ふじみ野オープンに出た話

テーマ:
先日、KTTCの助っ人としてふじみ野オープン団体戦に出た。

結果は2位トーナメント初戦敗退。

うんこ。

そして助っ人と言いつつ個人は2勝2敗。

助っ人どころかただの数合わせでした。

うんこ。

ありがとうございました。


次回のインデペンデンターは川口オープン団体戦にゆきます。
雄叫びの土方を召喚したので面白くなりそうです。
AD
昨日は近所の練習会だった。

そして例の新しいシューズを履いて2回目になる。


2回目の感触
《良かった点》
・滑らない。
・踏ん張りが効く

《違和感》
・重い。
・厚底感がモタつきを感じる。
・小さいステップでは動いてくれない感がある。
・飛びつきのフォアドライブでバランス崩す感がある。

《総評》
前のエナジーフォース13(ハイパービート)からの変更だと重さを感じる。
(当たり前だ!)
やはりエクスカウンターではハイパーなビートは刻めないらしい。

だがこのシューズではエクスなカウンターが出来るはず。

それを信じて慣れるのみだ。

AD

新しいシューズを買った話。

テーマ:
今日は新しいシューズを買った。
国際卓球のセール期間中だったし、今までのシューズも滑りがひどくて新しいのが欲しかった。
2017年の目標の1つに新しいシューズを買う、があったのも事実だ。

といっても確実に達成出来そうなものを目標にしただけで当然達成感は無い。

そんな訳で国際卓球に行ってきた。
欲しかったシューズはバタフライのエナジーフォース13。
{19FCAC59-E75E-4461-93DA-5A13185D2509}



今までのと同じやつ。
素足感覚で薄底、超軽量、グリップも良い。

ちなみに卓球を再開して買った初代のシューズはアシックスのハイパービートSP。


二代目目のエナジーフォース13はこれのOEMでハイパービートのバタフライverである(たぶん)。

アシックスverは甲側の皮が柔らか過ぎてサイドが破れてしまったためその役目を果たした。

同じソールでバタフライverがあったので二代目目はそれを選んだわけだが、こっちは甲側のサイドの生地が強く、全く破れずにソールの底の方が限界に達してきた。
耐久性がこっちの方が断然良いのである。

{2B55F6E6-51BB-49C3-95FF-8526766A73C9}

{63CFDA2F-CF25-4073-8A62-04CF749AF42E}


なので、バタフライのエナジーフォース13が理想だったわけだが、バタフライはアシックスとの契約を切っていたそうでカタログから消えていた。

そんなわけで、もう一度ハイパービートに戻ることも考えたが、またサイドが破れたら嫌だし、ソールが生きてるのに新しいのに変える罪悪感も嫌なのでハイパービート以外で選ぶ必要があった。

左が今までのエナジーフォース13
右が初代のハイパービートSP
{15380FE4-373E-4313-BD48-A922CEC8821C}


そんな訳で店員さんに相談してみた。
その店員さんも大会はエナジーフォース13を使用すると話していた。
練習と大会でシューズを変えるところにレベルの差を感じた。。。

で、勧められて購入したのがこれ。
{FE35EA87-587D-4C3A-ADD5-0710722B7321}
アシックス
アタック エクスカウンター!!
(※魔法を跳ね返すことは出来ません)
 
ハイパービート、エナジーフォース13の動きやすさに慣れると他のシューズにかなり違和感を感じるそうだが、このモデルは少し底が厚くなるがまだ動きやすい方らしい。

で、練習で使ってみた結果。

グリップ力が良い。
めっちゃ踏ん張れる。
今までのが経年劣化と減りまくりなので新品同士での比較ではない。

やはり重さを感じる。
飛びつきの時に脚がいつもより上がらない。
反応しても脚が一瞬遅れる。

が、練習後半は結構慣れてだいぶ違和感は無くなった。

使い込んで脚に馴染んだらもっと良くなりそう。

もうすぐ29歳になり、老化の一途を辿っている事を考えるとパフォーマンスだけでなく、膝や足首の保護も必要。
少しクッション性があった方がこの先良いだろう。

関係ないけど対応してくれた店員さんめっちゃ可愛いかった。
AD