憧れの(?)Italia Firenze生活

イタリアはフィレンツェに住みつき早12年。
日本語を教えながら、イタリア人の夫と暮らしています。
私の平凡なイタリア生活の実態を御紹介♪


テーマ:
結婚前にダンナが事故で膝を骨折して入院した時も、私が出産して入院中の時も、息子とNICU にいる時も…

これは日本の病院ではないな真顔

と思ったこと。




神父さんが面会に来るキラキラ十字架キラキラ






神父さんは誰か知り合いが入院してるから面会に来ているわけではありません。

入院患者一人一人を見舞っているのです。

しかも、毎日とは言いませんが、結構頻繁に来ます。

しかも、普通病棟だけでなく、面会できる人が限られたNICUにも入って来られるのだから、その権限はすごいなと思うわけです。


敬虔なキリスト教徒なのでしょうか?中には挨拶だけでなく、話込む患者さんや付き添いの人もいます。


でも、私はキリスト教徒ではないのでね…。

神父さんと何を話せばいいのかわかりません。

基本的に挨拶のみ真顔

神父さんからも特に話しかけられることもありませんでした。


神父さんはやっぱりキリスト教徒とだけ話すのかな?ま、それはそれでいいけど
…と思っていたのですが…。




NICU滞在歴が長くなるにつれ、NICUにいつも来る神父さんが息子(私)のところでも立ち止まり、挨拶だけでなく「調子はどう?」と話しかけてくれるようになりました。

だから神父さんに息子の容態の説明したり、それを聞いた神父さんは励ましてくれたり、応援してくれたり…普通に話すのですが…

その際、この神父さんは私に対して全く宗教的な事を言いません。


私は神父さんにキリスト教徒でないことは言っていませんが、まぁ、分かってますよね。

それで、あえて私とはそういう話をしないのでしょうか?

そうだとしたら、それはきっと他の宗教も尊重するこの神父さんの配慮でしょう。


誰であっても、息子のことを気にかけて、話しかけてくれるのは、やっぱり私も嬉しいです。

私にとっては、この神父さんは神父さんというよりも、人として親切だなと思います。


神父さん、宗教も国籍も関係なく、息子のことを気遣ってくれてありがとうございます。





日本の病院ではお坊さんや神主さんが面会に来るって…ないですよね?




KUROと町の写真を応援クリックお願いします!

 

↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村


 

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(7)

シェコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。