本日、新体連デビューした。

インデペ名義ではなく、友人のチームのKTTC(A)名義で。
kttcから2人、インデペから2人の構成である。

新体連は初参加なので5部スタートでありリーグ内で1位にならないと昇格出来ないわけで、俄然全勝して1位になる意気込みであった。

普段練習してるインデペのチームメイトも2部だし早く上に上がりたいのである。

結果
2位残留。

同じブロックに明らかに格上なチームが居てそこのチームに敗北。

個人としてはシングルダブル共に全勝。

自分のプレーがしっかり出来て個人的にはかなり満足な大会だった。

が、最後の格上とのシングルで、セット2-2のポイント4-2でせめぎあっている最中、全く関係ない年配の選手から突然話しかけられ中断。

明らかに集中して試合してるのにマジで意味不明。

チームメイトが止めに入って消えてくれたが、マジでデリカシー無さすぎでしょアレは。

そのまま勝ったものの、アレで流れ変わって負けたらマジで後味最悪。
アレは相手選手も嫌な思いしただろうな。

そして最後に。

KTTCのメンバーさんに埼玉の某高校の卓球部の顧問を務めてる方がいるのだが、以前会った時に自分の出身校と顧問の先生を話したら知っていて、今日そのメンバーさんから、松本先生(顧問)は俺君の事覚えてるよと伝言を受けた。

松本先生が務めた期間で川越工業が強かった最後の年代らしく、覚えてたみたい。

強いって言っても当時は狭山ヶ丘もいたし栄や川東には敵わなかった記憶があるけど。

MAX5番手でレギュラーでも無い自分を覚えててくれた事に感動した。

んで今は別の高校で卓球部の顧問をしてるらしい。

卒業して10年以上経つけど、自分の成長した姿を見せたい。
あと学生時代裏で変なアダ名で呼んでてごめんなさい。

AD

TSP40+のレビュー

テーマ:
今更ながらTSP40+のレビュー。
最近発売されたシームレスでもCP40+でもない。

比較対象はニッタクプラ。

【特性】

球自体が柔くて軽い。

台上のバウンドも弱い。



《サーブ》

短く出しやすい。

回転量は同じくらいかも。

低く滑らせるような軌道が出しやすい。


《ストップ、ツッツキ》

止まる。

相手のサーブが横回転でもネットを超えない事がシバシバ。

軽打では弾まないからストップしやすい。


《ドライブ》

食い込ませ系はボールが潰れて弧線を描かない。

そして遅い。

なるべく薄く当てるか、当てつつ擦るイメージで振った方が安定する。

そして相手の台についてから伸びずに沈む。


よって、打たれた側は中陣だとラケットの下をすり抜けたり、スカる。

カットマンからしたら手前で落ちすぎてやり辛いそう。


下回転に対しては、食い込ませてパワーで持ってくようなスピードドライブはものすごくシビア。


潰れてそれどころじゃない。

より擦る意識が必要かも。



《ブロック》

スピードドライブは簡単にブロックできる。

上記の理由で回転が乗らないのかも。

オーバーミスよりネットミスの方が多い印象。


ループドライブはかなりブロックしづらい。

ループだと台についてからのバウンドが低いからバウンド直後でないと返しにくい。

んで回転の影響をモロに受けるのでオーバーしやすい。

自分が得たコツとしてはとにかくバウンド直後を狙うことと、角度合わせて当てるだけで何もしない。

手前に落とすくらいのイメージでないとキツイ。

カウンターやかけ返すような欲を出すと吹き飛ぶ。(私レベルでは)



《チキータ》

検証してません。


《まとめ》

ニッタクと比べると、回転に対してシビア。

パワー系のプレーに対しボールが応えてくれない。

抜けるようなスピードドライブが出しにくいので、回転や変化、コース取りといった丁寧なプレーが要求される。



PS

フォアがラクザ7なので、このようなシートが強いラバーだと潰れやすいのかもしれない。


少しシートが弱めなP-1や80、ラザンター系だと安定するのかも。



以上、今更誰得レビューでした。





AD

所沢オープン団体戦に出た話

テーマ:
昨日は所沢オープン団体戦に出た。

メンバーは、僕、タルティーヤ、キムチ、Amazon。

結果は予選二位通過、上位トーナメント初戦敗退。

残念な結果となった。

予選は格上チームに2-3と健闘して良かったけど、トーナメント初戦では勝てる相手に負けた感じが強い。

体力やプレーの内容、自分の弱点や課題を改善出来るよう練習を工夫してやるしかない。

自分も含めて。

僕個人としては全勝し、予選では元筑波大とされる若者にも勝利した。

自分の実力は少しずつレベルアップしているのだろう。

次回の大会までもっと強くならねば。
AD