2011-03-08 14:01:25

ラファエロ前派の水彩画

テーマ:絵画

忘れないための美術館-rossetti



上は、現在、京都駅の伊勢丹で開催中の「ラファエロ前派からウィリアム・モリスへ展」に出品されている、ロセッティの「レディ・リリス」(1867年)。

この絵は、水彩画である。画材として、水彩・顔料と記されてあった。

顔料をどのように使うのか、つまり、メディウムとして何を使っているのかは不明。


この作品のような、一見すると水彩なのか油彩なのか分からないくらいのしつこく描き込まれた水彩画が、この展覧会には数多く展示されている。どうも、今世間では水彩画ブームのように思われるが、技法書や水彩画の画集を見ても、いかにも水彩ですよというような似た傾向のものが多くて、私はそういう水彩画が好きだけれども、ラファエロ前派の画家たちの水彩もとても魅力があり、また、水彩でもここまで描けるかという重厚さには驚きを覚えた。


近くによって観察したところ、

1. 洗い出しをしている

2. スクラッチをしている

3. 細筆で根気強く塗り重ねている

4. ドライブラシを使っている

くらいのことは分かった。

あとは、自分でマネをして描いてみるしかあるまいね。


展覧会で気になった画家を二人記録しておく。

ウォルター・パウエル・デヴァレル(Walter Howell Deverell) 「アーデンの森のロザリンドとシーリア」・・・これは油彩作品で、森の植物がたいへん上手に描かれていて色彩が美しい。

ウィリアム・ベル・スコット(William Bell Scott) 「水門と湿地のある風景」・・・ この水彩画にはとくに感心した。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-03-05 17:21:39

高山辰雄の文藝春秋表紙絵

テーマ:絵画

忘れないための美術館-takayama



高山辰雄が描いた文藝春秋の表紙絵を集めた展覧会を、BBプラザ美術館で開催していたのを先月見た。

前期・後期と分けて、数多くの表紙絵原画を展覧していた。表紙絵原画のサイズは15センチ×15センチで、そこには驚くべき完結した小宇宙が出来上がっていて、うーん・・・とただただ唸るばかりであった。


何といっても構成が素晴らしい。

で、こういう絵のキッカケはどうしてつかむのか?と思っていたら、会場で観たビデオで、高山辰雄が行きつけの喫茶店に出かけて、コーヒーを飲みつつ小さなスケッチブックにボールペンでこちょこちょスケッチをしているところがあって、なるほど、こういうふうにして作品の最初のキッカケを見つけるのかも知れないなと考えた。

それらのボールペンでのスケッチも見てみたいものだ。


掲載したのは、文藝春秋1987年8月号の表紙絵の「ひまわり」。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。