長いこと見ていなかった、青森でのアジア大会のビデオを見た。
女子は荒川静香、村主章枝、中野友加里が表彰台を独占した大会。
ついこの間のことだと思っていたけれど、
実際に映像を見ると、懐かしい。
なによりも、旧採点システムでの演技、っていうのが「懐かし」感を
増長させている気がする。
スパイラルが短かったり、スピンの体勢変化が今ほどあわただしくなかったり。

この大会は現地でも見たのだけれど、
荒川のSP「白鳥の湖」の、最後のストレートラインのステップが
すごかったなあという印象だった。
この時の「白鳥の湖」の時は、ステップが荒かったと(今から見ると)思う。
確かこのシーズンの後半、荒川は毎週のように試合に出ていたはず。
ユニバーシアード、国体、アジア大会、四大陸、GPFと連戦。
もともと出場予定がなかったものも、
恩田美栄の欠場によって
出場機会を得たりしたんだったように記憶している。
だからこの大会は、ちょっと疲れていたのかもしれない。

でも・・・
シーズンはじめの東京ブロックでこのSPを見たときには、
鳥肌が立つくらい胸を揺さぶられたのだから、
本当は相当素晴らしいなあと、私は思っていたはず。
荒川は、たった2年でものすごく上達したんだなあと
改めて気づかされた。

村主のFS「白鳥の湖」(はっ!アレンジが随分違う&
 SPとFSの違いがあるとはいえ、
 荒川、村主とも「白鳥の湖」だったんだ!)は、
シーズン中に3バリエーションほどの衣装があったと思うのだが、
ここでは白いものだった。
ストレートライン最初の、トントントンというステップが
とってもいいなあと、やっぱり思った。

中野はFSで2回3Aにトライしている。
どちらも失敗してしまうのだが、2回ってすごい。
でもこの頃に比べると、随分と姿勢がよくなって
スケーティングも滑らかになっている。

この大会、飛行機の関係で私は女子FSの最終組を見ることができなかった。
ぎりぎり粘って6分練習までを見て、ダッシュで空港へ向かった。
なので、このFSを見ていない・・・
表彰台を日本選手で独占したというのに。
今でも残念に思っている。

でも空港に行ったら同じような人たちが何人かいて、
飛行機を待つロビーでは、
みんな食い入るようにテレビを見ていた。
旭川でのNHK杯の時も、Ex後空港にダッシュしたのだけど、
その待合いロビーでも同じような光景に出くわした。
みんなそれぞれ個々にテレビを見ているのだけど、
なんとなく「ああ!」とか「おお!」とつぶやいている。
そんな、「さっきまであそこにいました」空気感が漂っていて
気持ちよかった。

アジア大会の結果はこちら
男子には高橋大輔も出ていた・・・のか?
つい数年前のことなのに、覚えていない・・・。
そういえば田村岳斗が4-3-2を決めたはず。
ユンフェイ・リは、今どうしているのだろうか。
AD
男子のFSは、ワイスから。
体のキレやモチベーションが感じられないのだが、
4Tも入れているし、
スーッと滑ったままくるっと1回転して
その着氷エッジのまま3Aを跳んだりしていて、
技術的には1、2位だと思う。
ただしやっぱりこのコスチュームはいかがなものか。
アメリカ的にはオシャレなのかなあ?

NHK杯でこのコスチュームを見てものすごく驚いた。
さらに驚いたことには、一緒に行った母親が
SP前にアップしているワイスを見て
「マイケル・ワイス、
 テレビで見るよりかなりかっこいいじゃん。
 細いし。
 テレビでは、30年前の西部劇の俳優みたいな
 顔だなーと思っていたけど、実物はいいじゃん」と
熱く語っていたことに、もっと驚いた。
席についても「もう1回見たい」と言うので
仕方なくもう一度ワイスがアップしている通路を
うろついたりした。
すぐ近くにジョニー・ウィアーがいたので
「ほら、ジョニーだよ。
 彼の方がかっこいいでしょ?かわいいじゃん」と
言っても、「なんだか細身でいまいち」と。
(しかし数時間後にジョニーのSPを見て
 「素晴らしい子だ」と感激していたけれど・・・)
ワイスはもうアマチュア引退するのかなあ?

ティモシー・ゲーブルは、
ちゃんと4T(少し両足気味)-3Tを跳んでいた。
でも彼はやっぱり「パリのアメリカ人」のような
軽快な音楽の方が合っている気がする。
このコスチュームは、手を長く見せていて、いい感じ。

ジョニー・ウイアーのFSは、NHK杯の時が
一番美しく、体もキレていた気がする。
2つ目のジャンプである3Tがいつも気になる。
なんか間が抜けているというか、
ここに4Tをいつか入れるんだろうなというのは
分かるのだけど、これまで4Tを見たことがないし、
ワールドではトライするのかもしれないけれど、
現時点でここに3T、だと、
プログラムに穴が空いているように見えてしまう。
最後のストレートラインステップを楽しみにしていたのに、
スカイカムだった・・・。
見にくいし、サーキュラーの時には、
映像に酔ってしまう。

この演技後映されたゲーブルが泣いていたのは、何故?
緊張がほぐれて泣いてしまったのだろうか?

エヴァン・ライサチェクは、
背が高く手足が長いこともあるのかもしれないけれど、
もう少し繊細な動きに注意したらもっといいのかなあ。
旧採点なのに、4Tを跳んだゲーブルよりも
上につけたジャッジがいたのが不思議だった。
それにしても、ものすごく背が伸びた気がする。
去年、一昨年も大きいなあとは思ったけれど。
AD
ペアFSと同じく、トップ2組の放送のみなのが残念。
先に滑ったグレゴリー&ペトコフだが、
全体的にあまりスピードがなく、
ツイズルでもグレゴリーが足をついていたし、
あまりいい出来ではなさそう。

ベルビン&アゴストだが、今シーズン見た彼らの演技の中で
一番いい感じがした。
品のあるオシャレなコスチュームだなあと
思ってはいたけれど、
ツイズルのスピードや力強さ、全体的なスピード、
2人のスケーティングの伸びなど、
初めて「いいかも」と思った。
ただ、プレゼンテーションが全員6.0って・・・。
6.0方式が最後とはいえ、あまりに出しすぎです。

さて、ワールドではどうなるのだろう。
ユーロの出来ではデロベル組がよかったし、
グルシナ組も戻ってきたし、チャイト組も評価を上げている。
デンコワ組はユーロ棄権から頑張ってくるだろうし、
ナフカ組もいる。
あ~楽しみだなー。
AD
今日j-sportで放送されていた
ヨーロッパ選手権のアイスダンスを、
早送りして、ちょっとだけ見た。

コンパルソリーが好きで、じっと見入ってしまう。
やっぱりデンコワの体のキレがいまいちだ。

前にもあれ?っと思ったことがあり、
今日も、お!っと思ったので多分間違いないと思うのだけど、
イタリア2番手カップルは、
男性がグウェンダル・ペイゼラに、
女性が「ビバリーヒルズ青春白書」とかのドナ役に、似ている。

そしてもうひとつ。
解説の藤森さんは「ドラマチックでいい」と言っていたけれど、
私は今シーズンのナフカ組のFD「トスカ」は、
音楽負けしていると思う。
重厚に盛り上がる音楽と
リフトが合っていない気がする。
それに、ナフカをどうしてもトスカに重ねられない。
ナフカならもっと賢く立ち振る舞いそうだし。
そして、いつもコストマロフがツイズルで失敗している印象が。
演技直後、ナフカがコストマロフに何か言っていたし、
キスクラに向かって滑ってくるときには、
ナフカがさっさと戻ってきてしまっている。
私の母はナフカファンなのだが、
「ナフカ様にロマンが怒られるのはしょうがない。
 ロマンが下手なんだから。
 ナフカのことは、
 なんとなくナフカ様と『様』づけしたい気がする」
と言っている。

