日本にいながら世界中の人とどんどん会えて、英語も上達する“カウチサーフィン”

空いている時間に気軽に外国人旅行者に会って、プチ国際交流を楽しめるカウチサーフィンを紹介しています。


テーマ:
みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。 


今まで43か国の来日外国人を泊めました。メジャーな国はほとんど来たのですが、1カ国だけ残ってます。



それは、南米。


しかも、昨年オリンピックを開催した、日本人にとっては親近感が強い国。


そう、この国です‼︎




{6E7BC609-1AE0-4B49-B600-AEC9B2554412}


ブラジルだ!!



今までアルゼンチン、チリ、コロンビアは来ましたが、ブラジルはなかったので感無量です。



日本の一番有名な最高学府で学んでいる留学生らしいです。たった一泊ですが、色んなお話を楽しみたいです。またご報告しますね。




結果報告:

当日、広島へ行く人と会って連れて行って貰うからとキャンセルされました。ブラジル人旅行者に会いたかったなぁ、、残念
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{105C8C13-6469-404B-8472-2565BB39B74D}
 
みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。 
 
 
念願のスリランカでのカウチサーフィンが成功しました。
 
 
泊めてくれたのはコロンボの大学で教えているラシカさん。
 
 
弁護士の資格も持っていて、スウェーデンの大学で博士号を取得しています。
 
 
学会の為によく海外出張するそうです。ヨーロッパやアジアなど。必ずカウチサーフィンで地元の一般家庭に泊まって交流を深めるそうです。
 
 
仕事で海外へ行ってカウチサーフィンするなんて羨ましすぎる‼︎
 
 
思い出深いのは僕も去年行ったネパール。
 
 
普通海外からお客さんが来るのなら体裁もあって、良い会場で綺麗にして迎えるのに、ネパールでは今まで見た事ないくらいトイレが汚かったと驚いてました。
 
 
でも、各国から来た参加者と話が一致したのは、
 
「ネパール人は幸せだ」
 
という事だそうです。
 
今はどこの国もセコセコ働いて家族と過ごす時間がなくなっているけど、ネパールでは夕方ともなれば家族連れで歩いている人達をたくさん見えます。
 
image
 
僕も同じ意見でした。ネパールは車を持っている家庭が少ないので、家族が仲良く歩く姿をよく見かけました。僕は親父の仕事が忙しかったので、平日の夕方に家族で散歩なんてした事はないです。
image
 
 
僕が泊まった家は電気はしょっちゅう停電になるし、水道もない、トイレは汲み取り、牛を飼っていてにおいがすごい、でも、家族はとっても仲が良くて、子供たちは当たり前のように家事を手伝って、朝と夜は一緒に食事をとって、幸せそうでした。
 
 
どんなにお金や物があっても家族がバラバラだと幸せ度も下がりそうです。
僕は清貧主義者ではないので、お金はたくさんあった方がいいと思いますが、
同時に家族も仲良くないときっと物足りないとか寂しいとか思ってしまいそうです。
 
 
image
 
 
スリランカだって発展途上国なのに、同じ感想を持ったってことはネパールって素敵な国なんだと改めて思いました。
 
 
ラシカ教授兼弁護士との会話は続きます。
 
ちなみに、
 
「スリランカの学生はよく勉強しますか?」
 
という質問に、
 
「NO」
 
と即答でした。卒業証書が欲しいだけで決して勉強好きではないみたい。
スリランカでも一番の難関校でもそうなんですねぇ。。。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。

 
夕方、列車でコロンボに着いて、
そこから指定されたバスに乗って
カウチサーフィンのホスト宅へ。
 
 
しかし、僕の読み違いもあったり、書かれているストリート名がなかったり、右と左が違ったりで、迷いまくりました。


ホストからは「今、どこ?」
 
というメールは来るし、行ったり来たりして大変。


左ではなく右にあった名前が近いストリートを行くとたどり着きました。


ホストには、

「今までみんなちゃんと来たのに」

と呆れられました^^;


ホストのラシカさんは飲み会があるからとさっさと外出しました。


{A2574838-987F-44B9-8574-1B294E54C4C7}
ラシカさんは奥さんや子供と別に暮していました。



{49533BBD-5789-48FA-9F84-3AD72FE3FB29}
中年男性の一人暮らしはやっぱり散らかってました。 



{0A88FC7F-1596-4989-941F-C903FC9526A6}
 


{B8ED2FA1-00F7-4EBE-8765-8F0F7BCBD783}
 ベッドにはシーツもなかったので、
厚着して寝ました。後で貸してくれました。


カウチサーフィンは実際に来てみないとどんな家なのか、部屋なのか分からないので毎回緊張します。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。
 
 
 
キャンディーで泊まったホテル。
1泊3500円くらいでちょっと高かったのですが、
地図を見たら駅の構内というか、
超駅チカだったので決めました。
 
というのも、バックパッカーは荷物が大きいのでできるだけ
ホテルに置いておきたいから。
 
それにトゥクトゥク運転手との不毛な値段交渉をしたくないから。
 
 
でも、探せど探せど見つからない。
声をかけてきたタクシーの運転手さんに
住所を見せたら、
 
「山の上で車じゃないといけないよ」
 
とのこと。
 
嘘でしょ!!
 
