バーチャルFX

テーマ:

 投資や投機に興味がある人であれば「バーチャルFX」というものもご存知かもしれません。「FX」といえば外国為替取り引きによる投資方法の一つであり、外貨の売買などで収益獲得を目的としているものです。投資や投機に携わる人であれば誰もが耳にしたことがある「FX」ですが、その仮想バージョンが「バーチャルFX」。いわゆるシミュレーションゲームであり、これからFXを始めたいと思っている方などに向けたものと言えます。


 バーチャルFXでは500万円を資金にスタートし、通常のFXと同じ様に外貨を売買して利益を増やしていくことになります。うまくいけば利益は拡大し、反対に予想と違った相場となると損失も招きます。プレイヤーはまず始めに“新規注文”を行い、買い注文又は売り注文を選択。注文方法も数種類あり、初心者から上級者に向けてまで楽しめる作りとなっている様です。


 取り扱っている通貨もいくつかあります。皆さんご存知のドルやユーロの他、イギリスのポンドやスイスのスイスフランなどです。「FX」の特徴をも言える“レバレッジ”の選択も可能となっています。少額の資金も元手に多額の投資をする手法をレバレッジと言いますが、これをうまく利用すれば大きな利益を獲得することができます。レバレッジの倍数が大きければ大きいほどその利益は多額になりますが、うまくいかなかった場合の損失も大きくなることを理解しておきましょう。


 新規注文の他にも“決済注文”“外貨預金型注文”などがあり、“IFD注文”や“OCO注文”などのセット型注文も扱えるようになっています。注文の際には手数料も発生し、あくまでバーチャル世界の出来事でありながらよりリアルに体感できる作りになっています。


 バーチャルFXの世界ではコンテストなどが開催されており、入賞者には豪華な賞品が贈られるなど実際に嬉しい点もあります。登録は無料で行え、始め易いのも利点です。FX取り引き業者により運営されているバーチャルFXですが、なぜ取り引き業者がこの様なことを始めたのでしょう。そこにはFXの面白さや良さを肌で感じてもらい、もっと世に広めたいという思いが込められているのではないでしょうか。


 リアルで取り引きを行う前にバーチャルの世界でシミュレーションを行えるのは、初心者には非常にありがたい場になると思います。FX自体の仕組みや操作性、雰囲気などを体験できる絶好の体制が整っており、FXの世界に足を踏み入れるのにはうってつけの場所といえるかもしれません。

投資で稼ごうと思うなら迷わずチェックしておきたい5つの経験談まとめ

FXをやってる奴はバカだと思う私がまとめたFX必勝法

エアロパーツメーカー

自動車をネットオークションで購入する

自動車ローン


AD

皆さん、クレジットカードを何枚かお財布の中に持っていると思います。
自分から申し込んだ物や何かの時に一緒に申し込まなきゃダメだったもの・・・そんな風にどんどん枚数が増えてしまうのが このクレジットカードですね。
このクレジットカードは上手に使っていますか? 普通に買い物をする時に使っている、けどなんとなくっていう方がほとんどだと思います。

上手なクレジットカードの使い方をお伝えしていきましょう!今回はその中でも意外と発生している手数料です。

クレジットカードに入会した時に「年会費無料ですから」と受付で言われてそれを信じ込んでいませんか? 
明細を見てみると入会後の翌年から年会費が数千円取られていることもあるのです。
もちろん、中にはその年会費分の特典が利用者向けに用意されていて、年会費を払うからこそいい、というクレジットカードもありますが、単なる会費だけで元が取れないクレジットカードは実際にとても多いので、ぜひご自身のクレジットカードを見直してみてください。
もちろん、中には年会費が永久的に無料としているクレジットカード会社もあるので 特典などにあまり興味がない場合にはこのような無料カードを選ぶほうがいいでしょう。

