ファーストヴィレッジ株式会社主催でイベント、セミナーを開催しております。
詳しくは、下記バナーをクリックしてホームページにてご確認ください。
ホームページへ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-06 07:00:59

7つの習慣推進

テーマ:会社のこと

第1の習慣 「主体性を発揮する」

 

 

(1)責任ばかりでなく、権限も持たせ、結果に対して責任を取らせる。

 


(2)考えさせ、その意見を尊重する(話し合いで)。
・・・社員を尊重する。思っている以上にスキルがある。どう発揮させるかが重要。

 


(3)組織の一人であり、自分がこければ、仲間に迷惑をかける。

 


(4)その為には、きちんとした情報も与える。

 


(5)外からの智恵は自分の環境で嚙み砕いて、自分の意見として。

 


第2の習慣 「目的を持つ」

 


(1)目的・目標を明確で、かつ適宜であること。ぶれないこと。
・・・個人の力量に合っている。かつ評価に繋がっている。


(2)仕事の開始前に、仕事内容を整理させ、価値観を明確にし、
優先順位を決めて、行動に移す。・・・フォローする(相談できる環境作り)


(3)自分の価値観を認識させ、職制も認めてやる
(会社にとって必要であり、期待している)

 

第3の習慣 「重要事項を優先する」

 


(1)第2習慣(2)の決めたことを、実践する。
(2)個人が重要でないと判断した課題は上司がチェックする。
(地位によって重要度が違うことがある)


第4の習慣 「I Win, You Winを考える」

 


(1)会社で得た利益は、社員みんなのもの、公平な分配を社員は期待している。
・・・これを怠ると、社員は付いてこない。
(2)これを怠ると、不平不満の山となる。

 


(3)利益が出ているときは、少しでも昇給等の社員へのフィードバックを。
・・・透明性が重要


第5の習慣 「理解してから理解させる」

 


(1)社員とのコミュニケーションの機会(話を聞いてやる)を増やす。
・・・社員は、自分の意見が全部通るとは思っていない。

 


(2)自由に意見を作ってやる。良い意見を持っている人も多々いるが、
上が聞く耳を持っていないと見ている。


第6の習慣 「相乗効果を発揮する」

 


(1)他人の意見を聞き、多くの人の意見を取り入れる環境でないと相乗効果は生まれない。
(2)過去の経験(成功・失敗)も入れ、相乗効果を狙う。


第7の習慣「刀を磨く」

 


(1)教育は大事だが、それを生かせる職場作り。
(2)教育を受けたものが、それを生かすバックアップ体制が重要。
教育内の水平展開。
(3)職務に必要なことを学べる(教える)体制を構築する。

 

上記の7つの習慣を推進する上で重要なことは、実は推進役である管理職の意識改革なのである。

 

 

a)部下や環境のせいにする
b)目的を持たないでスタートする。
c)一番重要なことをあとまわしにする

 


d)部分最適を押し通し、勝ち負けで物事を判断する。
e)先ず自分が話し、それから聞くふりをする。
f)頼れるのは自分だけという考え方。
g)自分をすり減らす。

a)からg)の悪い習慣から管理職は今すぐ脱却せよ!
 

 

いっちゃんのビタミン剤

バックナンバーはこちら

 

 

いっちゃん注目経営者

バックナンバーはこちら

 

ファーストヴィレッジ主催イベント
 興味のあるセミナーをクリック!!》

 

12月14日(水)プロフェッショナルのためのビジネスモデルセミナー

 

12月15日(木)第25回経営サポートセミナー

 

その他イベント一覧はこちらをクリック!

 

クラッカー市村の書籍「1億稼ぐ営業の強化書」 全国の書店にて絶賛発売中!!
4刷の重版が決まり、お陰様で
日経新聞の経済・ビジネス書ランキング5位になりました!
http://youtu.be/F96v8a-3Ea8 

 

一億稼ぐ
 

    
にほんブログ村

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-05 07:00:00

言い訳は何も生まない

テーマ:市村 人生論

我々は常に下記の言葉を発する恐れを持っている。

 

 

この状態を回避する為に、自分自身に日々、問いかける必要がある。

 

(1)10年間このやり方でやっている。なぜ変える必要があるのか。

 ――――――――現状維持でいいと思っているが、果たしてそれでいいのか。

 

 

(2)それはうまくいかないと知っている。 

 ――――――――過去の経験、既成概念に固執している。

 

 

(3)それは鈴木君の仕事だ。私の仕事ではない。

 ――――――――自分がやる決意の欠如。当事者意識の無さ。

 

 

(4)それには手を貸せない。それは自分の主義だ。

 ――――――――仲間に協力する姿勢の欠如。

 

 

(5)時間が無い。

 ――――――――時間は生み出すもの、作るもの。

 

 

