テーマ:
極薄ラバーシートを採用することにより、脅威のバイト率を叩きだすガルフバグですが、時々ラバーが切れて破損することがあります。魚に噛み千切られることはまれなのですが、キャッチした魚の口から外すときや、ケースから取り出す時は要注意です。万が一切れてしまったときは、そのまま捨てるのではなくて、補修の方法があります。


歴戦の勇者たち。ボロボロになっています。


このように、クローハンドがとれてしまったり。これではアピール力半減です。


まずはコピー紙にハンドのシェイプを書きます。


そして両面テープなどで、色の近いシリコンラバーシートに貼り付けます。


シェイプ通りによく切れるデザインカッターでコピー紙ごとカットします。


コピー紙を剥がせばご覧のとおり、スペアラバーの完成です。


スペアラバーを貼り付けます。シリコンボンドを使うのが理想的ですが、なければ瞬間接着剤でもOKです。


このように復活しましたあと何匹つれるかな


途中のラバーがこのように切れてしまった場合は


ラバースカートを拝借してつぎはぎをします。


トレーラーと一体化のラバーベイト、使いこなせばこれ一個で何匹も釣ることができます


ちなみに、面倒な方はこのようにワームトレーラーヘッドに改造する方法も。フックをセットするアイを搭載してますので、スプリットリングを介してフックを取り付けます。最近は小さい太軸のオフセットフックを使うのが流行しているようです。

それでは、生き返ったガルフバグで、またまたの大漁を期待しております


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ぢょにぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。