すまいのレシピ【すまレピ】 フィンランド便り

フィンランドの最新インテリア、家具、インテリアアイテム、インテリアコーディネート情報、現地の日常など、様々な情報を現地特派員がお届けします。


テーマ:

通常フィンランドの冬は長い間雪で覆われ、雪との付き合いは珍しくありませんが、今年の冬は驚くほどの暖冬で、雪が積もったのは2月になってからです。

今では薄くなってしまい、スキーマニアには、もっと雪が降ってもいいのにと望む程です。

フィンランド人は、11月から3月までの期間、マイナス10度から20度の寒さが5か月程続く冬を体験し続けてきました。しかし最近の冬は暖冬で、マイナス10度以上になった日は、数日しかありません。2~3度の気温が続いているのです。一方、ニュースでは、氷点下になった南ヨーロッパの都市や日本でも予想外の大雪ニュースを聞きました。

住民にとっては暖房費が節約できるメリットがありますが、不思議な思いです。

フィンランドの冬の楽しみでもあるスポーツはノ―ディック・スキーで、自然に囲まれた住宅地でも楽しめます。大雪が積もった時の写真をお送りします。海岸のビーチに雪が積もりました。今年初めの大雪にノーディックスキー愛好家にとって、たまらない日でした。

海辺の砂浜は、夏は日光浴、雪が降れば、ノーディック・スキー場に変貌します。写真の背景には、森のスキーコースが続いて居り、一周10㎞程、森の景色を楽しみながら運動します。

ノーデック・スキーの幅は狭く6㎝程で、外温度の状況に合わせて適当なワックスを選びスキーの底に塗ります。この知識があるとないとでは、スピードに大きな差が出てきますので、アマチュアでも知っていると楽しさが倍増します。

マイナス10度以上が数日続くと車の重量も十分に耐久できる程の氷の厚さになります。しかし今年は、暖冬のため危険性が高い様子で、凍った表面を散歩している人は殆どいませんでした。

夜中に雪が積もると朝一番、スキーヤーは、布団のような柔らかさの、真っ白で足跡の無い雪の上に2本の線を描き残します。一日中、スキーができる環境は、素晴らしいです。

帰り道に海岸の公共道に駐車している長い車は、通常乗用車の3台か4台分のスペースを必要し迷惑千万ですが駐車料金も長さ分支払うのでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヘルシンキは、こじんまりとした街であり、色々な雰囲気に分離された興味深い街から成り立っています。

デザイン地域と呼ばれる場所には、デザインショップが集中しています。

空港、ホテルやツーリスト案内所で簡単に手に入るヘルシンキマップに表示されていますので、簡単にスポットできます。

 

ヘルシンキ中央駅から海辺南方向へ歩き始めて、ストックマンデパート、そしてデザインミュージアムの古い建物を通り過ぎると、ヘルシンキで歴史ある住宅エイリア、エイラ地域に入ります。このエリアはデザイン地域となっております。

この地域にあるキャプテー二通りの写真を集めて見ました。

 

ヘルシンキでは、古い老舗のレストランをお勧めします。

エイラ地域にあるキャプテーニ通りにあるレストラン・シーホースは、創立1935年からのクラシック・レストランで、フィンランド料理を楽しめます。インテリアも昔そのままで、豪華さより、下町の雰囲気が漂っており、気軽に食事ができます。

(他には、ニシンのバター焼きで評判コルメ・クルーナ(Kolme Kruunu)は、1952年に改装され, その時代の芸術教育の基本であった機能主義思想のインテリアは、現在でもその時代の雰囲気を生かせています。アドレスは、 Liisankatu 5、海辺に近く、波止場から歩いて行けます)。

 

ニシンの開きをパン粉でバター焼き。シンプルにディルとレモンでいただきます。醤油は、ほとんどのレストランに置いてありますので、もしテーブルに見かけない時は、頼めば、キッチンからもってきてくれます。醤油を少しかけて、完璧な味がいただけます。

 

花屋さんのショウ・ウィンドウは可愛らしいテディ・ベアが花に囲まれ気持ちよく横たわっています。

 

以前マリメッコのデザイナーとして活躍し、70年代に自分の名前ヴオッコのブランド名で有名なデザイン・ファッションです。

故 巨匠デザイナー・ヌルメスニエミ氏(夫)の湯沸(ポット)デザインがウィンドウに飾られています。

 

庶民的なカフェ。ヘルシンキのカフェは、セルフサービスがほとんです。給仕してくれるカフェは、高級イメージ・カフェになります。

 

パン屋さんのショウ・ウィンドウ。フィンランドで評価されるパンは、外側はパリパリでかむとパサパサと歯ごたえがあり、中はやらわかく、コントラストから生まれるパンの味を楽しみます。

