拳骨拓史の『眼横鼻直日記』

※眼横鼻直【がんのうびちょく】とは・・・自分を飾らず、偽らず、自然体で当たり前のことを、当たり前として生きること。これが本ブログの命名の由来です。

なお、本ブログのテーマは「ユーモア」です。拙著や拙稿とは記述レベルが異なることご了解ください。


テーマ:

【萬物相】悪徳金融 | Chosun Online | 朝鮮日報


朝鮮日報が報じた韓国版闇金融の実態。


///////////////////////

【萬物相】悪徳金融
 「決められた期日までに150万ウォン(約11万円)を返済できなければ、わたしの身体を好きなようにしてください」。21歳の若い女性が地下鉄の駅で「融資」と書かれた小さなチラシを見て訪ねてくると、ヤミ金業者はこのように記載された「身体放棄覚書」を差し出した。


 職場も信用もないのだから、この書類に署名が必要ということだった。現金が必要だったこの女性は、月100%の利子に2カ月の期限で150万ウォンを借りた。ところが金を返せなくなると、ヤミ金業者は覚書を提示し、彼女を忠清道にある売春宿に売り飛ばした。これは、数年前に逮捕されたヤミ金業者の悪質な手口だ。


 とりわけ悪徳金融業者は、公務員や公共企業の職員、軍人などをカモにしている。身分が確かで高い利子でも取り立てやすく、暴力を振るっても職場を失いたくないため届けを出さないからだ。とりわけ女性は「歩く担保」と呼ばれる。歓楽街に売り飛ばせばすぐに現金化できるからだ。世の中を知らない女子大生たちが友人の頼みを聞いて保証人となり、共に借金を抱えるというケースも多い。


 ヤミ金業者から逃れられなくなるのは高い利子もあるが、返済できない資金を再び貸し付ける「再融資」という手口によるものが大きい。昨年ソウルで携帯電話の代理店を経営していたある人物は、ヤミ金業者に100日間にわたり毎日12万ウォン(約9000円)の元金と利子を返済する条件で1000万ウォン(約75万円)を借りた。実際に金を渡されたときには最初の利子50万ウォン(約3万8000円)が初めから差し引かれていた。その後返済に行き詰まると、業者は利子と元金を合わせて6回の再融資を行い、1年で借金は7000万ウォン(約530万円)にまで膨れ上がった。業者は担保として確保していた自宅も競売で売り飛ばした。


 昨年11月には、50代の父親が風俗店で働いていた大学生の娘を殺害し、自らも命を絶つという事件が発生した。娘がインターネット・ショッピングモールを開設するため、一昨年にソウルのあるヤミ金業者から300万ウォン(約23万円)を借りたのが災いの元となった。借金は再融資を重ねて1年で7000万ウォンにまで膨れ上がった。ヤミ金業者はこの女子大生をルームサロン(高級個室バー)に売り飛ばし、その店のママと共謀して1日に3人と性的な関係を持つよう強要した。警察が先日、彼らの身柄を拘束して取り調べを行ったところ、212人に対して1年で最高680%の利子を取り立てていたことが分かった。利子だけでも33億ウォン(約2億5000万円)に上るという。


 現在、韓国には正規に登録されたものと違法営業を合わせて2万3000の貸し付け業者が存在し、融資額は10兆ウォン(約7500億円)に上ると集計されている。また、成人20人に一人の割合となる189万人が平均529万ウォン(約40万円)の借金を抱えているという。貸し付け業者の利子に関する法的な上限は49%だが、悪徳金融業者は身体の肉をえぐり取るよう要求する「ヴェニスの商人」よりもその手口は悪質だ。娘を殺害して自らも命を絶った父親の心情を思えば、先進国の入り口に立ったという国でなぜこのような悲惨なことが起きるのか、あまりにも胸が痛い。


【転載元】http://www.chosunonline.com/news/20090411000044
///////////////////////////


借金の債権として女性の体を売るという手口が、斬新??

まえに日本でも借金の担保に女性に体を渡すことを求め、返せなかったため体を奪ったら、強姦で逮捕された事件がありました。

日本ではこういった不法なことは、かりに証文として残していても従う必要はないのですが、韓国ではそういった法律が整備されていないのでしょうか?

以前、韓国の女性留学生と話をしたとき、彼女は日本にきて一番驚いたこととして、「女性が自由」であることをあげていました。

韓国は男性社会であるため、女性の社会的地位は低く、いまだに冷遇されているそうです。

もっとも、私は文化とはその国が自決することであり、アメリカのように自国と異なる文化はダメだというような安易な考え方は持つべきでないと思っています。


しかし韓国の女性への圧迫は、やはり異常というべきで、


「性接待強要された」 自殺の韓国版・花男タレントが“遺書” - MSN産経ニュース


////////////////////////

韓国KBSテレビは13日、韓国の人気ドラマ「花より男子」(韓国版)に出演していた女性タレント、チャン・ジャヨンさんが自殺した問題で、チャンさんが自殺直前「(芸能事務所から)酒の席や夜を共にする接待を強要された」と訴える内容のメモを残していたと報じた。

///////////////////////


とのニュースは最近、日本でも話題になったところです。

韓国が自浄作用で、女性にとっても住みよい社会をつくることを祈ってやみません。


いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード