勘違いも甚だしい

テーマ:
たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。
 
今週もバレエ整体を受けるためにかなめ整体院へ。
 
姿勢チェックの後、ピルエットの練習。
 
「今回は、動画を撮ってみましょう」と番場先生。
 
撮った動画を見せていただきました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ガーンガーンガーンガーンガーン
 
な、なんだ、これは?
 
ひ、ひどい、ひどすぎる!
 
軸がブレブレ。
 
腕が身体に近付きすぎ。
 
肩甲骨が寄っていない。
 
パッセが後ろ。
 
目線が下。
 
思った以上にひどい状態でした。
 
これで、自分では何となく回れているつもりだったんだから、勘違いも甚だしいよなショボーン
 
これじゃ、到底、ピルエットとは言えない状態だよなショボーン
 
いやぁ、でも、動画を撮っていただいて良かったニコニコ
 
自分の状態を正しく把握できないことには、改善できませんからねウインク
 
番場先生からは、(右回りの場合)7番の右腕が後ろに行きすぎていると注意されました。
 
7番の時点では後ろに持って行かずに、2番にした時点で後ろに持って行くようにとのことでした。
 
何回か練習した後、施術に入りました。
 
まずはいつも通り、長座の状態チェック。
 
6月16日のブログ記事「バレエで前屈が苦手なときの解決法」で、「専心良治」の島田先生のブログ記事をご紹介しました。
 
その中で、「ハムストリングスが硬いから前屈が出来ないと思っている人がいるけれど、問題は別の所にある」と島田先生が言って、その対処法を説明していました。
 
ですが、私は番場先生にハムストリングスが硬いと言われたことがあるので、私の場合はハムストリングスが硬いのも前屈が出来ない原因になっているのではないか、と聞いてみました。
 
すると、
 
「骨盤を立てたり、内ももを意識するトレーニングをしてもダメな場合はそれもある。
 
だからここではいつも、そういったトレーニングをやった後で、ハムストリングスを柔らかくする施術をしている」
 
と言われました。
 
で、今回も、寝た状態で腕をアンドゥオールにして回したり、エアー雑巾絞りと似たようなことをやったり、腹筋に見えるけど腹筋じゃないトレーニングをやったりした後、ハムストリングスを柔らかくする施術をしていただきました。
 
施術中、食事について聞かれました。
 
カルシウムが足りないと身体が硬くなるということは、前にも聞いたことがありますが、タンパク質不足も身体が硬くなる原因になるとのこと。
 
私はタンパク質はしっかり採っているので、その点は大丈夫。
 
血管が細いと、血液の流れが悪くなって、筋肉が硬くなる、といったお話も伺いました。
 
ハムストリングスをほぐしていただいた後、もう一度、長座のチェック。
 
私の場合は、ハムストリングスだけでなく、背中が硬いのも長座で前屈が出来ない原因になっているとのことで、背中もほぐしていただきました。
 
また、腕に問題があって前屈が出来ない場合もある、とのことで、腕もほぐしていただきました。
 
腕は押されると痛い所がありました。
 
私は、腕も凝っているようです(^_^;)
 
その後、1番ルルベや2番プリエの状態を確認した後、またピルエットの練習。
 
後半の練習でも、1回回る毎に動画で自分の状態をチェック。
 
番場先生から、パッセが前になることを意識して、とりあえず、180度回転して後ろ向きになった状態で止まるように指示されました。
 
目線にも気を付け、上の方を見るように意識するとのこと。
 
7番から2番に持って行く腕の動きも注意するように言われました。
 
何回かやっているうちに、よくなったと番場先生に言って頂けるようにニコニコ
 
そこで、今度は、1回転するようにとの指示がありました。
 
それが、なぜか、1回転しようとすると、後ろのパッセになってしまう私…うーん
 
回ろうという意識が強すぎて、細部に神経が行かなくなってしまうようです(^_^;)
 
ピルエットはいったん置いておき、パッセの確認。
 
アテールではパッセできました。
 
ですが、ルルベになると、ほんの一瞬上がっただけで、すぐに下りてしまう状態…
 
重心は軸脚に置くことを確認され、何回かやっているうちに、3秒くらいは持つようになりましたニコニコ
 
そして、もう一度ピルエット。
 
「惜しい!」と番場先生に言われました。
 
後ろを向く状態までは出来ているから、あともうちょっとだけ頑張ればいい、とのこと。
 
動画を見せられ、
 
「180度回転した時点で首が回りすぎている。
 
180度の時点では後ろ向きで、そこから首を回すように」
 
と注意されました。
 
(本来、ピルエットは首を残して、一気に振り返らなければいけないのですが、私はまだそれが出来る状態ではないので、このような練習をしています。)
 
何度か練習するも、「惜しい!」状態から抜け切れず…
 
今回も、ちゃんとしたピルエットは出来ずじまいでしたショボーン
 
「ピルエットはこういうことを意識して、こういう風に回らなければならない」ということは、十分頭に入っています。
 
ですが、身体が思った通りに動いてくれないのが、もどかしい…
 
腕を意識すると、脚がおかしくなり、脚を意識すると、首がおかしくなる…
 
そんなことの繰り返しです。
 
これはもう、練習を繰り返して慣れるしかないですね。
 
ピルエットが出来るようになったときの嬉しさは格別だろうな。
 
いつかそんな日が来たら、皆様にもご報告します。
 
いつになるか分かりませんが、待っていて下さいねウインク
 

 

このブログを読んで下さっている皆さんを応援しています(*^_^*)

 

皆さんにお願いがあります。

 

当ブログは現在、にほんブログ村のランキングと人気ブログランキングに参加中です。

 

皆さんからの清き一票が、私にとってブログを更新する原動力となりますので、是非、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。

 

にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓

 

 

人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。


大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。
大人バレエ初心者への情報提供のお願い

大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。
大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します

AD

コメント(2)