ふぃぎゅあいてむのブログ

フィギュアやお人形を効果的に演出するためのミニチュア小道具を集める日々。


テーマ:

気づけば服を着たリアル系動物のフィギュアが増えていたので、

まったり振り返りレビューをしていきたいと思います。

 

 

まずはバンダイさんのガチャガチャ『あるクマの生活 白熊的生活 -仕事編- 』

200円ガチャガチャで、もう10年近く前のものになります。

仕事編といいつつ、続編的なものはありませんが…

 

衣装や付属品もいいのですが、何よりシロクマ本体の作り込みのすごさ!

このシリーズ随一の醍醐味です。

どういうわけか取扱店舗が極端に少なかったのですが、もったいないくらい。

逆に言えば、その希少性も相まって隠れた名作ガチャといえるでしょう。

 

 

 

それの派生シリーズといえるのが『熱烈歓迎 パンダ氏』

同メーカー・同価格のシリーズで、相変わらず動物本体の出来がすばらしい。

シロクマは明確な続編こそ出なかったものの、

コンセプトいう点では正当な続編といっていいでしょう。

 

コチラはシロクマと比べて比較的多く見た気がします。

 

 

こちらは『アニマルカイザー 闘獣録』のフィギュアたち。
アニマルカイザーとは、実在する動物が戦うアーケードゲーム。
カードを使うらしいです。
当初はまさにそのとおりでしたが、シリーズが進むにつれ
けっきょくキャラゲーみたいになっていっただとか。
そして現在は稼動してないそうですが。
 
そのフィギュアグッズが食玩である闘獣録。
この2体はジャイアントパンダとグリズリーです。
 
ゲームもフィギュアもバンダイさんのようです。
(ゲームはバンダイナムコさん)
 
 

 

コック姿のパンダ。
シュウマイを運んでいます。
すごくギャグチックだけど、何気に超出来がいいです。

何がいいって、野生のパンダの茶ばんでいる感じが

よく再現されていること。

 
 

 

後姿。
パンダのナプキンもぬかりなし。
 
グリズリーのシャツのロゴプリントが細かいです。
特徴的なクマ体型がTシャツを着ることでさらに強調されるという、
これまた出来のいい具合となっております。
 
 
動物をモチーフにしたキャラクターは山ほどいますが、
リアル系でやると独自のシュールさが魅力的です。
後編では、また変わり種を紹介したいと思います。

テーマ:

テレタビーズをご存知でしょうか。

イギリスBBCの子供向け番組です。

日本でいう『じゃじゃ丸ピッコロぽろり』ポジション?

こちらは着ぐるみ4人衆で、いずれも人型。

メンバー同士の違いは年齢(それでも、みんな子ども)や

背丈、性別、頭頂部のアンテナの形状、そして司る色。

腹部にテレビ画面が付いているのは全員共通です。

 

今回はテレタビーズのソフビ人形を入手しました。

 

こちらは黄色のこれでも女の子『ラーラ』です。

 

ボール遊びが好きで、いつもボールを持っているのだとか。

 

 

全身像。

かなり寸胴体型。

全体的に人間の幼児をイメージしていますが、

左右に突き出るほど発達した耳など、どことなくエイリアンチック。

 

この一見かわいい(らしい)が不気味な感じが

クリーチャー系キャラが好きな私としては非常に魅力的です。

同じように感じる方は多いのでは?特にこのブログを読む方は。

 

ソフビは首だけが回ります。

昔のマルサンの怪獣ソフビみたいだ。

 

フィギュアの詳細は不明。

1996年製ということと、韓国製ということくらいしか

本体から得られる情報はありません。

これ自体もリサイクルショップでパッケージがない状態で購入したので。

 

緑色の男の子『ディプシー』も。

こちらは色黒です。

 

こうして見ると、アンテナの形状の違いが判ると思います。

ディプシーはまっすぐの円錐型ですが、

ラーラは色も相まって、稲妻を思わせるものとなっています。

 

 

どことなくザ・シンプソンズを思わせるような……

 

そーいえば、シンプソンズで、ホーマーがBBCの逆鱗に触れて

テレタビーズの襲撃を受ける話があった。

 

 

 

ディプシーは緑色なので、補色である赤の炎エフェクトが映えます。

 

ラーラは左手を前に突き出したポーズなので、拳攻撃を再現できます。

なかなか迫力があってカッコいいです。

 

 

ダブルバトル。

勝てる気がしない。

 

以上、テレタビーズソフビフィギュアの紹介でした。

独特な雰囲気が実に魅力的です。

残りの『ティンキーウィンキー』(紫)と『ポー』(赤)も揃えたいです。

 

 


テーマ:

タカラトミーアーツさんのガチャガチャ『歴代郵便ポスト』

もちろん日本郵便公認の商品です。

 

1回300円で全7種類と多め。

 

 

出てきたのは「黒ポスト」

真っ黒いカプセルに入っているので、出てきた瞬間に判ります。

 

