時間の都合がつかず、こっそり会社からアップ。
DOIのレポートは近日中にアップする予定です。

さて、気になったこと、など。

●村主章枝のスポンサー、ダイナシティ社長の逮捕。
 会社でYAHOOのトップページを見ていたところ、トピックスのひとつのタイトルに「マンション界の風雲児逮捕」とあり、「風雲児って久しぶりに聞く言葉だなあ」とクリックしたところ、ダイナシティの社長のことでした。彼女もきっと驚いただろうし、イメージなど心配ではありますが、既に確かな位置にいるスケーターだし、スポンサーを変更するにしてもしないにしても、スケートに対してのモチベーションなどに影響されないんじゃないか、と思っています。

●「Sportiva」に安藤美姫と浅田真央。
 電車の中吊りで発見したのは数日前。なのに書店に行けず、昨日やっと見ました特別にインタビューは行っていない模様。次のページの上村愛子の写真がかわいかったです。

●ブログの文字、について。
 昨日会社のWindowsでこのブログを見てみたのですが、なんと、文字がものすごく大きい。自宅&会社デスクのMacではほどよい大きさだったので気づかなかったのですが・・・。この大きさになったのは、数ヶ月前のアメブロのメンテナンスでMac対応が遅れていたため、タグを使って文字の大きさを自分で設定していたためでした。Winの方々には、お見苦しかったと思います。失礼しました。(ただ、Macでは、見にくいんだよなー。毎回PC上で「文字の拡大」と設定しなくてはならず・・・)
AD
さてやっと、3公演分まとめたDOIのレポートです。

*   *   *   *   *   *   *

土曜日18:30~の回には、スピードスケートの加藤条治らが招待されていた。
その紹介が終わるとオープニング。
選手が1人ずつ登場し、得意技などを披露する。
滑走順とオープニングの登場順が微妙に違っている。

土曜日のオープニングでは、
澤田亜紀と織田信成がそれぞれバランスを崩し、
ふたりとも同じように、「あー」ってびっくり&はにかんだ表情を見せていた。
その瞬間飛び出してしまう、一瞬の素の笑顔がかわいらしい。

土曜日の公演では、この2人だけでなく、
ジャンプで転倒したり、
なんとなくバランスを崩したりする選手が多かった。
最初は「シーズンオフだからかなあ」と思っていたのだが、
あまり多発するので、
「もしかして、リンクの状態がよくないのか?」と見ると、
どこか湿っぽかった。
水たまり、まではいかないけれど。
スーパーアリーナでは、絨毯に水が浸みているように見える部分もあった。

そういえば、土曜日はリンク近くの席でもそれほど寒くなかった。
土曜日のいきなりの猛暑に、施設も追いつけなかったのかもしれない。

ただ、全体的な転倒率(!)は、
トゥ系もエッジ系も同じくらいだった気がする。
氷が硬いときにはエッジ系、軟らかいときにはトゥ系が跳びにくいと
聞いたことがあるが、
今回氷の硬軟は、ジャンプにあまり関係なかったのかなあ。
そういえば、浅田真央も演技冒頭の2Aをちょっと失敗していた。
久しぶりに見る、浅田真央のジャンプの失敗だった!

そして日曜日。
リンクに行くと、前日よりも冷えている感じ。
日曜日は2公演とも、選手たちの転倒などがかなり減っていた。
選手たちが慣れてきたのか、氷の状態がよくなったのかは不明だけど。

*   *   *   *   *   *   *

さて、オープニングの続きを。

中野友加里は、片足をまっすぐ上に上げたまま(Y字っぽく)滑ってきて、
バレエジャンプ、ドーナツスピンと、どれも優雅な演技で
オープニングだけで感激する。
とってもいい笑顔で滑っていたことも、
印象深く感じた大きな理由かな。

安藤美姫のI字スピンの際の足を持ち上げるスピードが速くなったような気がした。
体が柔らかくなったのかなあ、と思ったり。

コストナーは、一歩目からすーっと伸び、
かなりのスピードのままバックスパイラルを開始。
スピードも落ちない。

次は、真っ赤な上半身に黒のスパッツの村主章枝。
最初からキレあるステップで軽やかに登場した。

そして、黒地(ちょっとシースルー)にダークピンクを配した
初めて見る衣装の荒川静香。
イナバウアーなどのあと、ビールマンスピン、
そして足をかえてI字スピン。
3公演通して一度も、彼女のスピンは
軸がぶれたりトラベリングしたりすることがなかった。

そして、黒い衣装のエフゲニー・プルシェンコ。
一瞬、アレクサンドル・アプトが00-02年の2シーズン滑った
アルメニアの民族音楽の衣装かと思った。

そして、前方に残ったプルシェンコの方向に全員が出ていき、
グループナンバー。
みんななんとなく左右を見てそわそわしながら踊っている感じ。
それがまた、普段見られない表情や動き具合なので
とても面白く、じっくりといろいろな方向をきょろきょろと見る。
群舞って、本当におもしろい。
AD
今日もDOI、行ってきました。
見るほどに面白く、とくに最終公演のフィナーレ後の即興シンクロなどは
とっても嬉しく、会場も大盛り上がりでした。

嬉しい・・・といえば、最終公演で、
村主選手の投げた白いものがこっちに飛んできたこと、です。
なんとなく「ああ、来るなあ」と思ったと思ったら(へんな文章!)
腕に当たって、床にこつんと落ちました。
中身はこちら。

present

投げものは、白い梱包材で丁寧に包まれており、
開けてみると、サイン入りの透明ケースに、
ビーズのワンちゃんがちょこんとおさまっていました。
早速携帯電話につけました。


詳細は明日以降に・・・。
AD

●Dreams On Ice(土曜日編)

テーマ:
行ってきました、DOI。
久しぶりの、豪華なメンバーに感激でした。
まだ明日もあるので詳細は控えますが、
シーズン終盤(っていうか、来シーズンに向けた時期かな)の6月なのに、
選手たち、とくにシニア陣のDOIに向けた仕上げっぷりに
ただただ見入るばかりでした。
本田武史と太田由希奈の欠場は残念ですが、
まだ迷っている方は、是非明日新横浜に!

中野友加里、高橋大輔、浅田真央、荒川静香の演技には、
涙が浮かんできました。
恩田美栄、安藤美姫らのさらなるキュートぶり、
中庭健介の重厚な演技、
グルシナ&ゴンチャロフ、コストナーの滑らかなスケーティング、
プルシェンコの「生で見られて感激!」のプログラムなど、
本当にすべてが見どころ!
明日も楽しみです。

帰宅すると、各チャンネルで今日のDOIのニュースが。
慌ててDVDをONにして、
あっちのチャンネル、こっちのチャンネルと。
今はフジテレビの放送待ち状態で
このブログを書いています。
昨日、帰宅したらポストに「International Figure Skating」が届いていた。
表紙はドロシー・ハミル。

サーシャ・コーエンが、セパレーツなトレーニングウエア(短パン)で、
片足を真上に上げている写真に驚く。
コスチュームだと気づかないけれど、素敵な筋肉具合です。

「Japan's Galaxy is Shining Brightly」というタイトルで、
浅田真央と織田信成を中心とした日本のジュニア陣の記事に
2ページも割かれている。

また、ドロビアツコ&バナガスが
本気でアマチュアで闘いたいと思っている、という記事もあった。
彼らのオフィシャルサイトでもそういったことが書かれていたし、
ぜひぜひ戻ってきてほしいなあ。

タラソワ、ミーシン、モスクヴィナの3ショットの写真を見て、
モスカヴィナの背が妙に小さいことに驚く。
タラソワもモスカヴィナも(ミーシンも)ペア選手だったのに、
かなりの身長差。
ペアって女性は小さいイメージだけど、
タラソワが(ペア選手としては)大きいのかしら?

そして、ズーリン&ナフカ夫妻の間に挟まれている
娘サーシャのお洋服が、とってもキュート。
ズーリンにそっくり~。

●プルシェンコ結婚

テーマ:
プルシェンコが、本当に結婚したとのこと。
いろんな記事が出ていますが、写真がおもしろい。
この記事では2枚目のチュー写真に目が釘付けに。
ちょと濃厚じゃない?
そして手には、それぞれ白と黒のハトを。
この後空に放つのかなあ。
後ろはネバ川?

