29日午前7時半ごろ、東京メトロ丸ノ内線の銀座駅で、池袋発荻窪行き(6両編成)の電車が、ホームと電車の隙間を埋める「可動式ステップ」が故障したため、発車できなくなった。全線で一時、運転を見合わせ、駅間で止まった電車もあったが、午前8時1分に運転を再開した。

 東京メトロ広報部によると、可動式ステップは、列車の駅からの出発の可否を伝える信号を列車に送っているが、これが故障したため、列車の出発に影響が出た可能性があるという。

【関連記事】
埼京線と湘南新宿ラインで架線トラブル 乗客2千人が車内に閉じ込め
浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響
高円寺駅で飛び込み JR中央線 東京-高尾の快速運転見合わせ
地下鉄丸ノ内線が全線で運転見合わせ

福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会(医療介護CBニュース)
<水俣病>不知火会との和解所見、積極受け入れへ 熊本知事(毎日新聞)
<小林陣営違法献金>「法令順守する」自治労(毎日新聞)
強風 杉の木が倒れ石灯籠を壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
平野官房長官 中井国家公安委員長を口頭で厳重注意(毎日新聞)
AD