明治5年(1872年)に設置されたそうです。

全ラインナップの中でも二番目に古いです。

といっても、ラインナップにもある一番古い木製のポストは

明治4年設置なので、時期的にはほとんど変わらなかったりします。

そっちには「明治4年3月1日に郵便が開業し」と書かれているのに、

黒ポストでは「郵便が開業してからの順調な発展に伴い、

明治5年3月に東京府内往復郵便が開始されました。」

とのこと。

たった一年で順調と判断できるとは一体……

さらに、一年前の木製ポストからいきなりこれです。

まさに次元を超えた進化。

何気に謎の多い日本郵政です。

 

それはさておき、本商品の出来はやはりなかなかのもの。

小サイズながらも精密な造形だけでなく、
艶消しマットが安っぽさを出さなくていい雰囲気を演出しています。

 

 

黒ポストはここが開きます。

当時は「郵便箱」という名称だったんですねー。

 

ただし、見ての通り、胴体のど真ん中に分割線があるのが珠に瑕。

カプセルに入れる以上、苦肉の策でしょうが……残念。

 

 

右横には定礎のように納入時期がプリントされています。

 

 

 

郵便ポストに歴史あり。

 

第2弾の人口少ない地域の現代ポストと。

ミニチュア自体の高さはほぼ同じですが、

実はスケールは微妙に違います。

黒ポストは16分の1ですが、現代ポストは12分の1でです。

 

 

16分の1スケールなので、ドクロマンなどと相性抜群。

 

 

エポックさんの素ボディもドクロマンとほぼ同スケール。

記念撮影みたい。

 

こうして見ると、ポストというより記念碑的なもののような気も…

 

 

同スケールのスターウォーズドロイドにポストを護衛させてみた。

 

 

 

大量の便箋を投函しようとする素ボディで〆

 

出来はいいですが、ぶっちゃけ、今どきのフィギュアと絡めようとすると
時代錯誤もいいとこなので、何かしら設定に捻りが必要ではあります。
その点では、普通のポストのミニチュアの方が圧倒的に使いやすいです。
 
とはいえ、現行のポストにはない独特の魅力があるし、
私のようにレトロアイテム好きな人にはたまらないシリーズだと思います。
ラインナップの大半がレトロなものなので、
その手のアイテムをコレクションする人にとっては、
懐かし系のものが出やすいのも嬉しい。
 

ミニチュア好きな人、レトロ好きな人におすすめのシリーズです。

 


テーマ:

 

先日紹介したトミカ『油圧ショベル グラップル仕様』で

いろんなものをひたすらぶっ壊していく回です。

 

 

手始めに、一般重機に格の違いを見せる自衛隊仕様重機。

 

大人げない

 

犠牲者はマガイドウさんの廃重機コレクションより、

廃パワーショベル。

 

脅威のリーチ。

 

掴まれているのはチョコエッグの旅客機。

 

 

鉄道だって……

 

 

 

自慢の剛腕で凸凹に。

 

廃電車コレクションの200系廃新幹線です。

 

地面にたたきつけて玉砕。

 

同じく、廃電車コレクションの廃貨物車。

 

 

船舶だってチョロい。

 

廃船コレクションの廃タニック。

 

 

タイタニック号を沈没させた真犯人はもしや……

 

 

 

 

戦車もイチコロ。

 

アームを駆使した質量攻撃。

まさに職人技。

 

廃パンツァーの廃IS-2です。

 

 

哀れ。

 

 

 

そんなテクニカルな戦法をとらずとも、

普通にアームの馬鹿力で砲台を捻って終了。

 

災害派遣用なのに強すぎる。

 

 

 

では、この重機同士でバトルしたらどっちが強いか?で〆

 

トミカということで小さいので掴める大きさのものは限られますが、
高々と持ち上げる光景は圧巻。
実物のグリップ力はそんなに強くないですけどね。
でも弱いと面白くないから、ブログでは重心などを工夫して撮影してます。
 
しかし、マガイドウさんの廃シリーズは相性抜群。
大きさ的に、掴まれてぶっ壊されてる感が半端ないです。
重機のトミカを持ってる人は、ぜひぜひこうやって遊んでみてください。

テーマ:

タカラトミーさんの看板商品であるトミカより、

『油圧ショベル グラップル仕様』です。

いつか紹介したことがあるような気がしますが、

とある理由により再レビューいたします。

 

 

見ての通り、自衛隊仕様。

ベース車の車種等は不明ですが、

パワーショベル系なのは一目瞭然。

先端が物を掴めるマジックハンド状になっているのが最大の特徴。


最近は天災が多いので、

我々一般人もニュースなどで目にする機会は多いです。

 

もうひとつの特徴である「災害派遣」の文字。

左右で大きさが異なります。

 

 

アームは3カ所に可動軸が設けられているため、

けっこう動かせます。

目いっぱいまで動かすとこんな感じ。

 

 

自衛隊車両集結!


軽装甲車はトミカじゃありませんが。

(こっちはこっちで、トミカ化されています)

 

これがやりたかったのです。

このトミカを手に入れた時点では

マガイドウさんの廃車シリーズはあまり充実していませんでした。

しかし……

 

 

今ではこの通り。

犠牲者となるフィギュアが当時と比べ大幅増加。

 

 

次回、こういうのを延々と紹介していきますので、お楽しみに。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。