるとか、自分の歩んでいる道が正しいのかどうか、疑問を抱きやすい傾向にあるようです。今日のラッキーブログワード柑橘系の香りあなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      4
      テーマ:
  • 10 Aug
    • リプログ(STARBUCKS)

      スモア フラペチーノ® -クリスピー マシュマロ-真夏にもう1杯飲みたくなるチョコレートドリンク!こんにちは、ブログ編集部のペイです。夏、真っ盛りなこの季節!!海や山へのお出かけの予定はたちましたか?私は海の町で育ちましたが、最近はキャンプやバーベキューを楽しんでおります!そんなキャンプでの定番のvia sora.sky.kokoro.net Your own website,Ameba Ownd今度、食べに行きたいな(*^^*)▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      1
      テーマ:
    • 8月10日のみずがめ座は10位

      8月10日の運勢10位感情が爆発しないよう気をつけて今日のあなたは気持ちに余裕がなく、ちょっとしたことで不安定になる傾向があるようです。くすぶっている不満が爆発してしまう可能性が高いので、注意しましょう。今日のラッキーブログワード化粧水あなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      2
      テーマ:
  • 09 Aug
    • 上原多香子 自死した夫の遺書公開で「俳優との不倫」発覚

      上原多香子、不倫発覚か…亡夫・TENNさんの弟が遺書を公開 - ライブドアニュース14年に自死したTENNさんの遺書の存在が明らかになったと女性セブンが報じた。妻・上原多香子の不倫をにおわせる内容が書かれていたという。TENNさんの弟は「これ以上、家族だけでは抱えきれないんです」と話す 2014年に自死したヒップホップグループ「ET-KING」のTENNさん(享年35)が妻・上原多香子(34才)に宛てて書いた遺書の存在が明らかになった。そこには上原の不倫をにおわせる内容が書かれていた──。「このままずっと話さへんつもりでした。でも、この夏で兄がこの世を去ってから丸3年。三回忌を過ぎていろんな弔いの行事が一段落しても、残された家族の悲しみが癒えることはありませんでした。母は、夜も眠れず痩せてしまいました。これ以上、家族だけでは抱えきれないんです」 2014年9月25日に自ら命を絶ったTENNさん(本名・森脇隆宏さん)の弟・義宏さん(仮名)はそう話すと、1枚の写真を取り出した。写っていたのは、TENNさんから家族、メンバー、ファン、そして妻である上原へ宛てた遺書だった。 几帳面な字体で、感謝の言葉と、先立つことへの謝罪の言葉が並ぶ。だが、さらに読み進めると、目を疑う内容が綴られていた。《多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。/幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。/僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。/嘘はついたらあかんよ。/多分、僕の事を恨むでしょう? でもいつかは許してくださいね/最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。/これが、未来を考えた時の僕のベストです。ワガママを許してください。/いつか忘れる日が来るよ。きっと大丈夫 今から大変だろうけど/がんばって トントンとお幸せに/車は開けないで 警察を呼んでください。》   上原とTENNさんが結婚したのは2012年8月のことだった。2011年2月の音楽イベントでの共演をきっかけに知り合い、2011年12月、TENNさんは自分の誕生日にプロポーズした。「誕生日って、自分のいちばん欲しいものがもらえるんだよね? 結婚してください」   交際半年ながら、TENNさんの実直な人柄に惹かれた上原は、彼を受け入れた。結婚後は、TENNさんの故郷・大阪に移り住み、仕事をセーブした。「ゆかりのない大阪での生活に、上原さんは戸惑うことも多かったみたいです。でも、時間が経つにつれて夫の友人や家族ともいい関係を築いていました。特にお義母さんとは頻繁に連絡を取っていて、ひとりで実家に遊びにいくことも多かったそうです。デビューして早々に故郷・沖縄を離れたので“本当のお母さん”のように慕っていました」(上原の知人) だが、そんな結婚生活は、TENNさんの自死で突然、幕を下ろす。大阪府内の自宅マンションの駐車場に停めた車内で、首を吊って命を絶ったのだ。《収入激減の劣等感と妻を働かせてしまう罪悪感》《悔やみきれない「所得格差」と「別々生活」》《自殺した夫の営業は4万円…悲しみの収入格差》 当時、メディアはTENNさんの自死理由をそう推測して報じた。確かにSPEEDとして一世を風靡した上原は、解散後も着実に女優としてステップアップ。一方、TENNさんが所属していたET-KINGは、2014年4月に活動を休止したばかりだった。 当時から今まで、上原からも親族からも明かされなかった自死の真相──そのすべてを物語るのが、前述の遺書だ。TENNさんは、上原が別の男性と不倫関係にあることを知ってしまったのだ。◆あまり多香子を責めないでやってください 本誌・女性セブンは今年の8月上旬、大阪の実家をたずねた。そこで、弟の森脇義宏さんは重い口を開いた。「遺書を見て、自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました。でも、葬儀の準備や、静かに見送ってあげたいという思いしかなく、自分たちの心だけに留めようとなったんです。遺書にはぼくたち家族に向けて《あまり多香子を責めないでやってください》という最後の願いが書かれてましたし、母も “森脇家に嫁にきたんやから、最後まで守ってやらなあかん”って。遺書は多香子さんやET-KING関係者のほか、すぐに駆けつけてくれた今井絵理子さん(33才)も読みました」 TENNさんの自死直後、母・和子さん(仮名)は知人にこう漏らしていた。「多香子が“喪主の言葉言えるかな”って言うから“それはあんたの義務やで”って。“立派な言葉やそんなもんはいらんから、森脇隆宏の妻としてきちんと見送ってやって”って言うてん。グっと堪えるときはあったけど、よう最後まで泣かずにきちんと話せてましたよ」 当時のその言葉からは、遺書に綴られた真実は微塵も感じられなかったが、家族の苦悩は深かった。2014年10月22日、最初の月命日を前にして、上原と両親はTENNさんの遺骨を分骨。その際、上原から和子さんにTENNさんのスマホが手渡された。「月命日当日、両親と多香子さんの3人で兄の好物だったすき焼きを食べに行ったそうです。その翌日、“思い出の写真も入ってるやろう”と、母が兄のスマホを覗いたんです。そこには、多香子さんとある男性とのLINEのやりとりやふたりの写真などが保存されていました。多香子さんのスマホを見てしまった兄が、その画面を撮影したようでした」(義宏さん) ある男性とは、TENNさんの遺書に名前のあった阿部力(35才)のことだ。中国出身の俳優で、17才のときに帰化。大ヒットドラマ『花より男子』(TBS系、2005年)で松本潤(33才)、小栗旬(34才)、松田翔太(31才)とともにイケメン4人衆の一角、美作あきらを演じて人気を博し、現在は日本、中国で活動している。遺書にあった「トントン」とは、阿部の中国名・李冬冬(リ・ドンドン)にちなんだ愛称だ。 上原と阿部は、TENNさんが自殺する直前の、2014年7~9月に全国6か所で公演が行われた舞台『夕-ゆう-』で共演していた。※女性セブン2017年8月24・31日号奥さんが、不倫したから、自殺したんだ。何で、離婚しないで、自殺だったんだろ...悲しいな(。-_-。)via sora.sky.kokoro.net Your own website,Ameba Ownd▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      2
      テーマ:
    • 8月9日のみずがめ座は4位

      8月9日の運勢4位積極的な行動で幸運をつかめる日読んでみたいと思っていた本を読み始めるとか、行きたいと思っていた場所に足を踏み入れるなど、好奇心のおもむくままに行動することが開運アクションとなる日です。今日のラッキーブログワードアロマオイルあなたの今日の運勢をチェック▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      2
      テーマ:
  • 08 Aug
    • ローラ 、所属事務所との"契約問題" 文春が取材 - LINE NEWS

      ローラ 、所属事務所との"契約問題" 文春が取材 - LINE NEWS今年6月、〈ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる〉などと、不穏なツイートを連投して以降、所属事務所とのトラブルが囁かれていたモデルのローラ(27)。「週刊文春」の取材によって、トラブルの原因は彼女と所属事務所「LIBERA」の間で交わされた"奴隷契約書"だと判明しました。今年6月、〈ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる〉などと、不穏なツイートを連投して以降、所属事務所とのトラブルが囁かれていたモデルのローラ(27)。「週刊文春」の取材によって、トラブルの原因は彼女と所属事務所「LIBERA」の間で交わされた"奴隷契約書"だと判明しました。2010年、ローラは「専属芸術家契約書」にサインさせられているのですが、事務所関係者によれば、A4サイズで計5枚におよぶ書面には次のような一文が記されていました。〈本契約の有効期間は2010年7月1日から2020年6月末日までの満10年間とする〉「しかも契約満了を迎えても、自動的に10年間の契約が更新されることになっている。またローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約でした。まさに現在、問題視されている"奴隷契約"そのものです」(事務所関係者)まあ、酷い話だな(><)ローラが、可哀想だ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)via sora.sky.kokoro.net Your own website,Ameba Ownd▷▷▶︎可凛のroom自己満日記ランキングブロトピ:ブログ更新しました。

      テーマ:

プロフィール

可凛

性別:
女性
誕生日:
1月23日
血液型:
A型
お住まいの地域:
宮城県
自己紹介:
音楽/映画

続きを見る >

読者になる

AD
AD

カレンダー

最近のコメント

旧ランキング

自己満ブログ
852 位

ランキングトップへ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。