外資系ITビジネスマンの視点

ビジネストピックに関する考察を中心に、外資系企業、IT業界の内情も紹介しています。


テーマ:
Webで買い物をすることがすっかり当たり前となり、特にAmazonさんや楽天さんにはかなりお世話になっている今日この頃。

これらのWebサイトにおける「レコメンド機能」が日々進化していることを実感します。

「レコメンド」つまり、ユーザーの好みに合わせた商品を「おすすめする」機能ですね。

「あなたにお薦めの商品はこちら」
「この商品を買っている人はこんな商品も買っています」
といった項目で、様々な商品を表示させるあの機能です。

利用者の過去の購買履歴や、クリック履歴から趣味嗜好をキャッチして、
「この人はこの商品に興味があるだろう」という物を選んで、推奨する。

中々、恐ろしい代物です。

そのおすすめが結構的確だったりして、元々買おうと思っていなかった商品まで、ついつい手が伸びてしまうことがあります。

一昔前、Webでの買い物といえば、あくまでも自分が欲しい物を自分が選んで購入するという役割しかありませんでしたが、今やITによる仕組みが自分で考えて「営業」をしてくる時代です。

この「レコメンド機能」には様々な提案のパターンがあり、また日々進化を遂げています。

利用者が購入した商品を基準にして、「この商品を買っている人はこんな商品も買っています」と、関連した商品を推めるパターンや、

「あなたと似たユーザーはこの商品も買っています」と、趣味が類似したユーザーが買っている商品をおすすめしてくれるパターン。

また、これらのパターンに複数の要素を組み合わせて、「同じカテゴリ内での日々の売れ筋や閲覧数からベストなものを推奨」「新商品や特別値引中の商品といった一押しの商品を表示結果に組み込む」といった複雑な仕組みが裏で動いている場合もあります。

こういった「おすすめ」によって、Webサイトからの売上が上がるだけでは無く、利用者がメリットを得られることもあります。

例えば元々買おうと思っていた商品より、更に魅力的な物を見つけることが出来たり、おすすめされるまでは知ることも無かった製品を手に取る機会が得られたり出来るわけです。

このような「おすすめ」は従来、人が担ってきた役割で、皆さんも日々の買い物で、接客や営業によって気持ちを動かされたことがあると思います。

私も先日、無難な色合いのTシャツを買うつもりでアパレルショップに入って、店員さんに派手なポロシャツを提案されました。

最初は抵抗があったものの試してみると意外と気に入り、その後のお気に入りのアイテムになった、なんていうことがありました。

このような「おすすめ」によって、新しい発見があったり、魅力的な商品に出会えるのは消費者にとってはとても良い機会です。

このような「おすすめ」を人では無くIT自らが行うようになったビジネスの現場、私達人間からの提案は、ますます単なる「説明」や「御用聞き」になってはいけないな、と感じます。

以前の記事で「営業は聞くこと以上に話すことが重要」と書きましたが、ビジネスマンは自分の言葉でしっかりとメッセージを発信し、提案する力を磨いていく必要があります。
【参考記事】「売れる営業は聞き上手」のワナ

「おすすめ」が出来ずに、単にお客様の言うことを聞いて、言われるがままに商品の説明と配送をしているだけでは、もはやIT以下。

その間にもAmazonでは、一切の営業リソースを使うことなく、これまで蓄積された膨大なデータを活用して、お客様に日々質の高い「おすすめ」提案を行っている。

人間がビジネスの提案をする以上は、お客様に少なくとも「おすすめ」をしていくことは最低限、さらに言えば、人間でしかできない商品の魅力やメリットを伝える努力をして、お客様に「発見」や「驚き」を与えなければいけません。

ITが日々進化して、お客様に価値を提供している時代、人間ならでは「おすすめ」の仕方、提案のあり方を考えなければ、ITを超えるような価値を提供できなくなってしまうという危機感を持っていきたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「恵まれた環境にいる」というのは、素晴らしいことですが、時にそれは人のチャレンジ精神を削ぐ、足かせになる恐れがあるということを、この所感じます。

