フィンランドサウナへようこそ!

フィンランドサウナとサウナグッズ、フィンランドグッズの泉興産がお届けするいろいろなお話。


テーマ:

船は波穏やかな流れに乗って滑るように走る。
俗世の雑踏から逃れて異郷の地にきているせいか、乗客たちはリラックスして辺りの景色に見とれる。
まるで絵物語のように、目まぐるしく展開する素晴らしい光景に心も癒される。
歴史を物語る数々の城の連続、今にも武士の亡霊が出てくるような錯覚に陥る。
船は安全が第一だ。小さな船、大きな船、いずれも舵取りが肝心だ。



フィンランドサウナへようこそ!-13100101

旅の最後はネコ城でしめくくる。
ネコ城とは、城を建てた人物が猫のような顔をしていた、城の一部が猫に似ている、城を建てた人の名前にちなんだ、といういわれがある。


フィンランドサウナへようこそ!-13100102

ミサ・サウナも安全が第一だ。
日本のどんなサウナよりも安全なので、老若男女いずれも大船乗った積りで、穏やかな船旅の気分で、ゆっくりと安心して入浴できる。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

アムステルダムの北約15キロメートルに、オランダらしい風景が地平線まで広がる保護地区がある。
風車の村といわれるザーンセスカンスだ。
静かな川の流れの向うに風車が勢いよく回る素晴らしい田園風景で、田舎の原風景を思わせる。
風車は何のために、あるのだろうか。
興味深々で、立ち並ぶ風車を覗いてみる。
粉ひき、油絞り、木材加工、チーズ作りなど種類は様々、見ているだけで楽しい。
係の人に尋ねてみると、無風の時もあるとか。
風車は、まさに風様々、風が命なのだ。



フィンランドサウナへようこそ!-13091101


フィンランドサウナへようこそ!-13091102

ミサ・サウナにも命がある。
それは、マイナスイオンを含んだ熱気(ロウリュ)を発生させる石とストーブがサウナの命といわれているが私は水を加えたい。
これは、日本在来のサウナにはない特徴だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

紺碧の空から太陽の光がさんさんと降り注いでいる。
空の青さが眩しい。
ここは、アドリア海沿岸の最大の港スプリットである。
エメラルドグリーン一色に敷きつめられた静寂な海にそよ風に乗って着岸した数隻のお洒落な船が停泊している。
見るからに何不自由の無い贅沢な風情が漂っている。
しかし、これらの数ある船の中には、フィンランドの船であれば必ずある筈のサウナの影すらないと思うと些か寂しい。



フィンランドサウナへようこそ!-13080101


こんな時、ミサ・サウナがあったらさぞかし船人たちは宴を思う存分楽しむことだろう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クロアチアのブリトビッツェ国立公園の湖間は細い川ではなく、帯のような水の流れで繋がれている。
そのひとつに足を止めると、水の流れでつくられる水泡の下を小魚たちが可愛い肢体をくねらせながら水音ひとつたてずに静かに泳いでいる。
瑠璃色の水に太陽の光が反射してまぶしいが、静まりかえったその光景はなんともいえない美しさにみちみちている。



フィンランドサウナへようこそ!-13070901


水澄む所には魚棲み、魚棲む所には水澄むといわれていますが、水ある所にミサ・サウナあり、ミサ・サウナある所には水あり、といってもいいでしょう。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドイツには、2つの河が流れている。
「ライン河」と「ドナウ河」の大河である。
いずれも、世界中の人たちから愛され、親しまれている河川である。
ライン河は、父なる河と呼ばれ、外国の船が自由に運航する国際河川の1つで諸外国の大型船が寄港している。
また、ライン河流域の河辺に立つ数々の古城が中世の香りを醸し出し、ライン河下りが人気を集めている。
一方、ドナウ河下りも古城を始め数々の遺産が目を楽しませ、ドイツの長い歴史を偲ばせる。
いずれの河畔にもブドウ畑が連なり、ワイン王国の威容を見せつける。
2つの大河にも似た父母の包容力と命の根源である水、それは毎日の実生活の中で心と体と健康につながる大切なものだ。



フィンランドサウナへようこそ!-13062701

フィンランドサウナへようこそ!-13062702


それを身近に成し遂げるのは、サウナ室内のまろやかな適温・適湿で夢見心地に包んでくれるミサ・サウナ、唯一水を掛けることが出来るミサ・サウナだけだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。