2008-05-06 11:43:57

引出物の熨斗の付け方

テーマ:結婚準備

ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ 今日は、青空sky*

GW最終日、頑張ります。

昨日の出来事。

私の会社は、母体が引出物屋さんなので、全国各地から引出物の注文がきます。

現代のウエディング事情でも、引出物に熨斗(のし)はまだまだ需要があります。

私は注文のデータを入力をしていたら、プランナーさんの知識に疑問?

「一体、熨斗(のし)って・・・・」



元々は熨斗鮑(あわび)というものを贈り物に添えたものが形式化したものです。水引とは、贈り物を結ぶ紐を意味しており、ちぎれない「こより」を用います。



この水引の部分が、使用目的て違います。

お年賀や、お中元、お歳暮、出産祝い、入学祝いなどは蝶結び。




結婚式、結納、快気祝いが結びきり。

二度と繰り返さないようね行事に用いられます。




結婚式の引出物には・・・

「寿」の文字。


下側に、両家の苗字を書きます。

右側に「新郎」、左側に「新婦」の苗字。


この苗字が、一文字とと二文字の場合があります。

新郎「岸」、新婦「山田」。

この場合は、上を揃えます。

(両家に上下関係を発生させないため)


国際結婚の場合は、カタカナが一般的。

(年配の方には、英語は読めません)


婿養子の場合は、新婦が右側。

「右方上位」という考え方です。


引菓子は、新郎新婦の下の名前で熨斗(のし)をつけます。


引出物は両家からの贈り物。

引き菓子は、本人ふたりからの贈り物という定義です。


また、熨斗を付ける方法として、2種類。

内熨斗(のし)と外熨斗(のし)があります。



■外熨斗(のし)→包装紙の上側につける




すぐに贈った目的をわかって欲しい場合に外のしにします。

結婚祝いや、すぐに開封されない贈答のケースの場合にも外のしは多く用いられます。



■内熨斗(のし)→御品に直接、熨斗(のし)を付け、その上に包装をする



配送する場合は、外熨斗だと痛みやすいので、内熨斗の方が安心です。



これで、熨斗はばっちりですね。

地方によっては、文字を朱色で書くところもあります。

京都では、結びきりが何事も一般的との説も・・・。


若い二人だけで決めず、両親に相談してから決めてくださいね。





少人数レストランウエディングのフィガロ・マリアージュ

















PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード