http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/120399


////

太宰府市通古賀の元中学教師陶山雪代さん(79)が、自身の戦争体験や仕事と育児の両立などをつづった一代記「たたかいのはざまで」を自費出版した。深刻な不況で進学をあきらめる子どもが増える現状が、太平洋戦争に突入した自身の子ども時代と重なるという危機感からの執筆。陶山さんは「若い人に『戦争だけは起こさない』という意思と行動力を持ってほしい」と訴えている。

 本は今年4月から2カ月で完成、終戦記念日に出版した。福岡市博多区出身の陶山さんは福岡大空襲などを経験し、15歳で終戦を迎えた。19歳で戦死した兄の遺骨箱に「かまぼこ板よりももっと薄い木片が入っているのみ」だったこと、「教育勅語は意味が分からず、低頭の姿勢を長く続けるのは苦しかった」ことなど、戦時中の教育の苦い記憶も記録した。

 陶山さんは31年間、中学教師として働いた後、自宅庭に私設図書館を開き、子どもたちの居場所を提供。また、太宰府市の男女共同参画推進条例制定にもかかわり、今も「男女共同参画を進める市民ネットワーク太宰府」代表として活動している。

 授業の合間に授乳しながら子育てした体験や、強い反対を受けながら条例制定を求める市民運動を進めた経験など、戦後の「たたかい」についても書いた。「性別、国籍などを超えて人間同士が尊敬し合う社会になれば戦争は起きない」と陶山さん。本は全64ページ。
/////


うんうん、わかるわかる。これは陶山先生が正しいよっ!


>>深刻な不況で進学をあきらめる子どもが増える現状が、太平洋戦争に突入した自身の子ども時代と重なるという危機感からの執筆。


なんて崇高なる思想っ!!!陶山先生の悪口を言うやつは、非国民だねっ!強制収容所に送るべきだと思いますっ!!


でも、陶山先生の本を出すだけじゃ、深刻な不況で進学をあきらめる子どもが増える現状が、太平洋戦争に突入した自身の子ども時代と重なるという危機感は、決して解消されないのが、とても残念でなりません。。。。


サラリーマンの平均年収トップ-年収ラボ


////

サラリーマンの平均年収は437万円

////


なんてったって、今やサラリーマンの年収は437万円の時代っ!!!


そこで、深刻な不況で進学をあきらめようとしている子供たちを励ましたいと考えている陶山先生へ、コンサルタントとしてのボクからのささやかな提案です。現在の中学教師の年収をみてましょう。


中学校教師 年収&なるには-職業ラボ


////

週刊ダイヤモンド(07.10.06)の調査によると、06年の公立の中学校教師の平均年収は742万円でした。

/////


なんとっ!!!陶山先生が涙されるご家庭とくらべて、その年収は300万円も上ですっ!

これは市民からの搾取だといえるのではないのでしょうかっ!!!


さ・ら・に!!!


ちなみにこのデータによると、福岡県の公立中学教師の数は、8951名となっています。


http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/29/29030_1061445_misc.xls


では、福岡県の教員1名を民間サラリーマンの年収と同列にしますと・・・


8951×300万円=26853000000円


つ・ま・り!!!


268億5300万円がたった1年で予算計上できてしまうのですっ!!!

これだけの資金があれば、深刻な不況で進学をあきらめる子どもが増える現状が、太平洋戦争に突入した自身の子ども時代と重なるという危機感は、たちどことに解消されること間違いなしっ!!!


陶山先生!そんな本なんか出さずに、マズは教員全員に、年収の300万円を返納するよう呼びかけましょうっ!!

まずは陶山先生が生涯でためられた年収、38年分×300万円、1億1400万円だけでいいのですっ!

これだけでも深刻な不況で進学をあきらめる子どもが増える現状が、太平洋戦争に突入した自身の子ども時代と重なるという危機感は、たちどころに霧消するはずっ!!!



「男女共同参画を進める市民ネットワーク太宰府」代表


としての凛々しいお姿を期待しておりますっ!!(はーと)



AD