少し間が空きましたが、進めたいと思います!!


総合戦闘技術評価演習2日目


武たちは目標のポイントに到着します。


ここ


[武]「美琴~、なんかあったか?」

・・・懐かしいなぁ・・・

ホント、またここに来るとは・・・。

ここでは何を見つけたんだっけ?

[美琴]「タケル~!こっち来てよ~!」

[武]「おう、なんかあったか?」

[美琴]「うん、トラップはなかったよ。後、電気は生きてるみたいだ」

[武]「そうか」

[美琴]「それに、なかなかの物があったよ」


高機動車を発見


[武]「ほう、高機動車か」

そうそう!使えない高機動車があったんだ!

[美琴]「でも、エンジンが丸々無かったよ」

[武]「可動状態だったとしても、周りがこんなジャングルじゃ使い道はないだろ・・・道もなくなってるし」

[美琴]「・・・・・」

[武]「な、なんだよ?」

[美琴]「よくわかったね。向こうで道がなくなっていること・・・」

・・・しまった!

[武]「ああ、そりゃ~、ぼんやり歩いていたわけじゃねぇからな。それより探索だ、探索!」

あぶねぇ・・・見てもいないのに記憶で道のこと言っちまったよ。気をつけなきゃな・・・。

[美琴]「このシートは使えそうだよ」

[武]「さすが、手早いな」

そうだそうだ・・・このシートは・・・オレが蛇に噛まれて・・・


妄想


[武]「・・・んがぁ!」

[美琴]「ど、どうしたのッ?」

[武]「・・・いや、なんでもない」

・・・思い出すのはやめとこう。

[美琴]「シートの他には・・・何も無いね。脱出地点のヒントらしきものも見当たらない」

[武]「わかった」

あとは、何かあったっけ?

ドラム缶


[武]「美琴、あのドラム缶は?」

[美琴]「ああ、あれ?軽油だよ。高機動車の燃料だね。まだ使えそうだったけど」

[武]「まぁ、必要ないだろ」

[美琴]「そうだね。使うかどうかわからないものを、わざわざ水を捨ててまで持っておく必要ないし」

前回だって」ギリギリまで水を使ったんだ。

余計なところで無駄になんか出来ねぇよ。

[武]「戦利品は、シートだけだな」

[美琴]「そうなるね。・・・じゃぁ、破壊しようか。タケルは軽油を運んできて」

[武]「おう」


今日はここまで~~~。

AD

お久しぶりです!!!


やっと進める環境が整ったので進めます!!


えー、まずこの画像をご覧ください。


評価演習の地図


前もこの画像を見たと思いますが少し違うのが分かりますか?

神宮司教官が破壊対象を3箇所説明しましたね?

