㈱ファーストポート(ボート・ヨット)のブログ

ファーストポートのマリンスタッフのブログやボート・ヨットや釣りなどの海の情報を随時配信しています


テーマ:
こんにちは、松永です。

今日は、かなりマニアックですが、ゴムボートのボート布のお話をちょっとしますね。

ボート布には大きく分けて2種類あります。

1つはPVC(塩化ビニール系)、もう1つがCSM(ポリエチレンに近いゴム)。.

PVCのゴムボートは聞いた事がある方も多いと思うのですが、CSMのゴムボートってあまり聞いたことがないですよね?

ハイパロンのゴムボートというのは聞いたことがあると思うのですが、このハイパロンのゴムボートと言うのが、実はCSMのゴムボートなのです。

しかし、このハイパロン、もうこの世では生産していないのです。

どういうこと言うと、
ハイパロンと言うのは、デュポン社が作るCSMの事をハイパロンと言うのですが、デュポンはCSMの生産を中止にしました。したがって、当然ハイパロンはもう存在しないということになのです。

当時、日本ではハイパロン製のゴムボートとしてはアキレスが有名だったのですが、アキレスはデュポンからこのCSMのペレット(ハイパロン)を買って、このCSMのペレットをもとに自社でボート布を作りそのボート布で製造したゴムボートをハイパロン製のゴムボートとして販売していたのです。

また、ハイパロン製のゴムボートと言っても、各メーカー(ゴムボートメーカーやボート布メーカー)がそのデュポン社のCSM(ハイパロン)で、どのようにボート布を作るかによって、その品質は全く違ってきてしまいます。

ボート布を作るためには、CSM以外にサルパ(硫黄)、カーボン、オイル、クロロプレン、合成天然ゴム、天然ゴムetcなど様々な物質を混ぜ合せるのですが、それぞれ混ぜ合せる比率は各メーカーによって全く違うからなのです。

今はデュポンがこのハイパロンというCSMを生産していないため、各ゴムボートメーカー、もしくは、ボート布メーカーは日本のトーソーという会社のCSMを買い、それぞれボート布を生産しています。

また、トーソーも自社で作ったCSMに、デュポン社のハイパロンのようなブランド名は何もつけず、ただCSMとして販売しています。
ですので、アキレスは、今はハイパロン製のゴムボートではなく、CSMのゴムボートとして生産販売をしているのです。

またジョイクラフトで出しているJEH-385はORCAのボート布を使用しています。

このORCAというのは、フランスのペネル&フィリッポ社が作るCSMのボート布のことで、世界最高水準のボート布としてもとても有名です。

当然、ペネル&フィリッポ社もトーソーからCSMのペレットを買い、ペネル&フィリッポ社独自の技術と配合割合でORCAというブランド名のボート布を作っています。

アキレスとジョイクラフトのボートでは、同じCSMのボートでも、
アキレスはトーソーからCSMを買い、自社でボート布を作り、その自社製ボート布でボートを製造し、ジョイクラフトは、ペネル&フィリポ社がトーソーからCSMを買い、ORCAというボート布を製造し、そのORCAでボートを製造しているのです。


$㈱ファーストポート(ボート・ヨット)のブログ-ジョイクラフト JEH-385(CSM製)



マリーナ リトル オーシャン 東京 ジョイクラフト・ゴムボート館
マリーナ リトル オーシャン 東京 Facebookページ
JOYCRAFT-SHOP.COM
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マリンスタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります