日本にいながら世界中の人とどんどん会えて、英語も上達する“カウチサーフィン”

空いている時間に気軽に外国人旅行者に会って、プチ国際交流を楽しめるカウチサーフィンを紹介しています。

NEW !
テーマ:


みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。

ブカレストで泊まったガブリエルさん家庭にはちょっと変わった一面がありました。
それは可愛い子どもたちについて。


子供は長男のルカ君と写真のトゥードル君


ある時、ルカくんが家に帰ってきたら様子がおかしい。
涙をポロポロ流している。

「どうしたの?」

と聞くと、

「もう学校に行きたくない」

クラスでいじめにあっているみたいなのです。


その話を聞いた瞬間、

「明日から学校に行かなくてもいい」


それ以来、ルカくんは小学校、トゥードルくんは幼稚園に行ってません。

そして、子どもたちには

「好きなことを好きなだけしなさい」

と言いました。

ゲームをしたければすればいい、
テレビを見たければ見ればいい。


今、ルカくんはチェスの家庭教師について毎日そこへ通ってチェスの訓練してます。

ヨーロッパでの大会に遠征して参加していて、
先日はスペインの大会で優勝したとか。
ヨーロッパではチェスに強かったら大学への入学も有利になるとか。


さらに最近ではフリークライミングにも凝りだしたみたい。


最初は反対していたお母さんのカルメンさんも、
ルカくんの表情がよくなってきたので、
認めるようになったそうです。


ルカくんとも会いましたが、
ビル・ゲイツみたいな雰囲気で、
心が繊細すぎて、頭が良すぎ、
でも線が細いので、いじめられるだろうなぁ。。。と
納得しました。日本でも海外でも一緒ですなぁ。。。
精神年齢が高すぎて、友達も出来ないみたい。


今はとっても元気で楽しく好きなことをして生きているそうなので、
安心しました。


{2651923C-A280-4EB6-B6A8-4690F919B3AB}
お母さんのカルメンさん。
陽気で明るくて、とっても綺麗で若々しいお母さん。
美味しい料理をありがとう!!


頭もとってもよくて、今はモンテッソーリ教育という知的障害児向けの
保育園と小学校を作るべく奔走しています!!


父親のガブリエルさんの目に映る学校とは、

「自分で物を考える事が大切なのに、
 何も考えないロボットを作っている」

とのこと。


僕も9年間学校に通っていましたが、
いい思い出がなく、僕のようなはみ出し者にとっては
居心地の悪い場所でした。


周りの生徒と同じことをするということ、
意味のない儀式や行進などには
未だに違和感を感じています。


教師になっている同級生も多いので
あまり言ってたら怒られそう。ごめんね。
僕のようなはみ出し者の意見なので、ご勘弁を。
(どこへ行ってもはみ出してます。。。。(笑))


だから、この家庭にはすっごい興味津々で話を聞きました。


二人の子供がこの後、どう成長するのか、
そしてカルメンさんの学校の行方は!!
楽しみでなりません。


------------------------------------


カウチサーフィンの
魅力をメルマガで週に1度、
お伝えしています。
登録はこちらへ


------------------------------------

質問やコメントを大歓迎です。
すっごい励みになります。宜しくお願いします。

・この記事にコメント するか
質問フォーム をご利用くださいね。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{67D7CE0C-3478-4B15-AD20-0D2C625833AA}

みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。 


ルーマニアのブカレストで泊めてくれた
ガブリエルさんは、20代の頃、特異な経験をしてました。


普通では考えられないような体験です。
何だと思いますか?


23歳から9年間です。


彼はルーマニア革命の後、病院で通訳として
働いてました。
革命の混乱で医療現場が混乱していた為、
全ヨーロッパからお医者さんやスタッフが
手伝いに来てました。


彼らととても仲良くなり、

「是非、泊まりに来なよ」

と誘われました。


さっそく、病院を辞めてヒッチハイクで
旅立ちました。


どこでも歓待してくれて、部屋を与えてくれ
冷蔵庫にある食べ物も与えてくれました。


住む場所も食糧もあるので、場所によっては
数ヶ月滞在して、
気が済んだら次の場所へとヒッチハイクで移動。


ロシアなどの東欧やリヒテンシュタインといった小国も含めて
全ヨーロッパを旅したそうです。


「お金はどうしたの?」

と聞くと、

「全て無料だったので要らなかった」


バイトもトータルで1週間程度、簡単な力仕事したくらい。


一年に一回はルーマニアへ里帰りしたそうですが、
羨まし過ぎです。


ただ、旅を終えて母国に帰ったら、どの会社も雇ってはくれなかった
そうです(笑) そりゃそうだ。


それならと語学学校を始めて、これが大成功。
今では全て管理はマネージャーに任せて、
何もしていないそうです。


最近は日本の椎茸ビジネスを始めたから
忙しくなったみたい。


つまり、ガブリエルさんは
9年間もヨーロッパ中を旅していた人なんです!!


