やまだかなの遠隔健康診断!(旧メディカルチェックリーディング)

セラピスト歴7年、のべ6000人を超える施術経験を持ち、アーユルヴェーダ観点からの分析と、カラダとココロのケアの取り方を具体的にアドバイスする遠隔健康診断をしています。


テーマ:

 

おおきに!こんにちは!

大阪在住、古墳でしあわせなブログ管理の山口かおりです。

(CANAさんのブログのいつもの書き出しをパクりました)

 

ハニワがお邪魔しております。

 

 

このブログの主の

「メディカルチェックリーディング」がヒット中のCANAさんは

イタリア・フィレンツェで

アーユルヴェーダとタイ古式マッサージのサロンをなさっている、セラピスト。

カラダの声を聞いて調整する専門家です。

 

CANAさん。2016年11月に2人目のお子さんをご出産されました。

 

 

 

そんなCANAさんが、セラピストのかた向けに

「カラダとココロの処方箋メルマガ」を発行されています。

 

 

 

セラピストさん向け、と聞いて

セラピストの仕事をしていないわたくし古墳には

理解できない難しい内容なのでは?と思っていたところ、

 

CANAさんいわく

 

「いえ、すべてのおかあさんは

 おうちのセラピストなのです!

 だから、おかあさんたちが読んで使える内容のメルマガなのです。」

 

じゃあ、読んでみる。

私もJKの母親だからな。

 

というわけで、わたくし古墳が、お先に読ませていただきました。

 

 

 

「カラダとココロの処方箋メルマガ」 

は、堂々50話あります。

そして、そのリアルなタイトルたち!

全タイトル名は「カラダとココロの処方箋メルマガ」ページに記載がありますが、

そこから気になったものをご紹介します。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

○第1話:「頭のツノ」

 

ツノ・・・ツノって本当に生えてるの?

セラピストとしてヘッドマッサージもなさるCANAさんは

「頭にツノができているかたが結構いてる」ことに気付いたそうです。

 

 

メルマガより一部抜粋します

    ↓ 

ツノが大きくなればなるほど、
頭痛を引き起こしたり、首や頭まわりの不調を訴える方が非常に多いです。

(中略)

女性は特にですが、
ある程度のストレスを感じたときに
自己否定や自己評価の低さから、
じぶんに不満や怒りを溜めやすい傾向にあります。(当社比w)
これ、実際、ツノつくりますよー!

 

 

ストレスからツノが生え、ツノが頭痛やコリを起こす!

思わず頭を触ってツノ確認をしてしまいます。

 

 

そして、ここまでの内容は

実はCANAさんがすでに以前ブログに載せていらっしゃったもの「一つ鬼と二つ鬼さん」

 

メルマガでは、さらに突っ込んで

「ツノが生えたぞー!」=「怒ってるぞー!」という表現にもあるように

ツノと怒りの関係について説明されています。

 

男性と女性でツノの生えかたが違うことが多いのですが、

それは、男性と女性とでは「怒りのツボ」が違うことに関係している!

 

「頭のツノ」がカラダのコリだけでなく、怒りという「ココロのコリ」にも繋がっている。

 

目に見えないココロのことを「頭のツノ」を実際に触ることによって知り、

ツノの怒りがカラダのどこに溜まっているかを知ることで、

ココロをケアできる、というわけです。

 

 

 ツノ生えてないかな?

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

こんな感じで、

CANAさんの「カラダとココロの処方箋メルマガ」には

カラダの症状とココロの状態がどんな形で繋がっていて

カラダとココロそれぞれにどのように表れてくるか、

部位・症状別に分かりやすく記されています。

 

 

少し抜粋して紹介しますと・・・下

 

○ウィルス感染の意味するところは、喜びの欠如だから・・・。
  ウィルスに感染する=免疫力の低下からくる感染
  といえば、なんとなく察知ができるでしょうか。(第8話:ウイルス感染)

 

○目に関するストレスは、【自由】や【じぶんの経験値】を阻害された
  ときに起こります。(第14話:眼精疲労)

 

○肩こり = 頑固さ
  と言われています。(第16話:肩こり)

 

○太っているところというのは、脂肪がついているところです。
  脂肪というのは、その周りを保護しているとも言えます。
  ということは、周りを保護しないといけないほどの、必要性がある・・・
  つまり、恐れを象徴しているとも言えるんです。(第38話:太っているところ)

 

○更年期障害というのは、
  無意識レベル下への、老化への恐れがベースにあります。(第39話:更年期障害)

 

○生命活動をするにあたって、血が足りないなんて、
  もう死活問題なわけですが!!!
  ココロもまた、
  何かが足りないと常に感じている
  ということに繋がってくるのだと思います。(第48話:貧血)

 

 

最近フラッとくると思ったのは

「何か」と鉄分が足りなかったんだ!とはたと気付いたあなたと私、

ここでレバーを買いにスーパーに走る前に

「ちょっと待って。ココロの状態を見つめてみてください」

CANAさんは語ります。

 

 

ココロ側から何を補充すればいいのか、ということは

身体のことはカラダ側からしか考えていない普段の生活だと

なかなか思いつかないものです。

 

CANAさんのセラピストとしての経験と知識から記された

このメルマガを読むと、

 

ハートカラダの不調は、実はココロの不調のサインであり、

 まずココロのケアが必要。

 

ハートココロのケアは、視点の変え方ひとつで

 いつでもどこでも、すぐにできる。

 

ということがよーく分かります。

 

 

 

読む救急箱「カラダとココロの処方箋メルマガ」

一家にひとつ、備えておけば

ちょっとの不調では病院に行けないけど・・・というおかあさんご自身の

カラダとココロの健康管理にはもちろん、

ご家族の日頃のちょっとしたSOSにも安心です。

 

 

週に1話届くメルマガをちょこちょこ読んでいくので

いつのまにか気付きが蓄積されていき、

いざというときに「あ、この症状にはあのメルマガが!」って役に立ちますよ。

 

 

 

セラピスト向け・カラダとココロの処方箋メルマガ

週1回、全50話

詳しい内容はこちらクリック

 

 通常価格 年間配信20,000円/155ユーロ 

(銀行振込またはPayPal)

 ※ ただし、PayPalの場合5%の手数料を
加算させていただきます。クレジット対応。

 

購読お申込フォーム(全50話)

https://55auto.biz/firenze-lokalila/touroku/entryform3.htmクリック

 

 

価格のところにご注目!

価格に円とユーロがある!ユーロ!さすがイタリア発。

私、価格のユーロ表示初めて見ました。

 

 

                  以上、古墳の山口かおりの読書感想文でしたはにわ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

山田佳奈☆フィレンツェから遠隔健康診断いたしますさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント