最近、良く食べて寝ているせいかアゴひげの伸びるスピードが速いです(;^_^A

それで、TOKYO.MXチャンネルで、『美味しんぼ』を見ながら、ムダ毛処理について調べてみました(^0^)/

調べてみるとすごい事実がわかったんです!
日々、ムダ毛に悩んでる人やムダ毛処理で「本当に正しいの?」と疑問に思ってる人は是非、ご覧下さい♪

先ず毛深い原因って元を辿ればどこへ行き着くんでしょうか?
普通、ムダ毛って『遺伝』だったり『ムダ毛処理すると毛深くなる』と思ってませんか?

調べたところ、肉を沢山食べていたり塩分の摂り過ぎも毛深くなる原因なんですみたいです(;^_^A
また不規則な食生活やストレスなども毛深くなる可能性もあるらしいですね。

そして皆さんは『ムダ毛』と聞いたら「毛深い」とか「毛が少ない・薄い」だけしかイメージありませんよね?
毛が濃いのや多い中には【多毛症】というのがあるんです!

できましたら先ず、コチラの無料アンケートにご協力下さいm(_)m

※2010年7月30日締切り

毛深い毛深いというのは一般的にはあくまで主観的なもので女性の場合は うぶ毛 が多いと自分で感じる場合に「毛深い」と感じる事が多いみたいです。人より少し毛深いからと言って多毛症というわけではありません。うぶ毛 とは柔らかく色の薄い毛=軟毛と分類され逆に 頭髪・まゆ毛・まつ毛などは 硬毛 とよばれています。硬毛、軟毛ともに 人より多く濃い場合、毛深いのでは、と考えます。
そして女性には本来生えてこないような場所 顔面(髭の辺り)、胸(胸毛の辺り)、腹部・おへその辺り、背中、フトモモの内側、陰部の上側に硬毛が生えてきた場合は「多毛症」が疑われます。
多毛症★原因に遺伝あるいは、薬による影響などが挙げられています。 体毛が全体的にあるいは局部的に異常にあると医師が判断した場合。★一般的に数種類のホルモンからなる男性ホルモンの総称として知られているアンドロゲンによって引き起こされる多毛症のことで、女性の顔、胴、および手足における毛が過度に濃い状態を指しています。★多毛症とは、医師が女性としては、明らかに異常と思われるほどの体毛が該当する箇所に濃く生えていると判断した場合を指しています。
という感じになってます(^0^)/

すごいですね!皆さん多毛症のような症状はありませんか?
また男性の毛のような太く硬い毛がチョロっと生えてるのも多毛症の可能性があると書いてありました(;^_^A

きちんとした判断、ムダ毛処理をしないといけません!
それでは、これからムダ毛処理の正しい方法を公開します(*^_^*)

ムダ毛処理というのは皮膚にダメージを与えやすい行為になるので間違ったやり方だと、ヒリヒリしたりカサカサと荒れたり等、肌が痛むことになります!

なのでムダ毛処理の際は「なるべくお肌に負担をかけない」ように行うのがポイント♪

カミソリや除毛クリーム・毛抜き(剃る、抜くといった行為)等、色々とやり方はありますが…
どれも正しい方法で行い、なおかつ!手入れの頻度を減らすのが、肌にかかる負担を減らすことに繋がります!

では、いくつかの方法について気をつけるべきポイント・注意点を挙げていきます!
ここで正しい知識を備えて、自己流ケアから脱出しましょう!

ポイントを抑え、正しく行うことで女性らしいつややかな肌になれるでしょう(*^_^*)

■カミソリ
①『剃る箇所を温めて皮膚を柔らかくしておく』
蒸しタオルを使うのが一般的です。もちろん、お風呂上がりでもOK。

②『必ずシェービングローションを塗ってから剃る』
カミソリ負け・炎症を防ぐために必ず塗りましょう。またお風呂場で剃る場合、石鹸やボディソープ等をシェービングローション代わりにするのはNGです!石鹸は油分を落とす力が強いため、これを長時間おはだにつけておくと皮膚に必要な油分まで奪われてしまい、肌の乾燥・荒れの原因になります!

③『切れ味の良いカミソリを使う』
力を入れなくても剃れるもの、新しく清潔なカミソリをチョイス!切れ味の悪いカミソリを使うと何度も刃を肌に当てることになり、それだけでも負担がかかります。カミソリの刃が錆びてるか?切れ味が悪くなってない?こまめにチェック!

④『毛の流れに沿って優しく剃る』
逆剃り(毛の流れに逆らって剃る)は傷つきやすいのでNG!

⑤『何度も同じ箇所を剃らない』
肌が痛み、色素沈着、黒ずみの原因になります!剃り残しは次回に回すか、毛抜きで抜いて処理しましょう!

⑥『アフターケア』
ボディローションで保湿しよう!美白成分や抑毛成分入りの化粧水を選ぶと良いでしょう!

■除毛クリーム
①『パッチテストを毎回必ず行うこと』
肌というのは、その日の体調によって変わります!前回は何ともなくても今回はカブレを起こす可能性が十分にある!腕の内側などの目立たないところに少しだけ除毛クリームをつけ、数分後してから赤みやカブレが無いかを必ず確認すること!

②『乾いた肌に…』
肌が濡れた状態で除毛クリームを使うと、除毛クリームの働きが弱まりなかなかきれいに除毛する事ができません!また油や汚れもしっかり落とすこと!

③『たっぷりと塗る』
少量だと毛を溶かしきれないため、タップリと塗りましょう!

④『使用後の注意』
おはだがデリケート(敏感・ヒリヒリ)になっているので、当日はおはだに刺激のある行為(日焼け、海水浴)は行わないように!また、収斂(しゅうれん)作用のある化粧水、制汗剤、日焼け止め、香水の使用は控えましょう。つまり肌が引き締まります系のものです。

■脱色(ブリーチ)
①『パッチテストを行う』
これも除毛クリームと同じで使用前には必ずパッチテストでアレルギー反応の有無を調べ、異常がないかどうかを確認してください!

■ワックス
①『はがす時』
勢いよくはがす。毛の流れに沿って抜くと痛みが少なめ。

②『アフターケア』
ムダ毛と共に皮膚表面の角質も少しとれており、ところによっては赤みを帯びている場合があるので、そこを冷たいタオルで冷やして鎮静化しておきましょう!

■毛抜き
①『事前準備(プレケア)』
細菌感染による炎症を防ぐために肌を清潔にしておくこと!ムダ毛処理する箇所を蒸しタオルで温め、毛が抜けやすいように柔軟にしておきましょう!

②『毛抜きのポイント』
ワキといった皮膚がたるみやすい箇所は手で皮膚を広げるとOK!毛の生えている流れにそって抜けば痛みは少ないですよ!

③『アフターケア』
赤みを帯びている箇所は冷たいタオルで冷やす!出血が見られたら化膿しないよう消毒をきちんとしてください!

■事後処理(アフターケア)ポイント
①『十分な保湿をおこなう』
②『表皮を殺菌して清潔にしておく』
③『色素沈着を防ぐために美白効果のある化粧品(化粧水、美容液)をつかう』
④『抑毛成分をはだに与える』

は角質層に潤いを与え、皮膚の乾燥・肌荒れを防ぐためです。また角質に十分なうるおいがあれば、負荷が肌にかかりにくくなり、処理の負担を最小限に抑えることができます。

についてですが、剃ったり抜いたりといった行為は、皮膚に多少の傷をつくります。特に毛抜きなどは雑菌の感染による炎症が起こりやすいです。それを防ぐために殺菌をする必要があります。

皮膚は刺激を受けると、その部分の組織を守るためにメラニン色素を生み出します。メラニンは紫外線を受けることで作られるものでも知られていま すが、傷や炎症などの刺激に対してもつくられるので注意が必要です。美白成分には、メラニンの生成を抑える等の働きをもちます。

は定期的に行うムダ毛処理は正しいやり方を行っていても、どうしても肌に多少の負担はかかるもの。その負担を減らすために、毛を生えにくくする作用のある成分が入ったケアローションを使うのが望ましいです。

■ムダ毛処理に役立つアイテム
手間隙がかかるムダ毛処理は、出来れば行いたくはないものですよね?ですが現代社会に生きる女性にはそれは避けられませんよね?
しかし永久脱毛やエステに通うにも金銭的に無理・難しいという方も少なくないでしょう。

そんな方にオススメしたいのが『豆乳ローション』『抑毛剤』、これらは毎日塗るとムダ毛が次第に細く薄くなるもの!知ってますよね?
それに、除毛クリームなどと違って肌に刺激はありません!

ですが、ゆっくりと作用するので個人差はありますが効果が見えるまで大体1ヶ月ほどかかるそうです(;^_^A
「毛深いのが悩みのタネでムダ毛処理が大変!」「もうちょっとむだ毛が薄くなればいいなー」といった方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

▽テレビで紹介!ネオ豆乳ローション


▽150万本以上売れてます!パイナプル豆乳ローション


▽こだわりのプレミアムビューティスキン


▽41万本突破!赤ちゃんのような、うぶ毛に!


▽リピーター続出!パイナップル豆乳除毛クリーム


応援お願いします(*´∀`*)
さいさいの日々磨くしかないっしょ!-人気ブログランキング
AD