(6)当社ではそういったやり方はしない。

 ――――――――既成概念の押し付け。

 

 

(7)コストがかかり過ぎる。

 ――――――――コストを言うなら、アイディアで勝負して勝つ。

 

 

(8)前にやりました。

 ――――――――現状維持型。チャレンジ魂無し。

 

 

(9)後で考えます。

 ――――――――意欲無し、やる気無し。

 

 

(10)実際的ではない。

 ――――――――論理的議論の拒否。

 

 

(11)予算が無い。

 ――――――――予算が無いで切らず、効果を優先。

 

 

(12)さらに検討を要する。

 ――――――――先送りの姿勢。結論先延ばし。

 

 

現状維持は後退を意味し、既成概念に固執していてはビジネスチャンスを逃してしまう。

 

 

我々はマーケットに合わせて自社のDNAを変化させ、生き残っていかねばならない。

 

 

当時の環境に一番適応した巨大恐竜は、大きな環境変化に対応出来ずに絶滅してしまった。

 

 

我々の意識の中に実は大きなリスクがある。

 

 

今のままでいいという意識が危険なのである。

 

 

 

 

いっちゃんのビタミン剤

バックナンバーはこちら

 

ファーストヴィレッジ主催イベント
 興味のあるセミナーをクリック!!》

12月5日(月)闘魂営業道セミナー特別開催!!

 

12月14日(水)プロフェッショナルのためのビジネスモデルセミナー

 

12月15日(木)第25回経営サポートセミナー

 

その他イベント一覧はこちらをクリック!

 

いっちゃん注目経営者

バックナンバーはこちら

 

クラッカー市村の書籍「1億稼ぐ営業の強化書」 全国の書店にて絶賛発売中!!
4刷の重版が決まり、お陰様で
日経新聞の経済・ビジネス書ランキング5位になりました!
http://youtu.be/F96v8a-3Ea8 

 

一億稼ぐ
 

    
にほんブログ村

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-02 07:00:00

起業する上で大切なこと

テーマ:ビジネス編

起業する上で大切なことは「6WH」に凝縮されている。

 

 

1)Who?(誰が)主役――――誰がこの会社の経営をやるのか。

 

 

2)What?(何を)目的――――商品、サービスの具体的内容。

                             商品戦略。

 

 

3)How?(どのように)方法――――顧客、市場に対してどのような方法でアプローチするか。

                                 具体的アプローチ戦略。

 

 

4)Where(どこで)場所――――想定する市場、

               地域はどこにするのか。

                              マーケティング。

 

 

5)When(いつ)時間――――どのようなタイミングで

                           仕掛けるのか。行動計画。

 

 

6)How much?(いくらで)お金―――資金。売価。利益。

                                    コスト。損益分岐点。

                                    利益率。売上目標。

                                    資本政策。

 

 

 

7)Why?(なぜ)理由―――なぜこの事業に取り組むのか。

             企業理念。ミッション。

 ビジョン。バリュー。

 

 

 

8)Whom?(誰に対して)対象――――ターゲット戦略。

                  人脈の棚卸し。

 

 

 

上記の6WHの分析により事業計画を立案してみると、

起業する上での問題点が見えてくる。

 

 

 

そしてこれだと決断したら、

あらゆる困難を乗り越える覚悟を持って死ぬ気で事業に取り組む。

 

 

 

5年以内に85%の起業家は会社を潰している事実を知れ。

 

 

 

故にいきあたりばったりでは事業は続かない。

 


 

 

事を始める前の準備・段取りが何よりも重要なのだ。

 

 

 

 

いっちゃんのビタミン剤

バックナンバーはこちら

 

 

ファーストヴィレッジ主催イベント
 興味のあるセミナーをクリック!!》

 

12月5日(月)闘魂営業道セミナー特別開催!!

 

12月14日(水)プロフェッショナルのためのビジネスモデルセミナー

 

12月15日(木)第25回経営サポートセミナー

 

その他イベント一覧はこちらをクリック!

 

 

いっちゃん注目経営者

バックナンバーはこちら

 

クラッカー市村の書籍「1億稼ぐ営業の強化書」 全国の書店にて絶賛発売中!!
4刷の重版が決まり、お陰様で
日経新聞の経済・ビジネス書ランキング5位になりました!
http://youtu.be/F96v8a-3Ea8 

 

一億稼ぐ
 

    
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-01 07:00:00

HONDAのトップセールスの特徴

テーマ:THE営業道

HONDAの車を売っているトップ3の営業マンの特徴は何か?

 

 

ひとりはアフターサービスが素晴らしい営業マンであった。

 

 

車を販売したら、定期的に車の状況を聞きに自宅に訪問する。

 

 

少しでも車に問題や調子の悪い点があったら、サービスセンターに持って行かせるのではなく、自ら自宅に飛んで行ってヒアリングをする。

 

 

大抵は大した問題や故障ではなく、取扱い説明書の範囲内の話で終了することらしい。

 

 

とにかく、客先へ頻繁に顔を出すことがポイント。

 

 

そうしたことの繰り返しによって、お客様との何気ない雑談の中から、新しいお客様を紹介して頂けることになる。

 

 

売りっぱなしの営業マンは数多くいれど、一生お付き合いするつもりで車を売る営業マンはほとんどいない。

 

 

2人目の営業マンは生まれながらの天性の営業マン。

 

 

口八丁手八丁により、20代の女性にもHONDAの高性能スポーツカーを売ってきてしまう。

 

 

相手を持ち上げるだけ持ち上げ、気持ち良くして車を買ってもらうらしい。

 

 

3人目の営業マンはメカニックのプロ。

 

 

HONDAの車はもちろん、ライバル会社の全ての車の性能・メカを知り尽くしている。

 

 

HONDAの車の走りについて語ったら右に出る者はいない。

 

 

走りとサポート体制の良さをアピールし、走りを更に良くするためにどんどんオプションを付けさせて、顧客オリジナルの車にしていってしまう。

 

 

購入した顧客の満足度も高い。

 

 

上記の例からもわかるように、何を持って営業マンとしての特色を出すかはそれぞれである。

 

 

しかし、共通して言えることは、自社の商品が誰よりも好きであり誇りを持っているということ。

 

 

HONDA3人のトップ営業マンから学ぶことは多い。

 

 

参考に。

 

 

 

 

いっちゃんのビタミン剤

バックナンバーはこちら

 

ファーストヴィレッジ主催イベント
 興味のあるセミナーをクリック!!》

12月5日(月)闘魂営業道セミナー特別開催!!

 

12月14日(水)プロフェッショナルのためのビジネスモデルセミナー

 

12月15日(木)第25回経営サポートセミナー

 

 

その他イベント一覧はこちらをクリック!

 

いっちゃん注目経営者

バックナンバーはこちら

 

クラッカー市村の書籍「1億稼ぐ営業の強化書」 全国の書店にて絶賛発売中!!
4刷の重版が決まり、お陰様で
日経新聞の経済・ビジネス書ランキング5位になりました!
http://youtu.be/F96v8a-3Ea8 

 

一億稼ぐ
 

    
にほんブログ村

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-30 07:00:00

これからの時代を生き残るために

テーマ:ブログ

1959年生まれの私の時代は、いい大学を出て大会社に入るという単線的な生き方を求められていた。

 

 

当時も今も、日本の社会システムに大きな変化はない。

 

 

学力や偏差値で序列化され、垂直的な多様性しかない。

 

 

高い位置に序列された者は比較的裕福な世界へ入ることが出来、低い位置に序列された者は低収入に喘ぎ結婚すら出来ない。

 

 

そして金持ちしか高等教育が受けられない時代へと変わりつつある。

 

 

東京大学の学生の調査によると、東大生の親の6割が年収950万以上との報告がある。

 

 

お金があると、良い学校を卒業出来、良い就職先に恵まれ、良い結婚が出来、年収も高いので生まれた子供達に良い教育が受けさせられるという好循環になる。

 

 

貧困の悪循環の真逆である。

 

 

こうした現実を知っているが故に、大企業の正社員たちは苛酷な競争社会からリタイアすることが出来ないのである。

 

 

日本という社会が一度、正社員というレールからはみ出すと、2度と戻ってこれない社会になっているからである。

 

 

特に、何のスキルも実績もない若手社員が一度、出世競争のレールから降りてしまえば、職場復帰や再就職は難しい。

 

 

それ故に、正社員としての自分の地位を保つために自分自身を追い詰めてしまうのだろう。

 

 

私は会社に自分を合わせるのではなく、自分の得意とする仕事に自分を当てはめたらいいと考える。

 

 

自分に何が出来るのか。何だったら貢献できるのか考えたらいいのだ。

 

 

それには、仕事に付加価値を生むビジネススキルを若いうちに自分自身に身に付けておくことが肝要だ。

 

 

 

いっちゃんのビタミン剤

バックナンバーはこちら

 

ファーストヴィレッジ主催イベント
 興味のあるセミナーをクリック!!》

 

11月30日(水)軍隊式営業職養成合宿!!

その他イベント一覧はこちらをクリック!

 

いっちゃん注目経営者

バックナンバーはこちら

 

クラッカー市村の書籍「1億稼ぐ営業の強化書」 全国の書店にて絶賛発売中!!
4刷の重版が決まり、お陰様で
日経新聞の経済・ビジネス書ランキング5位になりました!
http://youtu.be/F96v8a-3Ea8 

 

一億稼ぐ
 

    
にほんブログ村

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。