一人目の育休中に夫婦でオープンしたレストラン、カーサベッラ。四年目に突入しているものの、日々自営業の厳しさ大変さばかりを痛感する。

お客様が安定してきてくださる時もあるけれど、逆も然り。主人は根っからの職人で培ってきた技術は私も尊敬してやまないが、真面目にひたむきに頑張っていても、簡単に報われるわけではないのが飲食店ビジネスなんだと、思い知らされる。

日本では飲食店は比較的たやすくオープンできる。それが弊害となり節税対策で参入される異業種の方も多く、真面目一徹にやってきた職人にとっては厳しい戦いを余儀なく強いられる。

レストランに一日いると分かるが、HP対策やら各種媒体やらインターネットや電気の節約やらとにかく営業の電話がすごい。

私達のように本当に個人でやってる身としては、料理の仕込みやメニュー開発はもちろん、経理や掃除、事務などすべて自分たちでやらなくてはならず、1秒たりとも無駄にできない。

そんな中、お店の電話が鳴り、お客様からの電話かと喜んで出た瞬間、とりとめのない営業電話で一方的に長話をされてしまうと心底参ってしまう。

あらゆる飲食にまつわるwebのビジネスモデルは、なぜか飲食店が割引き分を負担したりマージンを払ったりと飲食店側が負担しなくてはならないものばかり。web予約という仕組みはお客様にとってもメリットがあって今後より主流になるはずだが、仲介している媒体やお客様側が負担するというモデルはほぼない。

そして、飲食店はキャンセルポリシーがほとんどお客様には理解していただけない。映画もホテルもドタキャンした場合、お客様の自己責任となり金額の負担が発生するが、飲食店はドタキャンにも泣き寝入りすることがほとんどだ。

大きな課題が蓄積する飲食店ビジネス。
この業界に参入し、自分たちの店を掲げ宣戦布告したことを改めて認識し、今日もまた上を向いて戦っていかなくてはならない。

絶品ピロシキ初挑戦

テーマ:
階下に住むご婦人はお料理上手で時々差し入れてくださるピロシキが何よりの絶品。

予定のなかった今週末はお宅に子連れでお邪魔して、その秘伝のピロシキレシピを教えていただきました。

何よりパンのコネ機が素晴らしい優れもの。生地を発酵させること1時間。具材をいため、生地をガス抜きして分割して、手で丸め、また休めたら冷めた具材を餃子の皮に包むような手順で包んでいく。

慣れてくるとなんだか楽しい。
そして40度のオーブンで20分発酵させ、揚げ油でこんがりキツネ色に揚げていく。

あっという間に20個のピロシキができあがり、食べたらあの絶品の味で、大感激。
お友達にもおすそ分けしたら、これまた喜んでいただき嬉しい限り。

生地をこねるのが何よりポイントになりそうだけど、また自分一人でもトライしてみたいな。


{F8D4220A-AB24-44C9-B420-AAC5C6706F5C}


切迫早産と言われ入院に至った出血から、自宅安静に切り替わり日常生活はokといわれたものの、その後再度出血するも原因は不明とのことでモヤモヤしながら迎えた妊娠8ヶ月。

昨日の健診では異常もなく、子宮口も閉じてて問題ないとのことで、薬の服用なども止めてokとのことでとりあえず一安心。

ただひたすらに巨大児には変わりないので早めに産みましょうとのことで、2週間予定日が早まり計画無痛に。

もうすでに赤ちゃんは1600gで羊水が何より多いらしく2000gの重さの感覚はあるだろうとのことで、、、。よくわからないけど、寝ていても仰向けはもちろん横向こうが何しようが寝苦しく、座り続けるのも息苦しく、97センチの腹囲は自分史上最大すぎて体がついていかない。。

なんだか歩くのも足の付け根が痛いし、動悸息切れするし、4年前の自分とは明らかに体力的にも老化してることを痛感。そして、食べることしか楽しみがなくなり体重も増える悪循環。

うまく休み休み、日常生活すらしんどくなりつつあるけど、ストレッチっぽいことを組み込んで自分なりのリフレッシュ探してやってくしかないのかな。

糖尿病検査は2週間後まで結論出ないらしく、これまたモヤモヤ。前夜22時以降飲食禁止で水のみと言われながら翌日の昼12時までは結構辛い。その間に後期の血液検査含め4回も注射。なんだかヘトヘトになってしまった。

巨大児の因果関係として私が糖尿病である可能性もあるらしく、検査となったわけですが、、、どうなることやら。

かなり前倒しでお休みに突入させていただいておりますが、華の産休ライフとは程遠いです。

お出かけにはポップコーン

テーマ:
ポップコーンもできれば簡単なので作って持参するのがおすすめ。

少しのオリーブオイルで煎ったら、あっという間にできあがり。

出先のポップコーンは割高で少々しょっぱ過ぎたり甘過ぎたり。

塩で味を整えて、ポップコーンBOXに入れれば、映画館も遊園地ももっともっと楽しくなる✨

{EEA7E1CF-5A7D-4327-936E-1836047813B2}

{BD3391A4-5E0C-4CF5-B83C-E797DAE409A9}


グラノーラは手作りで

テーマ:
意外に子どもが好きなグラノーラ。
でもスーパーなんかで買おうとすると、裏には添加物表示がいっぱい。

マンションの階下に住むご婦人はお料理が趣味で、ピロシキや手作りのパンやグラノーラを時々差し入れしてくださる。

グラノーラのレシピを伺ったら快く教えていただいたので、早速実践。

オートミールやかぼちゃのタネ、クルミや好きなドライフルーツを用意したらすぐできる。

メープルシロップとオリーブオイルでさっとあえて、160度のオーブンで7分ずつ混ぜながら満遍なく火を入れるだけ。

4歳の息子も気に入ってくれて嬉しいかぎり。
フレッシュなバナナやイチゴを入れて食べても、ヨーグルトにかけても最高です。

{1BE869DC-7925-4673-BA98-0C421130D113}