しかもかなり遠いとのこと。
320円ほどかかる。
往復代とか、明日観光したらまたホテルに戻らなくてはならない^^;
 
なるべく安いホテルに泊まって費用を抑えているのに、
これでは何の意味がない。。。
 
 
今回はジャフナで1泊1人1万円のホテルに泊まってしまったので
完璧に予算オーバーでした。
スリランカのホテルに1万円も払うなんて、、、
 
 
予約を取ってくれた一緒に行った人たちは裕福だからいいけど、
バックパッカーの一人旅にとってはきつかった~
今回はホテルには泣かされました、、、

 
「地図と全く違う」
とオーナーに主張したら、
 
「夕食代をサービスするし、明日、荷物を預かって駅まで運んであげるから、
 ネットの感想には良いことを書いてくれ」
 
と提案されました。

今回予約した agoda には何度も地図の修正をお願いしているそうなので、

まあいいかと妥協しました。
 
去年初めたばかりのホテルなので、
色々と手違いもあるみたいだけど、
悪い人たちではなさそうでホッとしました。
 
 
僕が泊まったお部屋。
3500円も払ってバス・トイレが共同でした、、、
 
山の上で高級住宅もたくさんあったので、
景色が良いのかと期待したら、
目の前が山なので何も見えない。
高すぎる!!
 
 
今回、料理してくれた青年。
 
夕食はもちろんカレーです。
ちょっとからかったけど美味しかったです。
 
朝食はこちら。
 
色々ありましたが、もう1人の宿泊客は日本人女性の一人旅でした。
国際機関で通訳として働く方で、自分が日本で通訳してお世話した
お客さん達の様子を見に自費でスリランカに来たそうです。
 
昔、家族でイスラエルに住んでたというお話を伺いました。
イスラエルってテロがあって危険というイメージがありましたが、
住んでいる人は交通事故の一種くらいの認識で、
日常的に危険を感じているわけではないそうですよ。
 
日本も災害が多いので、外国からは
 
「地震に津波、台風などが多くて怖いでしょう」
 
と言われたり、イメージを持たれるのと似ているみたいです。
 
 
確かに、イスラエルのテロと日本の自然災害って
もしかしたら、日本の方が被害者が多いのかもですね。
見る立場が変わったら見える景色もぐっと変わりますね。
 
 
キャンディー駅前には美味しい果物屋さんが!!
 
ランブータンをしこたま買ったら、
店員さんが喜んでほっぺにキスしてきました^^;
(残念な事に男性店員でしたが、、、、)
 
色々ありましたが、
旅は人との出会いが面白いなぁ。。。と改めて思いました。
 
これからは住所で場所を調べてからホテルの予約をします。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、こんにちわ。カウチサーフィン・アドバイザーの秋元 周(シュウ)です。 
 
 
最近の海外旅行で一番の楽しみはカウチサーフィンやワークアウェイ。つまり、一般家庭に泊まること。
 
 
欧米では泊めてくれる家庭は多いけど、発展途上国では探すのが難しいです。大家族だったり、部屋が狭かったり、設備が古かったり、家族の理解がなかったり。
 
 
あとは観光地ではエアーアンドビーでお金を稼げるので難しいです。
 
 
今回も難しいかなぁと思ってたけど、試しにとカウチサーフィンの掲示板に
 
「誰かコロンボで泊めてくれる人はいませんか?」
 
と頼みました。
 
 
なかなか反応がなかったので駄目かなぁと諦めかけてました。
 
 
そうしたら、ひとりの男性が
 
「うちにとまらないか」
 
と言ってくれたんです‼︎
 
 
ただし、泊まる日の夜は予定があって外出するとの事。他に泊まった人の感想を読んだら、みんな高評価だったし、スウェーデンの大学の博士号を取得して、弁護士の資格まで持ってる。こう言った人との話は面白いので、
 
「全然オーケー、よろしく頼みます」
 
と依頼しました。嬉しいなぁ、、、
 
 
 
これがラシカさん。
いやラシカ博士。
 
 
また、報告しますね。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。