今回はそれも載せています。


しかし、地図を見る限り、全員で1箇所ずつ行く余裕がありません。

なので、ここからは3つに別れることになります。

では続きを・・・


[冥夜]「編成はどうする?」

この演習は予想の範囲内で確実にクリアしたい。

以前と内容が同じなら、オレが組むべき相手は決まっている。

もちろん行き先も。

[千鶴]「そうね・・・」

前は『足手まとい』を理由に、サバイバルスキルの高い美琴と組むことになったんだ。

[武]「オレは美琴とこの地点に行く」

[美琴]「えっ?」

[壬姫]「あ、ずるいー! 私が一緒に行きたかったのに~!」

[千鶴]「ちょっと、勝手に決めないで!」

[武]「まぁ、落ち着け2人とも」

この編成じゃないと、オレの知っている未来と違っちまう・・・なんとか納得させないと。

[武]「オレはこの試験初めてなんだ。サバイバルスキルの高い美琴と一緒の方が、委員長達も安心できると思う・・・どうだ?」

[千鶴]「え? ええ・・・確かにそうね」 

[壬姫]「・・・・・・」

[冥夜]「・・・・・・」

[慧]「・・・・・・」

[武]「・・・どうだ?」

[千鶴]「いきなり腰の退けたような態度は気になるけど・・・言ってることはもっともだし、鎧衣に任せるわ

[美琴]「わかった」

[武]「・・・悪いな」

よし、後は班編成と作戦を、前と同じようにするだけだ。

ちょっとでもオレの記憶と違うところは、今みたいに多少強引にでも方向修正をするしかないな。

まぁ、班編成に関しては、委員長が彩峰組みたいなんて世迷い言を言い出さない限り、自然に前と同じになるだろうけどな。

[千鶴]「で、私たちは・・・」


結果

・彩峰、珠瀬ペアはAポイントに。

・御剣、榊ペアはBポイントに。

・白銀、鎧衣ペアはCポイントに。


移動開始・・・・・



作戦も班編成も、オレが口を挟むまでもなく記憶どおりになったな。

やっぱり『この世界』は『前のこの世界』と同じ未来へ向かっているんだ・・・。

あの未来を変えるため、今のオレにできるのは、まず合流地点(Sで×印されているところ)にトラブル無しで到着することだ。


しばらく歩いて・・・ジャングルの中に・・・


しかし、このジャングル・・・相変わらずだな。

さすがにこれは今のオレにでもキツイ。

何しろ『前のこの世界』の総戦技演習以来、こんな密林来たことはないし。

それでも前回よりは、大分マシになっているはずだ。あの時は、やけに勇ましく見えた美琴も、別段普通に見える。

[美琴]「武、気をつけてね」

[武]「ああ・・・トラップだな? わかってるつもりだ」

[美琴]「警戒しているようには、見えないけどな~」

[武]「あんまりしゃべっていると、音感地雷が反応するぞ」

[美琴]「・・・よく知ってるね」

[武]「まぁな、さ、進もうぜ。」


日も暮れ始めた時に、武たちはポイントの近くまで到着します。

[武]「おい、美琴」

[美琴]「ん?何?」

[武]「あれだ」

[美琴]「あ・・・」

谷みたいな窪地の向こうに、山の端を切り崩したような絶壁がある。

その下に、いつか見た洞窟があった。




きょうはここまでにしますね。

AD

とうとう・・・!!

テーマ:

ども~~久々に更新&お知らせ~~~。





ついに!!全年齢版が発売しました!!!!!



いや~~とうとう発売ですよ・・・。


欲しいけどマネーが・・・・。


あああああああああああああああ!!もどかしい!!!!



オルタの説明は、今とある画像を採取しようとしているため、更新できません・・・。


ごめんね?(死語)

AD

もう本当に・・・

テーマ:

最近なかなか更新できなくてすいませんです。


で、今日全年齢版のサイトに行ったらオープニングの映像が出てるではないですか!!!


いやもう、やばいくらい凄いっすよ!!!


まじで欲しいっすよ!!


絶対買うっすよ!!


是非、今すぐアージュのサイトに行ってください!!


ってか行け!!!(死)

では、さっそく書いていきたいと思います!


総合評価技術演習1日目

いきなりこの画像が出てきます・・・。

なんでここに香月博士が・・・

・・・気分転換?

それなら霞もつれてくればいいのに・・・

武が何か土産を持ってくるよ、と言うんですけどね・・・。

まぁ次に行きましょう!!

分隊長の千鶴が香月博士から命令書を受領するんですがね・・・

武は二度目の評価演習なので対策はバッチリ!!

蛇に噛まれないようにBDUをタバコに浸してきたのです!!

そんなこんなで冥夜か装備が渡されます。

とてもボロイんですね・・・これが。

まぁ、美琴と交換しますが・・・

では、これからそのまま書きたいと思います。

[まりも]「本作戦は、戦闘中、戦術機を破棄せざるを得なくなり、強化外骨格も使用不能という状況下で、iいかにして戦闘区域から脱出するかを想定した物である。従って脱出が第一優先目的だ

地図

[まりも]「また行動中、地図中に記した目標の破壊・・・後方撹乱を第二優先目的とする。破壊対象は全部で3箇所。作戦時間以内であれば、その方法は問わない。本作戦は144時間後、所定ポイントの回収期の離陸をもって完了するものとする。・・・以上が現地点で貴様らが知り得る情報の全てだ


さぁ、いよいよ始まります!!

続きはまた今度・・・

第三章「島をゆく」

テーマ:

大変遅くなりました・・・・

今日早速更新します!!


しばらくの間、武たちは訓練をするんですが、急に神宮司教官が

[まりも]「明日から一週間、南の島でバカンスだ」

と言ってきます。

要するに評価演習が始まるんですね・・・


どうなるんでしょうね・・・・



今日はここまで~~~


短くてすいません・・・・・

はい、今日も頑張って書きます。


では続きから・・・

[まりも]「その間訓練兵である貴様達は待機とする。速やかに自室に戻り情勢の変化に対応できるように待機せよ。以上だ」

[全員]「了解!」


そして部屋に戻り、しばらくすると・・・

[アナウンス]「総員に通達。防衛基準体勢2は解除されました」

と、出ます。

いや~~ひとまず一安心です・・・。




やっと第二章が終了しました・・・。


明日から第三章に入ります!!