以前サンクトペテルブルクに行ったときは、
平日でも昼でも夕方でも
ネバ川沿いに新郎新婦とその家族&友達が集まり、
写真を撮ったりしていた。
最初は物珍しく、そんな光景に出会うなんて嬉しいなあと
思っていたのだけど、
どうやらみんながすることみたいで、
四六時中そういう団体を見かけた。
私が行ったのは9月下旬だったけど、
それでもすごく寒かった。
花嫁さんはノースリーブなことが多いので
寒いだろうなあと思っていたのだが、
みんな結構平気そうだった。
愛の力、かな。

プルシェンコは間もなく日本にやってくる。
奥さまも来るのかなあ?
そして気になるのが、
プルシェンコがDOIで何を披露してくれるのか、ということ。
「sex bomb」、一度見てみたいなあ。

●中京大学

中日新聞にこんな記事が。
本格的にサポートプロジェクトが始動したようだ。
中京大はスポーツに積極的に取り組んでいるし、
安心は安心なんだけど、
フィギュアスケートってこれまでこういう
大々的な分析体制がなかった(のかな?)ような気がするので、
記事タイトルを見たときに、大丈夫かなあという老婆心も。

でも、「選手本人が感じて考えて、その上で選択することが大切。
分析結果の提供が主で、
こちらから練習メニューなどの押しつけはしない」という
教授のコメントに、なんだか安心できる気がした。

●群舞

テーマ:
久々のスケート観戦(鑑賞?)・DOIまでもうすぐです。
一番の楽しみは、オープニングやフィナーレの群舞。
今年もやる、よね?
一昨年の年末MOIではなかった(と思う)のだけど、
去年のDOIでいきなり群舞があったのには、驚きました。

そういえば、去年の野辺山でも群舞がありました。
群舞を予想していなかったので、かなり嬉しかったです。

とにかくみんなが楽しそうににこにこっと踊っているのが
群舞の魅力だと思います。
それに、同じ踊りでも、この選手はこんな風に腕を上げるのに、
あの選手はああいう風に動かすのか~と
それぞれの選手の特徴が浮き彫りになるのも、またおもしろい。

いつもお世話になっているtomoさんのブログ
「がんばれ!トリノの星★安藤美姫」
でも
DOIへの意気込みが感じられます!

●アメブロ

テーマ:
このところ、アメブロの調子がよくない。
またメンテ中?
重いし、初めて来たHサイトからのコメントを消そうと管理ページにアクセスしても
全然つながらん!
もしかしたら私がMac userだからかな?
livedoorもいまいち相性がよくなかったです。

ちょっと本気で、サイトのお引越を考えます。
ブロガーの皆さん、もしオススメブログサーバーがあったら
教えてください。
求めているのは、
・常に安定していること
・訪問者カウントができること(自分だけがその数を把握できればいいです)
の2点です。

●スタニック・ジャネット引退

テーマ:
FSUによると、スタニック・ジャネットが引退を公表したそう。
そういえば、このところあまり名前を見なかったな、と
バイオグラフィを確認してみると、
去年の国内戦では4位だったとのこと。
てっきり3位だと思いこんでいたけれど、
そういえばユーロで名前を見た記憶がない。
フランス国内戦3位はSamuel CONTESTIという選手。
来シーズンのGPシリーズアサインを見てみると、
やっぱりすでにジャネットの名前はなかった。
オリンピックシーズン直前に引退。
そうか、もう引退はずっと前に、かすかに公表されていたのか・・・。

バイオグラフィをよく見てみると、
今年のユニバーシアードに出ているとのこと。
あれ?大学生?20代中盤かと思っていたんだけど。
確認すると1977年生まれ。
ってことは、遅れて大学に入学したのだろうか。

いろいろと事情はあるのかもしれないけれど、
「星の王子様」はいつでも思い出せるし
牛の格好も忘れられない。
フランス的な選手だった気がする。
引退は新たなスタートではあるけれど、
やっぱりなんだか寂しい気持ちになってしまう。