ナフカ組のFD前に
ロシア国旗を振りまくっている人々が
映ったのだが、
一瞬ペトロワ&ティホノフかと思った。
(違ったけど)。
確か、ソルトレイクシティ五輪の
アプトの演技(SPかFSか思い出せないけれど)の前後に、
スタオベして手を叩いているティホノフが
映っていた、とさっき思い出した。
全米の放送最後に、
なぜか突然1月のユニバーシアードの映像が!
恩田美栄の演技を断片的に。
すごくいい表情をしていた。
キスクラでは泣いていたし、
全日本後、相当の思いをしてユニバに出たのだなあ、と
いうのが伝わってきた。
満足のできる演技を2大会連続でできた恩田は、
きっと相当変わったのだと思う。
ワールドにいけないのが本当に残念。

今日の新聞の写真、表彰台で恩田の満面の笑みからは、
邪念とか、隠した気持ちとかっていうのが感じられなかった。
とってもすがすがしいものだった。
その他、カティ・テイラーが昨季のワールドJrよりも
大きくなっていて驚いた。
でも、今の方が健康的でいいと思う。
リャンの演技がカットされていたのも残念だった。

チェルニシェフが、井上組とコーエンの振付をしたようだ。
彼はもう戻ってこないのかなあ。
せっかくアメリカの国籍を持っているのに。
全米に出ていた若手カップル(男性の国籍がアメリカじゃない)の
暫定パートナーとしてトリノ候補に、という
話もあったようだが、
それは3人全員に対して失礼なことだと思う。
それにしても、シェイリーン・ボーンとは
いつカップル解消になったのかなあ?
一度でいいから、見たかった。
井上&ボールドウィンJrの今季のFSの音楽からは、
どうしてもゴルデーワ&グリンコフを思い出させられる。
「月光」とか最後の曲(名前が思い出せない)とか、
G&Gがカルガリーやリレハンメルの各五輪で滑った
FSの曲がちょこちょこっと使われているので。

音楽の力って大きい。
時に、目の前の映像よりも、頭の中の記憶の方が
大きくなってしまうことも多々ある。
NHK杯で井上組のFSを見ているとき、
私の頭の中では、ゴルデーワが嬉しそうに笑って
首を振っている映像が流れていた。
たとえば、今季のクワンのFS「ボレロ」は
トーヴィル&ディーンファンは、どう見ているのだろうか。
私は、彼らの演技はなんとなく覚えている程度で、
リレハンメル五輪のExで滑った映像しか手元にないので、
なんとも言えないのだが・・・。

クワンはすごいと思う。
もうずーーーーっとスケート界のトップでいる。
大きなケガをしたりしないように、
ちゃんと意識しているのだろう。
たしか、ソルトレイクシティ五輪翌シーズン頃に
ヤグディンが
「ミシェルがトリノまで続けていたら奇跡だ」と
いうようなことを、どこかで言っていた。

でも、このFSはどうなのだろうか。
今日初めて見るまでいろんな意見を聞いていたけれど、
そのとおりかも。
これで6.0が出るのもおかしい、と私は思う。
それでもアメリカ人たちは、
クワンにものすごい声援をおくっていた。

音楽を変えても、衣装を違う色のものにしても、
クワンはいつもクワンだ。
たとえばコーエンは、これまでの毒気がなくなり、
上品な雰囲気になっていた。
多分コーエン本人がそんなに変わったわけではなく、
淡いピンクの衣装がそう見せていたのだと思う。

クワンのことを考えてみると、
クワンっていう色が強すぎるのだあろうか。
でも一体、クワンの色ってなんだろう?
スパイラルとか、
ものすごく崩れたりすることのない演技とか、かな。
でもそれ以上のものがあまり感じられない。
どちらかというとここ数年は、
二の腕の内側に力を入れて手全体を持ち上げている感じと
手首から先には力が通っていない感じ
(って、とっても抽象的な表現だけど)が、
かえって気になって気になって仕方がない。
ジャッジに向けた
にらんだ目線なんかは、いいんだけど。