人間、持っているものを捨てることは実に難しい。

それは服や家電といったモノのみならず、『安定』や『地位』や『人間関係』といった目に見えないことも含まれる。

それらに満足していればしているほど、それらをいつまでも「大事に持って」いたくなるものですよね。

『安定した収入』 『高い地位』 『良好な人間関係』

これらに恵まれ、充実した毎日を送っている人が、
全てを捨てて、ゼロから新しいチャレンジへと踏み出すのは大変な勇気がいります。

心の中ではやりたいことがあっても、理性や恐れが、一歩踏み出すことにブレーキをかける。

「会社を飛び立して自分でビジネスを立ち上げたい。」

「リスクを冒してでも昔からの夢だった仕事につきたい。」

このような意欲、思いを持っていたとしても、

積み上げたものをリセットしてしまうことに迷いが生じる。

「比較的恵まれている今の収入を維持できなくなってしまう。」とか

「会社で実績を上げここまで登り詰めたのに、その地位を手放すのは惜しい」とか

「周囲の同僚は好きだし、これからも一緒に働き続けていきたい」とか

今恵まれた環境にいる人ほど、それを捨て去ることに後ろ髪を引かれてしまうんですね。

若い時ならまだしも、年齢を重ね、家庭を持って安定した生活を望むようになると誰しも自然にそうなっていきます。

そういう意味で、恵まれた環境というのはある意味、新しいチャレンジを阻む障壁になり得るのです。

反対に、今が苦しい状況だったら、新しいチャレンジに対して失うものはありません。

「どうせ今だってたいした給料貰っていないのだからチャレンジしてみよう」とか

「今の仕事はつまらないし、人間関係も悪いから、新しい仕事にチャレンジしよう」とか

この場合、「今置かれている環境から抜け出すことが出来る」それに加えて「新しい一歩を踏み出すことが出来る」と一石二鳥なので、なんと意思決定が楽なことか。笑

結果的に、このような環境から飛び出し、新しい決断をしてイキイキと人生を送っている人も多く目にします。

一方で、「恵まれた環境」を大事にしすぎている人はどうかと言うと、

現状維持の選択に対して、自分を納得させてはいるものの、どこかでチャレンジへの思いを断ち切れず、くすぶっている人が多い。

このような視点でいうと、会社を選ぶ際に、「安定していて給料がいいから取りあえず」

という理由で安定した大企業を選ぶのは、まさに自ら足かせをはめに行っている行為とも取れます。

大企業では確かに「安定」「ステータス」「高収入」を比較的簡単に手にすることができる。

しかし、これらを一度得てしまうと、捨てるのが難しくなる。

最初のうちはいくら「まずは大企業に入ってそこから自分の道を見つける」と思っていても、なかなか恵まれた環境を自ら飛び出すのは難しいものです。

別にチャレンジするために、あえて「恵まれていない環境」に行け、というつもりはありません。

ただ、やりたいことがある、挑戦したい夢がある、にもかかわらず、「まずは安定した大企業に」と何も考えずに選択をしてしまうと、あっという間に「捨てられないモノ」に縛られる人生になってしまうことは、頭に入れておいてもいいと思うのです。

何が幸せなのかは、人生が終わるその日まで分かりませんが、自分の思いに正直に、「捨てる勇気」を持って道を選んで行きたいものですね。

今、大切に抱えているモノも、捨ててみたら意外となんてことない存在かもしれませんよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事で成功できる人は人間的にも優れていて魅力がある人だ。

世間一般でもっともらしく語られている法則です。

例えば、著名な経営者は人徳のある方が多い、とよく言われます。

松下幸之助さんや稲盛和夫さんの自叙伝は、ビジネス本であると同時に人生の指南書として、多くの方に愛読されています。

名経営者はビジネスにおいて能力があると同時に、人間性の観点でも非常に優れた人物であると一般的には思われています。

また、多くの自己啓発本、ビジネス本においても、成功のためには人間性を磨くことが重要であると説かれています。

「仕事が出来ても人間的に魅力が無ければ人はついてこない。」

「倫理観やモラルが無ければ信用を得ることが出来ない。」

「自分最優先ではなく、周囲に思いやりを持つことが出来る人物が成功する。」

このように、仕事での成功と人間性に優れていることが結びつけれ、語られることを目にします。

しかし、実際に仕事で成果を上げて出世している人とそうでない人、その人間性を観察してみると、それってあんまり関係が無いことが多い。

もちろん、仕事が出来て、かつ人間的にも魅力的な、人徳のある人はたくさんいます。

しかしそれと同じ数だけ、いえ組織によってはそれ以上に、仕事は出来るけども人間的にはどうか?と首をかしげたくなる人が確実に存在しています。

外資系企業の方が評価がドライな分、この傾向が強いかもしれません。

自己中心的でプライドが高く、過剰で尊大な自己アピール、人の気持ちがわからず他人を攻撃する、自分より下の人間には横柄な態度、でも仕事はきっちりこなすし、上司への見せ方だけは一流。

別に特定の人をイメージしているわけではないのですが、どこにでもいますよね、こんな人。

しかもこんな人に限って組織では上手く立ち回るので会社からは評価されて、とんとん拍子に出世していたりします。

これって別に会社などの組織の中だけの話では無くて、起業して成功した人とか、独立して活躍している人の中にも、人間性に問題がある人って結構います。

人間性には多少難があったとしても、仕事への情熱と行動力には目を見張るものがあり、ビジネスセンスは抜群で、高い成果を上げているという。

要は、仕事での成功と人間性ってあんまり関係が無いんですよね。

いやはや、実に嫌な世の中ですね 笑

こういう話をすると、「いや、人間性に欠けている人は、多少は成功するかもしれないが、大成はしない。もし成功したとしても長続きしない」とか言われたりしますが、わかりませんよ、そんなの笑

こういうコメントって、妬みとか希望的観測が含まれていることの方が多いです。

そもそも大成する人自体が一握りなんですから、そこそこ成功した時点でビジネスにおいてはいわゆる勝ち組でしょう。

このように、人としては必ずしも尊敬できない人が、仕事で成果を上げているのを見ると良い気持ちはしないかもしれません。

でも、仕事での成功ってその程度のものだと考えることも出来ます。

一サラリーマンがわかったような口をきくと怒られそうですが、ビジネスは所詮ゲームですから、人間性とか生き方なんて高尚なものが、仕事の成果や評価にしっかり反映されるようには出来ていないんですよ。

例えばプロのスポーツの世界だって多少性格が悪かろうが、人格に問題があろうが、成果を上げさえすればそれで良い。

同様にビジネスにおいても、そこにあるルールを理解して、そこで正しい努力と行動を積み上げ、さらに運を味方につけた人が勝つ。そんなものです。

その成果の尺度に、人が良いから、とか人間的に優れているか、とかは必ずしも含まれていません。

もちろん組織によっては、仕事の出来る出来ないだけではなく、その人の人格や人間性を見て評価をする素晴らしい環境もあるかもしれませんが、それも限界がある。

仕事が出来る人は、そもそもその辺りの根回しや世渡りが上手ですしね。

仕事での優秀さと人間性が無関係だからこそ、人付き合いにおいては人間性をよく見て、仕事以外でも付き合えるような人徳のある人たちと、長く強い関係を築いていきたいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
年齢を重ねるたびにお金のありがたみが無くなっていく、というのはよく聞くお話です。

小学生の頃は500円もあれば、駄菓子屋さんでそれはもうたくさんのお菓子が買えて、ゲームセンターでは5回も好きなゲームが出来て、それはもうハッピーな気持ちになれたのに、

