2007年06月26日 00時12分05秒

figmaブログ一回目ぇ~~~~

テーマ:ブログ


浅井+MAX渡辺


MAX: さてさて、figmaサイトが立ち上がったわけですが・・・なにやら物凄いアクセス数だそうですよ。

浅井: ええ、準備万端だったり、泥縄だったり、悲喜こもごもの中で立ち上がりましたね(苦笑)

MAX: figma企画本体と一緒ですな(苦笑)

浅井: アクセス数は嬉しい限りですが、こちらの緊張感もその分凄いですよ。

MAX: たしかに。でもこれは素直に嬉しいですよね♪

浅井: 反響があるのは何にも増して嬉しいです。後は如何に裏切らないかですが……

MAX: ですな。やれることは全部注ぎ込まんといかんです。

浅井: この緊張感は、製品が実際に届いて、確認出来るまで続きそうですよね

MAX: そこが緊張の頂点でしょうね。(苦笑)でも、神に祈る、とかってんじゃなくて、美観、成型状態、不具合の有無をやれる限り品質管理していくしかないですな。

浅井: 思い通りに行かない要素は勿論あるんですが、それを確実にするキーもまた、僕らの手にはあるはずなので、そのキーを見逃さないようにはしたいですね。製品版が駄目だった時のガッカリ感たるや、一月くらい海外に逃げたくなるほどの切なさですから。

MAX: なんで一ヶ月やねん!(苦笑)

浅井: 僕の心の傷を癒すに必要な時間ですよ!!

MAX: ・・・・この会話、脱線しそうなのでここで止めておきましょう(笑)

浅井: はい、僕らの悪い癖ですね。(笑) 実際は海外逃亡どころか、対応に追われて、いつも以上に忙しくなりますしね。

MAX: そう、がっかり感って言えばね、僕なんかメーカー主宰である前に、ひとりのホビーファンなわけで。


浅井: 好きですよね、模型・・・僕が呆れるくらい・・・

MAX: うん、大好き♪だから自分がガッカリするような製品は出したくないよね。

浅井: ですです。

MAX: 今回のfigmaはさ、ちっちゃくて可愛いのも大きな魅力だよね。

浅井: サイズは、僕自身が小さいものばかり造っているので、あまり自覚無かったんですが、 雑誌の撮影なんかに立ち会うと、大概驚かれてますね。

MAX: なるほどね。今回電撃HMの誌面に登場した長門はさ、こんなに小さいっての伝わってないっぽいよね。原寸大の画像をつけるべきだったとイマサラながら反省。

浅井: どのくらいだと思われてるんでしょうね?僕的には本当に標準サイズな感覚でいたんですけど。

MAX: 小さいってば(笑)誌面から受ける印象は1/8(20センチ)くらいはあるんじゃない?誌面では引き伸ばされた画像しか載ってないし余計だよね。

浅井: でも、価格面を考えると、あまり大きくも出来ませんし、気持ちいいサイズだと思いますよ。

MAX: もちろん♪それがこの企画の根っこでもあるわけだしね。

浅井: 値段も、クオリティも、込み込みで嬉しいラインてのを目指したいですね。

MAX: ですね♪僕のこのシリーズの価格的な感覚は、“気軽にCDアルバムを買う”感じなんです。

浅井: なるほどなるほど!だとすると、目指すべき価格帯も自ずと見えてきますね。

MAX: うん、その辺りの価格に落ち着けるよう、今製造チームが頑張ってライン確保とコストダウンに奔走してくれてますよ!

浅井: 今回は、そんな要素も含めて完全にチーム制ですよね。原型もそうですし、全体で動いてる感があります。

MAX: ちっちゃくて、可愛くて、壊れなくて、ずっと弄っていたい、そんなフィギュアシリーズにしましょう♪

浅井: そうですね、出来れば、遊んで潰して、好きだったけど捨てざるを得ない、そんな最後を迎えられるような製品になればいいな、と思います。買ってすぐ潰れるのは勿論困りますけど(苦笑)

MAX: それはダメに決まってます!!

浅井: 遊ばれる事無く、押入れに眠ったまま月日が経って、もう要らないんけど、新品だから捨てられない、そういう製品にならないように。出来ることなら、 ボロボロになるまで遊んで欲しいし、全体にボロボロになるだけの耐久力だとか、触り続けられる魅力ってなんなのか、考えて、実践していきたいと思いますね。

MAX: ですね。せっかく動かして遊べる商品にするのですから、そういう愛される商品にしましょうね。
さてさて、乗ってきたところなんですが、今日の第一回はこんなところでいかがでしょう?話し出すと僕ら止まらないし、ブログも後が続かないし(笑)

浅井: 了解です。(笑)つか、終電無くなりますし。お疲れさまでした~~♪



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。