20年前は見知らぬ旅人であっても
「うちに来い」
とフレンドリーに家に迎え入れて泊めてくれたけど、
今は治安が悪くなって、ヨーロッパでは警戒心が強くなって
無理みたい。いい時代だったんですね。


僕も全てを投げ捨てて旅したいって思いました(^o^)


------------------------------------


カウチサーフィンの
魅力をメルマガで週に1度、
お伝えしています。
登録はこちらへ


------------------------------------

質問やコメントを大歓迎です。
すっごい励みになります。宜しくお願いします。

・この記事にコメント するか
質問フォーム をご利用くださいね。



AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。 
ルーマニア人のホストのガブリエルさんが
普段住んでいる自宅近くのマンションへ。


{4EF5952C-1C20-43CE-B2C0-1E6EC2C6B121}
居間でくつろぐガブリエルさん。
ここがお気に入り。

語学学校の経営者で、ほぼ経済自由人。
1周間に一度、会社に行って現場マネージャーと
1時間程度、お茶しながらディスカッションする程度。
あとは全部マネージャーにお任せ状態。

彼が力説していたのは、

「今は情報社会でテレビなどで入ってくる情報が多すぎるから、
 リラックスした空間で、自分の心の声を聞くことが大切にしているんだ」

といってました。


カウチサーフィンで見知らぬ人の家に泊まったり、
ブラブラカーで見知らぬ人の車に乗ったりすると言うと、
多くの人が「危険だ、やめとか」というけど、
ガブリエルさんは、

テレビの情報を真に受けるんじゃなく、
 実際に自分の目で確かめることが大切なんだ。

 テレビで恐怖を植え付けられたり、
 必要もないものを買わされたり、
 コントロールされるのはそれこそ危険なこと、愚かなこと」

だと力説してました。


コントロールされないためにも、情報を遮断して、インストゥルメンタルの静かな音楽を
かけて、リラックスして、じっくり自分の内面に向き合っているそうですよ。


僕はとにかく情報を大量に入れることばかりをしていて、
一切に自分の心を見直すこともなかったので、
彼の考えを取り入れてみようかなと思いました。


ただ、座禅や黙想、瞑想などが退屈すぎて苦手なんですよねぇ。。。。(笑)

 


{91CB2931-321F-49EC-9EA5-5D2A8E453237}
とっても静かな空間です
窓の向こうに夜景が見られます

{5228CB24-08B7-471A-8965-6EF0DD44A29D}
僕が寝たお部屋
ガブリエルさんは上の写真のソファーで寝て、
僕はこのベッドでした。申し訳ないと遠慮したけど、

