聴覚やバランス感覚に非常に重要な内耳の有毛細胞を、マウスの人工多能性幹(iPS)細胞からつくり出すことに、米スタンフォード大の大島一男講師らのグループが世界で初めて成功した。有毛細胞の損傷は難聴の大きな原因で、新たな治療法の開発が期待される。15日までに米科学誌セルに発表した。
 有毛細胞は、空気の振動である音を繊毛の動きにより電気信号に変え、神経細胞を通じて脳に伝える。数が約3万個と他の感覚細胞と比べ非常に少なく、騒音や加齢、薬の副作用などで損傷したら再生せず、聴覚障害やバランス障害の原因となっている。
 研究グループは、マウスの皮膚からつくったiPS細胞に特殊なたんぱく質を加え、内耳のもとになる細胞を作成。さらに、さまざまな条件下で培養した結果、有毛細胞に似た繊毛のような構造を持つ細胞をつくることに成功した。
 この細胞では、有毛細胞に特有の遺伝子が働いていた。さらに、刺激に反応して電気信号を出すことを確認した。
 研究グループは、胚性幹(ES)細胞からも同様に有毛細胞の作成に成功している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い
視床下部遺伝子を網羅解析=精神疾患解明に期待
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫

ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
<湖北土地改良区>前理事長ら横領の疑い 農水省が告訴要求(毎日新聞)
<殺人>夫婦の焼死体発見 長男を容疑で逮捕 静岡・磐田(毎日新聞)
<掘り出しニュース>龍馬ブームで「人斬り以蔵」に脚光 高知で初の命日祭(毎日新聞)
「まさか刑務所開放…」 法相、公務員の新規採用半減に反論(産経新聞)
AD