コーチとビジネス

テーマ:
今日も午前中は卓球のコーチ業をしてきた。

相手はいつもの経営コンサルの社長。

だいぶ上手になってきたので、ラリーが続くようになりこちらとしても良い練習になった。

返ってくる球質やコースがまだ不規則なため、ランダムでの対応力が少し養われた。

その後お昼をご馳走になり、今手掛けているビジネスの打ち合わせをし、また日本経済について、資産の作り方守り方を教えて貰った。

ビジネスに関しては向こうがコーチで僕が生徒になる。

これからはもっと仕事も卓球も頑張らないと。

AD
昨日は西東京市総合体育大会に出てみた。

これは主催が連盟ではなく西東京市である。

ダブルスのみの団体戦で、それぞれのブロックでリーグ戦。

チームは5〜6人。
予めチームリーダーだけ振り分けられ、メンバーは当日抽選で決まる。

というような感じで、ガチの大会ではなく愛好家が集まって和気あいあいと親睦を深めるお楽しみ大会である。

自分はチームリーダーと聞いてたので抽選は無かった。

ウチのメンバーは
60代の男性が一人と50代〜60代の女性が3人。

参加者は殆どが50代〜70代の女性で初級者。

試合順
①男子W
②女子W
③ミックスW
④ミックスW
⑤女子W
⑥ミックスW

(Wは笑ではなくダブルスのことである。)

試合は非常に和やかに行われ、お互いの珍プレー好プレーにそれぞれ沸いていた。

結果はまさかのブロック優勝。

一緒に戦ったおじさんおばさんは喜んでいた。

自分の父親や母親もしくはそれ以上の年齢の人とダブルスを組む機会はほぼ無いので新鮮で楽しい大会だった。


今月24日にまた大会があるのだが、今回の件で謎の自信がついた笑

AD
バックをキョウヒョウ3-50 37度にして慣れてきた今日この頃。

やはりと言うべきか不満が出てきた。

慣れてきた分シートのマイルドさ、穏やかさが物足りなさに変わってきた。

また、強打で若干落ちる気配がしてきた。


思えば、テナジーの値上がりから脱テナジー化を進めてきた。

ラクザX、ラクザXソフト、V15ex、G-1、P-1、ラクザ7、キョウヒョウneo3、3-50(35度)、3-50(37度)、キョウヒョウneo2(40度)


色々試した結果
フォアはキョウヒョウneo系が1番良い。

バックはG-1が1番長かったかも。

色々試せば試すほど、総合力のあるテナジーがどれだけ優れた工業製品か良く分かる。


そして、今までコストダウン目的でテナジー以外のラバーを試してきたが、結局色々と試すことでトータルの出費は明らかにオーバーしてる感がある。

また、技術的な面でもずっと同じモデルで練習した方が感覚は養われる。

実はテナジー一本で絞ってた方が良かったんじゃ無いか、という結論に至った。

自分以外でも、値上げを理由に脱テナジーした人はテナジー以外のラバーを転々としてる気がする。
(なんとなく。)

それはそれでそれぞれの用具の特徴を知る楽しさの1つではあるが、本来の目的とは違い後付けである。

というわけで、テナジーが欲しくなったという話。
AD