いい大人になった今では、ちょっと疲れたからと行ってタクシーに乗り数千円を浪費し、ちょっと高めの居酒屋に入れば一杯千円近くするビールを飲みたいだけ注文する。

懐に余裕が出るのはいいことですが、それに比例するようにお金へのありがたみが失われていく。

大人になるってコワい。

ありがたみがなくなるというのは、お金だけではなく物やサービスに対しても同じことが言えます。

高校生の頃は、バイトで貯めたお金で買った2万円のジーパンを、毎日穴の空くほど眺め、意味も無く家でも履きまくり、ワクワクした気持ちで街を闊歩していた私。

今、似たような商品を買ったとしても、買い物袋から出すことも忘れ、しばらく放置していることなんてザラ。

昔あれだけ好きだったテレビゲームも、今は気軽に買えるようになったけど、そこにかつてのワクワク感、高揚感はもう、ない。

最初の頃は足を運ぶ度にワクワクした映画館や、遊園地や、飲み会も、回数を重ねれば新鮮味や感動は薄れていく。

歳を重ねると経験が増える。

人間が成熟していくという意味ではもちろん悪いことでは無いけれど、

豊かな感性が無くなっていき、新しい経験も減り、どんどんお金を使う時のワクワク感が失われていく。

で、何が言いたいかというと、

もしかすると、お金が無いことよりも、お金を使うときに感動やワクワク感が無くなってくることの方が不幸だなあ、と思うわけです。

お金は使ってこそナンボ、持っているだけではただの紙切れなわけで。

お金を使って得られる製品やサービスに対して、得られる満足感が少ないならば、それはもうお金自体の価値が減っていることに等しい。

そういう意味では、歳を取ってから稼ぐお金より、若い時に稼ぐお金の方が圧倒的に価値がある。

若い時の方があらゆる意味で感性が豊かだし、いろんな欲求もある。

20代で借金して買うベンツと、60代になってから買うベンツでは、それはもう前者の方が大きな感動と喜びがある(のでしょう。持ってないけど。。)

もちろん歳を重ねてからのお金の使い方は若い時のそれとは別だし、そこに違う喜びがあるのは理解できる。

家族がいれば、自分より人のために使うお金が増えて、それはそれで価値がある。

ただ同じ物やサービスに対して、同じ使い方をするのであれば、やっぱり若い時の方がそこに対する感動って大きい。

老後を心配して、せっせと貯金に励んでいる若者達に言いたい、感性が豊かで欲しい物が多い若い時にこそ、たくさん稼いで、ガンガンお金を使おう!

5年したら、10年たったら、とか言っているうちに、そもそも欲しくなくなっているかもしれないぞ。

今買っていれば、そこに大きな感動や喜びがあるのに。

お金が無さすぎるのも問題だけど、お金があっても欲しいものが無い、ってこれはもっと寂しいことだと思うのです。

で、結びのメッセージは何かといういうと、

外資系ってリスクがある分若い時から稼げる構造になっているので、未来のリスクはあるかもしれないけど、人生全体で見た時の消費の満足感からすると中々捨てたもんじゃないのでぜひチャレンジを、という宣伝と自己肯定でした。

ああ、貯金しないと。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

外資系と一括りに言ってもその内情は様々。

事業内容や職場環境、キャリア形成や働き方等も、業界や会社によって違います。
 
例えば、転職事情。

外資系はどんな業界でも比較的、同業他社への転職が多いと言われますが、転職先の選択肢やハードルは業界によって違う。
 
そんなことを考える機会になったのは、先日、某大手外資系の金融機関で働く友人と飲んだ時のこと。
 
彼との会話で毎回出てくるのは、「クビと転職の話」。
 
このテーマを酒の肴にすると、どちらの職場が過酷かを競うという、意味のない張り合いもあり、結構盛り上がる。笑
 
そこで転職の話になった時に、彼がふと漏らしたのは、「外資系金融機関は世界が狭い分、同業界で転職しようとすると行き先が限られる」という話。
 
同業界内で転職先を見つけようとすると、選択肢がそれほど多いわけでは無い、ということでした。
 
一見広い金融業界ですが、銀行、証券、保険といった業態の括りで見ると、同業他社の絶対数が限られていると言うのです。
 
また、そこで働く従業員はそれぞれが特定の専門領域を持っている一方、その領域がニッチなことも多く、その範囲で勝負できる職場となると、ある程度行き先の企業が絞り込まれる。
 