しかしこの年会費が無料だったとしても、実はクレジットカードを使って買い物をするたびに手数料がかなりかかる場合があるのでご注意ください。
特に分割にしたり、リボ払いなどをすると 思っている以上の「手数料」を取られている場合がるので、ここはしっかりと確認してから入会したいものですね。
実は多くのクレジットカード会社はこうやって手数料からかなりの金額をとっている場合があるのです。

一般的に一括払い、二回払い、そしてボーナスでの一括払いの場合には手数料は必要とされません。しかしこれもあくまでも「一般論」でしかなく クレジットカードを使うたびに手数料が加算される場合があるのでご注意くださいね。

またクレジットカード会社に支払う余計なお金が発生する可能性がある場合はじつは口座から利用料が引き落とされる時に残高不足で引き落としができない場合、その時に遅延金として余計なお金が加算される場合があるので、引き落とし日にはしっかりと残高不足にならないように気をつけておきましょう。

また海外旅行中にもとても便利なクレジットカードですよね。
実は国によってクレジットカードで支払うと全ての利用に対して手数料がかかることがあるのです。実は購入額に対して1~6%の手数料が発生することがあるのです。
ぜひ海外旅行をする時にはその国のクレジットカードについて調べてから行きたいものですね。

忙しくても瞬間把握・瞬間節約! あなたの「お金どろぼう」を探せ!
海外旅行をしたい人に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識 |
中古車を購入したい
車を売却する際のローン清算や手続きについて
新車を購入する時に迷う事

AD

消費者金融の常連客?

テーマ:

お金を貸し、利息を利益としてきたのが消費者金融です。かつて消費者金融は豪勢を極めていたのですが、過払い返還訴訟のおかげで大きなダメージを負う事になりました。
それもそのはず、それまで利益だと思っていた部分を利用者に返済しなければならなくなってしまったのです。
お金を貸す側であった消費者金融が、一転お金を返す側に陥ってしまったのですから皮肉としか言いようがありません。


ですが、それ以上に消費者金融業界に大きな衝撃をもたらしたと言われているのが貸金業の改正でしょうね。

それまでお金を借りるのは個人間の裁量に任せられていたものでした。
ですが、この改正のおかげで、年収の三分の一までしかお金を借りる事が出来なくなってしまったのです。
しかもそれは一社ではなく、借入れの合計です。


「あまり関係ないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、この改正は、言うなれば「多重債務者救済」という名目の元で施行されたのです。
貸しては借り、借りては返し…を繰り返していた多重債務者の存在は、消費者金融業者からすると「常連」と言えるものだったのです。


それもそのはず、特に営業活動を行わなくとも毎月しっかりと借りて行ってくれる、つまりは利益をもたらしてくれる存在だったのです。
それが法改正のおかげで多重債務者への貸付に制限が課せられてしまったのです。

ただでさえ過払い返還訴訟のおかげえ返すお金が膨れ上がってしまった消費者金融業界は、この法改正のおかげでこれから入ってくるであろう利益の部分にまで大きなダメージを負う事になってしまったのですから大変です。


最近消費者金融の倒産は珍しいものではなくなってきているのですが、過払い返還訴訟だけであればここまで大きな事態にはならなかったのではないかという声もあります。
同時期に法改正が行われた事で、大きな衝撃に襲われる事になってしまった結果、倒産や合併といった、集合離散を繰り返さざるを得ない状況となってしまったのです。

多重債務者の問題は決して簡単なものではありません。ですが、ここまで政府が介入するのはある意味で大変な事でしょう。


また、多重債務者救済という名目ではあったものの、多重債務者の中には、現実的にお金に困る事になるのです。


それもそのはず、それまでは借りてなんとかやりくりしていたものが、借りる事が出来なくなってしまったのです。
簡単な問題ではないのですが、これが今の消費者金融業界の現実なのです。


インターネットでカネを稼ぐ方法は五ツしかない

金融日記:起業や独立や副業を考えている人が絶対に読むべき本5冊

コンパクトカー

自動車ローン

AD