「いつもソファーで寝ているから」

とのこと。安眠出来た、、、、助かった、、、


{426F7711-F746-4A51-89AF-E64E2B76123C}
カウチサーフィンは来てみないと
どんなお部屋なのか分からないので毎回緊張します。

特に男性がホストの場合は、日本人基準で言ったら
あまり清潔ではないパターンがあるので、、、

ここは本当に綺麗にしていました。


{DC64E7CC-DE73-455D-B4D1-50FA71FB2B63}
お手伝いさんがいるのかなと
思ったら、自分で掃除をしているそうですよ。


{6CC502C1-8D07-480D-A173-EECF7255C129}
シンプルなキッチン


{C1175332-55A5-49A9-9B2F-D97D8518F532}
ベランダから見えるブカレストの夜景

似合いませんが、ワインを飲みながらずっと眺めてました。。。。

カウチサーフィンってどんなんだろうって興味を持たれた方もいるかと
思いますが、千差万別でたまにこういった素敵なお部屋にも泊まれることがあるんです。

中には高級ホテルや大豪邸に泊まった人の話も聞きました。

それも魅力ですが、やっぱり一番は人との出会いです。
今回のガブリエルさんは滅多に会えないタイプの方でした。
家族も本当に素敵で、刺激を受けましたよ。

また、ご紹介しますね♪

------------------------------------


カウチサーフィンの
魅力をメルマガで週に1度、
お伝えしています。
登録はこちらへ


------------------------------------

質問やコメントを大歓迎です。
すっごい励みになります。宜しくお願いします。

・この記事にコメント するか
質問フォーム をご利用くださいね。




AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。 


ルーマニアのホスト、ガブリエルさんの
ご自宅へ伺いました。


{12E8E462-57EA-405D-9EFC-7A5E7A5CD346}

新興住宅地らしく、購入当時は周りは何もなかったそうですが
今では建物だらけです。


三軒長屋のようにお隣とは繋がってました。



{F85D6D42-A760-4198-852F-236FBCD8AE56}

ここで朝食をご馳走してもらいました。


{1E7B0541-5EFF-4AF2-A874-0911361188FA}
すごい書籍の数だ‼︎
禅の本までありました。



{7FA3E397-3010-4F6C-9CE3-F76EBE06E058}
息子のルカスがチェスに凝っています。

{21B098C9-F16B-47B6-952A-ADCB2988C4FB}
ハンモックまで


{454DF904-6E1B-4F6C-80FD-D0A970710CAF}
ルーマニアの典型的な家庭料理だそうです。

{C1D77EEA-89AF-4668-A5A0-63023D478E72}
ハチミツとジャムを包んで食べました。


{663C1DCE-EC00-412A-960C-4F82403095B2}
コンパクトな台所です。
日本は対面キッチンが主流になってますが、
ヨーロッパはこのスタイルが主流みたいですね。



{6863F096-F815-44C0-B3F4-A8B5DE5610A8}


{79F7B406-D5EA-478E-AA8A-B7A020CD7ED5}

ここに座って庭を見ながらホストと
色んなお話をしました。

独特な子育てをしていたので、
それはまたご紹介します。

ホストのガブリエルは若い頃にすごい経験を
しているので、これも紹介しますね。
ワクワクしますよ。


庭を見ながら食事なんて本当に久しぶりでした。
気持ち良かった♫


こういう時間を日本でも持てないかな~


{F5C5426B-95DE-4B68-A71C-3E2D6EB36D3E}

こんな遅い時間まで子供達が遊んでました。
大体9時まで外で遊んでるそうです。
羨ましいですよね。
この住宅地はゲートがあって他人が入りにくい
仕組みになっているので安心みたいです。



いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{BEEE9C28-5FF6-4AE2-BB53-666367C70FF5}

{DC100124-9C9E-4BA6-A80B-9B301521FBBB}



みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。 


念願だったルーマニアでのカウチサーフィン体験が
実現しました。嬉しいなぁ。。。


せっかく海外へ行くのならやっぱりカウチサーフィン
したかったので。


着いた日はイースターでダメだったけど、
今回は普通の日曜だったので大丈夫でした。


ブラブラカーでブカレストに着いた駅に
ホストのガブリエルが待っていてくれました。


約束時間より30分以上遅れましたが、
気にされてなかったので安心しました。


すぐに地下鉄で中心部へ移動して
感じの良いカフェでお茶しました。


{564F1231-A81D-4A23-A9C8-A45D64CFC79E}


{1480A3F0-5AA8-4021-A829-F5CC52D07D60}
昔、馬車がこの中庭に置かれて
建物がホテルだったそうです。


{BA6A7061-5769-4A94-9D04-514D005BA3C6}
生演奏してました。


{F1C9F17B-7680-461E-AAFF-255BDEA2F4E0}
なんかいいでしょう。


{774CABA9-C93C-4207-8CC5-258012B6FFE3}
この井戸から馬に水をあげたそうです


{B5AD3D0D-DEBE-4CC4-A3EE-1BB1C36941EA}
ルーマニアのジュースの入れ物も大きい
ただ味はどこもイマイチだ


{797C23FA-D729-453F-8D92-3C70FC0B6309}
今にも雨が降りそうになっていたので、
ガブリエルはウエイターに、
屋根を広げるようにと頼んでいたけど
何もしてくれず、結局降り始めました。


すかさずガブリエルは屋根を広げ始めました。


雨が降ったらパニック状態。


今にも降りそうだったのに、
振ってから初めてウエイター達は行動するので、
お客さんはもちろん、会計用のパソコンは
濡れてました。


お客さんの中には自主的に室内に移動した
人もいて、料理を運んできたウエイターが
席にお客さんがいないのでウロウロしてました。


ガブリエルは心底「何も考えてない」と呆れてました。


まだ社会主義の名残りかな(笑)



{BF0ECC46-8030-4955-AEB4-0FAB46944478}



これがガブリエルさん。
彼の20代のお話はぶっ飛んでました。

{A96B4F79-D331-44C6-AA94-579CA01589B6}
後日、お伝えしますね。
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。