なんというか、メカニカルな感じが
ちょっと漂っているのかも。
ジャンプを転ばないで跳ぶ、とか。
そして、もしかしたら実は保守的なのかもしれない。

小さい頃の彼女の演技、
たとえば「サロメ」とかは好きだったけれど、
とっても久しぶり&最後に感激したのは、
03-04年シーズンの全米選手権のFS「トスカ」だけだ。
なんとなく、さみしい。
昨日もずっと出かけていたので、
20時~21時の
日テレ「ワールド・レコーズ」の
トイレットペーパー巻きと、
21時~のESPNの全米選手権をタイマー録画。

トイレットペーパーの方は、
前回、巻きに巻いたルシンダ・ルーと
伊奈恭子との対決。
ジマーマンが「イケメン」と紹介されていた。
今回も、ルシンダ・ルーの圧勝。
それにしても、この企画、これで3回目かな?
おもしろいといえばおもしろいんだけど、
よく続くなーと思ったり。

全米の方は、女子のジェニー・カークから。
泣きながらスピンしているゲーブルが
見たかったのになー。

コーエンは、なんだか毒気がなくなってしまい、
ちょっと残念。
最後のスピンの片足胡座のような体勢は
オリジナルでおもしろかったけれど。

クワンのSPはよかった。
いままでと違って、
素直にぐっとこさせる感じのプログラム。
ただ、あんなにたくさんのスタオベと
6.0には驚いた。
旧システムが最後とはいえ、
6.0を出しちゃうことには
違和感を覚えます。

さて、男子SPは今日の夜の再放送を
タイマー録画。
楽しみです。
昨日から今日にかけて
ソルトレイクシティ五輪直前の
ヨーロッパ選手権@ローザンヌのエキシビを
DVDに移行するために見た。

ブッテルスカヤなど
懐かしい面々も。

その中で、ヤグディンが「Overcome」で
4Tと3Aを跳んでいた。
エキシビで大技2つも跳ぶなんて、
相当嬉しかったのだろう。
その時のライトがライトブルーで、
ものすごくぴったりだったのが、印象的。
(前回からのつづき)
ワイスはやはり今見ても気の毒な感じ。
ワールドの時期や開催国とプログラムの関係もあったと思うが、それにしても拍手が少なすぎる。
テレビで見た感じではもっと拍手が出てもいいと思うのだが。
今シーズンのワイスはワールドにも四大陸にも出ない。
どうするんだろう。ここまでアマチュアを続けてきたのに引退しちゃうのだろうか。 
 
ランビエールは5位だと思っていたら4位だった(4位はウィアーだと思っていた)。
しかも4Tを2回入れている(うち1回はコンボ)。
ジャンプはどれも膝と足首の柔らかさ大発揮のランディングだったが、スピンのスピードには驚く。
FS最後の、まるで早送りしているようなスピンをスローにしてみてみたらちょうどいいくらいのスピードだった。 
 
ジュベールとリンデマンは、すっかり忘れてしまっていた私の記憶の中よりもかなりいい演技をしていた。
ジュベールは力強く余裕があったし、リンデマンはよく滑っていた。
 
プルシェンコは、FSで転倒していた。
そういえば昨シーズンは転倒を繰り返している印象だった。
FS後のキスクラでは不安そうな顔をしていたし。
でも今シーズンの彼は全然違う気がする。
やっとぴったりなプログラムに巡り会え、新採点システムに合わせて丁寧に滑っている感じだし。
昨シーズンのFSも好きだったけれど、彼が思い入れるほどには観客には伝わっていなかった感じがする。
しかし、今シーズンはSP、FSとも万人受けする印象だ、「黒い瞳」以来くらいの。 
 
たった1年前なのにこんなにいろいろな発見があり、ちょっと嬉しい。
今年のワールドまでに残り3種目も予習したい。