 

フィンランドの神話カレバラの世界をイメージしたジュエリー店のショウ・ウィンドウ。
商品とは全く関係のない観覧車の可愛らしい模型が目に留まりました。

 

街中に点在する電圧調整ボックスは、以前グラフィティのいたずら書きの対象であり、街を汚らしく演出していましたが、最近は、芸術家による模様が描かれ始め、異なった絵を鑑賞しながら散歩が楽しめる様になりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本大使館が主催の、フィンランド在留の日本人を招いての新年会に参加させていただきました。

大使お抱えシェフの日本料理、そして、大使館スタッフの方々や長く在留している日本人の方々との会話は、とても勇気づけられます。
また、大使の新年のお言葉の中で、フィンランドとの交流情報など政治的なお話もして頂き、深い友好関係が築かれています。

去年は、フィンランド独立100年アニバーサリーで、フィンランド文化を紹介する色々なイベントが開催されました。
今年は日本・フィンランド友好記念100年を祝うアニバーサリーなので、今年も色々なイベントがあることと楽しみにしています。

フィンランドのサンタクロースも、毎年12月に両国親善のために日本を訪れています。
サンタの住むロバニエミ市と山口県は姉妹都市関係を結んでいる関係もあり、サンタクロース以外にもデザイン関係の展示会や販売を催しております。



大使公邸のある場所はヘルシンキの海辺にある一等地で、自然に囲まれ、政治問題も穏やかに纏まりそうな落ち着いた自然環境にあります。
そして大使のお抱え料理人の技は、日本食文化を通して十分にフィンランドとの交際を向上している事でしょう。

セキュリティの問題で、公邸の外観写真は許可頂けず、周辺の写真を紹介いたします。
レヘティ(葉) サーリ(島)と呼ばれ、ヘルシンキの隣都市エスポ―の間にある白樺の葉の形を想像させる島にあります。
多くの国々の大使館公邸が立ち並ぶ一等地であります。


大使の新年のお言葉の後、乾杯で新年会の始まりです。
大使ご夫人は着物の晴れ姿で、新年会の雰囲気を盛り上げていました。


おせち料理にお寿司、天ぷら、恋しい料理が食べられました。


料理にはお酒が欠かせません。
笑顔を浮かべるバーテンダーの個性的な髭の愛想や、日本酒、ワインで一層料理がおいしくなりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年おめでとうございます。
バルト海の日の出を撮りました。2017年は、色々な暗いニュースが多くありましたが、新年の日の出が2018年を明るくしてくれる様に願いましょう。

去年は、フィンランド独立100年アニバーサリーで、多くのイベントが行われました。

今年は、日本・フィンランド両国友好関係100年で、今年もイベントが継続いたします。

今年も宜しくお願いいたします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メリークリスマス!!
クリスマスがやって来ました。

 

 

フィンランドの最大休暇日はクリスマスであり3日間続きます。

田舎の故郷で孫連れで母親の懐かしい料理を楽しむ、家族が一体となる大事な、そして楽しい日々であります。

教会へ通う習慣のある人は見かけませんが、クリスマスの日は例外で教会で祈りを捧げます。

この日は教会を訪れる人で溢れ、何回にも分けてクリスマスミサを行います。牧師が一番忙しくなる日であります。早朝ミサは6時に始まり、最終ミサは夜の9時頃行います。クリスマスディナー前の6時のミサは、大人気で席が取れなくなる程です。

日照時間の短い冬場は、10時頃から3時頃までは暗く、真っ暗な教会への道をロウソクの光りに沿ってパイプオルガンの聞こえる方向へ歩きます。この日は、信仰心が向上します。

多くの人は、24日から翌年1月2日まで休暇を取る人もいるほど、クリスマスは新年より意味が深く、大事な祭日なのです。

今年も、ホワイトクリスマスは期待できそうもありませんが、先週大雪で真っ白な景色を写真に収めました。娘家族が住む庭の風景で、庭の向こう側は畑で、雪が積もると湖が凍る様にも見えて、静かな環境で暮らしています。小屋は、子供達の遊び場です。

雪が降れば、大きな雪ダルマを作るのですが、クリスマス時期は雪に積もってもらいたいものです。


 

ツルク市に建てられた木の教会。こんな教会で、クリスマスの雰囲気を体験し

家へ帰ってからは、家族団らんでクリスマスディナーを楽しみます。

その後は、サンタクロース登場で、子供達が待ちに待ったプレゼントが配られます。

 

クリスマス前は、街角に広がったクリスマス小屋が立ち並び、クリスマス準備に必要な色々なものが販売されます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)