少数で運営している外資系投資ファンド等例外はあるでしょうが、金融のビジネス自体、ある程度会社の規模や資本力が必要ですから、会社の数が絞られるのも必然かもしれません。
 
ゆえに、外資系のITやコンサルティング業界よりも、同業界での転職は簡単ではないように感じました。
(会社の看板や部署にもよるでしょうけどね。狭い業界であるが故に業界内で名前が知られると、一躍機会は増えるようですし。)
 
もちろん、これは行先を同業他社に限った時の話で、日系の金融機関や事業会社の財務部等、視野を広げれば多くの選択肢はあるでしょう。
 
ただ、彼らの法外な年収を保証できる会社となると、同業界以外では中々厳しいですし、外資系の自由なカルチャーに慣れた彼らが、保守的な日系企業に移るのも躊躇するという訳です。
 
このような外資系金融業界に比べると、外資系のIT企業は比較的、同業他社での転職が容易と言えます。
 
というのも、前提として、同業他社の絶対数が非常に多い。
 
ITの領域というのは製品やサービスの領域が広いです。
 
例えば、法人向けのサービスだけでも、アプリケーション、データベース、ハードウェア、ネットワーク、セキュリティ、モバイル、クラウドプラットフォーム等々、、、
 
これらを組み合わせて提供する大企業もあれば、単独の領域を強みとする企業もあり、また特定の企業規模や業界に絞って活動するニッチトップの企業等、数多くの外資系IT企業が存在しています。
 
例え同じ領域でビジネスを行っていても、微妙に得意分野が違ったりして、上手く棲み分けをして共存していることが多い。
 
また、IT業界は日々、アメリカを中心とした海外からのスタートアップ企業が続々と進出してくる世界です。
 
ITの領域では、国内市場より海外の方が一歩先行しているケースが多く、多くの外資系企業が日本市場に参入して成果を上げています。
 
ITの場合は金融機関のように、ビジネスを行うのにそれほど大きな資本、元手を必要としないことが多いため、小さくてもキラリと光る会社、将来のビッグネームを見つけやすいのです。
 
実際に、働く場所として魅力的なスタートアップは多く、従業員が数名の企業でも競争力のある製品、技術を持っていることもあり、収入面でも人を集めやすい大企業より高額のオファーが出るケースも多々あります。
 
海外では業界トップだけど、日本ではこれから支社を立ち上げるという会社も多く進出してくるため、新市場でのビジネス立ち上げのチャンスにも恵まれています。
 
そして、これもこの業界の大きな特徴ですが、同じIT業界であれば、事業領域が違ったり、企業規模が違ったりしても、比較的人材の行き来が活発にある。
 
同業界内での転職を検討した時に、様々な行き先を検討することが出来るというわけです。

このように、IT領域のサービスラインナップの広さ、進出してくる外資系企業の数、事業や企業規模をまたがった人材の行き来の多さ、等の理由から一度外資系IT企業に入社すると、良くも悪くも他の外資系IT企業を転々としてキャリアを作っていく機会が多く得られるのです。
 
そういう意味で、外資系のIT業界というのは金融機関と比較すると、報酬は驚くほど高くはないけれども、リスクもそこまで高くない、ミドルリスク・ミドルリターンの労働市場だと思えます。

何より突然の解雇も、外資系金融ほど激しくないですからね。
 
転職回数はあまり多いのも考え物ですが、様々な機会を得るためにも、業界の転職事情やキャリア形成については常にアンテナを張っていきたいものです。

※注 外資系金融機関の転職事情については、非常に少ないサンプルと主観を基に記載しておりますので、異論反論ございましたら頂けますと幸いです。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。